A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

【下諏訪温泉情報】『児湯』は「三湯めぐり」の最初にオススメ!2F休憩室は持ち込み飲食自由でコスパ最強!

【スポンサーリンク】

今回は下諏訪▼『三湯めぐり』のひとつでもある『児湯』(こゆ)こと『遊泉ハウス 児湯』のご紹介です!!

信州下諏訪温泉三湯めぐり[まちあるき商品] Ticket for visiting the top three Hot Spring in Shimosuwa | 下諏訪観光協会

 

f:id:A1riron:20150829221420j:image

 

▼『児湯』は『諏訪明神御神湯伝説』で、女神が化粧用に綿に湯を含ませて置いた所から湯が湧いたという『綿の湯』が源泉です。子宝に恵まれるので『児湯』。

f:id:A1riron:20150829221454j:image

遊泉ハウス児湯(ゆうせんはうすこゆ) Yusen House Koyu 温泉|下諏訪観光協会

料金:子供110円 大人:230円

営業時間:5時30分から22時00分まで (最終受付 21時30分)

休憩室:9時00分から17時00分まで フリーWiFiあり

「内湯」「露天風呂」「うたせ湯」の3つのお風呂があります。 

貴重品に関しては『旦過の湯』同様、下駄箱に鍵がかかるので、靴と一緒に財布・スマホ・モバイルバッテリー等を入れて鍵をかけ、その鍵は入浴中も持っておきましょう!

 f:id:A1riron:20150829221625j:image

そして僕の意見を結論から先に言えば、

▲下諏訪『三湯めぐり』をする方はまずこの『児湯』から始めるべきです!

理由は2つ!

 

①三湯の中で一番入りやすい(温度調節してある)

②『児湯』2F休憩室利用時間が17時まで

 

順にご説明します!

 

①三湯の中で一番入りやすい(温度調節してある)

三湯の中の『新湯』と『旦過の湯』は源泉そのままですが、この『児湯』は温度調節してあるので、三湯のうちで一番入りやすかったです!!露天風呂は三湯の中でも一番温度が低いと思いました!

▼『児湯』にあった看板

f:id:A1riron:20150829221555j:image

僕的には、『三湯』の温度の順位は、

『児湯』露天<『旦過の湯』露天<『児湯』内湯<『旦過の湯』熱い内湯<『新湯』<『旦過の湯』激熱内湯

な感じだと思っています。(日や時間にもよって異なりますが大体こんな感じだと思います)

なのでまずはこの『児湯』に入って、休憩室で休憩してから、

『旦過の湯』の熱い内湯に入り、『新湯』にチャレンジ!

が一番オススメです!

 

熱いお風呂が得意な方や、三湯めぐり二回目の方は、

『児湯』内湯→『新湯』→『旦過の湯』の激熱内湯にチャレンジ!

という方法もありますが、、、、キケン過ぎるのでオススメはしません。。。

ちなみにさっきネットで調べていると、この一番入りやすい『児湯』内湯でさえ「熱くて入れなかった。」と書いている人がいたことを付け加えておきます!

 

熱い温泉がめちゃくちゃ苦手で、ぬるめのお湯でリラックスしたい方は、僕はあえて『三湯めぐり』はせずに▼『菅野温泉』に複数回入ることをオススメします!温泉も人生も自分流に楽しむのが一番!

【下諏訪温泉情報】『菅野温泉』は下諏訪温泉初心者向けで熱くない!リラックスしたいならオススメ!レトロな雰囲気がいい! - A1理論はミニマリスト

 

 

②『児湯』2F休憩室利用時間が17時まで

「三湯めぐり」の最大のメリットはこの『児湯』の2F休憩室なんじゃないかと思います。

けどここが17時までなので早めに利用しないと損だと思います。

僕は利用しなかったのですが、写真を見る限りかなり広々としています。

温泉には珍しくフリーWiFiもあるので温泉に入るごとにここでブログを書くのもアリw

また、持ち込み飲食も可能なのでここでお弁当とか食べてもOKだそうです!(確認済み)

 

すぐ近くの有名な和菓子屋さん▼新鶴本店で和菓子を買ってきてここで食べるのもいいですねー。

新鶴本店 (シンツルホンテン) - 下諏訪/和菓子 [食べログ]

▼これは僕がまえに買った新鶴本店のもちまんじゅう。160円。一番人気なので午前中にはなくなりますw8時30分の新鶴本店開店直後にもちまんじゅうを買ってから『児湯』に行くか、朝一で『児湯』に入ってから8時30分の新鶴本店開店直後にもちまんじゅうを買って『児湯』休憩室で食べるかのどちらかがオススメです!

 f:id:A1riron:20150829231542j:image

 

ちなみに『三湯めぐり』ではタオルとバッグ(タオル袋)ももらえますが▼バッグの染め方がものすごく可愛かったですw女性には人気ありそう!青・ピンク・紫から選べます。

f:id:A1riron:20150829221745j:image

 

ちなみに『三湯めぐり』は2日間有効ですが、

「1日で三湯めぐりたい!」

という方は▼普通に『児湯』の休憩室利用券を600円で買えば『1日三湯めぐりチケット』になりますw

ただし、タオルとバッグ、しおりにもなるお地蔵さんの『三湯めぐり』チケットはもらえません。これらが欲しい方は1日しか下諏訪にいなくても、もう100円払って普通に『三湯めぐり』チケット買ったほうがいいかもです!

f:id:A1riron:20150829221531j:image

 

▼『児湯』の休憩室利用券(1日有効タオルなし600円)と『三湯めぐり』チケット(2日有効タオルあり700円)。

f:id:A1riron:20150829221647j:image

 

以上が『児湯』と『三湯めぐり』のオススメ入浴方法になります!

『三湯めぐり』するなら『児湯』から!

と覚えておきましょう!w

 

ただし、下諏訪滞在時間の少ない方、温泉以外の目的(登山やイベント等)で下諏訪に来た方、熱い温泉が得意じゃない方、また下諏訪に来る予定がある方などは無理に『三湯めぐり』しなくてもいいかな、と思いました。

僕みたいに複数回、下諏訪に来て、その度ごとに2湯ずつくらいゆっくり堪能するのもいいかな、と思いました。

 

それでは最後はやはり、 

『平成25年度町内の小学校三年生作』

 パンフレットです!

 f:id:A1riron:20150830000251j:image

★お知らせ★

NHK『鶴瓶の家族に乾杯』に下諏訪町とマスヤゲストハウスが登場するようです!

2015/8/31 14:05~ 【前編再放送】

再放送予定 - 鶴瓶の家族に乾杯 - NHK

2015/8/31 20:00~ 【後編本放送】

鶴瓶の家族に乾杯 - NHK

▲この写真は、、、