読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仕事なんて『本業の合間の暇つぶし』くらいに考えるくらいでちょうどいい。

人生 人生-考え方 営業 営業-営業スキル向上方法
【スポンサーリンク】

※単なる日記です

※身バレを防ぐために所々にフェイクが入ってます

 

先日、愛知県で

「ゲストハウス×ミニマリズム ~はたらく楽しみ~」

という▼イベントがありました。

 

で、今日はその旅のダイジェスト版記事を書こうかと思ってましたが、

辞めたww

 

理由をミニマムに言うと、

「そんな気分じゃない。」

なのですが、もうちょっとちゃんと言うと、、、

つい先ほど、仕事仲間といろいろ話したことと、その後、とある友人と話したことが頭の中でごちゃごちゃとなってて、ちょっと整理したかったからです。

 

 

そのまえに、先日の「はたらく楽しみ」イベントについて。

 

詳しくは明日か明後日書く予定の「ダイジェスト版記事」を読んで頂くか、僕のtwitterのつぶやきを2/16までバイツァダストしていただければおわかりになると思いますが、、、

イベント自体はものすごく良かった!!

佐々木さんもだりさんも、『仕事』について、めっちゃ考えてる!!!

いや本当、そんじょそこらのビジネス本読むより充実してたし、ミニマムにまとまってた!!(ビジネス本はページ稼ぎのために冗長な部分があったりするので。)

 

ただ、僕の意見を言うと、、、

「二人とも、ちょっと『仕事』を真面目に考え過ぎだなぁ。」 

と思った。

※個人の感想です

 

僕は基本的に▼『仕事』なんて『短期バイト』だと思ってるw

『すべての仕事は短期バイト』と割り切って賢く生きたほうが21世紀は人生コスパがいいと僕が思う理由。 - A1理論はミニマリスト

 

「働きたくないでござる!!絶対に働きたくないでござる!!」 

が口癖の、一度も正社員になったこともないし▼正社員になる気もさらさらないアラフォーの派遣社員のおっさんだw

『レールに乗っかる人生』よりも、『働かなくていい人生』のほうが尊い!! - A1理論はミニマリスト

 

あ、将来の夢は、家さえも断捨離した、

「ゲストハウス『るろうに』ブロガー」

ですwwゲスハの極み!アッ―!!

良く言えば『ノマド』、悪く言えば『ホームレス』ww

 

 

僕は、今も昔も、

『日本人離れした労働観の持ち主』

▼ですwww

人類自体が存在意義ないんだから、普通に生きてもダメに生きてもどっちでもいいと思う。 - A1理論はミニマリスト

 

 

人生の最初から最後まで「自分らしく生きる」のが一番コスパいいよ! - A1理論はミニマリスト

 

 

▼『人間』は観察するのが面白いのであって、

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多肢多様なものである。(シラー) - A1理論はミニマリスト

そんな人間ごときが作ったルールに『人間ウォッチャー』の俺が従ってどうする!!ww 

 

 

僕から言わせれば、佐々木さんもだりさんも、

「真面目だなぁ~」

「日本人だなぁ~」 

という感じだw

 

僕は3歳くらいから読み書きが得意だったらしく、親は、

「この子は将来、天才になるんじゃないか!?」

って思ったらしいけど、小学校2年生で掛け算の九九が学年でビリだったのを知って、親は、

「ああ、こいつは相当アホや。。。」

と思って、

それ以来、全く期待されずに育ったので、完全な『自由人』になりましたw

 

けど、それは僕には掛け算の九九を覚えない『正当な理由』があって、小学生の僕は▼『暗記』なんて行為は『脳内メモリの無駄使い』だと思っていた。

『暗記』は「脳内メモリの無駄使い」。 - A1理論はミニマリスト

『暗記』なんてのは単なる『千本ノック』の結果に過ぎないのであり、むしろかえって脳の演算能力を低下させる要因を自分で作っているに過ぎない。

 

日本人が、

「勤勉な割にアホ」

なのは、僕は子供の頃からの『暗記し過ぎ』に原因があると思っている。

 

僕のその考えは小学校二年生からアラフォーの今まで一貫している。

だって「そう」なんだもん!!

 

僕はこれからも、

「王様は裸だ!!」

「天が回ってるんじゃない!!地球が回ってるんだ!!」

と言い続ける、

『大人げない大人』

でありたいと思っていますw

『天動説の人生』と『地動説の人生』。 - A1理論はミニマリスト

大人げない大人になれ!

大人げない大人になれ!

 

 

今でも、掛け算がよくわからない時がありますが、そういう時はポケットからそっとスマホを出して、電卓アプリで計算しますw

大人の『算数』って、大体、掛け算単体ではなく、足し算・引き算・割り算も絡んでることが多いので、結局、正確性を期すために電卓を使うんだから、掛け算が出来なくてもたいして困らないことが多い。

 

いや、少し困る時はあるけど、それでも僕は、一貫して、 

「キカイができることは、キカイに任せろよ!」 

という考え方で、さらに、

「人間にとって大事なのは、アナログ情報をデジタル情報に、デジタル情報をアナログ情報に変換する『アナログ・デジタル変換能力』だ!!」 

という▼考え方だ。(ほとんどの人に理解されないけどww) 

21世紀は「コミュニティの『生産性』」が高い場所に人は集まる!その「コミュニティの『生産性』」の上げ方を考えてみた! - A1理論はミニマリスト

『心』で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。(サン・テグジュペリ) - A1理論はミニマリスト

 

『日記の魔力』の表三郎いわく、

『知識を習得しすぎると、知恵が湧かなくなる。』

▼だ。

30年間日記を書き続けたことで『過去の自分』を断捨離できた男・表三郎 - A1理論はミニマリスト

日記の魔力

日記の魔力

 

 

 

なので、正月に実家に帰った時、姪っ子が、

「私、掛け算の九九、クラスで一番やったんやで!!」

と自慢していたのを聞いて、

「おっちゃんは最後まで掛け算の九九を六の段までしか合格せんかったけど、今では東京でちゃんと生活できてる。掛け算なんかできんでも東京に行けるし、仕事もできるんやで。」 

と言い聞かしたw

(妹に殺されそうだけどww) 

 

 

で、本日の仕事仲間との話。

 

僕と一回り以上、年下の彼の話を聞いてると、

「真面目やな~」

と思う。

 

仕事に必死過ぎる。

あまりにも▼メラメライオン過ぎて、テキトーに生きてる僕には、

「ちょっとウザい」

とも思ってしまうww

 

まぁ、20代~30代前半くらいまでの若い男って、自分がどこまでいけるのか試したいんだろうな。

その年代の若いブロガーを見ててもそう思うし。

 

で、実は僕の現場が今月から変わったのも、彼の穴埋めw

彼はメラメライオン過ぎて、現場から嫌われてしまったのだ。

まさに▼この人ww

仕事を頑張り過ぎてクビになった人の話。 - A1理論はミニマリスト

 

僕のような『人生賢者モード』のアラフォーおっさんからしてみれば、

「この程度の給料でそこまで頑張ってどないすんねん!」

って▼感じだ。

×『ギリギリ死なない程度に働く』○『ギリギリ死なない程度の生活費で生活し、労働ストレスをミニマムにする』 - A1理論はミニマリスト

 

 

で、彼と電車で別れた直後、友人に会いに行きました。

(ブログ・ミニマリスト・ゲストハウス・下諏訪関係者ではありません。エスタークでもありません。) 

 

その友人と世間話していて、

「実は今まで言ってなかったけど、仕事が終わった後、もうひとつ仕事をしている。」

って言われました!!

 

 

聞くと、短睡眠の高額セミナーに参加して、睡眠時間3時間の生活になれたとか!!

で、その時間で、仕事を二つ掛け持ちしてるらしいです!!

 

今、

「短眠 セミナー」

でググると、自己啓発系の怪しい高額セミナーがいっぱい出てきましたw

 

けど、既に3時間睡眠生活を成し遂げた彼の言葉はリアリティがあり、

「最初の3週間は辛かったけど、あとは平気。」 

「睡眠は習慣に過ぎない。」

「睡眠時間が短いと健康になる。」

と、淡々と言ってた。

僕を高額のセミナーに勧誘するとかではなく、単に自分の経験を友人に語ってるので、僕にはかなりのリアリティが感じられました!!

 

僕が、

「確かに、俺の仕事仲間で『睡眠時間なんて2時間で十分!』ってヤツがいたんだけども!」 

というと、 

「その人は自然に『短眠』を身に付けたんでしょうねぇ。僕はセミナー参加しないと無理でしたし、最初の3週間は辛かった。」 

と、淡々としゃべった。

(そう言えば、ミニマリスト・ブログ仲間のにゃんすやミキコさんもショートスリーパーだなぁ。ミニマリストは睡眠時間もミニマムなのかも。)

 

そんな彼は、現在、『湯シャン』を1週間実践中で、『湯シャン』歴2年半の僕は、

「『湯シャン』は最初の3週間は辛いけど、その後はぜんぜん平気になるし、今は逆に、頭皮に化学製品を塗りたくるほうが信じられない!」

と、先輩ぶって言いましたw

 

でも、

やっぱり、睡眠も、食事も、シャンプーも、日記も、ブログも、単なる『習慣』なんだろうなぁ。

 

で、

人間の『習慣』って、なんでも▼大体3週間くらいで変更可能なんじゃないかな? 

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉

 
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

そう考えると、僕の『大食い』や『ロングスリーパー』癖も、3週間で断捨離できるのかな??? 

 

 

と、話が反れましたが、本題に戻すと、、、

 

このご時世、仕事なんて『本業の合間の暇つぶし』とか、『本業を二つ同時並行』するくらいでちょうどいい。

 

上記の僕の友人も、

「もう一つの仕事は業務時間中、結構、暇なので、A1理論さん(仮名)みたいにブログでも書こうかな?」

って言ってたので、僕は、

「僕のブログ仲間は、社内ニートなので、業務時間中にブログ文章を書いてgmailに下書き送信して、夜に編集してブログにアップしてますよ!」

と言うと、

「それは賢いなぁ。」

みたいなことを言ってました。

 

この時代、ひとつの仕事にメラメライオンになるのはコスパが悪いし、危険だと思う。

大事なのは、

『収入の分散化』

というリスクヘッジ。

 

そのためには、正社員だろうが、派遣社員だろうが、フリーターだろうが、

仕事なんて『本業の合間の暇つぶし』

くらいに考えててちょうどいいと僕は思ってる。

人生は暇つぶしのゲーム?: 3分間でよく分かる人生の意味

人生は暇つぶしのゲーム?: 3分間でよく分かる人生の意味

 

本業のメールを朝に書いておいて、仕事の合間の休み時間やトイレ等で、スマホでメールチェック、みたいなww 

 

 

今日の昼間、僕が働いている新宿の街で、

「同一労働同一賃金」

のデモがあったけど、デモなんかしなくてもいつかそうなると僕は思ってて、そうなると、平等にもなるけど、残業が厳しくなり、ますます『一つの収入減』に頼るリスクが高まると思う。

 

大事なのは、いつ突然、仕事が終了しても、

「あ、そう。」

と、涼しい顔をしていられる心の余裕をもつことだと思うし、その状態まで持って行くために大事なのが『収入の分散化』と『貯金』だと僕は思います!!

 

※身バレを防ぐために所々にフェイクが入ってます