A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『スローな下諏訪』にしてくれ。(4月上旬の下諏訪旅ダイジェスト版)

【スポンサーリンク】

f:id:A1riron:20170409024413j:image

 

 

「旅は『スロー』であればあるほどいい。」

というのが僕の昔からの旅のスタイルだ。

 

スローな旅にしてくれ (幻冬舎文庫)

スローな旅にしてくれ (幻冬舎文庫)

 

 

旅の計画はできるだけミニマムにして、

その時の『流れ』に身を任せたほうが、結果的にいい旅になる

というのをなんとなく身体が理解してしまっている。

 

『上善』なるものは▼『水』の『如』く、自然体で旅することだと思っている。

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 1800ml

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 1800ml

 

 

で、この4月上旬(2日~4日)の下諏訪旅は、初日の『相楽祭』以外は、なーーんにも予定を立てていない。

 

『スローな旅』が好きな僕なのに、

ここ半年ほどの旅は、バタバタ移動したり、取材したり、下諏訪をブログ仲間に案内したり、飲み会が長引いてほとんど寝れなかったり、と、『バタバタな旅』が多すぎた。

 

しかも、その旅が終わった翌日から、仕事が6連勤、みたいなw

 

なので、この旅では、

「『スローな下諏訪』で、徹底的に休もう!!」 

と、ハナから決めていた。 

 

下諏訪という町は、そもそも、温泉あり、美味しいお店あり、山あり、湖あり、諏訪大社あり、相楽塚あり、マスヤゲストハウスあり、マスヤバーあり、と、『スロー』な旅をするのに最適な町だと僕は思っている。

 

いや、『旅』というか▼『沈没』に近いな。

沈没 - Wikipedia

大辞泉によると、

遊びに夢中になって仕事や用事を忘れてしまうこと。

 

という意味があることから、長期間の海外個人旅行をしているバックパッカーなどが、旅行の本来の目的である観光を中断し、一つの街への滞在を目的としてしまうことを「沈没」と呼ぶ。1996年に「旅ときどき沈没」(著:蔵前仁一 ISBN 978-4938463380)が出版されていることから、1990年代から使われてきた。

 

日本人旅行者には、主に東南アジアの都市で、宿泊施設や食事などの物価が安く、比較的治安が良く、ビザの取得が容易で、風光明媚な場所、日本人宿が存在する場所が好まれている。

 

「沈没」を目的として海外に長期滞在する人もおり外こもり(そとこもり、ひきこもりをもじった表現。)と呼ばれることもある。

 

旅ときどき沈没 (講談社文庫)

旅ときどき沈没 (講談社文庫)

 

 

まさに、下諏訪は、

「暮らすように旅する町」

だ。

 

 

 

 

 

というわけで、2017年4月2日。

 

今回の旅のメインイベントである▼『相楽祭』が夕方くらいに終了し、、、

下諏訪『相楽祭』に行ってみたら歴史好き・幕末明治好きの人ばかりがいて楽しかった!まるで『赤報隊の同窓会』!! - A1理論はミニマリスト

 

その後、魁町の次期町内会長を連れて、、、

 

って、僕は他人を案内してるけど、

僕自身もリノベーション完成後の『スメバ』に行くのは初めて!!

 

最初は▼こんなだったのに、、、

東野唯史さんの商店街再生!御田町『下諏訪移住交流拠点リノベーション体験ツアー』密着取材1日目! - A1理論はミニマリスト

 

やっぱり東野さんの手にかかると見違えるな!!

 

 

その後、

「マスヤゲストハウスに入ったことがない!」

という次期町内会長を連れて、マスヤへ!!

 

MIXドミトリーまで案内すると、一人だけ、若い女の子がいて、畳の上にちょこんと座っていた。

「こんにちは~」

と、声をかけると、

「こんにちは!」

と元気よく返事してくれた。

 

聞くと、昨日の夜遅くチェックインして、これからマスヤに20泊以上するらしい!

「あ、この人、なんか面白そう!」

って、ほぼ直感的に思った。

 

その後、次期町内会長を玄関で見送り、チェックインを済まして、再びMIXドミトリーへ!

 

聞くと彼女、これから下諏訪に移住予定で、新潟の家を引き払い、車にすべての荷物を詰んで下諏訪まで来て、4月下旬に新しい家に入居するまで、このマスヤゲストハウスに連泊するらしい。

 

しかも、ゲストハウス自体が初めてで、昨日の夜は10時くらいにチェックインしたために、

「マスヤバーにいた人たちとは上手く馴染めなかった。」

とのこと。

 

「いやぁ、ゲストハウスなんて1日で宿泊者はほとんど入れ替わるから大丈夫だよ!また、新しいメンバーが今からチェックインしてくると!」

と、僕はにわか「ゲストハウスガイド」にw

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

 

で、その女子に、下諏訪町について、ミーミーセンタースメバについて、マスヤについて、リビセンについて、今月4月からの下諏訪の地域おこし協力隊について、今日、行って来たばかりの『相楽祭』について、等、畳でごろごろしながら教えてあげた。

 

まだ18時頃で、まだチェックインしてくる人はいなかった。

 

その後、僕がたまたま外出する用事があったので、、、 

下諏訪ガイドw

 

その後、その女子をマスヤまで送っていって、僕は菅野温泉へ!

 

1時間くらいゆっくり入り、マスヤに帰ってきたら、

温泉五郎さんこと中田五郎さんがマスヤバーに飲みに来てたw

まぁ、俺が下諏訪に来たからなんだけれどw(下諏訪仲間はどんどん増えていってますw)

マスヤバーのカウンターにて。

話題は『相楽祭』のこと、リビセンの新人さんのこと、地域おこし協力隊のこと、下諏訪町の移住政策のこと、等々等々、本当、下諏訪に初めて来てからまだ2年も経たない2人が、誰よりも下諏訪のことを知ってたりするw(しかもマスヤバーで情報同期!w)

 

その後、、、

今夜は珍しく、下諏訪に移住希望の女子が2人も!!

(さっきの女子ともう一人の女子)

 

僕や五郎さんがいろんな下諏訪情報を提供!!w(これ下諏訪町役場からカネもらってもいいんじゃない??w)

 

というわけで、この夜も、いろんな話をしまくり、酔いまくり、あんまり記憶がありませんw

 

日曜夜だったので、宿泊者は5人ほどで、五郎さんのようにバーに飲みに来た方が数人、というミニマムな夜でしたが、そのぶん、少人数でコタツを囲んでワイワイできて良かった!(僕は少人数の平日マスヤが大好きだ!w)

 

いやぁ、『スローな下諏訪』は面白い!!

 

 

この夜、結構、寒かったです!(さすが直前に雪が降ってただけのことはある!)

4月の下諏訪に行く方は厚着を!!

 

というわけで、この日の夜は爆睡ww

元々、あんまり寝てなかった上に、『相楽祭』後の、下諏訪ツアーからの、温泉→マスヤバーだったので、翌日の11時くらいまで寝てましたわw

 

 

目覚めていきなりリビセンでびっくりしたけど、これ、誰かが作った日めくりカレンダーで、この日(4月3日)は、たまたまDIYの日で、イラストがリビセンだった!w

他の日のイラストは諏訪色ないのに、この日はたまたまリビセン!w

 

で、下諏訪のセブンイレブンのATMに行くと、、、

この日、派遣会社から振り込まれるはずだったカネが、結局、振り込まれず、、、

ムカムカムカムカ。。。。

ああ、結局、下諏訪まで来て、派遣会社のボンクラ担当者の世話をせんといかんのか。。。

(この記事を書いている4月8日現在も、まだ振り込まれていません。。。)

 

 

でも、気持ちを入れ替えて、マスヤに戻る!

 

ブログ仲間のひらやまさんも(仕事を抜け出して)マスヤに遊びに来ました!w

 

というわけで、お腹が空いたので、いつもの、、、

 

この日はサロンしもすわに若い女性が食べに来て、ちょっと話すと、

「さっきリビセンで東野さんと話してました!今から松本に行きます!」

とのこと!

で、僕とひらやまさんとその女性でひとしきり話し込んでしまいましたよ!!

 

おかげで、みみさんにひらやまさんをちゃんと紹介できませんでしたw

(みみさん、またひらやまさんを連れて行きますので!!)

 

その後、、、

ひらやまさんと別れてすぐに大粒の雨が!!

 

でも、僕の外出欲は抑えきれず、、、

秋宮近くの『いいなり地蔵』へ!

秋宮からめっちゃ近かったのに一度も行ったことなかったから行きたかったんよねぇ。

そういう、ちょっとしたB級スポットに行けるのも一人旅ならでは!!

 

ちなみに、写真にちらちら写ってる大きい赤い建物はこの数日前の3月31日に閉館したホテル山王閣。

ここの日帰り入浴の露天風呂、好きだったのになぁ。。。

 

その後、やっぱりお初スポットの、、、

ぬれしみせん、せんべいだけど柔らかくて美味しかった!!

この直前で焼くのを辞めたらしいから、16時くらいまでは焼き立てが食べれるのかも?

いやぁ、下諏訪は奥が深い。。。

 

そうこうしていると、、、

下諏訪、寒すぎるわwww

 

お次も「お初スポット」巡り!!

知らなかった下諏訪がいっぱい!!

 

というわけで、寒いので旦過の湯へ!

1時間くらい入ってました。

 

湯から上がると、派遣会社の担当からメールが来ていて、、、

下諏訪まで来て、イライライライライライライライラ、、、、

いや、『無能な人間』って、本当に人生に必要ない。。。

 

「いかん、いかん!ネガティブになってる!!」

と思い、昨日、食べ損ねたチャボかつ丼を食べに!

閉店時間ギリギリだった。

 

注文してからチャボかつ丼が来るまで、▼このつぶやきを読んで、、、

などとつぶやくw

 

 

まぁ、そんなことはどうでも良くて、、、

 

その後、幸福感でいっぱいになり、、、

 

マスヤに帰り、昨日買って飲まなかったワイン等を空けて、、、

こういう男ばっかりのマスヤバーもいいねぇ~。ウホッ!

メンバーはスタッフのようちゃんと、地元の若い男子!マスヤバーは二回目!!

 

『相楽祭』の話をしていると、

「僕が歴史上の人物で好きなのは黒田官兵衛なんですよねぇ、、、」

とか言い出して、意気投合!!

 

彼は、

「あの人は、本当にツイてないですよねぇ。。。」

みたいなこと言ってたw

(僕も彼も司馬史観ですw)

 

しかし、マスヤで黒田官兵衛の話したのは初めてじゃないかな???

▼いつものw

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

 

 

この後、飲み来た女子も合流して、マスヤバーは8人くらいになったかな??

 

 

というわけで、4月3日も暮れていき、、、

 

翌4月4日の朝、僕はなぜか明け方に目が覚めてしまい、2時間くらい寝れなかった。。。

 

で、朝方に眠りに就けたのだけれど、逆にまた爆睡してしまい、12時前にノラちゃんに、

「A1理論さん(仮)!いつまで寝てるんですか!?連泊じゃないですよね!?しかも友達が来るんですよね!?」

って、たたき起こされましたw

(良い子は11時までに起きてシーツを片付けましょう!w)

 

この日もひらやまさんと遊ぶ予定で、、、

 

ひらやまさんが到着するまで、

 

そのうち、ひらやまさんが到着したので、、、

(正確な漢字は、千のあと、草冠に「理」で「せんり」君らしいです!)

 

しかし、ひらやまさんは、諏訪地方にいれば、いつでもどこでも『天空のベル』を鳴らせば、マスヤまで車で来てくれたり、マスヤまで車で送ってくれたりする、

「マスヤー・ドラゴン」

ですな!w

 

そのひらやまさんと、本日休みのマスヤスタッフ・ようちゃんとで、、、

 

というわけで、お久しぶりの『花結び』でお茶!

いろんな世間話ができました!

 

 

やっぱり、

『スローな下諏訪』はいい!!

 

 

その後、ひらやまさんは仕事へ、ようちゃんは上諏訪のリビセンに行くとのことで、僕は1人、マスヤに戻った。

せんりは爆睡w

 

で、なんとなく、さっきまでいた春宮周辺にもう一度行きたくなって、、、

結局、お参りw

 

で、、、

で、時間まで待って、開店直後に矢木温泉に入ったのですが、、、

 

ここで身体を洗っているとトラブルが!!

番台のおじさんが入ってきて、

「すみません、お湯が熱すぎて入れません!!今からうめますので!!」

とのこと。

 

その後、おじさんがホースを持って来て、カランにつないで、湯船を水でうめるうめる!!

 

確かに湯船に足をつけてみると、尋常ではなく熱い!!

「あと何分くらいで入れますか???」

と、僕がおじさんに聞くと、

「いやぁ、初めての経験ですので、、、」

とのこと!

僕はめったに来ない矢木温泉で、こんなおじさんが「初めての経験」だなんて、、、

 

けど、ほどなくして、旦過の湯レベルの熱さになって、下半身くらいまでは浸かれるようになった。47°くらいか。

最初に入ってたおじさんはシャワーだけで帰ったけどw

僕は、昨日が旦過の湯で良かったw

 

そのうち、そこそこ入れるようになってきた。

下諏訪の他の温泉に比べたら普通くらいの熱さだw(下諏訪の「普通」がおかしいんだけどw)

 

ちょっとしたトラブルだったけど、それも楽しめたのは、

『スローな下諏訪』旅

だったからかもしれない。

 

やっぱり、心の余裕、大事!!

 

その後、マスヤに帰り、そろそろ下諏訪とお別れの時間が近づいてきている。

ここのカレー、食べたかったなぁ。。。

まぁ、また次回に!!

 

というわけで、、、

 

というわけで、多少、派遣会社の対応にイライラしたけれど、まぁ、それはいつものことだし、『スローな下諏訪』で、余裕を持って暮らせたから、まぁ、概ねOKです!! 

 

というわけで、皆さん、

『スローな下諏訪』で癒されてみませんか???