読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『他者評価』なんて断捨離!『自己評価』で生きた時間だけが「自分の人生」だ!!

【スポンサーリンク】

※個人の意見です

 

毎日のように、仕事から帰って来て、軽く西友のチューハイウメ5%を飲みながら勢いでブログに雑文を書き続けていると、当然、自分が書いた文章を何度も読むことになるので、自分で自分を少し客観的に見ることができます。

 

で、そこから、最近、少しわかったことがあります。

 

それは、

「俺は、39年ほど、ずっと『自己評価』で生きてきているな。」

ってことです。

 

自分で自分を評価し続けていて、そして自分の自分に対する評価が高いw

なので、他人から自分が評価されなかったらキレたり、机蹴ったりするし、 

万が一、他人から評価されたとしても、自分で自分に納得いかなかったら、自分を評価しない。

「いや、それ単なる偶然だから。状況が違ってたらダメだったし。」

とか思ってしまう。 

 

 

この動画でもよく紹介する島田紳助のNSCでの▼「神講義」がある。

www.youtube.com

これは蛇足だけれども、これらの▲シリーズ動画は僕はブログ運営にもかなり応用している。

特に、上記動画にある、若き島田紳助が、

「これからの『笑い』は、『音楽』のように細分化される。」

というのは、 僕のブログ論と同じで、

「これからの『ブログ』は細分化されていく。」

というのが僕のブログ論だ。

 

で、それはいいとして、上記動画で、若き日の島田紳助が、吉本のお笑いコンテストで3位になった時のエピソードが出てくる。

「3位の花束を審査員に投げつけて『おまえら間違うてる!』言うて。」

「1位をとって感動して泣いている先輩に『ボケコラァ!なに泣いてんねんアホゥ!泣くなアホゥ!』言うてね。」

「NHKの奴ら(審査員)に『お前らがこだま・ひびきを一番て思うならそれでええ。俺は俺が1番やということを証明したらぁ!』言うて。」

 

この島田紳助は、めちゃくちゃ『自己評価』が高い人間なんだろうと思う。

 

でも、逆に、自己評価が高いからこそ、自分にも厳しく、

「自分が自分を『優秀だ』と納得させるために店を出している。」

とも語っている。

 

 

ダウンタウン松本人志にも同じようなエピソードがあって、

「(若手の漫才師は)ようみんな大人やなって思うわ。みんな(漫才コンクールで)負けても『はぁ』言うてすんでるやろ。俺はもうブチギレしてたもん。審査員に『おまえシバいたろか?』言うてたもん。生放送で(笑)

「途中で帰ったもん。結果発表聞く前に。」 

と言っている。

www.youtube.com

▲『放送室』第365回の25:50くらい。

 

結局、島田紳助も松本人志も、僕は同じ人種だと思っていて、

「『自己評価』が『審査員という他者評価』よりも高い」

人種なんだと思う。

 

 

軍人で言うと、秋山好古(超ミニマリスト!)の弟である▼秋山真之もそうで、、、

秋山真之―伝説の名参謀 (PHP文庫)

秋山真之―伝説の名参謀 (PHP文庫)

 

 

海軍士官学校の先輩と口論になり、その後、先輩が、

「やっぱり、お前のほうが正しいわ。」

と言って来ても、 

「そりゃあ、そうでしょう。」

で終わりw

「自己評価」が高過ぎるwww

 

当然、日露戦争の日本海海戦においては、自分が戦略を立てた日本海軍が勝つのは当然だと思っていた。

 

なんせ、

「自分が1日怠けると、日本が1日遅れる。」 

と、公言していた人間ですから。 

 

 

また、僕と同郷(兵庫県姫路市)で、僕が死ぬほど大好きな軍師・黒田官兵衛(超ミニマリスト!)の座右の銘は、

「人に媚びず、富貴を望まず。」

だ。

 

もちろん、僕はこの言葉も大好きなんだけれども、

この言葉って、ものすごく『自己評価』が高い言葉なんじゃないかな?

って思う。 

 

だって、他人に媚びない時点で『他者評価』を全く気にしてないし、『富貴』を望んでない時点で、やはり、金銭を評価基準にしている世間一般の『他者評価』も気にしていないわけで。

 

▼いつもの。 

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

 

 

ちなみに、前述のダウンタウン松本人志も、黒田官兵衛の大ファンww

▼必死に黒田官兵衛を語る松本人志動画www

www.youtube.com

ちなみに、僕に黒田官兵衛を語らせたら▲これと同じ状態になりますwww 

 

で、この黒田官兵衛の悲哀を歌ったのが武田鉄也の▼『二流の人』。

二流の人_戦国無双 - YouTube

 

www.youtube.com

▲『その時歴史は動いた』の黒田官兵衛特集。

ちなみにこの番組のキャスターである松平さんが「歴史上、一番大好きな人物」も黒田官兵衛です。

 

この黒田官兵衛、故郷の播磨が「織田方か?毛利方か?」に分かれた時(加古川評定)、毛利方についた御着城の君主・小寺家を織田方に説得しようとして(官兵衛は織田信長が天下を取ると確信していた)、家臣にそれを止められます。

「命が危ない!」

と。

 

その時、官兵衛が発した言葉が、

「義にあたりて、命を惜しむべきにあらず。」 

と。 

これ、めちゃくちゃ『自己評価』が高い人間の発言だと僕は思います。

「自分を貫く」 

ために、命さえ、惜しまない、と。 

 

そして、時は流れ、天下分け目の関ヶ原。

官兵衛の健闘むなしく、惜しくも天下を取った家康に、

「望みのままの領地を与えよう。」

と。

それについて、官兵衛は、

「年老いた私には功名富貴の望みはございません。」

と答えた。

 

これは僕から言わせれば、若干、フェイクが入っていて、官兵衛は若い時から功名富貴の望みはなかったと思う。

なぜなら『自己評価』で生きていたから。

 

※上記、すべて司馬史観です。

※司馬遼太郎は貝原益軒史観です。

 

『自己評価』で生きている僕の生き方もちょっと黒田官兵衛に似ていて、僕の理想はアクマイト光線が効かないレベルの▼『無欲すぎる問題児』だ。

無欲な人には『アクマイト光線』が効かない。「無欲すぎる問題児」が僕の理想。 - A1理論はミニマリスト

 

 

ステーブ・ジョブズ(超ミニマリスト)も、僕は『自己評価』が高い人間だと思っていて、iPhoneを発明して(実際に発明したのはウォズニアック)脚光を浴びた時、

「この発明はいずれ誰かがしていた。自分はそれを一番最初にしただけ。」

と、『自分』をシビアに見ています。

 

そんなジョブズが残した言葉は、

「ジョブズ 自分の人生」の画像検索結果

 

「『自分の人生』を生きろ!」

という言葉だ。

 

そんな時、思い出すのが、僕が大好きな、ミニマリスト・メグさんの▼この書評記事、

【書評】禅 シンプル生活のすすめ~心・体・部屋は繋がっている。 - ミニマリストは世界を変える!

自分らしくなく過ごした時間は、空っぽ」の言葉が響きました。

昨日と同じ作業をするだけの仕事、会いたくない人と会っている時間を過ごしたランチタイム、付き合いの飲み会・・自分の意思で選んでいない一日は、最高に無駄な気がします。

どんな時間を過ごしても、明日は来るし、その積み重ねで寿命を迎えてしまう。だったら、自分らしく悔いの無い時間をすごしたほうが、絶対良いにきまってる。

空っぽの時間を積み上げて90歳まで生きて幸せでしょうか?

20~65歳の45年を、フルタイム+残業までして、会社でなんとなく過ごしてしまったら、その時間は自分らしいでしょうか?66歳から、第二の人生・・それで悔いは無いの?

そもそもの寿命の長さより、どれだけ意味のある時間を過ごせたか?の方が大切ではないでしょうか。

 

自分らしくなく過ごした時間は、空っぽ」なんです。

つまりは『自己評価』で生きなかった時間は『空っぽの時間』なんです。

 

逆に言うと、

『自己評価』で生きた人生時間だけがジョブズの言う『自分の人生』

だと、僕は思います。

 

 

僕が、親友のエスタークに、

「この前、派遣会社の人間の対応に納得いかずに、全力でドアを蹴って、仕事辞めたった!!」

と言った時、

「おまえは昔からようケンカしとった。」

と言われた。

確かに、田無寮の内外で、よくケンカをしていた。

 

でも、「ケンカをする」ってことは、それだけ『自分』を持っているということだし、『自分』を持っている人は、それだけ『自己評価』が高い人間なんじゃないかって思う。

 

で、そういう人間は、いわゆる『問題児』なんだけれども、僕は

「問題を起こす人ほど、成功する。」

と▼思っている。

問題を起こす人が成功する―「トラブル」を「成長」に変える50の方法 (PHP文庫)
 

▲この本、超面白いよ!! 

 

 

というわけで、僕から言わせれば、

「『自己評価』で生きている時間こそが、真に『自分の人生』を生きている時間だ。」 

 と考えている。

 

なので、『他人の評価』なんて、無視はしないものの、基本的に断捨離だ! 

 

自分で自分をマキシマムに評価し、それに従順に生きた者が、

『自分の人生』

を生きれるんじゃないかな?

って、最近、よく思う。