A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

賃貸物件のアパートでトイレットペーパーロールを壊したら直すのに4000円取られた!しかも作業時間は3分ほどだったけど業者到着まで30分待たされた!

【スポンサーリンク】

2017年8月4日。

アパートの▼ユニットバスの掃除中に、トイレットペーパーロール(トイレットペーパーを入れるところ)をブチ壊してしまいました。。。

【断捨離月4日目】ユニットバス掃除(風呂掃除)のやり方を変えたら今までの掃除道具を断捨離できた! - A1理論はミニマリスト

 

で、翌週の月曜日8月7日に管理会社に行きました。

 

僕はその週と翌週、長野・下諏訪に行く予定があったので、

「急いでないのですが、8月下旬には直してほしいです。」

と伝えたら、管理会社は、

「あとから業者からお電話致します。」

とのことでした。

 

費用は自己負担。

まぁ、僕が壊したので仕方がないのですが、、、

「いくらくらいですか?」

「1万円はしないと思うのですが、、、」

「えっ!?そんなにするのですか!?」

「詳しくは業者に電話の時に聞いてください」

とのことでした。

 

 

が、これが待てど暮らせど電話がかかってこなくて、お盆明けの8月22日に直接、管理会社に行きました。

 

すると先日の担当者はおらず、別の方が、

「あとから担当者から(A1理論に)お電話致します。」

とのこと。

 

その後は1時間くらいで電話があって、

「担当の業者がお盆休みだったようで、早めに業者から電話させます。」

とのこと、僕は、

お盆休みは別にええから、その旨、先に連絡しろよ!

って思ったw

 

で、夕方くらいに電話がかかってきて、

「いつご予定空いてますか?領収書は必要ですか???」

とのこと。

 

とりあえず、

翌23日の午前9時に新しいトイレットペーパーロールの取り付け

ということになった。

 

僕が、値段を聞くと、

「4000円です」

と言われた。

高いわw

 

 

 

で、23日の9時に家で待ってましたが、、、

 

 

なかなか来ない。

しかも、遅延の電話やメッセージもない。

 

 

僕は▼この件で、はやく封筒をポストに投函しに行きたいのに、業者が時間通りに来ないし、連絡もないのでイライラ。。。

退職後、『会社の保険証』をまえの会社に返却しないと離職票が届かなかったよ! - A1理論はミニマリスト

 

で、9時20分になり、スマホから「まだですか?」とメッセージしようかと思ったけど、

「まぁ、9時30分まで待つか」

と思った。

家の前にゴミ収集車が来ている音がしていたので、

「これがいなくなったら来るかも」

と思った。

 

で、9時30分になり、ゴミ収集車も去ったのに来ないので、

「もう、メッセージする!」

と思ったら、

ピンポーン!

と家のチャイムが鳴った。

  

 

というわけで、30分遅れた謝罪なし。

来たのは30代くらいの業者の男。

いやいや、遅れる旨の連絡もないし、遅れてきたあとの理由も謝罪もないのかよ。。。

 

ちょっとなにかチクリと言ってやろうかと思ったんだけれども、めんどくさくなった、ええからはよ直せや。

 

で、、、

 

そして、4000円ひったくって帰って行った。

 

 

いやいや、、、、

まぁ、暑い中、他の作業もあったのかもしれないけど、3分ほどの作業に30分も他人を待たせちゃいかんだろ。

 

遅れるならその旨を電話かメッセージしろよ。

それが出来ない状況だったなら、せめて到着後に謝罪しろよ。 

 

 

とまぁ、

プロ根性のなさを遺憾なく見せつけられましたw

まぁ、安いアパートで、家賃も値切りまくってるので、そういう『制約と誓約』だと割り切ります。

待ってる時間にまぁ、ブログも書いてたし。

 

 

というわけで、

賃貸物件のトイレットペーパーロールの破損には注意!

壊すと、おカネ・時間も取られて、さらに嫌な気持ちになる可能性もあるよ!

ってことで!!w