読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

ブログも、仕事も、人生も、『自然体』が一番長続きすると思う。

【スポンサーリンク】

先日、ブログ運営に悩んでいる女性の記事を読みました。

 

ブログ運営に悩んでいる人全員に僕が言いたいのが、

「『自然体』で書けばいいんじゃない?」

ってことです。

※個人の意見です

 

ブログは続けばいいというものでもありませんが、続いているブログに共通しているのは、

書き手であるブロガー自身がいつも『自然体』であること

なんじゃないかな?って思います。

※個人の意見です

 

無理して頑張り過ぎるブログは、途中でポキッと折れるような気がします。

 

スラムダンクの最終戦みたいなw

頑張り過ぎて、次の試合、ボロ負け、みたいなw

 

ブログで頑張り過ぎる例を考えてみました。

・毎日更新!(超キケン!)

・常に目次&見出し

・ひとつのテーマしか書かない

・語調やトーンやテイストが常に決まっている

・記事をアップする時間がいつも同じ

・パソコンでしか書かない

・常にバズを狙っている

・読者のことを考え過ぎている

・マネタイズのことを考え過ぎている

・カスタマイズのことを考え過ぎている

等々。

 

人間、力みすぎると、ある日突然、ポキッと折れるんですよ。

 

「大型武器は攻撃を外すと脆い。」

 と、剣心も言ってましたね。

(働きたくないでござる!!絶対に働きたくないでござる!!)

 

『魔人の斧』は当たれば大きいですが、ミスると痛いんですよww

 

頑張り過ぎるブログは『制約と誓約』がキツ過ぎますよw

常に『ゴンさん』で戦うようなものじゃないですかwww

 

セル編の『パワー偏重型トランクス』みたいなもので、必ず、どこかにひずみが出てくると思います。

 

ブログは長く続けばいいというものではないとは思いますが、続かないことが読者にとっては一番残念です。

(僕も愛読していたブログがいつの間にか更新が止まっていたりすると悲しくなります) 

 

また、続いていても、力み過ぎているブログも、読者としては少しキケンな香りがします。

「このペースでずっといくんだ。。。」 

みたいなwww

 

まえにバズどうで書いた記事で▼こんなのがあります。

我、人に勝つ道を知らず、我に勝つ道を知る。(柳生宗矩) - A1理論はミニマリスト

さすが、宮本武蔵に仕合を挑まれた際、

「そなたの剣の境地は?」

と、問うたところ、

「電光石火の如く」

との、武蔵の返事に

「まだまだ修行不足」

と、挑戦を退け、そこで逆に武蔵に問い返された時、自分の境地を

「春風の如く」

と返しただけのことはある!!

 

柳生宗矩の境地はブロガーの境地と似ていると思います。

「武蔵は力み過ぎだ、もっと『自然体』でやれよ。」

と言いたかったんじゃないかな、と思います。

 

 

『自然体』であればこそ、読者も『自然体』で読んでくれるんじゃないかな?

特にスマホ時代、ブログは寝っころがって読まれてる可能性も高いし。

 

『自然体』の自分のブログを読んでくれる読者が、一番『素の自分』に近い、自分と親和性の高い人たちだと思います。

 

 

なので、仲のいい友達と居酒屋で飲むような感じでブログを書けばいいんじゃないでしょうか???

 

居酒屋で飲んでも、その場の人数しか情報共有されませんが、ブログで書けば、時空を超えてシェアされるって感じで。

おカネもかからない、いやむしろ、もらえますしw 

 

 

そう言えば、先日、オフ会で会った人に、

「A1理論さんって、『ブログのまんま』ですねぇ。」

と言われましたが、僕にとっては、これはサイコーの褒め言葉ですwww

 

 

ブログなんて、仕事じゃないんですし、ウェブメディアでもないんです。 

『自然体』が一番ですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、書いていて思ったのですが、ブログに限らず、「仕事」も「人生」も、やっぱり『自然体』が一番だと思いました。

 

長く生きていると、自分の周りで、死んだ人間、病んだ人間を否が応でも「見る」ことになります。

「聞く」に至っては、もう、かなりの数に上ります。

 

で、そんな「見た」人、そして「聞いた」人について改めて振り返ってみると、、、

 

なんか、

ちょっと『無理』して生きていたんじゃないかな?

と、思うことがあります。

※個人の感想です

 

背伸びして生きていたから、ある日、突然、心がポキッと折れてしまった。

 

で、力み過ぎたブログがある日、突然、消滅していたりするように、ある日、突然、自分自身を消してしまった人もいます。

 

僕は、こんな『飢えない時代』に力み過ぎて生きる必要は全くないと思います。

 

僕がアジア人が好きなのは、力み過ぎてないところw

もうね、「テキトー」なんですよ、人生がw

『自然体』にも程があるw

 

 

頑張ることは悪くない、いや、むしろ▼頑張った過去は資産になる。

仕事で大事なのはお金よりも経験値!『頑張る癖』がついていれば残りの人生はコスパ最強!! - A1理論はミニマリスト

 

でも、頑張り過ぎるのは良くない。

 

 

あのブッダも、ガリガリになるまで修行した結果、

「あ、やっぱり、これはやり過ぎだわwww」

と、▼『中道』を悟った。 

f:id:A1riron:20160507215810j:image

仏教 (図解雑学)

仏教 (図解雑学)

 

▲『図解雑学 仏教』より。この本、仏教の基本からわかるので超オススメです! 

 

日本人は何事にも頑張り過ぎる。

頑張らなさすぎるのも問題だけど、頑張り過ぎるのもまた問題だ。

死んだら意味がない。

 

 

『自然体』で生きている人ほど、リアルでも、ソーシャルメディアでも、人が集まって来て、さらに『自然体』で生きれるようになるんじゃないかな?

 

ブログも、仕事も、人生も、『自然体』が一番!!!