読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『好き(A1)』×『才能(能力)』=『A1能力』発動!!!

【スポンサーリンク】

多くの人間は人生の最期まで、自分の『能力』『才能』に気づかない!

 

と、▼先日書いた。

多くの人間は人生の最期まで自分の『能力』『才能』に気づかないまま一生を終える。その理由を考えてみた! - A1理論はミニマリスト

 

じゃあ、

『能力』『才能』に気づいたらそれでいいのか?

というと、そこまでコトは簡単じゃないと僕は思う。

 

『能力』『才能』があっても、

そもそも、そのコト自体が『好き』じゃないとうまく行かないと僕は思う。

 

 

『好き』に向かうパワーは、ものすごく強い!

と僕は思う。

 

先日、下諏訪で元バックパッカーのブロガー『森のテロル』さんと温泉に入りながら、

「『100万円貯めよう!』と思うと難しいけど、『旅をするのに100万円が必要!』となると100万円はすぐに貯めれる!」

というような話をしましたw

 

まぁ、これは中東にまで行ってしまう、どうしようもない旅好きの人種の発想ですがw

いつも旅のことばかり考えていた

いつも旅のことばかり考えていた

 

(ちなみに、旅をする人間と、しない人間の大きな違いは『旅が好き』 かどうかだけの気がするw)

 

 

『好き』に対するパワーはすさまじい!

と、僕は思う。

 

『好き』だからこそ、

「PDCAサイクル」はグルグル回っていくし、

「トライ&エラー」も繰り返すし、

「成長曲線」も難なくクリアしていく!!

「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント

「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント

 

 

『才能』『能力』だけあっても、結局、その事象が『好き』じゃないと、パフォーマンスが悪い、もしくはその事象にそもそも取り組まないんじゃないかな?

と僕は思う。

 

例えば、昔、僕が姫路にいた時に家でテレビを見ていて、関西ローカルのトーク番組(大好き!)で、トミーズ雅がこんな話をしていた、

「昔、友達にボクシングジムに連れて行かれて、ちょっと遊びで『雅も試しにボクシングしてみれば?』ってことになって、試しにグローブはめてリングに立って、やってみたら、5戦5勝5KO勝ちした。」 

「それで、すぐに『是非、このジムでプロになってくれ!』って言われたけど、断った。」 

と言ってた。

 

当然、会場の他のタレントから、

「なんで???」 

と聞かれた時、トミーズ雅は、

「人を殴るのには『理由』がいる。」 

と答えた。

 

その答えに、一瞬、会場が、

「・・・・・?」 

となっていたけど、要は、トミーズ雅は、

「『理由』もなく人を殴りたくない。」 

つまり、 

「ボクシングは『好き』じゃない。」 

と言っているんだろう。 

 

おそらく、彼の性格上、人を『殴る』ことより、人を『笑わせる』ことのほうが「好き」で、だからこそお笑いタレントになったんだろう。

 

『才能』があり、そして、その本人もその『才能』があることを認識したとしても、

本人が、そもそもそれが「好き」じゃなかったら、その『才能』には花が咲かないんじゃないかな?

 

 

また、島田紳助は▼『XとYの方程式の話』でこう言う、

www.youtube.com

 

「自分が『面白い』!と思う中でも2つあるよな。『面白いけどできひん』と、『これ俺といっしょや!』と。」

「これ『できる』と、俺とおんなじや、俺が友達笑わしてる時の『パターン』や、俺が笑わしてる時の普段のしゃべりはこれやねん!と。」

 

 

これは、『才能』から『好き』なことを探すのとは逆に、

『好き』なこと(ここでいう「しゃべり」)の中から、『できる』『できない』を切り分けしていく作業なんだろうな。

 

『才能』から『好き』を探していくより、『好き』から『できる』を切り分けしていったほうが、もしかしたら手っ取り早いのかもしれない。

 

図解「好きなこと」で夢をかなえる

図解「好きなこと」で夢をかなえる

 

 

ま、方法論はいろいろあるだろうけど、結局、

『好き』×『才能』

こそが最強の生き方だと思う。

 

僕から言わせれば、『才能』とは、▼「自分以外の人たち」の中央値から極めて飛びぬけている能力であって、

『才能』とは、「自分以外の人たち」の中央値からの偏差の値で決まると思う。 - A1理論はミニマリスト

「がんばる」「がんばらない」のレベルではない、

「自分以外の人たち」の多くが到達できない『能力』

だと僕は思っている。

 

で、

それに『好き』が拍車をかける!

『好き』だからこそ、PDCAサイクルが半永久的に周り続ける!

ただでさえ強い大魔王ゾーマに、半永久的にバイキルトがかかり過ぎて、

もはや「『チート』の粋」

に達してしまうようなものだw

 

 

僕は、『好き』なことは、

『A1』なこと

だと呼んでいる。

 

で、『才能』とは、

「自分以外の人たち」の中央値からの偏差の値

だと思っている、つまり

『能力』

だと思っている。

 

なので、『好き(A1)』×『才能(能力)』に▼ハマっちゃって、

人生は『ハマ』るかどうか!! - A1理論はミニマリスト

いつでも▼『フロー状態』にスイッチできる『能力』のことを、、、

フロー (心理学) - Wikipedia

 

僕は、

『A1能力』

と呼んでいる!!

 

そして、その『A1能力』に目覚め、さらに、いつでも『A1能力』を発動できる人間のことを、

『能力者』

と呼んでいる!

 

 

諺に、

「好きこそモノの上手なれ」

という言葉があるけど、

これは『A1能力』を自由に発動できる『能力者』になれた場合のことを指すんじゃないか?

と僕は考えている!

 

逆に、

「下手の横好き」

という諺もある。

これは結局、『好き(A1)』のみで、『才能(能力)』がない状態を指しているんじゃないかな?

つまり『A1能力』が発動できない状態。

 

 

紳助が▼この動画で、(しかし、俺、紳助動画、『好き』やなーw)

www.youtube.com

 

「才能ないのに10年もこんな仕事(お笑い芸人)したらあかんねん」 

というのは、僕の言葉で言うと、

「『A1能力』も発動しないまま、『好き』だけで人生の健康時間を浪費するのはコスパ悪い!」

ということだ。

 

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

 

 

僕から言わせると、

それは『諦め』じゃなくて、

「『A1能力』を発動し、コスパのいい人生を過ごす」

という大目的のための一過程にしか過ぎない。

 

つまり単なる、

『人生のチューニング』

だ。

 

逆に、

『好き』だけで、自分にはない『才能』に執着する人生時間のコスパは悪すぎるのだ!

 

執着の捨て方

執着の捨て方

  • 作者: アルボムッレ・スマナサーラ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
執着しないこと

執着しないこと

 

 

むしろ、『執着』するべきは、

「人生の残りの健康時間の使い道」

だと僕は思う。

 

ラテン語で言う▼『メメント・モリ』だ。

メメント・モリ - Wikipedia

 

ジョブズの言う、

「『自分の人生』を生きろ!」

という▼言葉と同じだ。

『他者評価』なんて断捨離!『自己評価』で生きた時間だけが「自分の人生」だ!! - A1理論はミニマリスト

 

 

で、僕は

21世紀は、この『A1能力』の時代

だと思っている。

 

なぜなら、

▼「プロダクトの『生産性』」がカンストしたからだ!w

『生産性』の議論は「生産性が低い」んじゃないかな?『生産性』って『才能』のひとつな気がする。 - A1理論はミニマリスト

 

いや、厳密に言えば「プロダクトの『生産性』」はカンストしていないのかもしれないが、そのプロダクトのマーケット・ニーズはほぼカンストしていて、そういう意味ではやはり、事実上の「プロダクトの『生産性』」はカンストしているのだ。

 

 

我々が生まれた『20世紀』は「プロダクトの『生産性』」が貧弱だった。

 

20世紀どんな時代だったのか ライフスタイル・産業経済編

20世紀どんな時代だったのか ライフスタイル・産業経済編

 

 

なので、人間は『個性』を殺し、ひたすらプロダクトを生産し続けるしかなかった。

市場にも『モノ』が絶対的に不足していた。

 

そして、そのうち『モノ』はいつしかステータス化し、そんな『モノ』が欲しいがために「大人たち」はほとんど休まずに働いた。

(その名残が現在の労基法無視の長時間労働w)

 

学校教育では『才能』を殺し、5教科で6割以上合格することが絶対命題になった。

 

「『モノ』を生産し続ける機械」

である人間は、同一規格であるべきで、『個性』や『才能』は、規格外の『悪』であった。

なぜなら、『殖産興業』こそが『富国強兵』への近道だったからだ!

 

貧しい時代、食うや食わずの時代の人間にとって、

「プロダクトの『生産性』」がカンストする時代が来るなんて、夢にも思ってなかったんじゃないかな?

って思う。

 

20世紀は、

なにが『豊かさ』なのか、よくわからないまま『豊かさ』を追い求めた時代だったんじゃないかな?

と思う。

 

 

が、人類は21世紀に入り、事実上の、

「プロダクトの『生産性』」 

はカンストした。

『モノ』は作れば作るほど「余る」時代になった。

 

けど、20世紀の没個性教育を受けていた世代にとって、そんな時代は、

なにをどうしていいのかわからないw

なにがなんだかわからないww

 

20世紀のように頑張ろうにも、機械のほうが人間よりはるかに『生産性』が高いし。

で、作ったところで売れないw

 

飢えない時代に、モノはたいして必要ないし、そうなれば、モノを買うためのおカネもたいして必要ではなくなる。

 

「じゃあ、どうすればいいんだ??」

と聞かれたら、僕はこう答える!

「21世紀は『A1能力』を発動しながら生きることこそがコスパ最強人生で、逆に『A1能力』を発動しない人生はコスパ最悪になる!」

とw

 

21世紀は飢える確率が極めて低いんだから、

『好き』×『才能』

である『A1能力』を発動させて生きて行くほうが絶対に楽しいからだw

 

 

でも、それを、21世紀初頭の人間に言ったところで、

「おまえはなにを言ってるんだ!?」

と睨まれて終わりだと思いますw

 

そこで僕は、もうひとつ、

「『A1能力』を持つ『能力者』どうしは惹かれ合う!」

と考えている。

 

なぜなら、

「『A1能力』は組み合わせることによって、さらなる『コラボ能力』に昇華される!」

と思うからだ。

『A1能力』を組み合わせることで、『能力者』のお互いの『A1能力』の弱みを補完し合い、さらなるオリジナルな『能力』が発動されるからだ!

 

 

で、さらに僕は、21世紀初頭は、

「『A1能力者』が集住する町が出来始める」

と、考えていて、そんな町のことを僕は▼『チャンスの国』と呼んでいる!

「個性の時代」を生きる子供達に『この世界』を知ってもらうため是非読み聞かせたい絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

 

ペンギンの国のクジャク

ペンギンの国のクジャク

  • 作者: BJ ギャラガー,ウォレン・H.シュミット,BJ Gallagher,Warren H. Schmidt,田中一江
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

みんなが好き勝手に、日々、自分の『A1能力』を発動させながら生きていて、しかも場合によっては、その『A1能力』を組み合わせて発動させる町が、世界中に出来てくると思うし、

日本中にも出来始めてくる!

と、僕は考えている。

 

www.youtube.com

 

まさに、

「Crazy Noisy Bizarre Town」

(狂った、騒がしい、奇妙な町)

という感じで、20世紀的な日本人からしてみれば、

「変な人達の変な町」

なのかもしれないけど、僕から言わせれば、そういう町に住んでいる住人こそが、

「プロダクトの『生産性』」がカンストした21世紀に、

一番、『理にかなった生き方』

をしているのだ。

 

そして、

そういう『A1能力』に目覚めた人間こそが、20世紀の呪縛から解放され、「自分の時間」を生きれるんじゃないかな?

と、僕は思う。

ちきりん著『自分の時間を取り戻そう』はコスパ最強人生の指南書!しかもKindle版なら損じゃーねぇ!! - A1理論はミニマリスト

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

『バイツァ・ダスト』の『能力』は無敵なのだーー!!

 

 

▼『居』場所に人生が従属する21世紀では、

『住』従属人生の19世紀、『職』従属人生の20世紀、『居』従属人生の21世紀。 - A1理論はミニマリスト

そういう▼『居』場所を『生産』する能力のほうが、「プロダクトの『生産性』」より大事になってくると僕は考えます!

『生産性』というレアな能力者はその能力を社会に還元するべき!でもそのスキームは20世紀と21世紀では異なると僕は思う! - A1理論はミニマリスト

 

 

で、

個人的には『能力者』は、なぜかゲストハウスのカフェやバーに集まるような気がする。

 

理由はよくわからないけど、

おそらく、20世紀の大量生産・大量消費型の日本社会から弾き出された、いい意味でも悪い意味でも『規格外』な人間が、唯一、くつろげる場所がゲストハウスのカフェやバーなんじゃないかな?

って思います!

 

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 
ゲストハウスに泊まろう (旅行ガイド)

ゲストハウスに泊まろう (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

そういう意味では、

「ゲスハの極み!」と僕が勝手に呼んでいる『マスヤゲストハウス』と、

価値のないモノに価値を見出す『リビルディングセンタージャパン』 がある、

長野県の「諏訪地域」

が、僕の中では一番、『チャンスの国』に近いと思っていて、ついつい毎月通ってしまってますw

諏訪地域がこれからどんどん『チャンスの国』になっていく気がビンビンします!! - A1理論はミニマリスト

下諏訪町は杜王町だっ!! - A1理論はミニマリスト

 

 

 

というわけで、今回の記事の内容をまとめると、

◆「プロダクトの『生産性』」がカンストし、モノの価値が暴落した21世紀以降は、『A1能力』を発動させることに大きな意味が出てくる!

 

◆『A1能力者』どうしは惹かれ合い、なぜか各地のゲストハウス周辺に集結する! 

ってことです!

 

で、これこそが、僕の、

『A1理論』 

です!!!