読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

オシャレにリーズナブルに東京に泊まろう!『TOKYO GUEST HOUSE』は眺めてるだけでも楽しい「ゲストハウスの写真集」みたい!

旅-国内 旅-東京ぶらり旅 ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本
【スポンサーリンク】
本日(2016年5月26日)、
東京のゲストハウスをまとめたムック本が発売されました!
 

その名も▼『TOKYO GUEST HOUSE』!

そのまんまなタイトル!!ww

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

 

▼この本とタイトル被ってます!!ww

東京ゲスト・ハウス

東京ゲスト・ハウス

 

 

しかし、角田光代さんの、ダメ人間の溜まり場的な「東京ゲスト・ハウス」発売から11年後、ゲストハウス事情は大きく様変わりしました。

 

『 TOKYO GUEST HOUSE』での序文には▼こうあります。

f:id:A1riron:20160527011419j:image

▲め、名文過ぎた。。。 

特に、

「刺激と優しさに満ちた心地のよい空間」

という表現にグッときた!

 

そうなんです!!

この10年で、『ゲストハウス』は、

『ダメ人間が溜まってるオンボロ学生寮のような廃人収容施設』

から、

『オシャレでファッショナブルなカルチャーの情報発信地』

大変身を遂げたんです!!

 

もう、▼おじさんビックリですよ!!ww

日本人とゲストハウス文化について少しだけ考えてみた。 - A1理論はミニマリスト

 

なんせ、表紙が▼これですからね!

おじさんが買うのが恥ずかしくなってしまいましたよww

f:id:A1riron:20160527011404j:image

 

この変化の要因はいろいろあると思います。

 

バス代や飛行機代が安くなったこと、(昔の貧乏旅行はアジアメインで、国内なんて旅費が高過ぎてとんでもなかった!)

空き家や空き店舗が増えたこと、

アジアを旅して日本に帰国した20代30代が、アジアで体験した『ゲストハウス』を日本でも作ろうとしたこと、

ユースホステルが衰退したこと、

ネットカフェよりもうワンランク上の宿の需要が増えたこと、

 

様々あると思いますが、やっぱり、

女子の一人旅が増えたこと、

が、一番大きいと思います。

 

少し前まで、女子は3人くらいのグループ旅行がメインで、一人旅するのは海外で、という感じだった。旅館も複数人で大部屋を取ったほうが安かったし。

 

けど、2010年に東京・入谷にtoco.が出来て以来、

「友達がいっしょに旅行に来てくれなくても、一人で自分の好きなフェスやイベントに行って、友達は現地のゲストハウスで現地調達!その方が趣味が合うし!」 

という流れになりつつあるような気がする。

 

地元の高校や大学が同じ友達をしぶしぶ自分の趣味に付き合わせるより、自分が好きなフェスやイベントに一人で行って、ゲストハウスで友達を見つけ、場合によってはfacebookやLINEで友達になる!

という流れができつつあるように思える。

 

それは日本だけに限らず、アジア全土で起こっている現象のように思える。

これは少し前までは主に男性の旅のスタイルだったように思える。

 

で、その現象を日本で最初に起こしたのが、この本の表紙にもなっている東京・蔵前の『Nui.』なんじゃないかな?と、僕は思っていて何度か▼記事にしている。

東京・蔵前のデザイナーズ・ゲストハウス『Nui.』は「日本のゲストハウス」の定義を変えたオシャレ空間だと思った。オフ会会場にもいいかも。 - A1理論はミニマリスト

東京・蔵前のゲストハウス『Nui.』のカフェ&バーは16:00くらいから行くとカフェとバーの2つの雰囲気が両方楽しめてお得です! - A1理論はミニマリスト

東京・蔵前のゲストハウス『Nui.』のバーでたった500円で『リア充ウェーイ』する方法!『リア充』は誰でもつくれる!! - A1理論はミニマリスト

  

もっと正確に言うと、その全身である▼『toco.』にある、ミニマムなバーが日本人の「ゲストハウス」の概念を変えたと僕は思っている。

東京にいるのに旅気分!台東区入谷のゲストハウスtoco.のバーにミニマリストブロガー3人で行ってきた! - A1理論はミニマリスト

ゲストハウスやその周辺でオフ会をすれば平日オフ会も可能!東京では「toco.」「Nui.」がオススメ! - A1理論はミニマリスト

モノを捨てよ!旅に出よう!! - A1理論はミニマリスト

 

まぁ、上記の僕のブログ記事なんて読まなくてもいいから(読んでもいいから)、▼この記事を読んでください!!頼む!!

「ここはお前らの遊び場じゃねえぞ」—2010年から5年間を振り返る(2) | 株式会社Backpackers' Japan

▲この記事にあるトモさんの生き様から、現在の日本全国のゲストハウス・バーは生まれた、と、僕は思います。

 

それをさらにパワーアップさせたのがこの本のトップをかざる▼『Nui.』のバー・ラウンジだと僕は思っています。

f:id:A1riron:20160527011511j:image

f:id:A1riron:20160527011520j:image

 

f:id:A1riron:20160527011533j:image

 

この『Nui.』のバー・ラウンジをデザインしたアズノさんは、その後、

山口・萩の「ruco」

長野・下諏訪の「マスヤゲストハウス」

東京・高田馬場の「地球を旅するCAFE」(カフェ&バー)

神奈川・鎌倉の「aiaoi」(ホテル)

等のデザインで大活躍し、下諏訪でお会いした時、僕が、

「アズノさんが日本人の『ゲストハウス』の概念を変えた。」

というと、

「いやいや、そんなことないですよ。」

と、謙遜してましたが、どう考えても変えてると僕は思います。

 

そんなアズノさんは現在、下諏訪に移住して、新しいプロジェクトを構想中!

要チェックや!!

 

 

で、『TOKYO GUEST HOUSE』の紹介に戻ると、この本では東京・神奈川の▼下記のようなオシャレ・ゲストハウスが紹介されています!!

f:id:A1riron:20160527011454j:image

 

もう、ため息が出るほどの▼オシャレ・ゲストハウスが満載!

f:id:A1riron:20160527011544j:image

f:id:A1riron:20160527011606j:image

 

すべて紹介したいくらいですが、もっと読みたい・眺めたい人は▼買ってくださいw

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

 

 

池袋の▼『BOOK AND BED TOKYO』も、当然のように載ってました!

池袋の泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』はデイタイム利用でもコスパ最強!本好きミニマリストには激オススメなゲストハウス! - A1理論はミニマリスト

f:id:A1riron:20160527011558j:image

 

また、初めてゲストハウスに泊まる女子のために▼ゲストハウスの泊まり方もミニマムにまとまってます!

f:id:A1riron:20160527011614j:image

 

で、『ゲストハウス』と言えば▼この人!w

「ですよね~」的にゲストハウス対談が載ってます!!

f:id:A1riron:20160527011623j:image

『ゲストハウス』×『ミニマリスト』=『超楽しい!!!!!!』なシルバーウィークでした!! - A1理論はミニマリスト

明日10月4日(日)朝8:25~8:55 NHK総合『サキどり』「そうだ!ゲストハウスに泊まろう」で『FootPrints』だりさんがスタジオ出演します! - A1理論はミニマリスト

 

僕的にはこの本はゲストハウスの詳細というよりは、

「ゲストハウスの写真集」

として楽しみました。

 

だって、写真に写ってる人達が、国籍・年齢・性別・宗教等の「あらゆる境界線」を越えて、全員、

『笑顔』

なんですもん。

 

ゲストハウスが提供してくれる一番ありがたいものは、僕は、この、

『笑顔』

だと思ってます。

 

仕事に疲れたら、寝る前に、この▼『笑顔』を眺めながら、眠りにつきたいです。

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

TOKYO GUEST HOUSE (ぴあMOOK)

 

 

本当、ゲストハウスのある時代に生まれて良かった。。。

 

 

また、東京以外のゲストハウスについては、、、

 

京都に関しては▼『京都ゲストハウス案内』がオススメです!

『京都ゲストハウス案内』を読んだら毎週京都に通いたくなる!そんな可愛らしいステキな本です! - A1理論はミニマリスト

京都ゲストハウス案内

京都ゲストハウス案内

 

 

全国のゲストハウスについては、「1県1ゲストハウス」で紹介している▼『ソトコト』の2016年1月号がオススメです!

ソトコト1月号『全国ゲストハウス・ガイド』はゲストハウス巡り&探しに超便利!お気に入りのマイゲストハウスを見つけよう! - A1理論はミニマリスト

SOTOKOTO(ソトコト) 2016年1月号

SOTOKOTO(ソトコト) 2016年1月号

 

 

ちなみに、僕の部屋にはこの3冊がそろっていて、いつでもこれらを眺めながらニヤニヤできますし、寝る前に読めば、家に居ながらにして、ゲストハウスに泊まっている夢を見れますw

 

旅行やゲストハウスが好きな方は、是非、3冊コンプリートして、幸せな人生を送りましょう!!w