A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

僕にとっての『田無寮』と『下諏訪マスヤゲストハウス』。

【スポンサーリンク】

探していた。

30代後半の僕は、自分が心から自然体になれる町とゲストハウスを。

 

 

僕の実家は姫路で、本家は宮崎だ。

そして、日本は西に行けば行くほど、ゲストハウスは増えていく。

しかも宿泊料金は安くなる。

 

なので、まず九州に飛んだ。

 

鹿児島から入って、宮崎、大分、福岡、広島、そして姫路、と回った。

 

旅自体は非常に楽しかった。

しかし、意に反して、自分の居場所は見つからなかった。

 

「なんでかな〜。」

と、考えたら、答えは非常に簡単で、

僕は結局、『家族』が好きじゃないのだ。

 

なので、いくら故郷や、先祖が代々住んだ土地に行っても、旅行としては面白くても、なんとなく落ち着かない。

 

東京からも遠すぎる。 

実家が嫌いで東京に出て、東京、特に新宿区が気に入って14年くらい住んでいる。

なんだかんだ言っても、東京は楽しいし、逆に、西に行けば行くほど黒歴史だ。

 

 

じゃあ関東にめぼしい場所があるか?というと、関東平野は仕事で結構、行き尽くしてたりする。

行ったことがなくても、仕事中に聞いたことのある地名ばかりだ。

 

関東平野の地名は、僕にとっては仕事の中に出てくるものばかりだった。

 

 

 

で、去年の夏、ミニマリスト佐々木さんに勧められた『小屋フェス』を見に、長野に行った時、せっかくだから長野のゲストハウスにも一泊しようと思って、下諏訪のマスヤゲストハウスに泊まった。

 f:id:A1riron:20160708232944j:image

 

「ここなんじゃないかな!?」

と、いきなり思った。

 

適度に関東から近く、適度に関東から遠い。

しかも僕の住む新宿区から電車もバスも直結してる。

 

別府のように温泉がいたるところにあり、しかも別府より設備がいい。

 

そして、なによりもゲストハウス自体がサイコーで、さらに町全体が、そのゲストハウス中心に成り立ってるような作りだ。

これは面白い!!

 

その後、1年で7回も下諏訪のマスヤゲストハウスに行った。

「通った」と言ったほうが近いかも知れない。

ミニマリスト仲間を連れて行ったら、僕の下諏訪ハマり具合に呆れるくらいの人もいた。

 

 

で、最近、ふと思ったのは、

僕は結局、『田無寮』を探してたんじゃないかな?

ということだ。

 

『田無寮』とは、僕が大学4年間、生活していた学生寮だ。

奇人変人が多いと言われるうちの大学の中で、最も奇人変人が集まっている場所だw

 

廃人ばかりで、一日中ゲームしてたり、麻雀してたり、

「授業に出るなんてとんでもない!?」

みたいな雰囲気が蔓延していたダメな寮だった。

 

僕はそんな寮でグダグダしてる寮生達がいつもキライだった。

 

東京に憧れて、憧れて、憧れて、借金(奨学金)して姫路から出てきた僕にとっては、東京は、

『夢を叶えてくれる街』

であって、朝から晩まで寮を出払っていた時もあった。

有名な人に会ったり、イベントを開催したり、インターネットのオフ会に行ったり、有名な会社でバイトしたり。

そして、貯めたバイト代で、夏休みはアメリカやヨーロッパを旅した。

 

今思えば、あの頃の僕は、

「やりたいことの塊」

だったんじゃないかと、思う。

 

あの頃の僕は、基本的に田無ではなく、東京23区内にいた時間のほうが長かった気がする。

 

 

ただ、時々、疲れて寮に帰ってきて、グダグダしてる寮生とくだらない話をしたりした。

 

あまり寮にいない僕にも、寮生は笑顔でかまってくれた。

まぁ、それだけ暇人だった、ということなんだろうけど、

それでも、今思えば、ありがたいことだった。

 

そして、田無寮でグダグダして、英気を養ったら、また東京23区や海外に出て行く。

 

 

僕にとっては田無寮こそが『ホーム』であって、もしかしたら『故郷』に近かったのかも知れない。

 

当時は田無は西東京市ではなく、「田無市」という、日本で4番目に面積の狭いミニマムな市で、たぶん、僕の姫路の小学校の校区より狭かったと思う。

その田無市の中でも田無寮は有名だった。寮祭とかもしてたし。

 

 

でも、そんな田無寮は当然、大学の設備なので、僕も4年で追い出された。

 

暗い話だけど、寮生のうち、少なくとも3人は20代のうちに自殺した人間を知っている。先輩や後半を含めて。

 

おそらく、彼らにとって、

田無寮とは、行きていくための『酸素ボンベ』みたいな役割を果たしていたんじゃないかな?

と、今になって思う。

 

田無寮以外の場所はとかく息苦しい。

なので、彼らは、田無寮で『酸素』を補給しないと、行きていけない人間達だったんじゃないかな?

 

しかし、学生寮は当然、4年で追い出される。

彼らは田無寮を卒寮したら、『酸素ボンベ』無しの生活になった。

彼らにとって、それは「遅かれ早かれ『死ぬこと』がわかっている生活」だったんじゃないかな?

後輩なんて、卒寮したその春に自殺した。

 

 

かくいう僕も、

寮生である限り、結局、彼らとは同類だったんじゃないかな?

と最近、よく思う。

依存頻度の問題なだけであって。

 

で、田無寮が設備的な理由で完全に廃寮してしまった2007年くらいから、日本にもポツポツとゲストハウスが増えてきた。

 

もうその3人は死んでしまってたけど、

もし彼らが生きてたら、日本のゲストハウスを見せてやりたかった。

とも思った。

 

 

で、田無寮は、

「都の西北、そのまた西北」

と言われたりもしたが、

僕が気に入ったゲストハウスはそのさらに遥か西北にあった。

 

新宿区から見て、田無寮と同じ方角にある、田無寮のように、いつ帰っても話してくれる人達がいるドミトリー。

 

 

38歳の僕も、普段は23区内で頑張ってるけど、やっぱり少し疲れてしまったら、今でも田無寮に帰って、英気を養って、また戦場に戻りたい。

 

 

僕が欲しかったのは、田無寮と同じくらい、酸素が濃厚で、時間がゆっくり流れる穏やかな居住空間だったんだろうな。と、最近、思った。 

 

 

昔はおカネがなかったから、しぶしぶ『田無寮』に入ったのだけど、

今はおカネを払って、『田無寮』のようなところに癒されに通っている。

僕は、そんな、ただのアラフォーのおっさんだ。