A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

5月16日から始まる『収入革命』が気になる!そのせいでミニマリスト達はより過敏に反応か?

【スポンサーリンク】

今年に入ってから、僕は、

なんか、ガラにもなく『おカネ』のことをよく話している。

 

1月に職業訓練校を見学し、応募&受験を決める。

 

2月にブログ仲間のたんたんが上京してきてからは、ブログマネタイズの話をかなりするようになり、2月下旬からベーシックインカムハウスの話に!

 

3月に何度かベーシックインカムハウスに行くことに。

 

4月1日の下諏訪の『相楽祭150年祭』でも「相楽総三とおカネ」という講演があった。(そもそも相楽総三自体が年貢半減を唱えた人だし。) 

 

で、4月中旬からブログ仲間少人数で『ゆるいマネタイズ会』を作る。

 

ゴールデンウィークもおカネ絡みの諸事情で断捨離できず。。。(うう。。。)

 

そのゴールデンウィーク中の5月5日に東京・亀戸の『勝矢祭』に行ったのだが、その間もたんたんとおカネメインの話ばかり。

(その『勝矢祭』の我々の祈願もブログマネタイズだしw)

 

そして、昨日、5月8日、仕事終わりにたんたんが新宿駅の焼き菓子屋さんにいたので、学校から直で新宿に駆けつけるw

 

 

で、お菓子を食べながらも、たんたんが、

「なんか、最近、おカネの話ばかりしてますねーw」

って言い始めたので、僕が、

「ミニマリスト界隈、なんか、おカネの話、多いよね?w」

と言うと、たんたんは、

「いや、ミニマリスト界隈だけじゃないんですよ。twitterで他の界隈のつぶやき見ても、なぜかおカネ関係のつぶやき多いんですよねぇ。」

みたいなことを言っていた。

 

でその日の僕のタイムラインもおカネ関係の話題が多く、、、

 

いろいろ考えることに。

 

 

 

「今の時代が『過渡期』だ。」

とつぶやく俺。

 

 

で、眠りにつくものの、朝早く目覚め、、、

 

 

さらにブツブツとつぶやくも、、、

 

 

とりあえず、学校に行くことに!!

 

 

この日の授業は半日だったので、池袋の本屋さんへ!

 

 

で、立ち読みしたのも、最近出たベーシックインカム本と、昔出てたベーシックインカム本!

 

帰宅後、、、

 

で、仮眠後、ミキコさんが、▼こんな興味深い記事をアップしていた!

 

ミキコさんがここ1年くらいずっとハマっている月星座占い!

 

それでね、5月16日から「収入革命」が始まるという事。ワクワクしますね~。

で、それに準じてか、最近急に周りでお金の価値観についての意見が飛び交っていて、「収入革命」がいよいよ近づいていると感じています。

 

なに!?

『収入革命』???

なんだそりゃ???www

 

で、改めてググってみた。

 

「5月16日、『革命・改革』を意味する天王星が84年ぶりに、『お金』を象徴する牡牛座へと移動します。これにより、世の中すべての人に『収入革命』が起こるチャンスが到来するのです」

 

そう話すのは、引き寄せのカリスマで、月星座「ルナロジー協会」の代表理事を務めるKeikoさん。

 

天王星は、太陽系の中で内側から7番目の惑星で、84年かけて太陽の周りを公転している。西洋占星術では天球を12星座の領域に分けているので、天王星は一つの星座に7年間滞在することになる。

 

天王星は別の星座に移動する前後、社会に大きな出来事を起こすといわれています。天王星が現在の牡羊座に移動したのは7年前の'11年3月12日。その前日には、東日本大震災がありました。また、天王星は滞在した星座が支配する分野に革命を起こします。牡羊座は“個人”を象徴する星座。牡羊座に天王星が入って以降、個人が情報を発信するSNSが発展、“個人の革命”が起きました。YouTubeやインスタグラムで一般の人からスターが生まれる時代になったのです」(Keikoさん・以下同)

 

牡羊座の一つ前、“スピリチュアル”を象徴する魚座に、天王星が入ったのは'03年3月。ちょうどそのころから、目に見えない世界への関心が高まり、美輪明宏と江原啓之が出演したスピリチュアルトーク番組『オーラの泉』('05~'09年)が人気を博した。

 

さらに“通信”を意味する水瓶座に天王星が入った'95年は、インターネットや携帯電話が、世界的に普及し、通信の改革が起きている。

 

そして今年5月16日に、“お金と農業”を象徴する牡牛座に天王星が移動する。

 

なるほど、、、

 

占いと言うには、あまりにも具体的というか、、、

かなり的を得ているというか、、、

 

この天王星の動きに我々は支配されて生きてきたのか!!w 

関連画像

  

 

84年かけて太陽の周りを公転している天王星。

その天王星がその時々に入る星により、地球の人間にそれに応じた革命が起きている。

 

1995年は『通信』を象徴する水瓶座に入ったことで、win95が出来て、その後、IT革命が起こった。

 

2011年は『個人』を象徴する牡羊座に入ったことで、SNSが普及し、ブロガー等の個人で生計を立てる人間も生まれてきた。

ミニマリストやゲストハウスが注目されてきたのもこの頃からだ。

 

 

で、その天王星が、この5月16日、

『おカネと農業』

を象徴する牡牛座に入る。

 

「だから、みんなおカネの話をし始めているんじゃないか?」

とミキコさんは言う。

なるほど。

 

前回、84年天王星が牡牛座に入ったのは、1934年。

戦争が始まる頃で、終戦は日本も世界も一旦、モノがリセットされ、その後は大量生産・大量消費の時代になっていった。

 

そのさらに前回の84年前は、1850年。

この3年後、日本はペリーが来航し、明治維新が起こる。

米を年貢で納めていた日本もおカネで納めることになり、世界の金融経済に巻き込まれて行く。

日本では産業革命が起こり、西洋ベースのモノ作りの国になっていく。

 

そう考えると、天王星と牡牛座の関係は、近年は、

『おカネと農業』

というより、もっと広義に、

『おカネと生産物』 

なのかもしれないし、もっとシンプルに言うと、

『おカネとモノ』

なのかもしれない。

 

そういう意味では、

戦後の大量生産・大量消費からより早期に抜け出した『ミニマリスト』達が、より過敏に『おカネ』に反応しているのかもしれない。 

 

まぁ、いろいろ検索して調べてみましたが、

5月16日になにかが起こるというわけではなく、緩やかに『収入革命』が起きていく

とのこと。

確かに前回の2回もそうだ。

 

今回はその過程で、マクロ的にはベーシックインカムとかの国の制度も整っていくのかもしれないと思うけど、

僕的にはその直前に起こった、『個人』『スピリチュアル』『通信』とかが、今回の『収入革命』のミクロ的なネックになっていく気がしてしかたがないです!!