A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仕事をしているほうがブログ生活も面白くなっていくと思いはじめてきたのでその心境を書きます。

【スポンサーリンク】

いやー、今日は平日休みだったのですが、自分でもびっくりするほど寝てましたw

やっぱり疲れてたんですねw

 

本来は年明けくらいから働くつもりだったんですが、職場の事情で、急遽、すぐに来てくれ、とのことでバタバタと11月下旬から即勤務開始。

土日仕事なので、ひかるさん、pn3さんとの高尾山オフもキャンセル。

 

連勤連勤で、さらに数少ない休日は仕事にまつわるエトセトラで潰れ、、、

新しい仕事を始めて最初の1ヶ月は業務時間以外に仕事にまつわるエトセトラをしていると2ヶ月目からすごく楽になるんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

働きながら、勝手が全くわからない職場でシフト調整に明け暮れ、、、

KEIKOさん・ミキコさんとのtoco.飲み会や、12月4日のミニマリスト・トークイベントの後の二次会オフ会はどうにか出席できた。

(というか、これ幹事みたいになっちゃってたから出席できなかったらヤバかった。。。寿命が縮んだよ。。。)

ひかるさんには平謝り。(また八王子で飲みましょう!)

 

で、オフ会終了後の次の土日も仕事で、昨日までずっと仕事。

 

毎日、仕事から帰ってきたら、ブログを書き書き。

で、また朝から仕事、という感じでした。

 

 

 

そんな生活をしている今の雑感としては、

仕事とブログの両立はできる!

という感じです。

 

特にtoco.飲みの時にミキコさんが言っていた言葉が印象的でした、

「仕事していないとブログに書くことがない。」

 

確かにその通りだと思いました。

僕も10年前は、仕事しながら毎日のようにmixi日記書いてましたから。

 

僕的にもう少し正確に言うと、仕事の業務内容に関しては当然、ブログ記事に出来ないし、したくもないんだけど、仕事にまつわるエトセトラから、社会や時代背景が見えてきたりするんですよね。

 

で、そこからわかったことや、自分の人生方針を「どこか」にアウトプットしていきたい。

 

僕にとっては11~7年前はその場所がmixi日記であり、

4~6年前は自分が主催していた仕事仲間との勉強会兼飲み会の場所で、

1~3年前は近所に住んでるエスタークとの散歩でした。

 

 

 

仕事をしていないと、社会や時代背景に疎くなる

と思いました。

 

食べることと、ブログ情報と、近所の店のちょっとした変化とかにはやたら敏感になるけど、それ以上ではない、という感じ。

 

社会の情勢には疎くなって、自分の周りの狭い世界が「世界」のすべてだと思ってしまう。

 

まさに「34歳無職さん」な生活ですねw

34歳無職さん 2<34歳無職さん> (コミックフラッパー)

34歳無職さん 2<34歳無職さん> (コミックフラッパー)

 

 

こういう生活もけして悪くないし、仕事に疲れてしんどい時は1年くらいは休むのもいいと僕は思います。

 

 

でも、やっぱり、仕事は仕事で面白い。

特に無職から復帰したら、情報量の多さがハンパなくて楽しい。

 

 

情報量のインプット量が多いということは、その分、アウトプット量も増える。

そういう意味でブログにもいい影響が出てきたと思います。

今後は仕事もブログも二人三脚でシナジー効果を狙おうと思っています。

 

 

「34歳無職さん」も1年間の無職生活後、またサラリーマンに戻るらしいのですが、1年くらい無職生活をしたら、僕は労働のありがたみがわかってきましたよ。

 

 

あと、今年はブログで人生論ばかり書いていたせいか、自分に適した仕事もなんとなくわかってきたし、そうなるとやっぱり仕事が楽しいし、その雰囲気は職場にも伝わる気がしました。

 

ブログ専業でブログ1本にしてしまうと、ブログ収入頼りになるし、コミュニティもブロガーコミュニティだけになってしまう気がします。

これはリスクヘッジが出来ていない、けっこう危うい状態な気もします。

 

収入源も、コミュニティも、仕事とブログと上手くバランスをとって生きていくのが今の僕には合っている気がしている今日この頃です。

 

 

しばらくは仕事も頑張りながら、ゆっくりとマイペースで徐々にブログ収入も上げていきたいです!