A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

『アセクシャル』という性的マイノリティの存在を知って、僕の人生がものすごく楽になった話。

僕が『アセクシャル』という言葉を知ったのは、確か1年くらいまえだと思います。

 

当時は、

「へー、そんな人たちいるんだー。」

という感じでしたが、、、

 

そこから僕が『アセクシャル』を自認するまでに至り、人生がすごく楽になったのでその過程や理由などを書いてみたいと思います。

何かに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

f:id:A1riron:20200807040715p:plain

『アセクシャル』ってなに?

『アセクシャル』とは『エイセクシャル』『Aセクシャル』とも言われます。

 

この記事を書いている2020年8月時点でもまだまだネット上に『アセクシャル』の情報は少ないですが、▼この記事が比較的詳しいかな?

アセクシュアル(エイセクシュアル)とは?【恋愛はしない?】 | LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」

(詳しく知りたい方は英語の情報にアクセスしてみてもいいかもです) 

 

一般的にはLGBT等の▼セクシャル・マイノリティの一種と言われていますが、僕の見解は若干違います。(詳しくはこの記事の下のほうで説明します)

セクシュアルマイノリティ・セクマイとは?【定義や種類は「LGBT」と違う?】 | LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」

 

性的マイノリティの『LGBT』という言葉は5年ほどくらいまえから一般人の間でも認識され始めましたが、『LGBT』よりもさらにマイノリティもいるということで、最近は『LGBT+』とか『LGBTQ』とか『LGBTQIA』とか『LGBTQQIAAPPO2S』とか言われ始めています。その中の『A』が『アセクシャル』ですねぇ。

 

『アセクシャル』の『ア』は打ち消しの接頭語なので、そのあとに続く『セクシャル』を打ち消し、「セクシャルじゃない」「性的じゃない」という意味ですねぇ。

 

で、その『アセクシャル』もさらに細分化されていて、その中でもざっくり2つに分けると、

①アロマンティック・アセクシャル(恋愛感情なし・性的欲求なし) 

②ロマンティック・アセクシャル(恋愛感情あり・性的欲求なし・和製英語では『ノンセクシャル』)

になるようです。

 

『アセクシャル』で、かつ『ロマンティック』もうち消すのが、『アロマンティック・アセクシャル』という人種ですねぇ。僕がこれにあたるかと。 

 

「ロマンティックあげるよ。」

と言われても、

「だが断る!!」

というタイプですw

 

なんでズッキーニなんだ。。。w 

 

僕の『アセクシャル』な半生。

自分で自分を分析してみると、、、  

 

趣向的には▼ずっとこんな感じかなぁ。 

結婚 ✖️

結婚式・指輪 ✖️

同棲 ✖️

性行為 ✖️

恋愛 ✖️

恋バナ ✖️

下ネタ △

ほぼほほ✖️だなぁ。。。

✖️と言っても、「断固拒否!」とか、「明らかに拒絶!」というわけではなく、、、

 

まぁ、飲み会とかで恋バナとかになったらスマホをいじり始めたりして、少しでも生産的な時間に充てようとしたり、親から結婚の話をされたくないので帰省の回数は年にミニマム、滞在時間もミニマムにします。アラサーの頃は年末年始さえも帰省してなかったし。 

 

「人間は結婚して当然!」

「男は妻子を養って当然!」

という考えの人とはマキシマムに距離をとります。

それができないときは「まぁ、カネないんで。」と言ったり、派遣先の上司にそう言われたときは「じゃあ妻子養えるだけの給料を払ってください」と言いますw

 

まぁ、これは僕よりも、僕と長く付き合っている男友達、例えば高校や大学の友達の方が僕を客観的に見れてくれてるぶん、よくわかっていて、

「お前は昔からずっと冷めとる。」

「お前は昔からずっと性欲が薄い。」

「昔からおまえのメルマガやmixi日記やブログをずっと読み続けているが、おまえの人生や世の中に対する考え方は多少、変わったりしているが、結婚観は全く変わってない」

と言われたりします。

(上記はすべて別の人)

 

まぁ僕の記憶にあるのは、恋する女子を怒らせてしまったり、寮のダンパで寝てたり、友達の結婚式には出席を断固拒否したり。(なにが幸せなのかわからんし)

 

逆に、僕から言わせてみれば「恋愛とか結婚とかしたい人」の気持ちが全くわからないんですよねぇ。もうめんどくさいの極みで。

 

あと、日本の社会システム(私立小中高に入ったもの勝ちの大学受験とか企業の新卒一括採用とか)や、政治のグダグダ感(コロナ禍でも全く機能していない)を見ていて、

「よくみんな、こんな国で子孫を残したいと思うよなぁ。」

と、ずっと思っています。

(これは昔からずっとそうで、だから20代で日本を出て行きたかった)

 

まぁ、そもそも結婚とかは定住がメインになるので、『旅』が好きな僕としては、恋愛とか結婚とか、それらはすべて『旅』を阻害する因子なんですよねぇ。

結局、僕は「風の民」とか「風の人」と呼ばれる人種なんだろうなぁ、スナフキン的な。 

 

あとは自分の実家がダメ過ぎるのもある。僕自身が実家と極力、関わりたくないのに、第三者を関わらせるのは『人道に反する罪』だと思っているw

(これは『独身なう』のハヤシケージさんのマインドに近いと思う。)

 

それと、

「結婚すると、人生が『安定』する。」

という人がいますが、僕は女とずっと一緒にいると精神が不安定になりますw

(ただ、アセクシャルっぽい女子だと昔からそうなりにくいです)

 

『草食系男子』という言葉が出てきて楽になった30代。『アセクシャル』という言葉が出てきて40代をさらに楽に生きたい。

そんな僕はアラサーくらいまで、周りの肉食系の男女に悩まされてきましたが、30歳くらいで『草食系男子』という言葉が世に出てきてからは、

「あ、僕は草食系なんで。」

と言い続けることにしていました。

 

でもまぁ、中には、

「いや、草食系の男なんていねーよ!男はみんな肉食なんだ!!」

とか、

「単なるビンボーなだけじゃん!本当は結婚したいんでしょ?」

とか、

「結婚しないなんて、負け組じゃん!!」

みたいなことをいう人が、リアルでもネットでも、男でも女でも一定数いて、そいつらの駆除には苦労していましたが、、、

 

この度、『アセクシャル』という言葉を知って、『草食系男子』でも駆除できない、そういうしつこいヤツらをさらに駆除したい場合には、

「性的マイノリティの『アセクシャル』なんで。」

という言い方ができるようになったのが、ライフハック的にかなり大きいかと。

 

「『アセクシャル』ってなに?」

と言われると、

「ググってください。」

と言えばいいんで。

もう今はみんなスマホを持っててその場でググれる時代だし、ググればそこそこ詳しい記事が出てくる時代でもあるので。

 

そういえば、ちょうど数日前の真夜中、▼こんな感じで半生を振り返りました。

 

僕はなによりも『自己愛』と『人類愛』が強すぎるのかも。

『アセクシャル』を自認するきっかけになったツイートの流れは▼こんな感じ。 

 

そうなんだよねぇ。

昔から『愛』は全くないんだよねぇw

 

でも、もう少し深く考えてみた。

 

何年もメルマガやmixi日記やブログを書き続けたり、普段もtwitterのつぶやきが多いのも『自己愛』が強いからなんだろうなぁ。 

 

それと『人類愛』っていうと大げさだけど、人類が今後、どうなっていくのかは非常に興味がある。だから旅が好きなんだろうし、歴史とかも好きだ。

今は「人類、コロナになっちゃってどうなるの!?」みたいな。

 

まぁ、長生き自体には特に興味がないんだけれども、『人類』自体がどうなっちゃうのかはずっと観察していたいと思ってる。 

で、これは僕の中では「ハンタの続きを読みたい!」という感情とすごくよく似ているw(冨樫仕事しろ!!)

 

僕にとっては『アセクシャル』は性的マイノリティではなく『ミニマリズム』の一種。『フバーハ』『まもりのたて』に近い。

で、ここからが僕の独特の意見になるのかもしれないけど、、、

 

僕にとっては『アセクシャル』は性的マイノリティの一種ではなく、『ミニマリズム』の一種だと思っている。 

だって、『性的』じゃないもんw

 

僕にとって大事なのは、人生の無駄なノイズを断捨離し、無意味な『作業の中断』をミニマムにすることかなと。

ノイズ・キャンセリングな人生こそが「シンプル・イズ・ベスト」だと思っている。

 

先日、このブログで▼ゴキ対策の記事を書きましたが、誤解を恐れずにいうと、僕にとっては『アセクシャル』はゴキ対策とほぼ同じですw

okite.hatenadiary.jp

 

僕はもちろん、ゴキ自体も嫌いですが、それより嫌いなのは『作業の中断』なんです。 

ゴキがふいに出現すると、在宅の仕事中でも、ブログ執筆中でも、家事の途中でも、作業が一旦、止まる。ゴキを駆除するかどうかは別として。

 

で、作業が止まると、再開するときに、また脳内でOSと作業アプリをイチから立ち上げないといけない。

もうそれが無駄で無駄で。僕は無駄が嫌いなんで。

 

同様に肉食系の人間の不意打ちの肉食攻撃は『作業の中断』を生むんです。それを撃退するかどうかは別として。

 

で、ゴキ対策ではシンク下にゴキンジャムを置いたり、ゴキがこなくなるスプレーを事前に吹いておくと出現率を下げることができて『作業の中断』をミニマムにできるのと同様、『アセクシャル』というバリアを事前に張っておくことで、肉食人間からの攻撃を事前防御できるかなと。

 

僕の中では、ドラクエでいうところの『フバーハ』、ドラクエウォークでいうところの『まもりのたて』に近いと思っている。

 

まぁ、僕の中では「昼間より夜中の方がノイズをキャンセリングできていい!」というのと同じようなライフハック術のひとつです。

 

そういえば、中高生の時も学校の授業は一切、聞いてなくて、家に帰ると即、爆睡して、夜中にひとりで勉強していたなぁ。 

(そんな僕はホリエモン同様「そもそも学校自体が要らない」という考え方です)

 

あ、このお盆はコロナを理由に家族に会うのを断捨離するのもライフハック術ですw

もう一生、帰省はZoomでいいやw

 

『ゲノム』より『ミーム』を残す人生を重視したい。二代目がバカ息子になるのは黒田官兵衛がすでに400年以上前に証明している。

よくいる肉食系人間の言い分としては、

「子孫を残さないと生きている意味がない!」 

というのがありますが、そもそも地球から見たら人間の存在自体が意味がないわけでw

意味がない存在が増えたところで、意味がないことには変わらないw

 

で、子孫を残すことなんて、まぁ、多分、誰でもできるし。

コロナ禍で10代の中絶が増えたらしいけど、逆に言うと10代でも子孫を残すことは出来るってわけで。

 

それと、時々ですが、僕の能力を評価してくれて、

「A1理論さんは優秀なんで、子孫を残したほうがいいですよ。」

と言ってくださる人がいて、それはそれで前半部分は間違ってないが、後半部分は間違っている。

 

優秀な人間の息子が『バカ息子』だっていうのは、すでに400年前に▼黒田官兵衛が証明しているじゃないかw

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

 

大体、二世議員、二世タレント、二世選手、大体、全員、ボンクラじゃないかw

キン肉マンもⅡ世がダメダメだから、また親父の新シリーズが始まったわけで、、、(まぁ、あれもそんなに面白くないけどw)

 

二世議員の小泉進次郎はもっと、ちゃんと環境大臣業務を果たすべきだと思います、だから、ちゃんと環境大臣業務を果たすべきだと思います。(小泉進次郎構文)

 

 

まぁ、僕的には子孫よりも、このブログが出来るだけ長くWEB上に残って、困っている人の助けになればいいと思っています。

 

『ゲノム』より『ミーム』という、▼ホリエモン的な考えですねぇ。

捨て本

捨て本

  • 作者:堀江貴文
  • 発売日: 2019/07/30
  • メディア: 単行本
 

okite.hatenadiary.jp

 

まぁ、phaさんの▼『持たない幸福論』的な考え方です。 

okite.hatenadiary.jp

 

『文化』を残せることが、他の生物と人間の唯一の違いなんじゃないかと思います。

 

超サイヤ人・孫悟空のように自分の成長が第一で、子供の成長には興味がない。

ま、昔の友達からよく言われるのは、

「お前は結局、超サイヤ人・孫悟空みたいなヤツ」 

ってことです。 

 

そうなんですよねぇ。▼『超サイヤ人体質』なんですw

okite.hatenadiary.jp

 

常にパワーアップし続けていたいんですよねぇ。

亀仙人⇨カリン様⇨神様⇨界王様⇨大界王⇨界王神⇨全王様

みたいな。

 

「結婚は男を弱くする」と言った▼秋山好古的思考ですw

okite.hatenadiary.jp

坂の上の雲(一) (文春文庫)

坂の上の雲(一) (文春文庫)

 

 

まぁ、僕的にはどちらかというと▼『ジン・フリークス』なんですけどねぇw

okite.hatenadiary.jp

HUNTER×HUNTER モノクロ版 32 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 32 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:冨樫義博
  • 発売日: 2013/04/04
  • メディア: Kindle版
 

 

まぁ、めっちゃ簡単にいうと、ずっとドラクエのレベルアップをし続けている小学生がそのまま40代になっただけですw(エスタークも、、、w)

 

さらに言うと、ロスジェネどストライク世代で、20代30代はずっと派遣社員で周りから評価されず、

「『世界』はもっと『俺の言ってること』を理解しろ!!」

と、ずっとイライラしていて、フラストレーションの塊でしたが、、、

(あ、これは姫路時代の10代からか。。。播磨灘物語だなぁ。。。)

 

40歳を過ぎて、特にここ1年くらいは僕を評価してくれる人も周りに増え、さらに僕自身も仲間を得て急激にパワーアップしつつあるので、それが楽しくて、楽しくて、、、

『作業の中断』なんて、絶対に起こしたくない状態です。

 

 

最近、読んでいる▼『FACTFULNESS』という本にも書いてある通り、世界は良くなり続けている。

 

それに加え、僕の業務スキルや知識量がさらに上がったこと、今までの経験が実になってきたこと、それが理解できる人が周りに増えてきたこと、働き方改革やコロナ禍で優秀な人が集まり、無能な人が断捨離されつつあること等、、、

ビンボー家庭出身のロスジェネ世代の僕でも、失われた平成30年間を経て、ようやく、やっと躍進できる環境が整いつつある今がサイコーに楽しいです!!

 

 

というわけで、今は人生がサイコーに楽しいです!

どう考えても、恋愛とか、結婚とか、してる場合じゃないです!!

 

というわけで、先のことはわからないですが、僕はまだしばらくは『アセクシャル』のままのようです。

 

 

2020年8月10日、この記事を読んだブログ仲間のツイートを追記:

 

なるほど。『兄弟愛』ねぇ。

 

確かに僕自身が4人兄弟の長男だし、じいちゃんは10人兄弟の長男で、戦後のモノのない時代に宮崎から姫路に出稼ぎに来て、宮崎にいる年の離れた弟や妹に服やおカネを送り続けていたらしい。(宮崎の本家は火事で燃えてしまってめちゃくちゃビンボーだったから弟たちは靴も買えず、裸足で学校に行っていたらしい。)

 

このブログを書いているのも、過去の自分のように、おカネや生きることそのものに苦しんでいる10代・20代・30代の人たちに向けて書いているところもあるからなぁ。

まぁ、人類、皆、兄弟ってことで、新しい命を増やすことより、すでに生まれてしまって、今現在、苦しんでいる人を少しでも助けたいんだろうなぁ。