読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人間は有限性の中で常にむなしく無限を求めて不安なればこそ、「心配」の中に生きる。(ハイデガー)

バズってどうする!? バズってどうする!?-ふと思ったこと
【スポンサーリンク】

人生の本質を突いてますね!ハイデガーさん!

マルティン・ハイデッガー - Wikipedia

さすが、大学の講義の開始と終了に、

「ハイル・ヒトラー!」

の敬礼を義務づけただけのことはある!!ww

 

我がナチスの科学力は世界一ィィィィィィ!!!

 

あと、この人、日本人留学生からの謝金で別荘で小屋暮らししてますw

小屋暮らしすると、人は哲学者になりそうw

ハイデガー (KAWADE道の手帖)

ハイデガー (KAWADE道の手帖)

 
 

 

 

さて、タイトルの言葉ですが、これは本当に人生の真実な気がします。

 

人生は『有限』なはずなのに、

人間は『無限』とか『永遠』を求めてしまう。

 

終身雇用とか、土地を買ったりするのもそうですよね~。

 

 

けど、人生自体が有限なんだから、

『無限』も、『永遠』もそもそもない。

 

 

 

ま、だからこそ、やっぱり『不安』になるんだろうな。

 

けど、

その『不安』こそが人生

とも言えるんじゃないかな?

 

 

島田紳助は、

「人生に大事なのは7割の『自信』と、3割の『不安』。」

みたいなことを昔、なにかで言ってたような気がする。

 

でも、その『不安』『心配』が、あるから人生は面白いんじゃないかな?

 

 

『不安』『心配』のない人生は、それはそれで退屈だろう。

めちゃくちゃ簡単なゲームみたいなもので、アクビが出てしまう。

 

『不安』や『心配』だらけの人生も心臓に良くないけど、やっぱり少しはあったほうがいい。

必要悪的な。

 

 

島田紳助は、

「俺が飲食店をやる理由はカネやない。お笑いで成功して自信満々な『自分』がいる一方で、『それ偶然やで。運が良かっただけやで』と、ささやく『自分』がおる。そいつを納得させるためや。」

と言ってた。(うろ覚えです!)

 

 

どんな人間にも『不安』もあれば『心配』もある。これは一生、つきまとう。

財産も地位も名誉もある人が自殺したり、犯罪を犯したりするのも、このことからだろう。

 

 

逆に言うと、人生、死ぬまで『不安』や『心配』がつきまとうのがデフォルトなのだとしたら、その『不安』や『心配』を楽しんでしまえばいい、と思う。

 

 

ていうか、どうせいつかは人間は死ぬんだ。

 

『不安』や『心配』のことばかり考えるよりも、

「人生は有限」

と割り切って、『不安』や『心配』を武器にして、目標に邁進していけばいい。

 

 

そして、その『過程』こそが、『人生』であり、脳みそだけを傾斜的に進化させてしまった人類の宿命なんじゃないかな、と思う。

 

 

『不安』を消そうとするのではなく、

『不安』を武器にしようとした人間が一番、強い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、貧乏なクセに、さほど不安をもってない中年フリーターの、なにを言ってるのかよくわからないこんな記事が『バズってどうする!?』