読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仕事のチームで一番重要な人物は「『戦いのドラム』を叩き続けることができる人」だと僕が思う理由。

【スポンサーリンク】

仕事って、多くは『チーム戦』だと思うんですよねー。

 
いや、個人技のような仕事もあるよ。職人さんとか。
でも、多くの仕事って、多かれ少なかれ『チーム戦』だと僕は思う。
 
 
で、『チーム戦』である限り、そのチームで一番重要なのは、個人技が最強の人間ではなく、
『戦いのドラム』を叩き続けることができる人なんじゃないかな??
ドラゴンクエストモンスターバトルロードII 2S-018II 戦いのドラム

ドラゴンクエストモンスターバトルロードII 2S-018II 戦いのドラム

 

 

【たたかいのドラム】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

 

戦う者の気分を高揚させる楽器。
激しい音色と勇ましいリズムで、聞く者の闘争心に火を点ける。


このドラムの音を聞いた者は勇敢になり、

普段のほぼ倍の力を発揮して攻撃に集中できるようになる。

 

つまり、
チーム全員の作業パフォーマンスを倍増させることができる人。
 
もうね、この人自体は最悪、仕事出来なくてもいいんですよ。
ただただ『戦いのドラム』を叩き続けてくれればいいんですよ。
 
 
戦国時代でいうと、戦の時に「法螺貝」を吹く人?
日露戦争時の「死んでもラッパを離しませんでした」みたいな?
 
命がけの祭りである諏訪の「御柱祭」で言うと▼『木遣り』の役がそうなのかもしれない。 
 
 
『ムードメーカー』とも言われるキャラ。
それが必ずしも、リーダーとは限らないと思う。
 
チームによってはおちゃらけキャラだったり、天然ボケキャラだったり(笑)
むしろ、そのほうがいいのかもしれない。
 
 
 
家庭でいうと、赤ちゃんとか、子供とか、場合によってはペットとか。
 
『子はかすがい』
とはよく言ったもので、僕の実家も、妹に赤ちゃんが生まれたら、いっきに明るくなった。
大人ばっかりよりも、赤ちゃんが1人いるほうが、なんというか、空気がゆるくなる。
 
 
僕の知り合いのおじさんは、娘は全員、嫁に行って、夫婦間は冷え切ってたのだが、唯一、夫婦間で飼ってるネコの話題だけは共有していて、
「ネコはかすがい」
とか言ってた(笑)
 
 
ビジネスがチーム戦だとしたら、赤ちゃんとか、ネコとかでもいいから、そういうキャラを欲してるビジネスチームはあると思う。
 
 
時々、元気だけが取り柄の人、愛嬌だけが取り柄の人が重要チームに採用されたりするのはこのせいなんだろうな。
 
『戦いのドラム』さえ叩き続けてくれれば、チームメンバー全員にバイキルトの効果が半永久的に続くんだから。
 
 
 
逆に、どれだけ仕事が出来ても、
チーム全体に『凍てつく波動』をかける人種もいる(笑)
 
こういう人は最もタチが悪くて、どれだけ個人技に優れていても、
▼クビや移動になる可能性がある。
 
なぜならチーム全体に『凍てつく波動』をかけるからだ(笑)
チーム全体が盛り上がっていたとしても、また攻撃力が元に戻ってしまうw
 
まぁ、そんな人に限って、
「なんで成績上げてる俺がこの部署から移動にならないといけないんだ!?」
とか言い続けたりするんですが(笑)
(だから移動になるんだっつーの!)
 
 
 
というわけで、僕のオススメの働き方は、ある程度、仕事で実績出したら、
次に目指すのは『戦いのドラム』を叩き続けるキャラになることなんじゃないかな?
って思う。
 
 
チーム戦である限り、自分1人の攻撃力を上げるより、
仲間全体の攻撃力を上げたほうが、効率的に敵を倒せるのだ。
 
 
逆に、どれだけ個人の力や技があっても、
チーム全体に『凍てつく波動』をかけるキャラはビジネス上ではほとんどいらないんじゃないかな?
 
個人成績が良くても、トータル成績が悪かったら意味がないのだ。
 
 
 
というわけで、
個人成績も良く、
さらに『戦いのドラム』を叩き続けてチーム全体の攻撃力も倍増されせるビジネスマンが最強!!
ってことで。