A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

下諏訪の、いつもの『豊かな夜』と『夜明け前』。

【スポンサーリンク】

2018年3月30日。

年度末の最終ウィークデーに、僕は家でいろいろつぶやいていた。

 

翌31日は下諏訪に行き、その翌4月1日に行われる『相楽祭150年祭』に参加する予定だ。

 

で、前日はベーシックインカムに関するブログ記事を書きたいのに、だらだらw

 

で、、、 

 

その後、▼この本のKindle版をダウンロード!

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

 

 

 

 

というわけで、爆睡し、、、

 

 

というわけで、いつも通り、各駅停車で下諏訪へ!!

青春18きっぷ期間だったけど、2スタンプ分なら下諏訪往復と変わらない値段だった。

働きたくないでござる!!w

 

 

 

 

この時の山梨の車窓、めっちゃ綺麗だった!!

 

東京は桜が散り始め、長野はまだ咲いてない。

で、山梨は満開、みたいな。

 

で、僕は車内でひたすら▼この本を読んでたw 

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

 

 

 

で、夢中で読んでると、、、

wwwww

 

で、駅を出て左手にある公園で本の続きをキリのいいところまで読むw

 

途中、、、 

明日の『相楽祭150周年祭』の舞台になる相楽塚に寄ってみたら、誰かが記帳していました。 

 

というわけで、、、

twitter.com

 

×市民平等○四民平等

 

結局、

相楽総三の目指していた社会って、ベーシックインカム的な社会なんじゃないか?

と思った。

 

『富の再分配』がちゃんと機能する社会。

 

『明治維新』という、テクノロジーが突然、勃興した時代に、関ヶ原から続く社会システムも同時に変えようとしたんじゃないかと思う。

 

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)

 

 

twitter.com

 

wwww

もうね、ここで終身刑生活を送りたいですw

 

 

で、

「こんにちはー!」

って中に入ると、、、

 

 

スタッフのノラちゃんが、

「あ、『A1理論』さん!」

と言って、2人ほどが、

「え!?」

って、振り向きましたw

 

1人は僕のこのブログがきっかけで1年ほど前からずっと下諏訪に通っていて、僕とニアミスばかりしていたという男性の方。

 

もう1人は、埼玉県川越市で▼ゲストハウス『ちゃぶだい』を今年秋にオープン予定の『にしむー』さん!この時はマスヤのヘルパーさんをしていました!!

川越に"ゲストハウスちゃぶだい"つくります

僕は実は▲このブログは結構前から読者登録して読んでましたw

 

『にしむー』さんがヘルパーしていることは、この直前のふじっぺの▼この記事で知ってました!!

埼玉 川越にゲストハウスを開業予定の‟にしむー”さんにお会いしました! - ゲストハウスしあわせ物語

 

川越は、実は僕が住んでる高田馬場から西武新宿線で1本で、しかも、昔はその途中にある田無に4年間も住んでいたのですが、まだ1度も行ったことないんですよねぇ。

『ちゃぶだい』できたら近距離旅行に行きたいと思いました!!

 

先日、広島で開催され、『にしむー』さんが参加した▼『ゲストハウスサミット』の話等をしましたー!

全国のゲストハウスが集い、ゲストハウスの「次」を提案する「ゲストハウスサミット〜私たちからの再提案〜」開催。|株式会社Little Japanのプレスリリース

<2月28日(水)〜3月2日(金)>ゲストハウスサミット〜私たちからの再提案〜を開催します! - Meet Locals 〜地域と世界をつなぐ〜

 

 

そしてなんと!

来年は東京で『ゲストハウスサミット』が開かれるかもとのことです!!

 

東京・蔵前のゲストハウス『Little Japan』の柚木さんがかなりやる気だそうです!

最近、AbemaTVとかにも出演してますもんね!!

 

 

そうこうしていると、マスヤのヘルパーの▼まーしーが登場!!

諏訪ジャーニー(小口正史)

 

 

どうやら、サイクリング部と諏訪湖を一周してきたようで、今からプロジェクターを使い、マスヤのリビングでイベントを行うようです!!

 

ただ、僕はカウンターに座ってたゲストさんと、読者さんとで温泉に行こうかということになり、『旦過の湯』へ行くことに!!

 

▼このポン菓子は『マスヤTシャツ』を作ってくれている原田さんがこの日のお昼にマスヤで作っていたやつです!!

 

で、途中、御田町の『ミーミーセンター・スメバ』に明かりがついていたので、中を覗くと、、、

いやー、結局、1時間くらい話し込んでしまいました!!w

 

そろそろ温泉行かないと、ということで、、、

下諏訪の夜は2月に来たときよりもかなり暖かくなっていました!! 

 

この後、『旦過の湯』に入る。

いやぁ、、、やっぱり俺には下諏訪の温泉が必要だ、、、w

 

その後、3人とも晩御飯を食べてなかったので、隣の『タロウ珈琲弐号店』に入る!

僕以外の2人は初めてで、僕も土曜日に入るのは初めてかも!?

ずっと食べたかったこのお店の名物の『納豆そば』が食べれた!!

めっちゃ美味しいじゃん!!これ、家でも作りたいww

 

その後は、お店がかなり混んできたので、マスヤに戻る!!

 

けど、土曜日の夜のマスヤもかなり混んでいて、カウンター周りは立ち飲み屋状態に!!w

ま、今年度最終日ですからねぇ。

サイクリング部の人たちも二次会的な感じになってるしw

 

僕ら3人は先にドミでベッドメイク等をして、下に降りると、ペチカストーブのまえの席に3人座れそうな場所があったので、そこで1人で飲んでたバイク乗りの人とお話!

「いやぁ、自転車乗りの人達に比べれば、僕なんて機械乗りなんで、、、」

って言ってて面白かったw

 

その後、そのバイク乗りの方と、沖縄のゲストハウス『月光荘』の話とかで盛り上がっていると、、、

ウェーイ!!!

これぞ、マスヤの醍醐味!!ww

あ、僕ら3人はキッチンのフリーコーナーにあった梅酒ですw

 

 

そうこうしていると『にしむー』さんが、一升瓶を持ってやってきました!!

 

▲これ、初めて飲んだけど飲みやすかった!!

 

かなりの偶然ですが、島崎藤村の▼『夜明け前』に描かれた主人公であり、藤村の父がモデルの「半蔵」は、相楽総三の赤報隊に多額の資金援助をしていました。 

夜明け前 01 第一部上

夜明け前 01 第一部上

 

 

赤報隊の最後 -  啓明さん -  あつぎ地域SNS

 

総三の下に集まった隊士の多くは、平田篤胤の国学を学んだ同志であり、同じく平田国学の影響下にあった東山道を江戸に向かうことが先遣隊として有利な状況にあったこともその原因であったのではないかと思います。

 

このときの様子が、島崎藤村の「夜明け前」で描写されています。

「夜明け前」は、藤村の父であり当時、馬籠宿の大百姓を勤めていた島崎重寛(正樹)が残した日記を基に書かれた小説ですが、総三等と同じく平田篤胤に薫陶していた主人公青山半蔵(モデルは島崎正樹)達が、時代の「夜明け」を夢見て赤報隊に次々と資金や物資を供出していく様子が描かれています。

 

『夜明け前』の時代

 

青山半蔵は新政府軍東征の先駆がくると聞いて胸躍らせる。

 

藤村は赤報隊と半蔵との劇的だったにちがいない出会いの場面を描いていない。

『夜明け前』では後日談として、「一行の行動を偽官軍と非難する回状が巡ったこと、軍用金を献じた地方の有志は皆付近の藩から厳しい詰問を受けることになること、半蔵も木曽福島のお役所に呼び出され、お叱りを受けたこと」が語られる。ここで初めて彼が二十両もの大金を赤報隊に提供したことが明らかになる。

 

藤村が本作の拠り所にした『大黒屋日記』には、藤村の父、島崎正樹(青山半蔵のモデル)が赤報隊に資金提供したという記述は見あたらない。この部分は藤村の思想に基づく創作である。

半蔵が信じていた夜明け、馬籠の人々をはじめとする一般の人々を解放するような夜明けは来なかった。

 

赤報隊の悲劇は、明治維新が農民や多くの人民の望みを掲げて開始され、政権がうち立つや彼らを裏切り、大商業家とそして生まれつつある産業資本家のものに転換していく画期であった。半蔵の夢はこうして最初の挫折を味わう。

 

うーむ、悲しいお話ですなぁ。

『四民平等』の夜明けは来なかった。

 

新時代・明治になり、大正、昭和、そして平成も来年で終わりというのに、日本は『夜明け前』の状態がずっと続いているような気がしますなぁ。。。

 

 

まぁ、しかし、少なくとも今の下諏訪には『マスヤゲストハウス』がある!!ww

 

で、僕は『夜明け前』を飲みながら、

「なんか、酒のつまみがないなぁ。。。」 

 と思ってたら、、、

 

「そうだ!!!」

と思いつきました!!

 

このポン菓子、めっちゃ美味しかった!!!

 

 

というわけで、消灯時間の23時になったので、片づけてドミに上がって、歯を磨いて、ベッドに寝転がる!! 

この日はすごく疲れていたので、爆睡、、、

 

で、『夜明け前』に、、、

wwww 

 

というわけで、

『相楽祭150周年祭』に続きます!!