A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

YADOKARI著『月極本3 好きなお金、嫌いなお金。』を読むと、お金より大事なことが見つかるよ!

【スポンサーリンク】

2017年4月19日。


仕事から帰ってくると、、、

 

家のポストに『月極本3』が入っていましたー!!!

 

僕はYADOKARIさんの本は大好きです!!

 

特に▼この二つは神本!!

YADOKARI著『アイム・ミニマリスト』を読むと生きるのがめっちゃ楽になるよ!未来の自分の生き方の参考にしよう! - A1理論はミニマリスト

アイム・ミニマリスト

アイム・ミニマリスト

 

YADOKARI著『未来住まい方会議』を読めば場所やおカネに縛られない「生き方」のヒントがもらえるよ!世間の常識も断捨離! - A1理論はミニマリスト

未来住まい方会議

未来住まい方会議

 

 

でも、本人たちは▼先日のイベントで、、、

3月11日佐々木典士×YADOKARIのイベントに参加してきたよ!いろんなミニマリストが日本橋に大集結!! - A1理論はミニマリスト

 

「あんまり売れなかった。。。」

って言ってましたが、、、

売れればいいってもんじゃない!!

(「ぼ●モ●」とか。。。)

 

僕の周りとかでも『アイム・ミニマリスト』とかを、

「超面白かった!!」

「今年(2016年)で一番面白い本だった!!」

っていう人が多いです!!

(まぁ、主にミニマリステックな人達ですがw)

 

そういう、

「少数の親和性の高い人達」にウケればいいじゃないですか!!

(A1理論!!w)

 

僕のこのブログも▼『人を選ぶ』とか言われるしw

思いや気持ちの丈を文章に出来る人は凄い - No think!

誤解を恐れずに言うならA1理論さんのブログはめちゃくちゃ人を選ぶと思う。

明確にこうだ、と言う考えを提示するスタンスは特にネット上では目立ちやすい。

 

A1理論さんの考えが心地よい、もしくは「なんか楽しそうな事やってんなー」って人はハマる。

(太字装飾はA1理論)

 

「ほんの少数の、親和性の高い人達の心を掴んで離さない!」

っていう本やブログが、僕は大好きだ!!

 

僕が好きな「ゲストハウス」という安宿形態も、ある意味、メジャーではなく、ほんの少数の人達に熱狂的に支持されている安宿形態だと思う。

日本の総人口における「ゲストハウス人口」なんてそんな多くない。リピーターも多いし。

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

 

で、

この『月極本』シリーズは、本当に人を選ぶと思うw

「ミニマリスト」と名乗ってる人にさえだ。 

 

でも、僕はそれでいいと思う。

今時、本の発行部数を気にするようでは『20世紀』を引きずってる

と僕は思う。

 

本なんてそんな売れなくていいし、

ブログのPV数なんて低くてもいい。

 

21世紀に大事なのは、

「コミュニティの『生産性』」

なんじゃないかと僕は思うし、YADOKARIのさわださんが逗子でやろうとしていることもそうなんじゃないかと思っている。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

 

伊賀泰代さん著『生産性』のしくみを個人の人生に応用して、自分の時間を取り戻そう! - A1理論はミニマリスト

ちなみに、奇しくも、この▲『生産性』の著者の伊賀さんも、YADOKARIのさわださんも、僕も、3人とも兵庫県姫路市出身です!w

 

まさに『生産性』の軍師!!w

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

「しろまる 官兵衛」の画像検索結果

 

 

ちなみに、▼軍師・黒田官兵衛もめっちゃくちゃミニマリスト!!

【人志松本のすきなものの話】松本人志、黒田官兵衛への異常な情熱を語る「名作」 - YouTube

 

って、いつもの官兵衛話はいいとして、、、

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

 

(だからもういいって!!w) 

 

『月極本3』ですよ!!

 

今回は引用はあえて控えて、

この本の構成をメインに、僕の感想を書いていきたいと思います! 

 

 

まず、最初のほうにある、ニューヨークから2時間ほど離れた場所にある「ユラン」という町で50エーカー(東京ドーム4個分)の土地を買ったテック界の寵児ザック・クレインの話。

 

オンラインのコミュニティを持ちながら、

オフラインに自分の『居場所』を作ろうとした話。

 

この「ユラン」の町はさわださん的には「逗子」なんだろうな。

 

で、僕的にはその土地は「下諏訪」であり、まもなく下諏訪で▼「なにか」がはじまると思っている。

姫姉様に『はじまりの予感』がする春の下諏訪を2泊3日でマキシマムに案内しました! - A1理論はミニマリスト

 

さわださんにしろ、僕にしろ、オンラインに『居場所』を求めた人間は、やがてオフラインにも『居場所』を求めるのかも知れない。

 

そう言えば、僕が大好きなミニマリストである、オフ会大好きなジン・フリークスも、世界を旅して、最終的に▼『グリード・アイランド』という自分の『居場所』を見つけていた。

 

 

で、この『月極本3』はその後、

「資本主義、終わりのはじまり」 

と称して、渡邉賢太郎さんのインタビューに入る。

 

ここは本当に、お金やビジネスの話が多い。

僕的にはこの部分は「ふーん」みたいなところがあるw

 

YADOKARIの2人も会社経営してるし、この渡邉さんも元・証券マンだったので、若干、話が固い。

まぁ、YADOKARIの2人は会社の経営責任もあるし、妻子ある身なので仕方ないとは思うけど。。。

 

結婚する気はここ40年ほどさらさらなく、仕事はお気楽な派遣社員で、昔は海外バックパッカー、今は国内バックパッカーの僕は、

「おカネなんて、そんな重要か?」 

とか、お気楽に思ってしまうw

 

銃声のしない国で、雨風しのげる家に住めて、毎日毎食「日本食」が食べれて、時々、ゲストハウスや下諏訪に行ければいいじゃないか。

 

って思ってしまっている僕は▼『足るを知り』過ぎているのかもしれないけど。 

足るを知る  自足して生きる喜び (朝日文庫)

足るを知る 自足して生きる喜び (朝日文庫)

 

 

いつも西友で買い物してる僕は、億単位のお金の話になると、

「ポカーン。。。」 

としちゃいますw

 

 

で、その後は『月極本1』と同じような、タイニーハウス・モバイルハウスの事例が続きます。

これはYADOKARIさんのWEB記事と同じような感じ。

いっきに読むと知恵熱でるかもなので、毎晩、少しずつ読むといいと思います。

 

ただ、僕は、これ系の文を読む度、

「ああ、俺は本当に『小屋暮らし』に興味がない。」

って思ってしまいます。

 

 

僕は、『小屋暮らし』よりも、

ゲストハウスでブログ仲間やブログ読者、一期一会の他のゲストさんと「ウェーイ!!」するほど、楽しいことはこの世にあんまりない

と思っていて、、、

『小屋暮らし』なんて退屈だ

と思ってしまうミニマリストだ。

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)

 
ゲストハウスに泊まろう (旅行ガイド)

ゲストハウスに泊まろう (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

どちらかというと、マインド的には『女子っぽい』のかもしれない。 

 

 

で、その後、『月極本3』は「ソーヤー海」さんのパーマカルチャー的な話になる。

これはこれで、『ちょっとバックパッカー過ぎる』と思ったw

(ややこしいな、俺www)

 

インドやパキスタンのゲストハウスでバックパッカー的な人の話を聞いているような感じw

 

この部分を読んだ僕の意見を言うと、、、、

 

結局、▼ニクソン・ショックで、金(きん)と、世界の基軸通貨であるドル紙幣との兌換が停止されてから、、、

ニクソン・ショック - Wikipedia

 

それ以降の「お金」は、僕は、

「米ドル紙幣ー石油本位制」 

だと思っている。

 

なぜなら、石油は米ドルでしか購入できないし、その米ドルが世界の基軸通貨なのだから。

 

なので、ニクソン・ショック以降に起きた、イラン・イラク戦争も、湾岸戦争も、9.11も、アフガン内戦も、イラク戦争も、ISISも、そして現在起きている「シリア内戦」も、すべてはアメリカ政府による、

『ドル防衛』 

政策の元により行われている、と僕は考えている。

 

ドルと石油が連動している限り、事実上、『石油』こそが、世界の基軸通貨だからだ。

逆に、ドルと石油の連動がなくなれば、米ドル札なんて、単なる紙切れだ。

(ちなみにアメリカは日本をはるかにしのぐ借金大国です。『米ドル札発行権』あってのアメリカ合衆国!) 

 

もっというと、湾岸戦争にしろ、イラク戦争にしろ、僕は『戦争』だと思っていなくて、単なる、

『湾岸空襲』

『イラク(正確にはバグダッドとバスラ周辺)空襲』

だと考えている。

 

なぜなら、

『核』を発明してしまった人類が、ガチで戦争をやるとヤバいからだw

 

「武器の『生産性』」

は、すでに1945年で「カンスト」しているのだ。

 

これはセル編の孫悟飯と同じ状態で、強くなりすぎて、セルは倒せても地球そのものを破壊してしまっては意味がないのだ。

(だから「その時は新ナメック星のドラゴンボールを使え!」と何度言わせるねん!!w)

 

 

つまり、

アメリカはガチで戦争する気はさらさらない。

 

なぜなら、

アメリカ政府の目的は「敵に勝つこと」ではなく、単なる『ドル防衛』だからだw

 

 

なので、

僕はソーヤー海さんのような「平和活動」にさほど活動意義を感じない。

 

なぜなら、

「武器の『生産性』」 

は、すでに1945年で「カンスト」してしまっていて、それ以降の戦争の目的は単なる『ドル防衛』に過ぎない

と思っているからだ。 

 

 

つまり、僕にとっては、

『お金』≒『米ドル兌換券』=『石油兌換券』

だ。

 

で、

そんなくだらないモノに振り回されていたんじゃあ、人生コスパはどんどん悪くなる

と考える派だ。

 

イラクとアメリカ (岩波新書)

イラクとアメリカ (岩波新書)

 

 

と、わけのわからないことを書いたところで『月極本3』の書評の続きに戻りますw

 

その後は、

個性派書店が選ぶ「お金」を知るための50冊

というコーナーになります。

 

個人的にはこの部分がめっちゃ好き!!

ミニマリステックな本がどんどん紹介されるし、僕が好きな書店も続々出てくるからです!

(たぶん、本好きミニマリストの「にゃんす」も好きな部分!w)

 

例えば京都の『恵文堂一乗寺店』さんは去年、下諏訪の工房「ゴロンドリーナ」さんのイベントを開催した本屋さんだし、長野県・松本の『栞日』さんは、我らがアズノ・プレゼンツ!! 

杉並の『Title』さんはいつか行ってみたいブックカフェだし、

本屋 Title | 東京・荻窪の新刊書店・タイトル

山梨県北杜市の『mountain bookcase』さんは、長野の木崎湖キャンプ場で毎年夏に開催される▼「ALPS BOOK CAMP」に出店していた。

mountain bookcase | ALPS BOOK CAMP 2016

 

就職しないで生きるには

就職しないで生きるには

 

▲学生時代、こんなことばかり考えていましたわw

とにかく、日本の社会制度自体がアホらしくて、アホらしくて、くだらなさ過ぎたw 

 

モノやお金がなくても豊かに暮らせる

モノやお金がなくても豊かに暮らせる

 

▲でた!ソローさん!w 

 

▲この本、じっくり読みたいな!! 

 

というわけで、いつの間にかアフィリカスになってるし、他人の本を借りて「シッキー・メソッド」しまくってるw

いや、読んでない本なぶん、「シッキ―・メソッド」よりタチ悪いww

(って、はてなブロガーにしかわからん話やなww)

 

 

で、『月極本3』の最後は、お金に悩み続けるYADOKARIの2人と、モデレーターの宮下さんのトークで締めくくられます!

これはYADOKARIファンは必見です!! 

 

 

というわけで▼『月極本3』!

読めば読むほど味が出てくる本でした!! 

月極本3 特集「好きなお金、嫌いなお金」|月極本 by YADOKARI

 

お買い求めの際は▼これらの書店で!!

月極本 全国取扱店一覧 – YADOKARI|スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウスからこれからの豊かさを考え、実践するメディア。

 

首都圏にお住まいの方は▼恵比寿の無印良品でご購入するのがオススメです!

リニューアルした恵比寿の無印良品に行ったらミニマリストが好きそうな本がめっちゃ置いてあったよ!! - A1理論はミニマリスト

なぜなら『月極本』以外にもミニマリステックな本がいっぱい置いてあるから!!w

 

 

というわけで、

これからも迷い続けながらも活動し続けるYADOKARIさんの今後に超・期待しています!!