読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

「東京で働ける」という『才能』。

【スポンサーリンク】

バックパッカー本を多く書いている▼蔵前仁一さんという人がいる。

あの日、僕は旅に出た

あの日、僕は旅に出た

 

 

その蔵前さんが何かの本で、

「『海外一人旅』なんて、時間とカネがあれば、誰でもできる。」

というようなことを書いていた。

 

 

元バックパッカーの僕もこれと全く同じ意見で、

「外国を個人旅行するなんてすごいですね!!」

「外国のゲストハウスのドミトリーで寝るなんてすごいですね!!」

「インドに2ヶ月いたなんてすごいですね!!」

「アジアを陸路で横断したなんてすごいですね!!」

 とか言われても、

「いや、それ、時間とカネがあれば誰でもできるからwwww」

 とずっと言ってきた。

 

 

けど、ここ最近は、

「いや、『旅』をできる人って『旅ができる才能』があるんじゃないかな。あまりにも自分では簡単にできるから『才能』と認識してないだけで。」

と、考えるようになってきた。

 

いや、「旅ができる才能」なんて、それだけで食っていけるようなレベルの100万人に1人くらいしかない『類まれなる才能』ではないとは思う。

 

けど、パスポート所持率25%程度の日本人の中で、さらに個人旅行(旅行会社を通さずに個人で旅行手配)ができ、さらに長期で海外一人旅ができる、というのは、100人に1人くらいの才能なのかもしれない。

 

 

『才能』って、他人のほうが自分より理解していることが多いと思う。

 

この世で自分しかいないなら、それは『才能』ではないのだろう。

けど『才能』って、自分と、その他の人間の平均値からどれだけ「偏差値が高いか?」できまるような気がする。

 

「海外一人旅ができる。」というのは『旅』という点に関しては、それだけで偏差値58くらいはあるのかもしれない。

 

 

早寝早起きできる『才能』。

満員電車が苦にならない『才能』。

ブログを書き続けることができる『才能』。

これらも『才能偏差値』でいうと55くらいはあるのかもしれない。

 

もしかしたら、

「部屋を片付けることができること」

とか、

「毎日、自炊できること」

も、ちょっとした『才能』なのかもしれない。

本人も気づいていないだけで。

 

 

 

で、そう考えると、

「東京で働ける」

っていうのも、ひとつの『才能』なのかもしれない。

 

ジオクレイパー 東京シーナリー Vol.1 BOX

ジオクレイパー 東京シーナリー Vol.1 BOX

 

 

 

というのも、

僕は「東京で働く」なんて、誰でもできると思っていた。

 

東京なんていくらでも仕事募集しているし、

田舎から出てきた人間も多いし、

日本語カタコトの外国人も働いているし、

交通機関が整ってるので車や免許なくてもいいし。

 

 

けど、地元の友達とかから言わせると、

「東京で働いていること」

って、ものすごいことらしい。

 

「いや、単なる派遣社員だし、仕事なんていつでもめっちゃ募集してるし。」 

と言っても、それでも「すごい!」ってなる。

 

 

確かに同年代の地元の知り合いが、若い頃、とある「夢」を抱いて東京に出てきた。

けど、3ヶ月くらいですぐに田舎に帰った。

 

後から聞いてみると、

「東京では『生きていくだけで精一杯』やった。」

って、言ってた。

 

 

「え!?」

って。僕は思った。

 

彼は「夢」を叶えるどころか、バイト探しに奔走しただけの、たった3ヶ月の「東京生活」で、「もうあかん!」となって、田舎に帰ったらしい。

 

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

 

 

 

東京で働いていると、周りの人も当然、東京で働いている人間ばっかりなので、

「東京で働ける」

ということが前提ですべてが動いているけど、、、

 

そもそも、

「東京で働ける」

 ということ自体が10人に1人くらいしか持ってない、ちょっとした『才能』なんじゃないかな、って、最近、よく思う。

 

 

ま、こんなこと、東京で普通に働いている人に言っても、

「はぁ???」

って言われるだけだし、逆に、田舎の人間に言ったら、

「それ自慢???」 

 と言われるのがオチだから、

ブログに書くしかないwww

 

 

こんなこと書けるなんて、ブログって、超便利だ!!!www