A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

睡魔に襲われるまで書くブログ。

【スポンサーリンク】

なんだか疲れてる。。。

 

仕事から帰ってきて、風呂入って、飯食って、そのまま爆睡。

 

で、予想通り深夜2時ごろに起きる(笑)

 

起きても疲れてるけど、短時間で濃いい眠りに落ちてたので、少しだけ元気だ。

 

ガッツリしたブログは書けないし、書きたくない、そんな気分。

 

で、どうしようかなと思ってたら、最近、特に注目してるブロガー「たんたん」がだらだら日記書いてたので、真似してスマホからだらだら日記(笑)

 

ブログなんて、こんなんでいいし、人生自体もこんなんでいい(笑)

 

 

とりあえず、仕事が微妙に大変だ。

面白いっちゃあ面白いんだけど、大変。

 

しかし、まぁ、最悪、いつ辞めてもいいやって思いながら働いてる。

 

 

 

 

と、ここまで書いたところで、ちょっと銀行におカネをおろしに行って(都会の銀行のATMは24時間営業なんです。)、夜の高田馬場の町を散歩したら、余計に目がさえてしまったので、

改めてPCからこんばんわw

 

まぁ、あと1時間後くらいには睡魔さんが再び襲ってくるだろうw

 

 

で、なんの話してたっけ?

 

そうそう、仕事の話。

 

僕は基本的に今の仕事はいつクビになってもいいと思っている。

なぜなら、クビになったほうが会社都合ですぐに失業保険が降りるし、僕自身が考えた、今の仕事の最低限の目標貯金金額にはすでに到達しているからだ。

 

失業保険が下りさえすれば、今の貯金金額を維持しながら、失業保険の間の数か月かけて、ブログをマネタイズすればいいだけだ。

 

 

けど、できれば『第二次目標金額』にまでは到達したい。

 

それには秋くらいまで働かないとなー。

秋くらいで今のプロジェクトが終わる可能性があるので、理想は、秋にプロジェクト終了に伴う会社都合退社だw

 

もしくは、来年春までプロジェクトが延びる可能性もある。

その場合も、理想は春にプロジェクト終了に伴う会社都合退社w

 

 

まぁ、

どっちにしろ、仕事なんてどうでもよく、今の僕の目標は会社都合で退社することだw 

 

今の仕事なんて、どうせ、頭いい人間はいないんだからw

 

いや、厳密にいうと、現場の若い女子とかは、

「あれ、A1理論さん(仮)の言ってることが一番、論理的なんじゃないの?」

みたいなことは「女のカン」みたいなので理解しつつあるんだけど(で、こういう職場の雰囲気になるのは昔からの僕の特徴なんだけれども)、肝心の40代以上のバブルおっさんたちがダメダメ過ぎるw(まぁ、これも俺の昔からの特徴なんだけどwなんで日本のバブル世代はあんなに無能なんだw)

 

なので、

とっとと会社都合で辞めたいw

僕は論理的で合理的な人間にしか興味ないwww

 

 

 

 

と、まぁ、仕事の愚痴が続いたところで、、、

 

その頃には俺も40歳かー。

 

40歳目前にして思うのは、

「まぁまぁ、俺の理想に近づいてきた。」 

ってことかな。

 

20歳で姫路からどうにかこうにか脱出し、その後、東京メインに20年ほどビンボー生活が続いたけど、どうにかこうにか、自分自身の学費の借金も返済できたし、親の借金も落ち着いた。

また、はてなブログを始めて4年。自分と親和性の高い『仲間』もできてきた。

 

40年ほど生きてきて、やっと自分の理想の人生に近づきつつある。

長かったけど、ようやくだな~。

 

 

正直、若いころから、40歳になるまで俺は気が狂って死んでると思ってたので、今、生きていること自体もなんか変な気分だw

 

万が一、僕が生きてたとしても、それは海外居住だと思っていたので、日本社会でちゃんと生きていることの、この違和感w

(まぁ、日本社会も21世紀になり、ゆっくりと、俺の言うことを『理解』できるレベルの社会になってきたってことだなw)

 

 

で、残りの40年くらいは、もう、楽したいw

 

40年もビンボー生活だったんだから、もう「上がり」でいいだろw

残りの人生は毎日、下諏訪の湯に浸かりながら、図書館で借りた本でも読んで、ブログ書いて、田畑を耕しながら、晴耕雨読な生活でいいと思ってる。

 

月一で他のゲストハウス泊まりに行ったり、冬は沖縄とか東南アジアに行ってたりするかもしれないけどw

 

今よりも、もっともっと、テキトーに生きていきたいと思っていますw

(結婚?なにそれ?オイシイの???)

 

 

 

と、書いたところで、酒もまわって来て、睡魔も再び襲ってきたので、再び床に就こうと思う。

 

ま、残りの人生も、これまで以上に、テキトーに。