読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

友を選ばば、書を読みて、六分の侠気、四分の熱。(与謝野鉄幹)

【スポンサーリンク】

友達を選ぶ基準がはっきりしてていいですね!与謝野鉄幹さん!!

与謝野鉄幹 - Wikipedia

 

さすが、国語の教師を4年間勤めるも、女子生徒との間に問題を起こし、退職しただけのことはある!!

で、子供もできちゃってるのに、離婚し、別の女子生徒と同棲してます!!

で、その女子生徒とも子供がいたのに離婚し、その次に結婚したのが与謝野晶子。

 

タイトルの言葉は「妻をめとらば」で始まる▼『人を恋ふる歌』の一部ですが、、、

人を恋ふる歌: 二木紘三のうた物語

人を恋うる歌(与謝野鉄幹)

鉄幹さん、妻をめとり過ぎでしょう!!

 

自他共に認める草食系男子の僕は『ポカーン』です。。。

『鉄幹音』が効いてるなぁ。。。(なんのこっちゃ!w)

与謝野鉄幹/与謝野晶子 (新学社近代浪漫派文庫)

与謝野鉄幹/与謝野晶子 (新学社近代浪漫派文庫)

 

 

しかし、妻をめとり過ぎなのは置いておいて、このタイトルの言葉、なかなか考えさせられますねぇ。

 

友達を選ぶなら、

まず「書」を読むヤツ

ってのがいいですねぇ。

 

僕はけして本を読む人間が頭がいいとか、教養があるとかは思いません。

けど、僕は映画とかの映像メディアとかは、映画館でもテレビ画面でも、すぐに眠くなってしまって寝てしまうんですよねぇ。。。なにが面白いのかよくわからない。。。

僕的には映像メディアよりも睡眠のほうが娯楽性が高いですwww

なので、テレビのドラマも見れず、よってウチにはテレビがありません(笑)

 

なんていうか、映像メディアは家にテレビがない人間からしてみれば、ひたすらうるさいんですよねぇ。。。

スポーツとかも、

どっちが勝とうが負けようが、俺の人生には一切、カンケーねーよ!!

って思うwww ルール覚えられねーしwww

 

 

なので、静かに、自分のペースで読める「本」好きな人が好きです。

僕は本が好きだからこそ、東京の中心部に住んでる、というところもあります。

(姫路に帰ると本がなさ過ぎて発狂したくなるw)

 

で、本の中でも、僕は小説は司馬遼太郎しか読めない特殊体質なので、小説以外の本を読む人と友達になりたいですねぇ。

 

でも、

ただ本を読んでればいいか?

っていうと、ぜんぜんそんなことではなく、

「俺は本を読んでるんだ」

みたいなことをことさらに主張する人とは距離を置きたいです(笑)

 

僕は映像メディアが見れないし、漫画も集中力ないから登場人物の顔や名前をすぐに忘れちゃう(笑)なので、本を読んでる、というか、本しか自分に適切なメディアがないからだ(笑)

最近はブログをよく読むようになってきたけど、やっぱり本屋には行ってしまいます。

高田馬場をメインに、新宿や池袋の大型書店にも時々出没しています。 

 

なので、暇さえあれば本を読んでしまうんです。

「活字中毒」と言ってもいいかもしれません。

僕から言わせれば、アル中がアル中を自慢しないように、活字中毒が活字中毒を自慢するのはおかしいんです。

 

あと、本を読むことを自慢はしなくても、本やネットの情報で『世界』を知ってしまった気になってる人も、悪くはないのですが、微妙。

実際の戦力にはならない知識ばかりの人。

「本とネット」というバーチャル世界に生きている人のように思えてしまいます。 

 

 

なので、書を読むことは前提で、かつ、俠気があり、熱を持ってる人、それこそが「友」にふさわしい、と、与謝野鉄幹さんは言ってるんじゃないかと思うし、僕もそう思います。

 

『心技体』のパラメータが全て高い人。 

基礎教養が高く、実世界でも弱きを助け、しかも『夢』に向かって日々邁進してる人。

 

どれだけカネを持ってても、どれだけ社会的地位があっても、僕は、その『心技体』のパラメータが低い人に魅力は感じない。

 

逆に、カネはなくても、その『心技体』のパラメータが全て高い人と、友達になれる人生が、僕は『至高の人生』な気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、まぁ、

そんなレアな人が、こんな派遣社員ブロガーと友達になってくれるのか?

っていう問題が一番大きいから、『バズってどうする!?』

トモダチ万歳!!トモダチサイコー!!