読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

働きたくなったら都会のシェアハウス、休みたくなったら田舎のシェアハウス。そんな『時代』を作っていくでござるよ。

【スポンサーリンク】

先ほどのtwitterのつぶやきが予想以上に反響があったので、勢いでブログ記事にしてみます。

 

 

まぁ、これは▼前々からよく言っていることなんですが、、、

働いたり、働かなかったり、が自由になる時代が来るべき。 - A1理論はミニマリスト

 

僕から言わせれば「ずっと働いている」なんて、おかしいですよ。 

 

仕事なんて、所詮、「仕事」だし、ちょっと「遊び」があったほうが労働効率が良くなると思う。

欧米人とか、2~3ヶ月くらいバカンスとったりしてて、そういうの見ると、

「わかってるな~、こいつら。」 

って思う。

 

この時代、がむしゃらに働いたところで給料は増えない。

逆に、働かなくても、餓死する可能性は極めて低いのだから。

 

ましてや、「病んでまで働く」なんていうのは、僕から言わせれば「ありえない」。

なぜなら▼「健康」以上に大事なものがこの世にないと思っているから。

10億円より『健康』のほうが絶対的に大事だ! - A1理論はミニマリスト

生命以外に富はない。(ラスキン) - A1理論はミニマリスト

 

なので、

俺が人生において、働いたり、働かなかったりを繰り返しているのは

「健康」のためだ!!ww

 

f:id:A1riron:20161020233849j:image

 

「脳」はバカだから、無理して頑張ろうとするけど、人体では「脳」の大先輩である「腸」が出したアラームのほうが重要なんだから、僕はその「腸」のアラームに従順に従っているだけだwww

「脳」を信望してしまうと、「腸」からのアラームが聞こえなくなる、これは人生において「致命的な大けが」をしてしまう可能性が高い。「致命的な大けが」を起こすと人生コスパは劇的に悪くなってしまう。

なので、僕は常に「腸」に従順に生きている。

それは▼「脳」より「腸」のほうがかしこいからだ!

腸と脳について親よりもはるかに詳しくなって人生コスパを最大化し、かつ親の『健康寿命』を伸ばす!【脳はバカ 腸はかしこい】 - A1理論はミニマリスト

脳はバカ、腸はかしこい

脳はバカ、腸はかしこい

 

 

で、そういうスローなライフスタイルのほうが人生コスパがいいことに▼気づいてきている人はポツポツ出始めてきている。

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 
減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

 

 

けど、

『時代』がそれに追いついていない。 

全くといいほど追いついていない。

 

 

けど、『時代』が追いついていないなら、

作ればいい

簡単な事だ。

 

これは、

キョンちゃんが『マスヤゲストハウス』を作った理由、

エリックが 『エリックキッチン』を作った理由、

東野夫妻が『リビルディングセンタージャパン』を作った理由、

と全く同じだ。

 

「無いから、作った。」 

ただ、それだけのシンプルな理由だ。

 

『チャンスの国』が無いなら▼作ればいい、ただそれだけのことだ。

『チャンスの国』は待っていても来ない!自分からつかみに行くか、なかったら自分で作る!!絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

 

 

この国は、

都会では今やどの仕事も未曽有の人手不足だし、 

田舎では移住者募集している、

しかも、都会も田舎も空き家だらけで、

その空き家率も年率1%で上昇し続けている。 

空き家を放置し続ける人には経済的な負担がかかるように法整備もされてきた。

 

だったら、タイトルでも書いたように、

・働きたくなったら都会のシェアハウス

・休みたくなったら田舎のシェアハウス

を行き来できる人生も可能になるような社会を作るべきだ。

 

今は、田舎は固定の「移住者」募集しているけど、1ヶ月、1週間単位のシェアハウス移住でもいいじゃないか!

 

なんで、定住化させようとしてくるんだ!? 

なんで、『SIMロック』かけようとしてくるんだ!?

僕はこれは断言しますけど、

時代は確実に▼『SIMフリー』化に向かってるんだ!

人生を『SIMフリー』化して生きていく日本の若者たち。 - A1理論はミニマリスト

 

地方も『SIMフリー』化されていくべきだし、それでも人が集まらなければ、それだけその地方に魅力がないってことだ。

 

『残りの人生の健康時間』 

を、誰がどこで、どれくらい生きて行こうが、そんなのはその人個人の勝手なのだ!

 

なので、

都会で働き疲れた人はぶらっと好きな地方に好きなだけ住めるようになるべきだ!!

 

 

個人的には、

①ゲストハウスで自分との相性のいい場所を探す

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

 

②田舎のシェアハウスでお試し移住

シェアハウス わたしたちが他人と住む理由

シェアハウス わたしたちが他人と住む理由

  • 作者: 阿部珠恵,茂原奈央美
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2012/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

③その地方が気に入ったら、空き家をもらうか借りるかして、安くリビルディング(DIY)

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 

の、順番が「普通の順番」だと思っていて、今は②が絶望的に少ないから、どの地方も「お試し移住」ができないわけで。 

 

 

最近、ブロガーをものすごく優遇してくれるゲストハウスを知った。

僕から言わせれば、そりゃあそうで、①②③のさらにそれ以前の、「その町の情報を知る」手段はブログが最適なんだから、

「毎日、記事を書き続けることができる」

という才能を持ったブロガーを、地方都市はもっと優遇するべきだ!w

 

地方紙やテレビにちょこっと出たぐらいでは、瞬間風速的なものだし、そもそも、若者は新聞もテレビもとってないし、持ってない。

常にスマホ、スマホ、スマホだ。

なので、そのスマホの中の、さらに「ブログ」という、

「蓄積型メディア」

の運営者を地方都市はもっと優遇するべきだ!w

(半分、ネタですw)

 

 

話を戻すと、、、

 

都会で仕事に疲れたら、気軽にぶらっと、自分の好きな、 

・温泉が沸いている町

・綺麗な海がある町

・綺麗な坂がある町

・好きな物語の舞台になった町

・自分の先祖が住んでいた町

・涼しい町

・暖かい町

・『交流型ゲストハウス』のバーがいつも賑わっている町

などに中期滞在して、その後は、その時の気分で、都会に帰ったり、別の町に移動したり、海外をしばらくほっつき歩いてもいいと思う。

 

旅行人165号世界で唯一の、私の場所《休刊号》

旅行人165号世界で唯一の、私の場所《休刊号》

  • 作者: 椎名誠,高野秀行,石井光太,小林紀晴,蔵前仁一,宮田珠己,グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: 旅行人
  • 発売日: 2011/12/01
  • メディア: 雑誌
  • 購入: 3人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

今はSNSも発達しているんだから「人とのつながり」さえあれば、移動にかかるコストもミニマムに抑えられる。 

 

そんな時代になるべきだし、そんな時代を作るべき!

 

で、ぶっちゃけ、そんな時代が来るのは時間の問題なんだから、もうすでにその時代に向けてクラウチング・スタートの体制をとっておくのが、21世紀初頭に生きている我々の最適解だと思っています。

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -