A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『収入断食』で財布も頭もからっぽにしたほうが『夢』詰め込めるよ!『収入断食』後はお金にも感謝できる!

【スポンサーリンク】

※個人の意見です

※既婚者にはオススメしません

 

私、A1理論は昨日から働き出しまして、まだ給料は振り込まれてないものの、

『労働』の収入力がハンパないです!!w

 

いやー、本当、ブログでのアドセンス収入に比べたら桁が違いますね~w

「今までこんなにお給料をいただいていたのか、、、」

という感想です。

 

さらに、ブログ書いてるだけで引き続きアドセンス収入も入ってきます!!

ありえない!!

 

 

ふと、この感覚って『断食』と似てるとちょっと思いました。

いや、僕は『半日断食』くらいしかしたことはありませんが、なんとなくです。

 

ちなみに伊豆での『断食道場』体験記は▼このコミックエッセイで読めます!

ひとりたび2年生

ひとりたび2年生

 

ていうか、この本、今、読み返したら▼上諏訪の花火大会についても書いてあった!w

にゃんすと『突発弾丸長野旅行』に行ってました!諏訪湖花火大会も行ったよ! - A1理論はミニマリスト

 

ちなみに▼このシリーズは『国内一人旅マニュアル』として超オススメです!!

旅に出る予定がなくても、読むだけで妄想旅行に出れますw

ひとりたび1年生 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ひとりたび1年生 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

 

 

で、上のコミックエッセイの▼断食体験記にもありますが、

f:id:A1riron:20151128221522j:image 

 

僕はこれは『お金』にも言えるんじゃないかなー、と思ってます。

貯め過ぎたお金は、中長期的に見ると「人生の毒」にさえなり得るんじゃないか、と。 

 

収入が月20万あれば銀行口座に毎月20万入ることに慣れてしまうし、30万あれば30万入ることに慣れてしまうと思う。

で、それは40万、50万、60万でも同じような気がします。

 

だんだん、「お金のありがたみ」がわからなくなってくる。

1日3食食べていれば食べ物のありがたみがわからなくなってくるように。

 

人間を含むすべての動物は元々『飢え』た状態が基本のはず。

 

 

僕は「日本人は働き過ぎ」と言うよりは「仕事と仕事のインターバルがなさすぎ」なんじゃないかな、と思ってます。

 

仕事と仕事の間に空白期間を作りたくない人が多すぎる。

もし、作ったとしても雇用保険(失業保険)や職業訓練校でその間は埋めたい、的な。

 

でも、僕的には仕事どころか、雇用保険も職業訓練校も切れた状態の、

『収入断食』 期間が、人生で一番大事な気がしてきました。

 

貯金を切り崩し続けるような『収入断食』生活をしていても、それでもお金を使ってしまうもの、それが自分が人生で一番、大事にしているものなんじゃないかな?

 

 

僕の例で言うと、貯金切り崩し生活で、毎日の食事は自炊で切り詰めていたけど、ゲストハウスには泊まりに行ったり、ゲストハウス・バーにも飲みに行ったりしてしまったし、下諏訪には合計4回も行ってしまったw

 

そして、はてなブログPROも引き続き、2年契約してしまった。

 

結局、僕が『収入断食』期間にも関わらず、お金を使ってしまうことは、

『ゲストハウスに泊まり、ブログを書く』

という、20代にやってたことと全くいっしょのことだった。

 

 

で、『収入断食』中に、そんなブログ生活に適した土地が『下諏訪』なんじゃないかな、と考え始め、「下諏訪に住むこと」を人生のゴール設定にした。

部屋に『ゴール』のポスターを貼って、人生の『ゴール設定』をしよう! - A1理論はミニマリスト

 

 

断食を機に玄米菜食に目覚める人も多いと思うけど、それもやっぱり、『食』を一時的に自分から断つことによって、本当に大事な食べ物が身を持ってわかるようになって、ジャンクフードを避けるようになるんじゃないかな、と思います。

 

『収入断食』も、『職』を一時的に断つことで、「収入」に執着する心が浄化され、自分にとって本当に大事なものが見えてくるんじゃないかな、と思います。

ジャンクワークをずーーーーっと続けるより、『収入断食』で早めに大事なものを見つけたほうが中長期的には効率的な生き方だと僕は思っています。

 

 

 

で、さらに僕のオススメはそんな『収入断食』期間中にブログを書くことです!

 

理由は3つ。

 

理由の1つめは、自分の考えを「書く」ことで整理でき、「残す」ことで履歴を確認できること。

 

理由の2つめは、twitterと連携することで、自分の「好き」を応援してくれる人を集めたり、自分に本当に必要な人と交流できたりすること。

レンタル・メグ姉様終了!ついに念願の本多メグさんに会ったよ!!! - A1理論はミニマリスト

 

今の時代はtwitterもあるし、はてなブログもある。

そんな便利なツールは徹底的に有効活用するべきだと僕は思います。

 

 

で、理由の3つめは、グーグル・アドセンスで、お金に感謝できることです。

 

グーグル・アドセンスって、特に最初は1日300円稼ぐのにも一苦労です。

もうね、駅前で乞食やったほうがよっぽど稼げるレベルですよw

 

 

だから、ゴール設定後に、そのゴールに向けて動き出した後の収入のありがたみがハンパないww

同じくらいの収入やそれ以上の収入でも、人生に不満ばかり言ってる人は、結局は人生コスパは悪いような気がします。

 

 

贅沢な料理ばかり食べていると、結局は人生コスパが悪くなるのと同じように、

『収入』にも『節制』が必要なんじゃないかな?

 

しかも、仕事をしないことで、一度、頭も空っぽになります。

仕事をずーーーーっとし続けていると、この状態は定年まで体験することができません。

 

 

一度、胃を空っぽにすることで、本当に大事な食べ物が理解できるように、

 

一度、財布と頭をからっぽにすることで、『夢』が理解できるようになり、その後、その『夢』に近づくための「お金」に非常に感謝できるようになると思います。

 

ずーーーーっと働いていたら、くだらない人との愚痴飲み会代や、特に要らないモノを買って消えていたお金だったでしょう。

 

会社に人生を預けるな?リスク・リテラシーを磨く? (光文社新書)

会社に人生を預けるな?リスク・リテラシーを磨く? (光文社新書)

 

 

人生の『ゴール設定』が初期設定で「お金」になっていることが、20世紀人の悪い癖なんじゃないかな、と、僕は思います。

 

この21世紀に『ゴール設定』が「お金」のままだと、人生の途中でわけがわからなくなる可能性があると僕は思います。

自由になりたいと思ってたら訳わかんなくなった話!! | 旅のふりーご

 

 

仕事もせず、かといって就職活動も、資格の勉強もしない、ただただ『自分』や『自分に似ている人』に向かってブログを書き続ける毎日。

 

『ゴール設定』が初期設定の「お金」の人からしてみれば、

「なにやってるんだ。」

という状態だろう。

 

 

しかし、それでも、あえてなにもしない。

完全に『虚空』になり、すべての執着を捨てる。

 

執着の捨て方

執着の捨て方

  • 作者: アルボムッレ・スマナサーラ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

僕はそこからしか、本当の『自分』は見えてこない気がします。

 

なので、今、人生でわけのわからない状態にある人は一旦、『収入断食』して、脳内から仕事のキャッシュデータを消去し、頭空っぽにしてから『夢』を詰め込んでみてはいかがでしょうか?

 

人生の無駄使いを人生の最後で後悔することが本当の『詰み』なんじゃないかな、と、僕は思います!!