A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『東京たぬき』に会った夜。

【スポンサーリンク】

ちょうど3年ほど前の夜、東京都内某所で、、、

 

なんと!

野生のたぬきと遭遇しました!!

 

f:id:A1riron:20151105143033j:image 

ちょうど、夜中に友達のエスタークとくだらない会話をしながら歩いていたのですが、ふと、道端を見たらたぬきがいるじゃないですか!!

 

このころは僕はこの大学時代の寮の友達のエスタークと夜にウォーキングするのが習慣になっていて、ハクビシンは何度か目撃はしていて、

「あー、たぬきにもいつか会いたいなぁ~」

 と言っていた矢先だったので喜びもひとしおです!!

 

ちなみにたぬきを目撃したのはこれが初めてではなく、この何年かまえにも目撃してましたし、この後も2回ほど目撃しましたが、こんなに接写できたのはこの時だけです。

 

▼たまたま、エスタークがパンを持っていたのであげてみましたw 

f:id:A1riron:20151105143104j:image

 

▼必死でパンにくらいつくたぬきw

f:id:A1riron:20151105143130j:image

 

▼僕の足をパンと間違えて食べようとするたぬきwww

f:id:A1riron:20151105143147j:image

 

この時、実感したのですが、

たぬきってめっちゃ「獣」です。

 

ふだん、たぬきなんて普段見ないので、イメージでは犬や猫みたいに思いがちですが、

どちらかというと熊やライオンに近いです!!

 

後からググってわかったのは、やはりエサをやるのはキケンな行為だったらしいです。

たぬきを見てもエサをあげるのはやめましょう!キケン過ぎます!!w

 

 

「東京たぬき」に関しては▼このサイトが詳しく、実際にたぬきに遭遇したあとはめっちゃ読み込んでしまいますw

東京タヌキ探検隊! 全国のタヌキ、ハクビシン、アライグマなどの情報を集めています!

 

▼本も出ていますw

東京タヌキ探検隊!ガイドブック 都会でタヌキに出会ったら (カドカワ・ミニッツブック)

東京タヌキ探検隊!ガイドブック 都会でタヌキに出会ったら (カドカワ・ミニッツブック)

 
タヌキたちのびっくり東京生活 ‐都市と野生動物の新しい共存‐ (知りたい!サイエンス 35)

タヌキたちのびっくり東京生活 ‐都市と野生動物の新しい共存‐ (知りたい!サイエンス 35)

  • 作者: 宮本拓海,NPO都市動物研究会,しおやてるこ,四六
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

▼ここらへんのサイトも面白いですw

東京の都心にタヌキのような動物が生息してるだと… - NAVER まとめ

しぶとく生きる東京タヌキ/東京民報

 

どうやら線路沿線が彼らの生活区域らしく、線路下の穴とかに住んでいるらしいです。

けど、なぜか時々、街中にも現れて人間を驚かせるww

 

 

 

「なんでこんな大都会にたぬきがいるんだ??」

 

 と思ったけど、たぬきから言わせれば、

 

「俺はここで生まれたからここに住んでる江戸っ子だ。

 むしろお前の方こそ、生まれは関西の田舎、じいちゃんの田舎はさらに九州の奥の方だろ。なんでこんなところにいるんだ?」

 

と言われそうだな、と、その時、ふと思った。