A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仙台でしか食べられない『ウーシャン麺』はナスとあんかけの優しい味でした!【たいらん 仙台駅前店】

【スポンサーリンク】

2017年10月1日夜!

 

僕は日帰りで宮城県栗原市への取材旅行を終え、仙台駅前へ帰って来て、急に空腹感を覚えた。

よく考えたら、15時間ほど、まともな食事をしていない。

 

で、急に、

「なんか、ラーメンが食べたいなぁ。」

と思ったので、スマホでググってみた。

 

検索してみると、仙台駅前にはいろんなラーメン屋さんがあるんだけれど、なにしろ、僕が住んでるのは東京・高田馬場!

 

日本で一番、ラーメン屋さんが集まってるとも言われている町で、僕もその高田馬場に学生時代から合わせると20年ほどお世話になってるので、今まで、まぁ、いろんなラーメンを食べてきた。(でもやっぱり日高屋が一番、コスパいいと思うけど)

 

スマホでいろんな仙台のラーメン写真を見ていても、

「まぁ美味しそうだけれども、高田馬場でも食べれそうだなぁ。」

というラーメンばっかりだった。

 

で、ふと『ウーシャン麺』なる見慣れない麺の名前が目に入った。

なんでも、仙台でしか食べられないあんかけ麺らしいし、見た目もナスが入ってて、独特。

【公式】愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん

 

ウーシャンメン

 

 

しかも、仙台駅から歩いてすぐ、かつ、僕がこの夜、東京に向かう夜行バス発着所のはす向かいにあるので、立地も超便利!!

 

というわけで、その『ウーシャン麺』が食べれる『たいらん 仙台駅前店』がある花京院地区へゴー!!

 

着くと、▼「のぼり」が出ていました!!直販店!!

 

しかし、この▼『たいらん 仙台駅前店』、高級ホテルの1階にあるんですよ。

ナス嫌いの人が食べれなかったら、なんと無料!!

 

なんか▼ビレッジバンガードみたいw

 

なんか、落ち着いた建物に落ち着いたお店がいっぱい入ってるんですが、この元気なラーメン屋さんだけ、ちょっと浮いてる気もするww

まぁ、それがいいw

 

店内は日曜夜ということもあり、お客さんはまばらでした。

 

▼メニューはいっぱいありましたが、ここはやっぱり看板メニューの『ウーシャン麺』880円で!(実際の7割のお客さんが頼むのも『ウーシャン麺』だそうです)

f:id:A1riron:20171025055045j:image

大盛りが190円というのがちょっと高かったけど、15時間ほど、まともなモノを食べてなかったので大盛りに!! 

 

僕は頼まなかったけど、▼サイドメニューも充実してます!

f:id:A1riron:20171025060003j:image

 

ちなみに公式サイトでは▼店主の『ウーシャン麺』にかける熱い思いが読めます!

こだわり・旨さの秘密 - 愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん

 

ウーシャンメンの、この「ウーシャン」って何の意味
だかわかるかい?漢字だと、「五香」って書いて
ウーシャン、中国語で、沢山の良い香りって意味なんだ。
だけど、もう一つ意味がある。


中華料理で使う【五香粉(ウーシャンフェ)】っていう中華料理独特の香辛料の事。

 

なるほど~。

で、その本場中国の『五香』を日本人風にアレンジした麺が『ウーシャン麺』らしいです。

 

最近、仙台名物になりつつある▼『麻婆焼きそば』のレトルトもありました!

f:id:A1riron:20171025060048j:image

 

▼店内はちょくちょくネタ的な写真や紙が貼ってあります。このB級感、嫌いじゃないw

 

僕はカウンターに座ったのですが、テーブルの前には「マーケティングマネージャー」の女性の熱い想いを綴ったファイルのようなものが置いてあり、ふむふむと読んでいましたが、ほどなくして▼『ウーシャン麺』が出てきました!早い!!w

 

なんか、メニューの写真やサイトの写真より、本物のほうがはるかに美味しそうですw

 

で、パッと見、ラーメンには見えませんが、下には▼麺が隠れていますw

 

で、ゆっくりと口に入れてみると、、、

 

美味しい!!! 

 

さすが、いろいろこだわってるだけありますねぇ!!

全体的に香辛料的な感じはそれほどせず、『優しい味』という感じがしました!!

 

で、

なによりナスが美味い!!

 

ナスって、個人的にはフライパンで炒めるのが一番美味しい調理法だと僕は思っていて、焼きナスとか漬け物は個人的にはあんまり美味しくない。。。べちゃべちゃしてて。。。

 

ナスはフライパンで炒めたら、もう、それにしょう油浸けるだけで絶品になると思います。見た目も炒めるとものすごく美味しそうになると思う。

 

なので、ナスをフライパンで美味しく炒められる人は個人的にはかなり尊敬します!

 

▼公式サイトより。

茄子の果肉って殆どがスポンジ状だから、低い温度や長い時間をかけて炒めると、油を吸いこみ過ぎてベシャベシャとした歯ごたえの無い茄子になって、とても食べられたもんじゃなくなるんだよ。

 

だから、茄子を最高の状態で食べて貰うには火柱を「ガー!」っと上げながら短時間で炒めて、いらない油分を全部燃やし切っちゃわなきゃダメなんだよね。


中華料理では、食材が余分な油を吸い過ぎたり、歯ごたえを感じなくなるまで火を通してしまう事を《野菜が死ぬ》って言うんだ。

 

なるほど!!

だから火柱でいっきに炒めてるんだ!!

 

僕は元々、炒めたナスが好きな人間なんだけれども、ナス嫌いな人にも食べてもらいたい一品ですな。(食べれなければ無料だしw)

 

料金的には、大盛りとかライス付きにしちゃうと千円超えるので、正直、ラーメンの値段としてはちょっと高いかな?っていうのはありますが、実物を食べて、店主のこだわりを読むと、

「まぁ、これくらいの値段は妥当かな。」

と思いました。

 

ちょっとした『高級あんかけラーメン』という感じです。

(お店はB級感満載ですがw)

 

特に普段、東京とかに住んでて、仙台駅前に来て、

「仙台らしい食べ物が食べたいな~」

と思った方にはいいと思いました。

ベタな牛タンとかよりも、話のネタにもなるかもです!

 

 

2017年11月5日追記:

仙台駅前店は本日で営業終了のようです。。。

今後は少し遠いですが、泉中央店のほうへ!