読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『出世』のコスパの悪さは『異常』。

人生 人生-考え方 ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論
【スポンサーリンク】

※個人の意見です

 

『出世』ってコスパ悪くないですか???

 

僕は

「コスパ超悪い」

と思います。

 

 

責任重くなる割に、給料は上がらない。

ヘタしたら残業代が出なくなって、給料下がる場合もあるんですよ!???

 

 

僕は、まえに、親戚のおじさん(重役)に、

「最近は朝にお風呂に入る。」(今は普通に夜に入ってます)

って言った時、

「それは出世する!!」

と言われましたが、僕は「ぽかーーーん」としてしまいましたw

 

親父の弟であるおじさんからしてみれば、奥州藤原氏から脈々と続く家系の一族の当主である僕を褒めたつもりだったんでしょうけど、

僕個人的には出世なんて全く嬉しくないですwwww

(落ちぶれてすまん!!) 

 

 

部下を持つとかめんどくさいし、上司とかいるとしんどいw

基本的にすべて『個人』で完結させるのが僕の『理想』ですw

 

上司にも部下にも縛られない、岸辺露伴的な生き方、もしくは▼吉良吉影的な生き方が理想です。

ジョジョの奇妙な冒険 (38) (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (38) (ジャンプ・コミックス)

 

残りの人生時間における『DQN占有率』を下げ続けるために生きる。 - A1理論はミニマリスト

 

 

 

責任だけ重くなって給料上がらない、むしろ下がるなんて最悪です。

それなら給料は「普通」でいいので、ミニマムな責任だけを負いたい。(たぶんそれが一番コスパいい)

 

 

そもそも、お金なんて「ギリギリ死なない程度」あれば十分じゃないですか。

それでも毎日毎食「日本食」食べれるんですよ!!自炊でも!!!

海外放浪中のバックパッカーにとっては「ありえない贅沢」です!!

 

せっかく『日本』という、やたら安全で、やたらネット回線が速く、やたらメシが美味い国に生まれたのに、

出世するなんて人生もったいないです!!

 

 

「出世したらもっと美味いもの食えるじゃないか!!」 

 という人がいるかもしれない。

 

そういう人と、僕とは『美味いもの』の定義が違う。

そういう人は、料亭とか、焼き肉とか、「高いもの」が「美味いもの」なんだろう。

 

 

けど、

僕の『美味いもの』の定義は『日本食』だ。

 

『日本食』であれば自炊含めてすべて美味い。

逆に『日本食』以外はアジア料理(東南アジア・インド・トルコ料理含む)と南ヨーロッパ料理以外は微妙だwww

※個人の意見です

 

 

ちなみにさっき食べた西友の半額弁当の『コスパは異常』だったwww

 

 

そもそも僕は毎日『日本食』が食べれて▼『ブログが書ける』だけで『幸せ』だ。

ブログが書けるだけで『幸せ』だ!生まれてきてよかった! - A1理論はミニマリスト

 

 

出世をしない秘訣 改訂新版―でくのぼう考

出世をしない秘訣 改訂新版―でくのぼう考

  • 作者: ジャン・ポール・ラクロワ,小宮山量平,アンリ・モニエ,椎名其二
  • 出版社/メーカー: こぶし書房
  • 発売日: 2011/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

そして、

そもそも『出世』したがる人間は『下品』

だとも思っている。

 

ものすごく『低俗』

だとも思う。

 

 

僕にとっては、

『足るを知る』生き方こそが美しい。

他人を押しのけて自分だけ出世しようなんていうのは最も『下品』な生き方なのだ。

それは震災の時に水や食料を独り占めするくらい『下品』な生き方だ。

『譲り合いの心』はないのかよ、って思う。 

 

それに『出世欲むき出し』の状態なら、他人に心理を見抜かれやすいし、その心理を利用されかねない。

 

僕の言葉で言うと『アクマイト光線』にかかりやすいのだ。

それってコスパ悪くねーか!?

 

 

僕は今も昔も▼『アクマイト光線』が効かない人間こそが『人類最強』だと考えている。

ドラゴンボール (巻1) (ジャンプ・コミックス)

ドラゴンボール (巻1) (ジャンプ・コミックス)

 

 

『無欲な人間』には『アクマイト光線』が効かない。

 

 

戦国時代、戦で全戦全勝した黒田官兵衛は、上司の関白・秀吉に、

「でかした官兵衛!褒美になんでも好きなものをやる!何が欲しい??カネか?領土か??肩書か???」 

と聞かれて、

「なんにもいりません。」 

と▼言い放った。(あくまでも大河ドラマ『軍師官兵衛』でのお話しです。)

無欲な人には『アクマイト光線』が効かない。「無欲すぎる問題児」が僕の理想。 - A1理論はミニマリスト

 

この黒田官兵衛の『無欲さ』こそが、最も美しく、最も『上品』だと僕は考えます。

※個人の意見です

 

 

人生の『初期設定』において、

□『アクマイト光線』を無効にする

にのチェックボックスにチェックが入っている人間こそが美しいのだ。

※個人の意見です

 

 

□『アクマイト光線』を無効にする

のチェックボックスにチェックが入っていることが『前提』で、

どこまで『自分らしく生きれるか?』

こそが▼人生において一番大事だと僕は思う。

「人生の目的」はやっぱり『自分らしく生きること』なんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

 

 

西郷隆盛は、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也」
と言った。

 

 

僕は、そういう

『仕末に困るもの』こそが『自分の人生』を生きている人間

だと思う。

 

 

 

なので、僕の理想の生き方は、相変わらず、

『無欲すぎる問題児』

だ!!

※個人の考え方です