A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

20代30代はおカネよりも、自分が心から『好き』なことで将来の『connecting the dots』を稼ごう!!

※身バレを防ぐため、随所にフェイクが入っています。

 

とりあえず、新しい仕事の本格始動1日め、終了!!

 

いやはや、なんとか乗り切りました!

 

 

の、はずだったんですが、今回の仕事は屋外にもよく出るので、シャツが汗びっしょりで、とりあえず、洗濯機回して、あとから▼乾燥だけコインランドリーに持って行って10分だけ乾かします!

雨や曇りの日が続くときの洗濯は乾燥だけコインランドリーでやるとコスパがいいと思った! - A1理論はミニマリスト

この方法だと、洗ってる間は冷房の効いた部屋にいれるし、乾燥してる間は西友にでも行けばよし!!

 

 

というわけで、

その洗ってる間にミニマムな仕事感想記事でも書こうかな?

と思った。

乾燥までに感想記事!!

SuperDry極度乾燥(しなさい)!!

 

 

 

で、本題の仕事の感想。

 

そう言えば、先週の研修最後のほうから、 

「あれ、これ、俺、なんか、昔、やったことあるぞ???」 

みたいなデジャブ感はしていた。

 

で、今日、業務中に確信したのは、

「あ、これ、学生時代に必死にしたあのバイトの応用じゃん!」 

って思った。

 

もう15年以上もまえに必死にした、あのバイト経験が、アラフォーにして活きてきた。

 

しかも、この仕事のメンバーにそのバイトの経験者はおらず、その点に関しては僕の一人勝ち。

 

それに加えて、今まで長くやってきた仕事の知識、長年の営業やオフ会()で培ったトーク力、東京をうろうろしていたので身体で理解した地理感、などなど、

「今まで40年ほど培ってきたノウハウの蓄積が役立ってるな~。」 

って思った。

 

あと、ちょっとコミュ力が微妙なヤツがいて、

「あ、こいつ、ちょっとヤバいな。」 

みたいな人間関係のカンみたいなのも、やっぱり40年も生きてるとアンテナが「ピピッ!」と来て、

「こいつとは適度な距離感を保とうっと。」 

みたいなセンサーがキャッチしたのも、まぁ、今までの人間関係のノウハウの蓄積だわなぁ。

 

こればっかりはどんな本にも明文化されてなくて、舌で感じる『毒』みたいなもので、

「考えるな!感じるんだ!!」 

としか言えないw

 

僕の経験上、ピリッと舌で『毒』を感じた人間とそのあと関係が続いても、最終的には、大体、

「やっぱりな。」

って結果になることが多い。

なので、センサーが働いた時は僕の中で「要注意人物」バッチです!

 

 

てなことをいろいろ考えると、ジョブズの言った、

『connecting  the dots』

って、

「本当にそうだなー」

って思う。

 

本文は▼以下の通り!

「connecting  the dots」の画像検索結果

 

あらー、ミニマリストでもあるジョブズの画像を貼ると、いっきに、

「意識の高い人」

みたい!w

 

僕はジョブズに比べて働く意識がミニマムなのに!!w

(働きたくないでござる!オー!ジャパニーズ!サムライ・エックス!!) 

 

 

ま、そんなネタはおいておいて、、、

 

日本社会って、業務経験よりも、雇用形態で人間を判断しますよね。

「学生時代はずっと働いていました。」

って言っても、

「いやいや、それバイトでしょ?」

みたいなこと言ってくるおっさんが残念ながら大勢います。

僕はもう、その時点で、学生時代にやっていたことを言うのを辞めます。

その程度のおっさんに俺の個人情報開示するのがもったいない。

 

そんなおっさんに限って『正社員』という名の「社内ニート」であり、肝心の業務に関しては「ズブの素人」であることが多い。

何十年もその業界にいてもだ。

(そもそも日本社会の『正社員』の仕事の多くが「マックジョブ」じゃねーかw)

 

 

「そうじゃないんだ!!」

って僕はそんなクソアホらしい日本社会で声を大にして言いたい!!

 

雇用体系なんて、どーーーーでもいいんだ。

「その時、自分がなにを一生懸命にやったか?」

が大事なんじゃないかな?

これは年齢は関係ないし、もっと言うと、学生でも関係ない。

(ていうか日本の大学の文系は授業に出る意味ない。)

 

大事なのは、

『好き』なことを思いっきりやった「経験」という名の『dots』の多さだ!

って思う。

 

僕が学生時代、授業にも出ずにずっと働いているのを見て、同じ学生からも、

「そんなことしても意味ない。」

「バイトとしては時給が安い。」

「A1理論(仮)は寮の仕事をしてない!」 

とかさんざん言われた。

(寮の仕事に関しては、仕事の空き時間を見計らって、要点、要点、要点、でピンポイントにミニマムな労力で働いていたのに、まぁ、それはほとんど理解されなかった。僕から言わせればずっと寮にいる寮生のほうが寮の仕事してなかった!)

 

卒業してからも、

「それ、バイトでしょ?」

とか、散々言われたけど、そういう人とはマキシマムに距離を取り、逆に、興味津々で聞いてくる少数の人には心を込めて話した。

 

まさに黒田官兵衛の▼この心境ですよ!ミニマリスト・官兵衛は偉い!!

天下最も多きは人なり、最も少なきも人なり。(黒田如水) - A1理論はミニマリスト

▼いつものw 

www.youtube.com

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

 

なので、今、上記のようなことを言われてる人は、

他人になんと言われようと『好き』なことをマキシマムにやったほうがいいですよ!

この「他人」は親も含みます!!

 

僕の『理論』で言うと、、、

▼『好き』こそが『A1能力』の発動条件だ!

『好き(A1)』×『才能(能力)』=『A1能力』発動!!! - A1理論はミニマリスト

 

『好き』で没頭したこと、熱中したことこそが、将来的に、

『connecting  the dots』

になる。

 

僕のように15年以上経って、ある日、いきなり、その『dots』が役立つ時もあるんだ!

 

なので、雇用形態とか、周りの意見なんて気にせず、どんどん『好き』なことに熱中しよう!!

熱中症になるくらい!!w

(この時期、水分は十分に摂りましょう!!w)

 

 

この時代の日本で餓死する確率は極めて低い。

それなら、特に20代30代は目先のおカネよりも、『connecting  the dots』を集めたほうがいいんじゃないかな?

 

そう言えば、僕もこのブログを始めた時、友達の友達から、

「ブログ始めたばかりの割には文章上手ですね!」

って言われた。

 

それは20歳の時からずっと、

学内掲示板→メルマガ→mixi日記

と、ずーーーーっとウェブ上に駄文を書き続けていたからだと思う。

メルマガに関してはアジアの「ネカフェ」代、mixi日記に関しては「mixiプレミアム」代月315円を払って書いてたから。

 

なので、今、逆にそれでおカネがもらえるのが信じられません!

 

 

というわけで、人生で大事なのは、目先のおカネよりも、

『好き』なことに熱中して『dots』が形成されている瞬間!

だと思います。

 

そのいくつもの『dots』が、僕のように15年以上経って、『A1能力』として、突如、発動するかもしれません!

 

 

『A1能力』を発動している人生時間こそが、

『自分の人生』を生きている時間だ!

って、僕は考えます! 

(A1理論!!) 

 

 

 

 

 

てなことを書いてたら、いつの間にか、洗濯も終わって、極度乾燥(しなさい)も終わって、その間に西友も行って、ランドリーから洗濯物持って帰って来て畳むのも終わってるじゃないですか!!w 

 

というわけで、初めての仕事、洗濯、ブログ、で「どっと」疲れたので、今日はもう西友弁当食べて寝ます!!

(最後はやっぱり特にウケないオヤジギャグなのか。。。)