A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

自分の身を真剣に考える人は、いくら裕福でも贅沢はしない。(西諺)

【スポンサーリンク】

さて、心のためになる言葉シリーズ、なんと!二回目から西諺という誰が言ったかわからない言葉!!(笑)

(ちなみに「西諺」って、「西洋の諺」って意味です。)

 

西洋哲学史―近代から現代へ (岩波新書)

西洋哲学史―近代から現代へ (岩波新書)

 

 

「自分の人生を真剣に考えるからこそ、ミニマリストなんだ!!」
って諺です。
 
ていうか、ミニマリストブームって言うけど、大昔から東洋にも西洋にもミニマリズムはあって、現代日本人がそれを忘れちゃってるだけの気がする。
 
 
もし、これを読んでいるあなたが生きるのに迷ってたり、付き合う人に迷ってたりする場合は、出来るだけミニマリストっぽい人といっしょに生きていけばいいんじゃないかと思います。
 
贅沢をしない人は自分の人生に真剣だから、服なんてどうでもいいし、家や車なんてどうでもいいし、時計や装飾品なんてどうでもいいんじゃないかと思います。
 
機能重視のために高いもの(SIMフリーiPhoneやMacBook Air等)を買い求める場合はあっても、無駄に大きいもの、無駄にごちゃごちゃしたもの、無駄に管理にお金や時間が必要なものは所有しないんじゃないかと思う。
 
それだけ、その人が今取り組んでいることが人生で大事なことだからなんじゃないかな?
 
だからそれくらい真剣に生きてる人といっしょにいれば、出身地や卒業した学校、今までのキャリアや持ち物なんかで判断せず、
「どれだけ人生に真剣か?」
であなたを評価してかれるんじゃないかな?
 
逆にその人に評価されていないってことは、それだけ真剣に生きてないのかもしれない。
 
 
僕はミニマリストな方々と今年からはてなブログメインに関わりだした。
変な人やネタっぽい人は多いけど、でも真剣に生きてる人、そしてポジティブな人が多いと思う。
 
だからもし迷ったらミニマリストっぽい人のほうを選んだほうがハズれの可能性は低くなるんじゃないかな?
 
ミニマリストは世界を救うっ!(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、人生を真剣に考えた結果がバズなの!?