A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

「いい精神を持つ」というだけでは十分ではない、大切なことは「精神をよく用いる」ことである。(デカルト)

【スポンサーリンク】

純粋な理性を批判してますな!デカルトさん!!

ルネ・デカルト - Wikipedia

 

さすが、ユトレヒト大学の神学教授ヴォエティウスによって、

「無神論を広める思想家」

として非難を受け、そのヴォエティウスとデカルトの争いの沈静化のために、

ユトレヒト市から、デカルト哲学に関する出版・論議を一切禁じられた

だけのことはある!!w

 

やるな!ユトレヒト市!!

その方法こそが、まさに、

「パーフェクト・プラン(神の不在証明)!!」

神の存在証明 - Wikipedia

 

しかし、

そんな強引な方法はこの後の序説に過ぎない!!ww 

方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)

 

 

しかし、

「我思う、ゆえに我あり。」

が有名なデカルトさんですが、このタイトルのようなことも言っていたんですねぇ。

 

いい精神をもつというだけでは十分ではない、

大切なことは精神をよく用いることである。

 

まぁ、

精神が安定してないと、そもそも「我思う」できないですからねぇ。

 

たしか、中国の孔子か誰かも、

「学問は落ち着いてやれ。」

みたいなことを言っていた。

 

 

ところで僕は、

「いい精神」をもっている人はそこそこいる

と思っているんですよねぇ。

 

けど、

「精神をよく用いている人」 

って、

少ないように思える

んですよねぇ。

 

例えば、

日本の労働者。

 

「いい精神」はこの国にはあふれているんだけど、

その精神は摩耗され続けているようにも思える。

 

僕のブログ仲間の▼たんたんも同じようなことを言っていました。

 

僕は来年から、たぶん、また労働者として活動すると思いますが、

おそらく、また派遣社員ですねぇ。

 

だって、

日本の『正社員』という制度では、せっかくの僕の「いい精神」を「よく用いる」ことができないじゃないかww

 

僕の『黄金の精神』が保たれないと、ゴールドなエクスペリエンスができないじゃないですか!!w

(「攻撃も跳ね返せない!!」って、あの初期設定どうなった??ww)

 

 

僕の人生のモットーのひとつは、

『マイペース』

だ。

 

僕にとっては、僕の人生の『マイペース』を守ることこそが正義であって、それ以外は、悪だ。

 

『マイペース』こそが「精神をよく用いる」ことができる、僕の人生の最大の正義だ!!

(下諏訪マスヤゲストハウスの裏の『マイペース』のラーメンの美味さも正義!!w)

 

 

病んでまで働く気は毛頭ない。

それが僕の人生であり、何人たりとも僕の思想を侵害する権利なんてないだろう。

 

なので、僕はおカネなんて「ギリギリ死なない程度」あれば十分だ。

それでも東南アジアの国々の人達と比べたら、かなりセレブな生活をしていると思っている。

毎日、日本食食べてるし。(鍋が多いけどw)

 

 

ちなみに、僕の好きなデカルトの言葉は、このブログで何度か書いた気がするけど、

「困難は分割せよ。」

だ。

 

まぁ、抽象的な言葉かもしれないけど、どんな困難も、

「絶対できる!」

くらいの細かいフェーズに分割し、そこからゆっくり、

「ベイビィ・ステップ」

で進めていけばいつかは克服できるはず。

 

 

日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破った秋山真之も、

「戦争に勝つというのは、単なる事務作業の塊だ。」 

みたいなことを▼『坂の上の雲』で言っていた。(ような気がするw) 

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

 
日露戦争物語(1) (ビッグコミックス)

日露戦争物語(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

現代日本社会で、病まず、狂わず、政治的なイデオロギーにも染まらずに、

「精神をよく用いること」

は、

『困難』なこと

だろうとは思う。

 

 

しかし、その『困難』は、やっぱり『分割』すれば、究極的には事務作業の塊になると思う。

 

 

それを克服できず、「精神をよく用いる」ことができないのは、

『困難』を分割する「回数」が足りてないのでは??

と、

僕は時々、思ったりもする。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、こんなテキトーに生きてる人間が、自身がテキトーに生きていることを『困難の克服!』(キリッ!!)って言いたいだけの記事が『バズってどうする!?』