A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

寝床につく時に翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。(ヒルティ)

【スポンサーリンク】

『幸せ』の価値を誰よりも理解しているヒルティさんです!

さすが自分で希望して朝7時に誕生日会を開いてもらっただけのことはある!ww
(早朝でもヒルティ!)
▲しかし、僕のピックアップする人は享楽主義を嫌い、ストア哲学を好む人が多いなー。やっぱり僕はストイックな人が好きですwww
 
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 
 
さて、この言葉、人生でめちゃくちゃ大事な気がしますねー。
 
毎朝、自分に幸福かどうか語りかける人はいるかも知れませんが、夜に語りかける人は少ないかも知れません。
 
でも、夜も翌朝も現状はあんまり変わってないはずで、そうなると、夜に語りかけたほうがより解決策が早く出るような気がします。
寝ている間に脳はデフラグして脳内データ整理しますから。
 
ただ、明らかに明日が楽しみでないことが明白な人はとりあえず、夜に考え過ぎるのをやめましょう。夜に考え過ぎると死にたくなります(笑)
 
 
今、幸福か不幸か微妙な人は寝る前に現状はどちらかを考えたほうがいいかもですね。
 
「幸福だ!」
と真夜中でも胸を張って言えるなら、他人がどう言おうと、お金がどれだけなかろうと、たぶん幸福な人生だと思います。
 
「うーーーん。。。」
と布団の中で悩む夜が続くなら、軌道修正したほうがいいかもですね。
 
どれだけお金がなくても、どれだけ困難があろうとも、寝床につく時に、
「今日も幸せだったし、明日も幸せだ!」
と思える人生が一番コスパがいい人生だと思います。
 
微妙な日は、
無理やり「幸せ」にしてしまうのもありだと思いますww
 
「幸せだ!」と言ってみたり、ブログに書いてみたり、Twitterでつぶやいてみたり。
 
その日あったいいことを3つほどブログに書いたり、Twitterでつぶやいたり、仲のいい友達とLINEしあったりするのもいいかもです。
 
 
「幸せ」なんてカネで買うもんじゃないし、
お酒を飲んで叶えるものでもない、
分自身で切り開くものだ!
と、ヒルティは言いたかったんじゃないでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、俺が眠りについた後にこんな記事が『バズってどうする!?』