A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

日本人の『豊かさ』の基準はバブル時代!21世紀は個人個人が自分自身の『豊かさ』の基準を持つ時代!

【スポンサーリンク】

まもなく、日付けが代わり、僕の先月の給料が振り込まれます。

と、同時に、ブログ収入のひとつであるAmazonアソシエイトも振り込まれます。

 

けど、まぁ、

「ふ~ん。」

って感じです。

 

いや、まぁ、おカネは無いよりはあったほうがいいよ、もちろん。

 

でも、

僕の生活は特に変化しませんw

 

給料日だからって、服なんて買わない。

ていうか、下着以外の服なんて1年に1回買うかどうか。

下着は100円ショップで買う『消耗品』だと割り切ってます。

プライベートでのズボンは2006年に買ったチノパン1本のみですw

公私両用の靴は半年に一度、Amazonで▼これを買うだけ。靴屋に行く時間は断捨離!

ミニマリストの靴は1足だけ!それをウェットテッシュで丁寧に磨く!! - A1理論はミニマリスト

 

そして、

給料日だからって、美味い物を食べようとは思わない。

なぜなら、僕は、

「『日本食』の時点で『美味しさ』のレベルはカンストしていて、その中での違いは誤差の範囲!」

だと考える、元貧乏バックパッカーですw

 

そもそも

▼玉子が食べれるだけで『幸せ』

だと思うし。

「玉子が食べられる」だけで十分『幸せ』だ。 - A1理論はミニマリスト

 

給料が入っても、僕の生活は、衣・食・住、なーーーんにも変わりませんw

 

少しまえに、仕事の仲間とブラっと家電量販店に行った時、その仕事仲間が、

「今月の給料で、なにを買おうかな~」

みたいなことを言っていた時、

「あ、世間の人って、そんなにモノを買うんだ!!」

って思ったw

(ちなみに僕が家電量販店で買うモノは切れた電球の替えくらいだw)

 

これは、僕が初めてmixiして、他人のmixi日記を読んだ時と同じ感想で、

「世の中の人は、こんなにモノを買うんだ!!」

って、衝撃を受けましたw

(それまで、僕の周りにいた人は、ケチな関西人とか、貧乏寮生とか、バックパッカーとか、「意地でもカネなんか使うか!!」みたいな人種ばっかりだったのでw) 

 

 

そして、30代前半までの僕は、「学費の借金」と「親の借金」という『双子の赤字』を返済することしか頭になかった。

 

そこそこの大学にたいして勉強せずに入ったり、学生ながら政治家の事務所で働いたり、アジア大陸を飛行機を使わず陸路だけで横断したり、そんな、同年代の友達が「すげぇ!」っていうようなことは、ぶっちゃけ、僕にとってはぜんぜんすごくなかった。

ぶっちゃけ、楽勝だった。

 

けど、派遣社員やりながら『双子の赤字』を返済することは、

「さすがにちょっと、無理じゃないか。。。」

って、僕は思ってた。

絶対に、途中で『詰む』と思っていた。

 

ちょうどその時期にまる被りしていた、HUNTER×HUNTER蟻編の『王』を倒す難易度と同じで、

「勝ったらおかしい」

レベルの強敵だった。

僕の人生にとって、それまでの敵とはケタ違いの強敵だった。 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 24 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 24 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

けど、その10年間、派遣先のドアを蹴ったり、モノ投げたり、派遣会社の人間に掴みかかったり、殴りかかったりしながらも、、、(バンカラ播州人!)

 

どうにかこうにか、

ケタ違いの『強敵』

を倒すことができた。

自分でも、ちょっと、信じられなかった。

 

僕は、子供の頃から、自分は一生、『貧乏人』だと思っていた。

死ぬまで『貧乏人』だった▼じいちゃんと同様に。

『貧ぼっちゃま』の生き様がミニマリスティックで大好きだ! - A1理論はミニマリスト

 

大学卒業後、戦争真っ只中のアジアを横断しようと思ったのも、

「死ねば『双子の赤字』を返済しないで済むじゃないか!むしろ、旅で死ねるなら本望だ!」

って、割と本気で思っていたところもある。

 

結局、五体満足で旅から帰って来てしまったがゆえに、10年間、風呂なしアパートで貧乏生活が続くわけだが。。。

 

けど、なんと!

僕は、30代前半という、予想外の早さで『脱貧困』できて、風呂のあるアパートに引っ越しすることができた!!

 

これは今でも信じられない時があるし▼借金返済直後は世界が輝いて見えた。

借金を返済するだけで『世界が輝いて見える』よ!! - A1理論はミニマリスト

(いや、まだ親の借金は数千万円ありますが、それはもう、自分達でどうにかして返済してください。そこまで面倒見きれません!!) 

 

 

で、30代前半で借金返済した僕が、

じゃあ30代中盤くらいからカネを使うようになったか?

というと、、、

 

金銭感覚は、な~んにも、変わりませんw

むしろ、34歳で、家の近くに『ケチケチ大王』のエスタークが引っ越してきてから、余計にカネを使わなくなったと思うw

 

ちなみに、大学時代、同じ寮生だった僕とエスタークは、寮の同学年でぶっちぎりの『ツーボトム』なレベルで貧乏人コンビだったw

たぶん、あの学年のW大生のなかでビンボー具合では1位2位を争ってたんじゃないかな?

底の、底の、そのまた底だ!!ww

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

 

 

そのエスタークも、30代前半くらいまで、親にカネを貸していたりして、ビンボー生活が続いていたが、東京に出てきてから、俺のコネでいい仕事を紹介してやったので、今では脱貧困できている。

 

けど、僕もエスタークも、30代前半くらいまでずっとビンボーだったら、もうビンボー性が体中に染みついてしまっていて、

「カネを使え!」 

って言われても、なにをどう使えばいいのかわからないw

 

逆に、衣・食・住は今のままでいたいw

むしろ、カネを使うと胃が痛くなるw

健康に悪いww

 

 

つまり、カネがどれだけ貯まっても、私生活にはなんの影響もないのだ。

むしろ、

「ああ、カネがあればあれもこれも捨てれる!(いざとなれば買い戻せばいい!)」 

とさえ思ってしまうw

 

 

そんな僕が、今、少しおカネを使ってるのは、ゲストハウスや下諏訪への旅費だ。

 

これはちょうど、毎月のブログ収入とトントンくらいな出費なので、僕は、ブログで稼いだお金は、ゲストハウスや下諏訪に落とそうと思っている。

 

理由は単純明快で、昨日読んだ▼こういう人のために『ゲストハウス』や『下諏訪』の素晴らしさを伝えていきたいから。

モールス信号 - 少欲知足 ~欲を少なく足るを知る~

 

 

暗い話になるけど、僕の学生寮時代の寮生は、先輩後輩合わせて、何人かが、20代のうちに自ら命を絶った。

 

で、よくよく思い出すと、彼らの実家は、僕やエスタークの家のような極貧家庭ではなかったような気がする。

というか、バブルは弾けたとはいえ、21世紀になるかならないかの時代、僕やエスタークの家のような極貧家庭のほうが世の中的には稀で、普通の家は学生寮(寮費月3千円)に入れば、奨学金は借りなくていいくらいに裕福だったと思う。

(俺とエスタークはそれに加えてダブル奨学金&バイト!w)

 

で、20代で命を絶った彼らが『寮』に求めていたモノは、やっぱり

『コミュニティ』

だったんじゃないかな、と思う。

 

「なんでもありそな国」で、ただひとつ、ないもの。

『コミュニティ』。

 

もしかしたら、10代後半までギリギリで生きてきた彼らは、

「息苦しい人生だけれども、ここ(寮)に来れば『空気』が吸える。吸わしてもらえる。」 

という、理由で、そもそも入寮届を大学に提出したのかもしれない、

と、彼らがこの世から消えてからだいぶ経ってから、僕は思い始めていた。

 

彼らにとって、「貧乏学生寮」だけが、この世の中で唯一の『居場所』だったんだろう。

けど、その『居場所』には四年という期限がある。

 

彼らは、その『居場所』から強制的に追い出されてしまったがために、『空気』が吸えなくて、死ぬべくして、死んでしまったんじゃないかな?

って、最近は良く思う。

 

 

脱貧困できた今の僕は、そんな彼らのような人に向けて、

「ここに来れば『空気』があるよ!」

というモールス信号を打ち続けていきたい。

 

『空気』がある場所で、『空気』を思う存分吸って、また戦いに戻りたければ戻ればいいし、ずっと『空気』のある場所に「沈没」しててもいい。

 

「『空気』さえあれば、カネなんて、モノなんてなくても、生きていけるんだよ。」 

って言い続けたい。

 

それが、僕にとって、一番、

『豊か』 

な人生だ。

 

 

今日、▼こんなブログ記事を読んだ。

毎日が楽しくないなら、人生のほんの少しの時間を使って誰かに「してあげる幸せ」を。 - よのすけ.com

 

それについて、僕はtwitterでこんなコメントをしました。

 

 

 

 

僕は、

日本人の『豊かさ』の基準は、21世紀になっても、未だ20世紀のバブル時代の基準のままだ、

思う。

 

 

 

ミニマリストを▼「貧乏人扱い」するのも、未だその価値観から脱却できていない証拠であって。

日本人がミニマリストを「貧乏人扱い」するのは妖怪『ムダヅカイ』の仕業だっ!!! - A1理論はミニマリスト

 

けして飢えることのない21世紀。

僕は、

人類は皆、自分自身の『豊かさ』の基準を持つべきだ

と思う。

 

 

カネなんて、いくらあっても満足しないんだ。

 

逆に言うと、 

「これで満足!」 

と思えば、それでカンストだ。

僕はそれが非常にミニマムなレベルなだけで。 

 

僕にとっての『豊かさ』とは、

毎日、『空気』がない世界で生きていて、死のうか生きようか迷ってるような人に、

「ここにくれば、とりあえず生きていくくらいの『空気』はあるよ!」 

って言い続けることだと思う。

 

 

そういうことをしている自分がものすごく好きだし、ものすごく豊かで、余裕があり、ゆとりのある生活だと思う。

 

僕の人生は、とりあえず、そんなんでいい。