A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

もし誰かを幸福にしてやりたいと思うなら、その人の欲望の量を減らしてやれ。(セネカ)

【スポンサーリンク】

ストア派らしい発言ですね!セネカさん!

ルキウス・アンナエウス・セネカ - Wikipedia

さすが、

「質素倹約を旨とするストア派の哲学者でありながら野心を露にし、強欲と無実の罪をでっち上げ、多くの人物を冤罪に貶めたことで財を成した!」

と糾弾されただけのことはある!!

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

 
 

 

 

しかし、この言葉、いいですねー。

『欲望の量を減らす』ことこそが、『幸福』に繋がるんだと。

 

 

本当、ストア派いいわー。

俺、ミニマリストを卒業したらストア派になろうかな(笑)

「俺はミニマリストではない!ストア派だっ!!」

みたいな(笑)

ミニマリストブログではなく、ストア派ブログ(笑)

 

 

そう言えばジョジョの第3部で、DIOが突然、エンヤ婆に向かって、

「生きることとは?」

と尋ねた時(しかし、いきなりそんなこと尋ねるか、普通w)、

 

エンヤ婆は、

「欲するものを手に入れること」

だと答え、

「人間が生きる理由はそれだけ」

だと断言します。

 

それに対してDIOは、

「生きることとは恐怖を克服すること」

だと言います。

 

このやりとりはストーリーとほとんど関係ないのに、やたら深い、と僕は思います。

 

 

セネカに言わせれば、エンヤ婆は一番、不幸な生き方をしていることになるんじゃないかな。

 

「欲望」って、欲しても、欲しても、際限なく湧き出てくるものじゃないかな、と思います。

もし、「終わり」があったら、あったで「賢者モード」になってむなしくなるだけ。

ドラクエで全員レベル99になったら冒険の書を消したくなるように。

セネカはそう言いたかったんじゃないかな、と思います。

 

 

なので、僕的にはDIOの生き方のほうが最適解なような気がします。

 

じゃあ「恐怖」ってなにかな?

 

 

僕は「恐怖」は、

なにかに「依存」していることから来ることが多いんじゃないかな?

と思います。

 

モノがあると、モノがなくなることが「恐怖」だし、

家があると、火事等で家がなくなることが「恐怖」になると思うし、

高級車があると、車に傷ひとつつくことが「恐怖」になると思う。

 

DIOだって、ジョナサンの身体に「依存」しているからこそ、自分を追ってくるジョースター一行に「恐怖」しているわけだし。

 

日本人の多くは、年金やるやる詐欺の「国」や、終身雇用してやる詐欺の「会社」に「依存」してるからこそ、生きることに「恐怖」を覚えるんじゃないかな、と思います。

 

 

自分の身体以外のほとんどのものに「依存」することを最小限にすることが、本当に「生きる」ということなんじゃないかな、

と僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな体調崩してるやつの記事が『バズってどうする!?』