A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

大業を成し遂げようと思ったら、年老いても青年でなければならない。(ゲーテ)

【スポンサーリンク】

熱いですねー、ドイツのゲーテさん!!

 

さすが77歳で17歳の少女に求婚して、見事、玉砕しただけのことはある!!
(そりゃあ、、、ねぇ。。。)
若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

 

 

しかし、この言葉自体は素晴らしい言葉だと思います!!
 
どれだけ歳をとっていても知らないことはいっぱいある。
 
仁和寺の法師ではないですが、歳をとっていたとしても、知らないものは知らないんです。
理由は脳内データにないから。
 
なので、どれだけ歳をとっていたとしても「初めてのこと」に関してはレベル1なんですよね。
だから「初めてのこと」は、謙虚に経験者から情報を集めるべき!
本や関連ブログも読み漁る!!
 
が、そこからは今までの人生経験の見せ所で、今までの成功パターンを当てはめればいいんじゃないかと思います。
 
それが「おっさん・おばさんの強み」で、歌舞伎でいう『守破離』のスピードが若者より断然早いんじゃないかな、と思います。
これはもうパターン認識の問題ですね。
成功体験の再現性がある、とも言う。
 
なので、始めるのに遅すぎるということはぜんぜんなくて、逆に遅すぎると思ってるくらいがちょうどいいんじゃないかと思います。
 
歳をとってから、新しくなにかにチャレンジしようかどうか迷っている人はチャレンジしてみたほうが僕はいいと思います!!
 
どれだけ歳をとっていても、少なくとも今が自分の人生で一番若いんですから!!
迷ってる時間の分だけどんどん残り時間が減っていきます!!
 
人生はやりたいこと、やったもん勝ちです!!
ガンガン、チャレンジしましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、バズにチャレンジしてどうする!?