読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

すべての権力は崩れ去る。絶対的権力は絶対的に崩壊する。(アクトン)

【スポンサーリンク】

悟ってますね!アクトンさん!

ジョン・アクトン - Wikipedia

ちなみに、この言葉は、

「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対的に腐敗する」

だと僕は思ってました。

wikipediaにもそう書いてあるのですが、でもその下の原文を読むと、

Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely.

らしいです。

これは著書ではなく、手紙の中の一節らしいですが、その手紙の前後がどういう文脈なのかはわかりませんが、「corrupt」なので、「腐敗」より「崩壊」のほうが正確なような気がします。

ま、そこを「腐敗」と意訳したのは日本人の権力に対する考え方が暗に出ているような気がしますけどねw

Lectures on the French Revolution

Lectures on the French Revolution

 

日本語の著書がなかったので▲原書。

ちなみにkindle版なら無料で読めます。いつか時間があるときに読破したいですな。

あと、Amazonで日本語で「アクトン」と入れたらこれが出てきましたw

 

さて、先ほど、姫姉様のこの記事を読みました。

自活力を上げることが生きる自信になってモテに繋がる! - モテ貯金

 

僕は中学校の時に無人島にサバイバルしに行ったくらい、サバイバルな環境が大好きなんですよね!

(こう言うと、エアガン持って「サバイバルゲームしようぜ!」という人がいますが、そっちのサバイバルはあんまり好きじゃないです。。。人を撃って楽しいとも思いません。。。)

 

 

ただ僕的には、

「自立とは依存先を増やすこと」

というより、

「自立とは依存先を減らすこと」

のほうがしっくりきます。

 

いや、「しっくりくる」というより、

「そうか!俺は『依存先』を減らしたいんだ!」

と、38年間生きてきて、今更、自分の生き方に気付きましたw

 

本当、自分のことって、歳をとらないとわかってきませんね。

薄々はわかってきてるんですが、バッチリはなかなかわからないものです。

 

 

実家を出たのは、僕はDQN親に「依存」したくなかったから。

モノを捨てる以前にモノを最初から持たないのは、モノに「依存」したくないから。

勤め人、特に「正社員」にこれっぽっちも魅力を感じないのは、「正社員」が会社に「依存」してると思ってるから。

長い旅に出たのも、「家」や「国」に依存したくなかったから。

営業の仕事もコンシューマーで、かつチームプレーではなく個人プレーが好きなのも、法人やチームに「依存」したくないから。

AndroidよりiPhoneが好きなのは、電源に「依存」する可能性が低いからなのも絶対にあると思う。

結婚したくないのも、嫁に「依存」したくないのもあると思う。多くのおっさんが嫁に「依存」し過ぎだと僕は思ってるw

 

もちろん、なんにも「依存」せずに生きていくことは出来ない。

スマホやパソコンや電波がないと、このブログも書けないし、空気がないと生きていけない。最低限のお金も必要だ。

 

でも、極力、「依存」は最低限に抑えたい。

空気や水のように、自然界にあるもの+スマホ、くらいに抑えたい。

 

それ以外のものに「依存」すればするほど、それがなくなった時、パニックを起こすことになる。

 

それは、国や会社もそうだ。

アクトンさんが言ったように、すべての権力は崩れ去るのが世の常だ。

 

おごる平家も滅んだし、

栄華を誇った奥州藤原氏も「兵どもが夢の跡」だし、

「天下布武」を謳った信長も部下の光秀に撃たれた。

スペイン無敵艦隊も敗れたし、

世界地図を塗り替えた、チンギス・ハンの元朝も滅んだ。

「すべての道はローマに続く」と言われたローマ帝国も、今では当時、全くの未開の地だったユーラシア大陸の極東の国で『ヘタリア!』なんて言われてるんだww

ヘタリア AXIS POWERS コミック 1-6巻セット (バーズ エクストラ)

ヘタリア AXIS POWERS コミック 1-6巻セット (バーズ エクストラ)

 

 

なので、そもそもそんな不安定な「国」なんてものに「依存」しないのが大事だと僕は考える。

 

「国」なんてものは、意外とあっさりと滅びる。

それがアジア中の国を歩いて僕が感じた、正直な感想だ。

イラクだって、イラン・イラク戦争の頃はアメリカと共にイランを攻めていたのだから、まさかそのアメリカがイラクを攻めて来るなんて夢にも思ってなかっただろう。

今のシリア人も10年前はまさか今のような状態になっているとは思ってなかったはずだ。

 

また、誤解を恐れず言えば、「民主主義」にも「依存」してはいけない。

民衆・大衆に「依存」するなんて、危なっかし過ぎる。

「民主主義は正しい」という、国家からの刷り込みから自由にならなければいけない。

頭に刺さっている『イルミの針』を抜くべきだ。

 

 

ま、つらつら書いて来ましたが、僕はアジアを1.2年旅すると、サバイバル能力は格段に上がると思ってます。

 

日本なんてイージーモードですよ。

 

日本なんて、餓死することはまずないし、銃声もまずしないし、空き家だらけだし、選ばなければ仕事はいくらでもあるし、多少選んでも仕事はある。

仕事が選べるなら、自分のサバイバル能力が上がる仕事(コンシューマー営業とか)を選んで、お金を貯めながらサバイバル能力も同時に磨くべきだ。

 

 

「依存」するモノが減れば減るほど、人はどんどん自由になってくると思う。

だんだん自然体に近づくからだろう、と、僕は思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな「ブログ依存症」の人間の記事が『バズってどうする!?』