A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『喘鳴』×『風邪』の最凶ダブルコンボから3日で回復したのでその方法を公開します!

【スポンサーリンク】

いやー、キツかったです。この3日ほど。

 

理由はタイトルの通り、

『喘鳴』×『風邪』の最凶ダブルコンボ

です。

 

この症状や治療方法について、検索してもほとんど出てきません。

おそらく、

「病院行けよ!」

ってことなんでしょうけど、そんな簡単に病院に行けない人がこの国には多いのでは??

 

というわけで、自分の備忘録、かつ、いつか誰かのためになるかもしれないので書き記しておきます!

『喘鳴』×『風邪』でお悩みの方に参考になれば幸いです!

 

 

それでは、順を追ってお話します!

 

今月(3月)後半は6連勤・1日休み・6連勤、というむちゃな仕事の日程で、、、

しかも、後半6連勤の初日に、送別会(春ですねぇ)が入ってしまって、、、

 

この日、薄々自分の体調が悪いのはわかっていたのですが、送られる人の中にお世話になった人もいるので参加。

 

で、しかも、その送別会の直前まで前任者のクレーム対応で、さらに、会場に着いてからは24時近くまでずーーっとみんな騒いでましたw

 

 

この時はおそらく熱もあったと思います。

 

しかし、布団に入るも、、、

 

真夜中では風邪薬も買えず、コンビニで買えるものは上の写真のようなものくらいでしたが、だいぶマシになりました。

特にのど飴は偉大です!

龍角散 龍角散ののどすっきり飴120max袋 88g×6袋
 

 

で、この後は確か、1時間ごとに咳き込んで起きたものの、朝方までは眠れ、熱は治まりました。

 

が、朝方、喉が「ヒューヒュー」鳴って呼吸が困難になりました!!

喘鳴 喘息 - YouTube

音的には▲これがエンドレスに続く感じ!!

 

「えっ!?なにこれ!?」

って思いました。

同時に、咳もぶり返し、咳をする度に睡眠で回復した体力が削られていく感じでした。

 

この後で、この症状は『喘鳴』(ぜんめい)という気管支炎や肺炎で起こる症状だとわかりました。(喘鳴=喘息ではありません)

▼このサイトが超詳しかったです!(他はほとんど情報なし!)

https://health-to-you.jp/asthma/zenmeigenninkaizen8564/

気管支炎は入り込んだウイルスや細菌によって気管や気管支に炎症が起きることで、炎症による腫れで気管は細くなり喘鳴の原因となります。

肺の断面図からみる気管支に炎症が起きている図

(画像お借りしました!)

 

気管や気管支に炎症が起きていることで、空気の通り道が狭くなって音が出てしまうんですねぇ。

 

僕は、

「風邪なんて、寝てりゃあ治る!」

という考え方で、実際、今まで風邪は主に寝て治してきたのですが、

今回は寝れないのです!!w

 

寝れない原因は、

①呼吸が困難

②自分の『喘鳴』がうるさい

③咳き込む

です。

 

ただ朝方までは寝れたので、体力はそこそこ回復していたのですが、その肝心の体力を咳が奪っていきますw

 

僕は喘息持ちではないので、これは一時的なものだとは思っていましたが、

『喘鳴』で寝れない→寝れないので体力が落ちる→でも『喘鳴』で寝れないので体力が回復していかない→咳がさらに体力を奪う→でも『喘鳴』で寝れない

という状態で、、、

 

咳き込みながら、

「あれ?これ『デッドロック』状態じゃね??」

デッドロック - Wikipedia

って思いましたw

つまり『詰んでる』状態w

 

風邪が原因の喘鳴の場合は、まず、風邪を治しましょう!

というようなことを書いてるサイトがあったけど、いや、だから『喘鳴』で眠れねーんだよ!!ww

 

ただ、この『喘鳴』、僕の場合だけかもしれませんが、

横になっていると苦しいのですが、起き上がると、いくぶん、呼吸できます。

 

なので、夜も明けてきたので、外の空気を吸いに散歩に行きました。

ていうか、寝てたら呼吸困難で死にそうだったし。(いやこれマジで!!)

 

熱はひいていたので、『喘鳴』も歩いている間は起きず、ひたすら体力がないこと以外は昨夜よりはだいぶマシになっていました。

 

その後、薬局が開いたので、薬剤師さんとも相談し▼この薬を買いました。

【指定第2類医薬品】アストフィリンS 45錠

【指定第2類医薬品】アストフィリンS 45錠

 

 

いや、薬剤師さんと相談するまえに風邪薬が並ぶ棚を眺めて「この薬だ!」と思いましたw

なぜなら▼パッケージのイラストが僕の今の症状と全く同じだったのでw

 f:id:A1riron:20170327223943j:image

ひゅーひゅーだよ!!(古い!!w) 

 

 

で、ここで初めて僕は『喘鳴』(ぜんめい)という言葉を知りました。 

 

この薬(アストフィリンS)は、喘鳴を止めるのには効きましたが、個人的には風邪とのコラボの時は、並行して、風邪薬も飲んだほうがいいと思いました。

ダブルで攻撃をくらっているわけで、ダブルで対策しないとね。

 

 

で、この日は仕事に行くかどうか迷いましたが、この時、年度末のバタバタで休み難かったのと、家にいても、どうせ横になれないのなら働いてるのもいっしょかと思い、職場に行きました。

 

が、今度は体力を削られたせいで、ずっと咳が止まりませんでした。

普通の咳は喉が痛いくらいですが、この時の咳は気管や気管支全体、というか、肺全体と言うか、胸全体が痛い「ヤバい咳」でした。。。

 

咳き込みながら、

「し、死が近い。。。」

と、職場の女子に言うとバカ受けされましたw

 

途中、何度も早退しようかと思いましたが、それを仲のいい人に言うと、

「またまたぁ!」 

と言われ、結局、最後までいました。

 

仕事中は1時間ごとくらいにうがい&のどぬ~るスプレーを繰り返し、、、

【第3類医薬品】のどぬ~るスプレー大容量 25mL

【第3類医薬品】のどぬ~るスプレー大容量 25mL

 

マスクをして、そのマスクの下でのど飴をダブルで舐めていましたw 

(これはいつもの僕の作戦w)

 

昼休みはレバニラ定食を食べてみましたが、ものすごく量が多く感じました。

で、食後はずっと、職場の横になれる場所で横になっていました。

 

あと、職場に常備薬の風邪薬もあったので、それも飲みました。(飲み放題だしw)

【指定第2類医薬品】新ルル-A錠s 150錠

【指定第2類医薬品】新ルル-A錠s 150錠

 

 

で、やっと仕事が終了し、家に帰ったあとは、一応、シャワーを浴びて、晩御飯は食べず、すぐふとんに入りましたが、

この日はふとんに入っていきなり『喘鳴』!!

 

仕方なく、上記の薬「アストフィリンS」をもう一錠、追加で飲みました。

 

で、あらかじめ買い込んでいたオロナミンCも飲みました。

これが良かった!

オロナミンCとかの栄養ドリンクって、僕は1時間くらい頑張るには効くのですが、その後は逆にだるくなるんですが、その性質を逆に利用しました。

オロナミンCを飲んで、ちょっとだけ体力回復して、それでも咳が出るけれども、そのころには心地よいだるさが来て、入眠できる、みたいな。

いやぁ、喘鳴時に寝入るのにはサイコーでした、オロナミンC!

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

 

 

あと、個人的には仰向けで枕を高くすると、喘鳴が弱まりました。

うつ伏せや横向きだとかなり辛かった。

(僕は枕を二つ持っていたのでダブル枕にしましたが、クッションや座布団で枕の高度を上げてもいいと思いました。)

 

寝入ってからも、やっぱり1~2時間に1度は咳のために起きたので、

うがい→のどぬ~るスプレー→オロナミンC

を何度も繰り返しました。

咳がひどい時はのど飴をダブルで舐めながら寝ました。

 

この夜は、その前の夜よりは睡眠時間は長かったのですが、喘鳴や咳がひどく、疲れ切っていました。

 

ドラクエで例えると、、、

自分の最大HPが300として、眠りはじめが50くらい。

その後、睡眠と共にHPが徐々に回復していくも、1回咳するごとに10くらい減っていって、なかなか回復しない、みたいな。

 

咳するごとに、

「ああ、またHPが10減った。」

「さっきの咳は大きかったからHP15減った!」

と、訳の分からない計算をしていました。

 

で、

「朝起きた時のHPが100以下なら、明日こそは仕事休もう。」

「目標は朝起きた時点で200以上!できれば250以上!」

と、自分の中で指標を策定しましたw

 

で、この夜は12時間くらい横になっていたせいか、どうにか200前後くらいまで回復していた気がします。

 

というわけで、この日も仕事へ。

 

この日は、午前中はかなりキツく、、、 

 

昼ごはんはソバにしました。

もちろん、その後は爆睡&風邪薬!

職場でオロナミンCも飲みまくり、喘鳴の薬「アストフィリンS」も1日3回欠かさず飲んでました。

 

で、、、

 

なんか、働いていたら治ってきましたw

 

そう言えば、ラジオ「放送室」で、松本人志が、風邪で仕事を休んだ高須光聖に、

「多少、しんどくても仕事こいって!仕事来たら治るから!!」

って言っていたのを思い出した。

 

すべての病気やパターンに当てはまるとは思わないけど、「仕事」という「いつもやってること」に規則正しく従えば、徐々に「いつもの自分に戻」ってくるのかも。

 

 

で、この日の夜は、、、

わけのわからないことをつぶやいたあと、、、

12時間ほど爆睡!!ww

 

その間、喘鳴は全くなし!!

で、おそらく、過去2夜の、喘鳴や咳で寝れなかった分をここで取り戻したんだと思う。

目覚ましなかったらまだ寝てたと思うw

 

で、翌朝は、、、

 

昼も、

 

夜も、

(いらん俳句を詠むな!!w)

 

そしてこの日の仕事の成績は、なんと!単日で過去最高成績!!

 

で、夜は、

 

で、過去2夜同様、早寝したものの、、、

 

おそらくこれは、もう喘鳴もないし、体力も回復したので、

「もう、そんなに睡眠は必要ないよ。」

っていうサインだったんだと思う。

僕の早寝の日によくある兆候だw

 

 

というわけで、回転剣舞5日目の夜である今夜は、ビール飲みながらブログ書いていますw

完全に「いつもの夜」に戻りましたw

 

 

最後に、 

『喘鳴』×『風邪』のダブルコンボ

から、、、

僕が3日で回復した方法をまとめて列挙します!!

 

この方法が絶対的に正しいとは言いませんが、これネットで探してもほとんど情報ないし、病院にも行けない人のために少しでも参考になれば!

 

まとめるとこんな感じ!!

 

①仕事以外の時間は基本的に睡眠を取りに行く!できれば職場の昼休みも!

②喘鳴の薬と風邪薬を併用して両方1日3錠飲む!喘鳴の薬は「アストフィリンS」が効きました!1錠飲んでも喘鳴が出る時はもう1錠飲んでも問題なし!

【指定第2類医薬品】アストフィリンS 45錠

【指定第2類医薬品】アストフィリンS 45錠

 

③喘鳴で寝れない場合は栄養ドリンク、特にオロナミンCがコスパ最強!枕は高くして仰向けで寝る!

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

 

④仕事中は常にマスクの下でのど飴を舐めておく!できれば1時間に1回はうがい&のどぬ~るスプレーを!(デスクワークでも「トイレ行ってきます」と言えばOKなんじゃないかな?) 

龍角散 龍角散ののどすっきり飴120max袋 88g×6袋
 
【第3類医薬品】のどぬ~るスプレー長いノズル 15mL

【第3類医薬品】のどぬ~るスプレー長いノズル 15mL

 

 

あと、病院に行けるなら、病院に行ったほうが無難です。

(これは薬局の人も言っていました。病院行くなら内科かな?) 

 

僕も息が出来なくて咳き込み、体力を削られていっていたピークの時は、

「あれ、俺、このまま死ぬんじゃないか?」

って、一瞬、本気で思いましたが、外の空気を吸うとだいぶ楽になりました。

(雨の日でも玄関や駐車場等、屋根のある屋外に出てみては?)

 

というわけで、

この記事が『喘鳴』×『風邪』の最凶ダブルコンボに悩むすべての皆様のなにかのご参考になれば!!

それでは検討を祈ります!!夜はいつか明けますよ!!!