A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仕事は『体力』を使っても『気力』は温存!家に帰ったあとの副業は『気力』を『フロー状態』で使い果たし、そして力尽きて寝る!w

【スポンサーリンク】

※個人の生き方です

 

仕事も10ヶ月を過ぎると、いろんなことが分かってきます。

 

僕も最初の半年ほどはめちゃくちゃ大変でしたが、半年を過ぎると、だいぶ仕事も板についてきます。

 

しかも、半年過ぎると、雇用保険(失業保険)の会社都合退社での半年を過ぎるので、

「クビにしたければどうぞ。」

▼状態にもなるw

『クビにしたければどうぞ』状態になると、派遣社員は逆に切られないんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

そして、ミニマリズム生活していれば、半年で貯金もだいぶ貯まってくる。

 

そうなると、仕事は「楽」にはなってくるものの、

この「楽」という言葉の定義が難しい。

 

僕が、今日、仕事中に思ったのは、

「10ヶ月ほど経過した仕事は、気力的には『楽』にはなるものの、体力的にはやっぱりしんどい。」 

ということだ。

 

最初の半年ほどは気力・体力共にしんどく、毎日、へとへとになる。

まぁ、そんなもんだろう。

 

けど、業務経験が増え、経験値が増えてくるにつれて、『気力(精神力)』的には「楽」になってくる気がする。

できること・できないこともわかるし、職場の誰になにを聞けばいいのかもわかってくるし、誰に何をしたら怒られるのかもわかってくるw

知らないことを家に帰ってググったりもして、業界の知識も増えてくる。

 

 

けど、相変わらず、『体力』は使うんじゃないかな?

まず、そもそも、朝起きて職場に行く時点で体力を使う。

僕は座りっぱなしの仕事も、立ちっぱなしの仕事もしたことあるけど、座りっぱなしでも、立ちっぱなしでもしんどいものはしんどい。

で、仕事中も忙しいと忙しいでしんどいし、暇なら暇で、「暇疲れ」したりもするw

 

僕は今の職場は家と同じ新宿区内なのでいいけど、春くらいまでは多摩地区まで通ってた。これで通勤時間が毎日2時間とられる。

実際は中央線は頻繁に止まるので、リスクヘッジのために早めに家を出ることも考えたら、実際2時間半は通勤時間としてとられていた。

僕は元々、乗り物に弱いので、電車自体もちょっと辛いんですよね~。

 

というわけで、座り・立ち仕事関係なく、忙しい・暇関係なく、業務自体で疲れるし、通勤でさらに疲れる。

 

あとは「会議」という全くもって無駄な時間も疲れる。

(そもそも、日本企業で働いている時点で無能人間なんだから、無能がいくら会議したところで無駄だw「馬●の考え休むに似たり」なんだったら、会議なんてせずに休ませろww)

 

 

ただ、業務経験が増えれば、

「力の抜きどころ」

はわかってくる。

つまり、サボり方がわかってくるのだw

 

雇われ人である限り、仕事で使う『体力』『気力』はミニマムでいいのだ。

いや、『体力』は使ってもいいけど、日中の仕事での『気力』の消耗度はミニマムに抑えておくべきだ。

 

で、日中の仕事で温存した『気力』は、帰宅後の副業で爆発させる!!ww

 

「美味しんぼ」の山岡が、仕事での「気力」をミニマムに抑えて、料理を爆発させたように。

「釣りバカ日誌」の浜ちゃんが、仕事での「気力」をミニマムに抑えて、釣りに情熱をかけたように。

「ラーメン発見伝」の名前忘れたけど主人公が、仕事での「気力」をミニマムに抑えて、ラーメンに情熱をかけたように。

 

仕事で『体力』を仕事で消耗したとしても、『気力』は温存しておいて、今の時代は『副業』で爆発させるべきだ!

 

まさに▼『週末起業』!!

【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳

【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳

 

 

家に帰ったあとと、週末(休日)が人生の「本番」であり、そこで温存しておいた『気力』を▼『フロー状態』で使い果たす!

フロー (心理学) - Wikipedia

 

▼先日の『ゲストハウスガイド100』出版記念イベントで、髭仙人が説明していた▼『フロー状態』について。

f:id:A1riron:20160928234721j:image

f:id:A1riron:20160928234747j:image

 

いや、『体力』を使い果たしている分▼『トランス状態』と言えるのかもしれないw

トランス (意識) - Wikipedia

 

「ランナーズ・ハイ」ってやつだぁぁぁぁぁぁあああ!!

 

ヒュンケルが、HP1で、オリハルコン製の親衛騎団を次々と引きちぎった状態とおなじだ!!!

(今から考えたら、いくらなんでも、あれ、ありえへんやろ。。。)

 

 

そして、『体力』『気力』共に使い果たしたパトラッシュ状態で、ばったり倒れるように寝る!!ww

 

 

 

僕は、個人的には、ブロガーがブログ収入を競うのが、意味が分からない。

 

仕事なんて、半年過ぎれば、特に10ヶ月過ぎれば、『体力』は消費しても、『気力』は消費しにくくなる。 

 

ということは、テキトーに仕事してれば、メシは食えるし、ミニマリスト生活していれば貯金も増えて行く。

 

 

そうなることで、ブログで収入を気にしなくていいので、ブログも好きな風に書けるようになってくる。(もちろん、個人の誹謗中傷はダメだと思うけど)

 

 

「ブログに生活がかかってる」 

からこそ、ブログ収入に執着するのであって、生活+貯金の収入がキープできれば、ブログなんて好き放題書けるし、そういう▼「自然体のブログ」のほうが読んでて楽しいと思うんだけど、どうだろう? 

「お金:承認欲求」の割合は『仕事』は「7:3」、『ブログ』は「3:7」でちょうど補完し合えるんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

 

個人的にはカネカネしてるブログは読んでて楽しくない。 

カネなんて、仕事で会社からボッタクレばいいじゃないかww

日本企業の時点で無能人間ばっかりなんだからwww

 

 

そんなことより 、ブログという夢のツールは、確かに収入も魅力だけど、それより、

「自分と親和性の高い人間と出会える!」

というのが、最大の魅力ではないだろうか?(A1理論!)

 

 

というわけで、僕は明日も、仕事はテキトーにやって、適度に体力を減らし、その後の「トランス状態」で、テンションの高いアフォなブログを書いていきたいと思います!w

 

だって、それが「めちゃくちゃ楽しい!」って思うんだから仕方がないじゃないか!!ww

こんな楽しいこと、おカネに換算できないよ!!