A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

旅-海外

コロナお盆に5日間昼夜ぶっ続けで横山光輝『三国志』を読み続けたのでその楽しみ方と効率的な読み方をお伝えします!

ども! 東京都・新宿区民のA1理論です! 2020年のコロナお盆!! エピセンター(震源地)でもある新宿区民というだけで実家にも帰れず、旅行にも行きにくい、そもそも連日30度前後の猛暑で外に30分間出ただけで夜でも汗びしょ、という状態でした。 で、そん…

『FACTFULNESS』はハンス・ロスリングさんの人生と旅の日々を綴った『地球と人間のガイドブック』だと思った。

昨年(2019年)に良く売れた本で、ハンス・ロスリングさんの著書である『FACTFULNESS』を読みました! 僕は実は昨年の年末くらいにKindle版で購入し、少し移動中などに読んでいたのですが、 「この本は凄すぎる!これは仕事の片手間ではなく、ちゃんと読まな…

10年以上使い続けたバスタオルを断捨離!そして、僕がこのボロいバスタオルをそんなにも長く使い続けた理由。

2018年8月31日。 午前3時頃、、、 こんな時間に起きた。でも、まだまだ眠い。。。— A1理論 (@A1riron) 2018年8月30日 ちょっと散歩するか。— A1理論 (@A1riron) 2018年8月30日 イオンサプライズ!! pic.twitter.com/TOHLT97u88— A1理論 (@A1riron) 20…

『ベーシックインカム制度・導入国際レース』開催!

※ネタ記事です!wマジレス注意!w さー、突如としてはじまりました!! 『ベーシックインカム制度・導入国際レース』!!! 20世紀の人類が頑張って働きまくった結果、、、 『モノ』つまり、 「プロダクトの『生産性』」 がカンストし、、、 ぼくたちに、…

『旅行人 No.166 1号だけ復刊号』を読んで、やっぱり僕は『モノ』より『ゲストハウス』が好きだと思った。

先日、1号だけ復刊した、幻のバックパッカー雑誌▼『旅行人』! [雑誌]旅行人166号 (インド、さらにその奥へ、1号だけ復刊号) 作者: 蔵前仁一,宮田珠己,前川健一,田中真知,井生明,松岡宏大,武田善尋,小西公大,小川周佑,小林真樹,吉田惇士,緒方明彦,齋藤正助 …

東中野のアフガニスタン料理屋さん『キャラヴァンサライ包(パオ)』は日本で数少ないアフガン料理が食べれるお店!『孤独のグルメ』にも出たよ!

10年以上前から、日本でアフガニスタン料理が食べたかった。 当時の友達と、東京でおそらく唯一のアフガニスタン料理屋さんの、 『神田カブール食堂』 に行こうとするも、、、 タッチの差で▼閉店していた。。。。 https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/1…

『世界一周』よりも『アジア横断』のほうが俺は好きだ!

休日に家事を終えたあとは、こんな、全くもってどうでもいい記事を書きたくなります。 なんの『オピニオン』もないですし、 なんの『ライフハック』にもなりません(笑) けど、いいじゃない! 個人の「ブログ」(笑)なんだから!! というわけで、表題の件…

『じゅうべえくえすと』化する「ゲストハウスの旅」。

ゲストハウス紹介サイト『FootPrints』の編集長・だりさんはよく、 「旅はドラクエみたいなもの。」 と、いろんなところで▼書いたり言ったりしています。 ▲これは現在発売中の▼『ソトコト』1月号の「ゲストハウス・ガイド」より。 SOTOKOTO(ソトコト) 2016年…

『トルコで私も考えた』の最新刊「成長編」を読んで私が考えた5つのこと。

突然ですが、トルコが好きです! まぁ、僕はイスラム国家全般、旅人を大事にしてくれるので大好きなのですが、 トルコとパキスタンは旅するにはコスパ良過ぎる国だと思います! 僕はトルコには昔、アジア横断の旅の執着地として1ヶ月ほど滞在しましたが個人…

日本人は老後のために頑張って生きてるけど、老後って病気の話しかしなくなるよ。

『旅』と『人生』を主題にした▼とれいCの良記事を久しぶりに読んだ。 【寄稿】ゆとり世代が旅について考える - ぐるりみち。 俺はとれいCのこういう『生き方系』記事の初期からのファンでもあるので、出来れば自分のブログで書いて欲しかったけど、まぁ彼…

高城剛トークライブ『旅は、人を幸せにするのか?』に感じた「ミニマリズムの時代」

高城剛トークライブ『旅は、人を幸せにするのか?』の動画を見ました!6月1日のトークライブの映像がYoutubeに大量にアップされていますww www.youtube.com いやー、なんか旅先のゲストハウスで出会った変な旅人にその人の偏った趣味をいっきに雄弁に語…