A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

「能力」と「人格」が認められたら、職場を『自分のやりやすいようにカスタマイズ』していく作業は楽しいよ!!

【スポンサーリンク】

※個人の日記です

 

新しい職場、3日めのA1理論です!

 

3日めにして、いろいろ評価されつつあり、本日もテンション高めでお送りいたします!w

 

昨日も書きましたが、やっぱり▼『環境』を変えることは激しく重要ですねぇ!

職場環境を変えたら世界が180度変わったので、今、病んでる人へ向けて本気で書きます! - A1理論はミニマリスト

 

で、今は徐々に、今の職場を、

『自分のやりやすいようにカスタマイズ』

していっています!!

 

いやぁ、これが楽しい!!

パソコンでも、スマホでも、ブログでもそうなんですが、

『カスタマイズ作業』

って、めっちゃ面白いですねぇ!!

 

僕の方針はいつも決まっていて、

『できる限りシンプルに!』

です!!ww

『シンプル至上主義』!!ww

シンプルに考える

シンプルに考える

 
限りなくシンプルに、豊かに暮らす

限りなくシンプルに、豊かに暮らす

 

 

いや、もちろん仕事なので、いろいろ複雑ですよ!

 

でも、初期画面は至ってシンプルに。

そして、そこから分岐する経路をすべてシンプルにすればいい。

という考え方です。

 

複雑な作業を、可能な限り、シンプルに、シンプルに。

いや、シンプルにはできないんですよ、でも、可能な限り作業をシンプリファイするための『しくみ』を作ることはできるはず。

 

『仕事』という名の『作業の塊』は複雑だ。

 

だからこそ、その複雑な『作業の塊』を最小の労力でこなすために、『しくみ』を『単純明快』にしておくべきなんだ!

すべては「単純に!」でうまくいく

すべては「単純に!」でうまくいく

  • 作者: ローター・J・ザイヴァート,ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー,小川捷子
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2003/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 
減らす技術 The Power of LESS

減らす技術 The Power of LESS

  • 作者: レオ・バボータ
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 19人 クリック: 151回
  • この商品を含むブログ (128件) を見る
 

 

ま、▼『坂の上の雲』の秋山好古と同じですな。

複雑な軍略を考えるために、常に身辺は『単純明快』!!

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

 
NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

 

 

ベースが『単純明快』だからこそ、『複雑な難問』を解くことができる、みたいな。

 

ベースが『複雑』であり、かつ、『複雑な難問』を解くのは、かなり難しいのだ。

 

結局、結果的に『複雑な難問』を解ければいいわけであって、そのために余計な労力を費やすのは「労力コスパ」が悪いのだ。 

 

「労力コスパ」を最大限化するために、

常に身辺は『単純明快』であるべきだ!!

2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム

2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム

 

 

 

というのは、ミニマリスト(最小限主義者)である僕自身の『意見』であって、他人に押し付ける気は全く持ってありませんww

 

そもそも、ミニマリズムなんて押しつけるものじゃないし。

万が一、押し付けたところで、ほとんどの人はミニマリストにならないし、ミニマリストになる人間は、ほっておいても勝手にミニマリストになるwww

 

なので、職場をミニマライズさせることは個人の好みですww

 

 

この記事で言いたいことは、

職場を『自分のやりやすいようにカスタマイズ』すると、楽しいよ!!

ってことですwww

 

いや、楽しくない人もいるかもしれませんが、少なくとも、僕は楽しいってことでww

 

僕は『人生の目的』自体が、▼『自分らしく生きること』だと考えるDQNで、、、

「人生の目的」はやっぱり『自分らしく生きること』なんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

人生の時間のうち、かなりの滞在時間を占める『職場』を『自分らしく』カスタマイズしていくのは、非常に意味のある行為だと考えるDQNですwww

 

 

と言っても、職場を『カスタマイズ』していくには『順序』があるように思えます。

 

まぁ、物事には、大体、『順序』があると思いますが、職場の『カスタマイズ』も例外ではないってことで。

 

 

職場を『カスタマイズ』するには、まず「能力」と「人格」が認められることが絶対条件なような気がします。

 

個人的には「能力」だけでも、「人格」だけでもダメな気がします。

その両方のパラメータが高ければ高いほど『カスタマイズ』はしやすくなる、という感じで。

 

どちらかのパラメータが低い、もしくは両方のパラメータが低いと現場から「ハレーション」が生じると思います。

まぁ、そりゃあ、そうでしょうwww

 

 

なので、「能力」と、「人格」両方が認められ始めたら、じわじわと職場を『カスタマイズ』していくのが楽しいです!

 

職場が『カスタマイズ』されていけば、どんどん楽しくなって、作業効率も上がり、どんどん「能力」と、「人格」が認められて行き、さらに楽しくなり、作業効率も上がる、という好循環が起きるような気がします。

 

 

今回の僕の場合は、業界経験10年と、この仕事の経験半年、という「能力」がいきなり認められ、、、

 

さらに、前任者の評判が散々だったので「前任者ボーナス」という恩恵もあり、若干、予想はしていたものの、「人格」が認められるスピードが自分でもビックリするほど早かったですw 

 

 

ペーペーの場合は職場の『カスタマイズ』に時間がかかるのはしゃーないです。

業界経験が長くても、初めての仕事では『カスタマイズ』はキビしいです。

 

でも、業界も長く、その仕事自体も半年以上経過したら、職場を『カスタマイズ』できる可能性は高くなりますよってことで。

 

カスタマイズ  【特注】をビジネスにする戦略

カスタマイズ 【特注】をビジネスにする戦略

  • 作者: アンソニー・フリン,エミリー・フリン・ヴェンキャット,和田美樹
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2014/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あ、もちろん、上に書いたように、「人格」が認められていることは前提です!!

 

あと、実際の『カスタマイズ』も空気を読みながら、騙し騙し、徐々にやっていくのが賢明ですw

 

これは「空気を読む力」「女子力」が大事になってきますw

コミュ障チックにやるのはダメ!! 

 

個人的にオススメなやり方は、小さいところから、コツコツとカスタマイズしていく方法ですww

 

 

というわけで、僕は、明日以降も、徐々に職場を『カスタマイズ』していく所存ですw

みんなも、「能力」と「人格」が認められたら、頃合いを見計らって、どんどん職場を『カスタマイズ』していきましょう!!! 

 

※個人の意見です

※身バレを防ぐためにフェイクが入っています