A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かぬ。(山本五十六)

【スポンサーリンク】

相変わらず、面倒見がいいですね、五十六さん!

山本五十六 - Wikipedia

さすが博打好きで、

「予備役になったらモナコに住み、ルーレットで世界の閑人の金を巻き上げてやる」

と語ってたけど、モナコではカジノ協会からあまりに勝ちすぎるため出入り禁止令を受けただけのことはある!!(もんげー!!)

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [DVD]

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [DVD]

 

 

しかし、この言葉、本当に真実ですねー。

 

人を動かそうとしたら、それ相応のエネルギーを投資しないと人は動きません。

 

 

で、それがわかってない人が世の中に多すぎます。

 

けど、それは逆にチャンスだと思います。

エネルギーをかけないで人を動かそうとする人が多すぎるから、エネルギーをかければ人は集まる。

 

 

一度、集まってくれば、人間って加速度的に集まってくるから、あとはほっておいても人は集まる。

 

 

ただ、面倒くさいのは、そうなってくるとかなり意識低い系の人間まで集まって来てしまうんですよねー。

 

人が集まってくるとお金も動くし、出会いも多くなる。

そうなると、もう完全にそれ目的の人間が増えてくる。

 

 

で、まともな人間ほど離れていく。

ま、組織の常ですな。あるあるシリーズ。

 

 

『大企業からサークルまで、組織は必ず腐敗する』

というのが僕の最近の口癖ですw

 

 

僕がメーリングリスト時代に運営していた団体も、mixi時代でのオフ会も、完全にこの流れだった。

 

 

最初はそこそこのメンバーが集まる。

その理由は僕の行動力が(当時は)ハンパなかったから。

 

 

けど、人が集まってきたら、だんだん変な奴らが集まってきて、おかしくなっていく。

で、まともな人間からアホらしくなって、離れていく。

このパターン。

 

 

ググッてみたら、インターネット初期からオフ会はこのパターンの繰り返しだったらしい。

 

 

ま、結局、「組織」なんて、死ぬほど動き回った人間がバカを見るんですよ。

 

なので、mixiのコミュニティはクローズ。

まぁ、そもそもmixi自体が過疎ってきてましたから、どうでもよかったんですけどね。

 

 

その後、mixiの非公開日記で延々と書いていたのが『A1理論』。

 

自分が本当に会いたい人(A1な人)、

かつ、

自分に本当に会いたい人(B1な人)。

 

そんな(A1,B1)関係にある人にだけ、集中的に会う。

可能な限り、マンツーマン、もしくは少人数。

 

それが真に実り多い人生だ、と思った。

 

 

でもそうこうしてると、Twitter、Facebook、そしてはてなブログが出てきて、世の中は勝手に『そういう流れ』になってきた。

(単にmixiが微妙すぎたとも言えるw)

 

 

本当に、どれだけ絶望しても、長生きはしてみるものだ、と最近、よく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな山本五十六と全く関係のない記事が『バズってどうする!?』