A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

下諏訪では『ミエナイチカラ』で誰もが「緩く」繋がっている!

【スポンサーリンク】

先ほど、2泊3日の下諏訪の旅から帰ってきました!

 

今回も、ものすごく濃いい3日になりました!

 

そもそも、今回、下諏訪に行った目的は、1月にリノベーションツアーで下諏訪・御田町に作った、

「ミーミーセンタースメバ」(通称・ミミセン)

の第一回同窓会です!

 

参加者は「オープンクローズ」という感じで、リノベツアーに参加したメンバーと、その友達という感じです!(佐々木さんはサボりましたw)

 

まぁ、詳細はダイジェスト版記事に譲るとして、、、

 

この1週間前、池袋の『たまTSUKI』というバーで、ちょっとしたブロガーオフ会したんですけど、その時に、浅野ケンタロウ氏に、

「A1理論さんが来るなら私も参加したい!」

って言ってた『たまTSUKI』常連のナナさんと話してると、

「私も下諏訪行きたい!」

って言ってて、

「俺、来週金曜日から行くけど、、、」

って言うと、

「私も金曜日有給だからいっしょに行きたい!」

ってことになり、急遽、ナナさんを連れて行くことにw

(僕もナナさんも『有給の旅人』!w)

 

まさに、

「私を下諏訪に連れてって!」

ですよw

ブログ仲間と下諏訪行ったことは何度もあるけど、一般読者の方と下諏訪行くのは初めてですw

 

で、新宿で待ち合わせて、今回は各駅停車で上諏訪へ!

話してるとすぐに上諏訪に着いて、いつも通り、上諏訪駅に待機してくれていた「マスヤ―ドラゴン」ことひらやまさんの車でリビセンへ!

で、リビセンスタッフさんは僕のブログ読んでる方もいて、

「A1理論さん、(仕事)大丈夫ですか?」

みたいな話にw

(これはこの後、いろんな人に言われることになるw)

 

ナナさんはリビセンに超感動していて、その後、『太養パン』でサバサンドを食べ、上諏訪の五蔵巡り&蔵元古本市へ!

 

で、そこでまず、真澄のイベントスペースの古本市の端で珈琲を売っていた男性と我々3人がちょっと珈琲話。

 

その後、マスヤのノラちゃんとばったり会って、さらに五蔵巡り中に男性と何度か会ったんだけれども、

「この人、どこかで会ったな~」

って思ってた。

 

で、その後、マスヤ―ドラゴンの車に乗って、下諏訪に行き、マスヤチェックイン!

 

僕とナナさんが児湯に入って、さらにまたマスヤ―ドラゴンの車でマスヤに帰り、ブログ仲間であり、山梨在住のナカヤママリコさんと合流し、念願の▼『下諏訪カレー食堂ROCKETPUNCH』へ! 

下諏訪でカレーを食べるなら『カレー食堂ROCKETPUNCH』 - ココロサードプレイス

 

ここ、すごく美味しく、しかもご飯が五穀米というか雑穀米のような感じで、オーガニックな感じで、オーガニック好きのナナさんもまた感動!

 

で、この3人は全員、僕の影響で下諏訪やマスヤに来た人なので、食べてる途中で、僕をベタ褒めし始めましたw

いやー、もうね、北朝鮮の『喜び組』みたいで、自分のことながら、途中で気持ち悪くなってきましたw

 

で、その後、マスヤで下諏訪移住者の中田五郎さんとも合流!

その後は5人でワイワイ!

 

その中で、

「いやー、マスヤバーで飲んでたら、『もしかしてA1理論さんのブログで時々登場する中田五郎さんですか!?』とか言われるんだよねーw」

とかも言われたw

 

で、そうこうしてると、昼間、真澄で珈琲を淹れてくれたお兄さんもマスヤに来て、僕らの中で、

「あれは昼間の珈琲の人だよね?」

みたいな話に(笑)

しかも中田五郎さんも最近、珈琲に凝り出して来て、その男性を知ってました(笑)

 

で、五蔵巡りの時に会った人もマスヤにいて、よく考えたら、2月にだりさん佐々木さんの名古屋イベントで会ったHさんでした!

 

もうね、僕らはテーブル席でウェーイ!してたんですけど、カウンター席の人たちもなんか知ってる顔の人もちらほらいて、よく考えたらめちゃくちゃ繋がってますわ。

 

 

で、翌日はお昼までナナさんを下諏訪ツアーしました。

エリックキッチンや伏見屋邸等にいたく感動していて、

「また絶対に下諏訪来ます!!」

って、帰っていった(笑)

 

で、その後はひらやまさんと合流し、今回の旅の本題のミミセン同窓会へ!

 

この同窓会も、二次会の旅館おくむらさんの馬鍋も、その後のヒッキーハウスもめっちゃ盛り上がりました!

 

で、その会の中でも、繋がってる!繋がってる!

 

特にビックリしたのは、ヒッキーの元同僚を、別の参加者が連れて来て、その時点ですごいんだけれども、、、

 

その人がなんと!

僕や佐々木さんが仲良くしている『未来住まい方会議』ことYADOKARIさんで働いてるとのこと!!

 

すげぇ!!

世界が狭すぎる!!(笑)

今回、一番のビックリでしたわ(笑)

 

で、今日、帰りの電車の中で、いろいろ考えた。

 

 

まさに『ミエナイチカラ』で、下諏訪の町と、マスヤゲストハウス、リビルディングセンター、ミーミーセンタースメバ、そして、手前味噌ですがA1コミュニティ、が「緩く」繋がっている!!

 

それらのどれかに惹きつけられて諏訪に集まってきた人たちが、相互に、近からず、遠からずの位置で「緩く」繋がってる。

 

マスヤは全国のゲストハウスコミュニティや地元下諏訪の人たちと。

リビセンは全国のDIY・リノベ好きの人たちと、セラ真澄のような地元上諏訪の人たちと。

ミミセンは全国の移住先や二拠点生活関係者と御田町商店街の人たちと。

で、A1コミュニティは全国のミニマリストブロガーと、上記全ての諏訪コミュニティと、、、

 

なんか、有機的な『ミエナイチカラ』で、ゆるく繋がっていて、しかも、ゆるい割に、ものすごく強固な繋がりなので、ついつい、諏訪地方に来てしまう。

 

こういうのって、

「一般的日本人には『まだ』理解できない概念なんだろうなぁ。」

って思う。

 

これこそまさに▼『サードプレイス』なんだろうし、

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

 

 

そこにいる人たちは▼『ゴールドカラー』な人たちなんだろうし、

人生の半径 - Chikirinの日記

ゴールドカラーとは自分で路を選ぶ人達です。

小さい頃から“他人と違う言動”を褒めてもらえ、突拍子もないことを言い出しても寧ろ応援してもらえる。そういう環境から彼らは育っていくことでしょう。

 

僕の言葉で言うと、この下諏訪が▼『チャンスの国』になりつつあると思っている。

諏訪地域がこれからどんどん『チャンスの国』になっていく気がビンビンします!! - A1理論はミニマリスト

ペンギンの国のクジャク

ペンギンの国のクジャク

  • 作者: BJ ギャラガー,ウォレン・H.シュミット,BJ Gallagher,Warren H. Schmidt,田中一江
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

さすが、時代の▼『魁』を目指した相楽総三が志半ばにして死んだ町ですな!

f:id:A1riron:20170407014604p:image

赤報隊隊長「相楽総三」を描いた漫画『皇国の緋色』が面白すぎて、気づいたら朝になってた話!! - A1理論はミニマリスト

 

今の下諏訪は、まさに21世紀の『魁』を突っ走ってる町だと僕は思っています! 

 

 

僕の人生にとっては、『教育の国』も、『ペンギンの国』も、どーーでもいい存在であって、、、

 

この『チャンスの国』さえが、世界で一番、尊い場所なのだ。

 

 

僕のブログも読んでくれてる人が非常に多いし。

 

というわけで、今後も僕は下諏訪にどっぷりと浸かっていく人生になるだろうし、下諏訪にしか、僕の(メインの)居場所はないようにも思える。

 

それがまぁ、21世紀に▼『フルサト』と言える場所なんだろうな。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

 

 

f:id:A1riron:20170612010655j:image