A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

小・中学校9年分の算数・数学を復習するために最適な教科書をミニマリストがたくさんの中から選んでみた!

来週、職業訓練校の面接&試験を受けるA1理論です。

 

評価の比重の大きい▼面接対策は先日、行いました。

面接対策は『想定質問』を50個以上作り、すべてに回答すると自信がついたよ!さらに自己分析もできた!! - A1理論はミニマリスト

 

現在は、試験対策に勤しんでいます。

 

試験の内容は、

「高校卒業程度の国語と数学」

です。

 

で、国語に関しては、内容は、

・現代文

・漢字の読み

・漢字の書き

ですが、、、

 

ぶっちゃけ、3つとも楽勝でしたww

ほぼ全問正解に近かったですww

 

文系出身で、かつ、毎日、ブログやtwitterで文章を書き続けているからでしょうか?

 

ただ、漢字の「書き」が若干、弱かったので、試験日までの空き時間で、▼このアプリで補強します。

 

▼さすが、評価が高かっただけあり、スマホ画面でスラスラ解けるスピード感のあるアプリです!!オススメ!!

itunes.apple.com

 

 

来週、面接&試験日の直前まで下諏訪にいる俺ww

 

現代文に関しては、、、

 

現代文は楽勝、漢字はアプリで補強するとして、

国語対策は万全!!

 

 

ただ、

数学は、そもそも解き方を忘れてしまってる。。。

 

小学校で習う分数の計算とかもできずに愕然、、、

(ていうか、日常生活で分数の計算とかします???)

 

というわけで、

昨日の夜、高田馬場の芳林堂書店(中規模書店)に数学の教科書を買いに行きました!!

 

もちろん、職業訓練校の過去問も持って行きました!!

 

ちなみに、僕は、

『過去問主義者』

ですw

 

『勉強』という言葉の定義さえ、僕は、

『過去問を解くこと』

と認識していますw

 

なぜなら、

「ゴール設定」が「学校に合格すること」

だからですw

 

学校に合格してしまえば、勉強した内容はオール断捨離してもいい

と思っていますw

 

むしろ、入学しても入学前の勉強の『キャッシュ』が残ってれば、脳内メモリを圧迫すると考えていますw

 

「頭空っぽのほうが、夢詰め込める!!」

ってわけで!!

 

 

で、芳林堂書店の教科書コーナーに。

 

夜(21時半ごろ)だったこともあり、教科書コーナーはガラガラでした。

この時間帯に行くのがオススメかも。

 

で、過去問を見ながら、

「この過去問を解くために必要な教科書」

を探しました。

 

過去問の難易度は、

「高校卒業程度」

と言いながらも、職業訓練校なこともあってか、僕の見た限り、

「高校入試レベル」

だと思いました。

 

つまり、ほぼ中学数学。

 

一部、高校数学的な問題もありましたが、それはもう切り捨てでw

 

僕は基本的に、

『6割合格』で及第点を目指すタイプ

なので、難しい問題を時間をかけて説くのはコスパ悪いです。

他の受験生もどうせ解けないだろうし。

 

それよりも、

誰もが解ける問題を、手堅く説いて『6割合格』が試験の鉄則です!!

 

大事なのは、

『問題をすべて解くこと』

ではなく、

『6割合格』で試験を突破すること

ですので!!

 

 

というわけで、

「小中高の数学」 

的な教科書は選ばず、

「小中の数学」 

の問題集に照準を合わせました。

 

 

その中から悩むこと20分ほど、、、

 

最終的に▼これに決めました!!

 

 

この1冊で一気におさらい!  小中学校9年分の算数・数学がわかる本

この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本

  • 作者: 小杉拓也
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

僕がこの本を選んだ理由は、ほとんど▼開いたところに書いてありました!!

 

要は、

全体的にコンパクトでミニマムな点

です!!

 

まず、▼見開き1ページで1項目の構成なので、見やすいです!!

 

他の教科書は、何ページにも渡って説明が続く割に、行間が広くて冗長なモノが多かったです。

「もっとミニマムにできるだろ!!」

って思いました。

 

 

次に、持ち運びしやすいコンパクトサイズな点。

 

カフェで勉強したり、電車の中で読むのにはコンパクトサイズのほうがいいと思いました。

また、僕は家の中でも寝転んだり、椅子にもたれかかりながら本を読むことも多いので。

 

他の本は大きく、また、ぶ厚い本が多かったので、僕にはこの本のミニマムさが良かったです。

 

この記事を書いていて、Kindle版があることに気づきましたが、僕はKindle端末は持っておらず、スマホのKindleアプリで本を読んでいます。しかも、スマホも最小のiPhoneSE。

 

なので、Kindle版だと僕の場合は画面が小さすぎるように思えました。

Kindle端末を持っていて、いつも持ち歩いている方なら▼Kindle版がいいかもです!!

この1冊で一気におさらい!  小中学校9年分の算数・数学がわかる本

この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本

  • 作者: 小杉拓也
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

というわけで、小・中学校の数学の復習に悩んでいる方にはこの本は個人的にはオススメですが、、、

 

僕は、

・元々、小中高時代は数学が得意だった、現在40歳男性

・目的は職業訓練校の試験対策

・割と家の外に持ち歩く可能性が高い

・ミニマリスト

という条件だったので、この本を選びましたが、

「やっぱり、ケースバイケースではあるかなぁ。」

とも思います。

 

もし、昔、算数や数学が苦手だった方は、Amazonの評価的には▼こっちの本のほうがいいかもです。(僕が行った書店にはなかったですが、、、)

小・中学校9年間の 算数・数学を10時間で復習する本

小・中学校9年間の 算数・数学を10時間で復習する本

 

(▲この本はかなり基礎からですね。僕の買った本は『約数』から始まるので小学校中学年くらいまでの算数はできること前提な感じです!) 

 

 

ただ、やはりオススメは、

中規模以上の書店(できれば大規模書店)に行って、過去問を見比べながら選ぶこと

ですねぇ。

 

これには十分、時間をかけるべきです。

選んでしまえば、あとはひたすら解くだけなので。

 

 

「敵を知り、己を知れば百戦百勝」

時間をかけて自分にぴったり合った参考書を選びましょう!!

 

 

というわけで、僕は今日丸一日、この教科書で勉強します!!

 

まずは小学生に戻って、『約数』から!!

楽しみ楽しみ♪