A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

2018年末の岡山「13府県ふっこう周遊割」の旅2日目ダイジェスト版!『奉還町商店街』『お好み焼き もり』『倉敷美観地区』『EASY WINE』『有鄰庵で鍋パーティ』

 

2018年の年末に▼『13府県ふっこう周遊割』を使って岡山県に2泊3日のゲストハウス旅をしました!!

okite.hatenadiary.jp

 

1日目は▼こんな感じでした!

okite.hatenadiary.jp

 

今回は2日目のダイジェスト版です!!

 

岡山駅西口の奉還町商店街はぶらぶら散歩するのが楽しい!!

 

2018年12月30日早朝。

 

めっちゃ寝たかったのに、微妙な時間に起きてしまった。

この10日間ほど、いろんなことが起きて、脳内処理がよくわからなくなっていたのかもしれない。 

 

その頃、にゃんすはいつものように早起きで、、、

近くの動物園に行ったりして、豊かな朝を満喫していました。

 

その後、僕も、モソモソと起きてきてシーツをたたみ、宿泊していたゲストハウス『とりいくぐる』の写真を撮ってから、奉還町商店街を東へ東へ!!

 

この奉還町商店街、なかなか味のある商店街です!! 

年末なので▼豆入りのお餅を作っているお店があったり、、、

 

『とりいくぐる』の姉妹店の▼『ラウンジ・カド』もチラ見。

奉還町4丁目ラウンジ・カド

 

この時は営業時間外だったようですが、この日は夜に『スキヤキ大忘年会』というイベントがあったっぽいです。

楽しそう!!

 

しかし、奉還町商店街は昭和レトロな感じでいいですねぇ。

平成最後の年末に昭和感満載です!w

 

▼奉還町という名前の由来は『大政奉還』から来ているらしいです。

岡山市奉還町商店街|歴史

 

初めは武士が出店したということでもの珍しさも手伝ってか結構繁盛していたらしいが、なにぶん商売のイロハも分からない。
頭の下げ方も分からない。刀をソロバンに代えてなれぬ手つきで弾いてみても毎月赤字続き。偉そうな物言いの武家商法でお客さんが腹を立てて帰ることもしばしば。あまりにも売れないので材料費・手間賃なしで売ってみたりと笑えぬエピソードも多々。

 

なるほどねぇ。

 

僕的には関ヶ原から連綿と続いていた『武家バブル』が崩壊したのが大政奉還で、その徳川300年の武家制度そのままで商売を始めても上手くいくはずがないと思う。

 

『平成』という時代も、戦後から連綿と続いていた『正社員』バブルが弾けた時代だったと僕は思っている。

 

その『平成』の最後のほうに、勤め人をバカらしくなって辞めたような人たちがこの奉還町商店街に集まってきて、イオンや表通りがある岡山駅の東口とまた違ったスローライフな文化を作っているような感じがして面白い。

 

『平成』の次の時代は、岡山駅の東口よりも、もしかしたら、この西口の奉還町が評価されていくのかもしれない。

 

『お好み焼き もり』で牡蠣のお好み焼き『カキオコ』を食べる!!

 

で、そんな奉還町商店街のアーケードを抜けたあたりにあるお好み焼きのお店が、▼この『お好み焼き もり』さんです!!

 

僕がこの前日のKAMPでの飲み会で、

「あー、なんか牡蠣のお好み焼き食べたい!!4年前の年末に広島の尾道で食べ損ねたもんなぁ。。。」

と言って、急きょ、牡蠣のお好み焼きをググると、

「あ!近くに有名店があるじゃん!!」

ということでこの2日目のお昼は▼『お好み焼き もり』になったのです!!

岡山居酒屋風お好み焼き もり

 

岡山では牡蠣のお好み焼きを『カキオコ』と呼ぶらしく、兵庫県堺にある海沿いの町・日生(ひなせ)では▼『カキオコ』で町おこしをしているようです!!

【公式ホームページ】 - 日生カキオコまちづくりの会

 

特に▼このお店気になる!!

日生町カキオコで一番人気の「タマちゃん」シーズンど真ん中に行ってきた - きりんの自由研究

(と、この記事をよく見たら僕が一時期よく読んでいたブロガー「きりん」さんの記事でした)

 

 

で、今日もいっしょに遊ぶむぎちゃさんはまだ来なさそうだったので、にゃんすと一緒に奉還町商店街を突っ切って、無意味に線路の下の地下道をくぐって東口に出てみたりしたw

こういう、旅の中の無意味な行為が好きだw

 

で、むぎちゃさんから、

「先に『お好み焼き もり』さんに入っててください~」

とメッセージが来たので、戻るw

 

でも、お昼時の『お好み焼き もり』はちょっと混んでいて、

「30分待ちです。」

と言われたので、入り口で名前と電話番号を書いて再び商店街周辺をぶらぶら。

 

そのうち、通りの向こう側にむぎちゃさんが歩いているのを発見し、合流。

 

その後、むぎちゃさんのオススメのパン屋さんでバナナロールを買ってもらい、僕は▼たくあんサラダロールも買いましたw(滋賀県のパクりらしいw) 

 

で、ふと僕がスマホを見ると、すでに『お好み焼き もり』さんから電話が!w

名前と電話番号を記入してから5分くらいしか経ってないw早いww

 

というわけで、『お好み焼き もり』に戻り、それぞれ好きなお好み焼きを注文する。

お店の中の鉄板でお父さんのような方がお好み焼きを焼いていて、満席にも関わらず、比較的早くお好み焼きは焼きあがりました!!

 

僕が頼んだ▼『カキオコ』!手前に牡蠣が見えます!!

 

むぎちゃさんが頼んだ▼『イカのもだん焼き』!!

 

にゃんすが頼んだ▼『ホルモン入りお好み焼き』!!

 

3人でウェイウェイと食べ合いっこしました!! 

 

 

個人的には、カキオコよりもにゃんすの『ホルモン入りお好み焼き』が美味しかったかな?

俺は本当にホルモンが好きだw

 

僕も知らなかったのですが、最近の岡山はパクチーも有名らしいです。

 

▼通常のパクチーよりもマイルドな味らしく、この『お好み焼き もり』では「パクオコ」もあるそうです!!僕はパクチー好きなので次は食べたい!!

岡山はパクチー天国!マイルドな「岡山パクチー」で絶品グルメ三昧!│観光・旅行ガイド - ぐるたび

 

しかし、この『お好み焼き もり』さん、有名店&繁盛店なのですが、それに胡坐をかかず、店員さんも皆さんものすごく腰が低く、接客がものすごく丁寧でした!!

 

特に、僕がお会計をしようと思った時、フロアの店員さんが別のことをしていたので、お好み焼きを焼いていたお父さんが手を止めてお会計してくれたのはビックリ!!

また、岡山に来たら食べに来たいです!もちろん次は「パクオコ」!

 

岡山駅から電車ですぐの倉敷へ移動して美観地区を散策!!

 

というわけで、お腹もいっぱいになったので、本日のメインである倉敷の美観地区へ移動すべく岡山駅へ!!

 

 

▼すげえ!!w

全国の学生服の8割はmade in 岡山! なぜ大手の本社は岡山県にあるの? - Ameba News [アメーバニュース]

 

県民性マンガ▼『うちのトコでは』の岡山県のキャラもずっと学生服着てるもんなぁw

うちのトコでは

うちのトコでは

 

 

ああ、▼5巻読んでない。。。w 

うちのトコでは5

うちのトコでは5

 

 

なんせ、駅前の銅像が▼これですからw

 

というわけで、岡山駅から電車で17分ほどで倉敷駅へ!!

岡山駅から倉敷駅まで、こんなに近かったんだ!!

 

そして、倉敷駅を出てすぐに▼こんな横断幕が、、、

 

特に▼倉敷市真備町はこの2018年7月の水害では甚大な被害を負いました。

www.youtube.com

 

「昨日までは生きてたのに」 真備町、緊迫の救助現場:朝日新聞デジタル

 

当時、東京にいた僕には募金することしかできませんでしたが、この年末は幸い「13府県ふっこう周遊割」も使えたことだし、この倉敷市で思い切り飲み食いしてウェイウェイし、その様子もtwitterやブログで拡散していこうと思いました!!

 

というわけで、ここ倉敷に詳しいむぎちゃさんに案内され『倉敷えびす通商店街』へ!!

 

倉敷は▼ぶっかけうどんが有名らしい。

 

『もんげー!』多いなww

 

▼マジで!?w

 

所々に、本日のゲストハウスである『有鄰庵』のカフェで販売している▼『しあわせプリン』のポスターが貼ってあります!!もんげー!!w

 

さすが▼全国的にも有名なゲストハウスですね!!

岡山・倉敷のゲストハウス&カフェ 有鄰庵(ゆうりんあん)

 

日本にゲストハウスがまだ3件ほどしかなかった時にこのゲストハウス&カフェを開いた▼中村功芳さんのイベントには僕も2017年に2回ほど参加しました!!

(中村さん、体調は大丈夫ですかね???)

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

 

商店街の途中には、100円からワインを試飲できるお店なども発見して僕は興味津々w

 

で、その商店街を抜けると、そこは▼倉敷美観地区!!

 

いやぁ、美しいですねぇ。

僕は確か中二の頃に家族と来た記憶があるのですが、あんまり覚えていませんw

さすがだなwww

 

年末の美観地区は人でごった返していましたが、僕らはむぎちゃさんのオススメで『きびだんご』発祥のお店である▼『廣榮堂』のカフェへ!!

きびだんご・和菓子 廣榮堂本店:廣榮堂のきびだんご150年の歩み

 

 

明治19年(1886)に明治天皇が岡山に行幸された際、初代・浅次郎は自らつくった「きびだんご」を献上。

「日の本にふたつとあらぬ吉備団子むへ味はひに名を得しや是」と御製を賜りました。天皇から「日本一のきびだんご」とおっしゃっていただいたのです。

もんげー!!!w

 

▼これ、実家へのお土産に買って家族で食べたけどめっちゃ美味しかった!! 

 

きびだんごのパッケージと同じ五味太郎さんの絵の▼ももたろうの絵本もあります! 

ももたろう―だれでも知っているあの有名な

ももたろう―だれでも知っているあの有名な

 

 

そこで僕は昨日、2人にあげれなかった、、、

 

「かわいー!!」

と好評を得ました!!

この鉄腕アトムまん、東京土産にオススメですw

 

しかし、倉敷の桃太郎の本拠地に、高田馬場の鉄腕アトムが強襲!!w

「日本一」対「10万馬力」!!

もうね、これ「悟空」対「ブロリー」みたいなもんですよww

 

 

でも、倉敷の美観地区もこのカフェも、雰囲気はめっちゃ女子です!w

 

僕は倉敷の銘菓▼『むらすずめ』を頂きました!!

きびだんご・和菓子 廣榮堂本店:むらすずめ

 

すごく上品な甘さでした!!

 

これはにゃんすが食べていた▼『調布』という和菓子!

もちもちして美味しかったです!!

 

お店を出ると▼こんなネームカードを頂きましたw

 

その後は目の前の▼デニムストリートに行ったり、、、

 

▼変なおもちゃ屋さんの前を通ったり、、、

 

▼『アイビースクエア』に行ったりしました。

 

冬なのでツタが茶色でしたが、むぎちゃさんいわく「夏に来ると綺麗」とのこと。

▼確かに。

【公式】倉敷アイビースクエア

 

そう言えば、僕が4年間住んでいた大学の学生寮もこんな感じでツタが生い茂っていたなぁw

 

あと、このアイビースクエアには僕は中二の時に来た記憶が少しだけある!!

「車で来たなら、このアイビースクエアの裏が駐車場だから、そこに車をとめて、このアイビースクエアをメインに見て帰ったのでは??」

と、むぎちゃさんが言った。

確かに、あの時は広島メインの弾丸旅行だったから、時間もあんまりなかった記憶がある。

 

しかし、昔、家族旅行で来たことがある町にゲストハウス旅行で来るのは、故郷の姫路以外では初めてかも。

 

あ!そうそう!!

倉敷はマスキングテープも有名らしく▼そのお店は女子でいっぱいでした!!

マスキングテープ発祥!倉敷で行きたい「mt」カモ井の工場見学 | icotto(イコット)

岡山・倉敷で大人気の「マスキングテープ屋さん」。店主は70歳のおじいちゃんでした | TABI LABO

すごくインスタ映えするお店でした!!

 

▼こんな場所にも行きました!!

クラシキクラフトワークビレッジ ~製造見学・体験ができる複合施設~ | 倉敷美観地区

 

こういうリノベ施設、大好き!!w

倉敷美観地区伝統建造物群保存地区の町家をリノベーションした高質空間において製作見学や、製造体験が行える工房付店舗の複合施設として整備、地産素材を使ったオーダーメイドクラフト製品の製造・販売を行っています。

 

マスキングテープでいろいろ固定されそうですw

 

あと、▼こんな張り紙も発見しました。

今は東日本より倉敷のほうが大変なのに、、、涙。。。

 

そして、先ほどのマスキングテープのお店の別店舗で、、、

これ、めっちゃ好評でしたw

 

年末の店内はお正月ムード満載でした!!

 

 

倉敷名物『ぶっかけうどん』を食べる!!

 

で、夕方になり、お腹が空いてきたので、

「なに食べようか??」

という話に。

 

けど、結構、美観地区の飲食店は閉まってた。

 

僕が、

「なんか、商店街の入り口にあった『ぶっかけうどん』食べたいなぁ。」

と言って、少し遠かったですが商店街入り口まで戻ることに!!

 

途中で、先ほどのワインが試飲できる店も気になり!

「うどん食べたらここに行きたい!!」

とも言うw(わがまま放題だなぁw)

 

というわけで、商店街の入り口近くの▼『ふるいち』さんへ!! 

倉敷うどん ぶっかけふるいち

 

ぶっかけうどんでウェーイ!!!

 

これ、めっちゃ美味しかった!!

香川のうどんよりも柔らかくてもちもちしています!!

 

今、調べたら▼『ぶっかけうどん』って、この『ふるいち』さんの登録商標なんですねぇ。

ぶっかけうどん - Wikipedia

 

 

100円からワインが試飲できる倉敷の『EASY WINE』さんはオープンしたばかり!!

 

というわけで、お腹がいっぱいになったところで、最初にお店の前を通った時から気になっていた試飲バー▼『EASY WINE』さんへ!!

 

▼店内はワインボトルがいっぱい!!

 

店内はミニマムですが、▼カウンターと、、、

 

▼この樽の上で飲めます!グループの場合はこの樽で飲むのがいいかも!!

 

店長のお父さんは▼「くらしき移住宣伝大使」に任命されているようです!!

 

試飲できるワインは奥の▼このマシンの中に入っています!!

フランス、イタリア、スペイン、スイス等のワインが楽しめます!

お酒が弱い人は左側に飲みやすいワインが固まっています!

 

▼試飲のやり方はこんな感じ!!県外の人はカードを渡されて後払い!!

お酒やワインが飲めない方は飲みたい気分ではない方にはイタリアのブドウジュースもあります!!

 

▼というわけで、さっそくマシンで試飲!液晶のボタンは少し強く押す必要があります!!

 

試飲するワインの量は▼20cc、60cc、90ccの3つから選べます!

 

というわけで、試飲ワインでウェーイ!!

 

むぎちゃさんはブドウジュースを飲んでいました!

僕とにゃんすは20ccずついろんなワインを試飲して楽しみました!! 

 

いやぁ、この前の週の日曜日もにゃんすと松本の日本酒昼飲みバーに行ったけど、飲んでばっかりだなぁw

酒は飲め飲め!!ww

 

このお店は13:00~22:00まで開いているそうで、まさに昼飲みバーですな!w

僕は日本酒よりもワインのほうが好きなので、こういうお店は嬉しいかも!!

 

店内は店長さんのお友達と思われる若い夫婦が樽の席で飲み、カウンターで飲んでたおじさんからは『有鄰庵』という言葉も聞こえましたが、店長さんと話が盛り上がっていたので僕らは割り込みませんでした。

 

おじさんが帰ったあと、店長さんと少し話すると、

「あ!お客さんも『有鄰庵』さんに宿泊するんですか!!このお店、オープンしてまだ2ヶ月なんですけど、『有鄰庵』さんのお客さんがすごく多く飲みに来るんですよねぇ!!」

とのこと。

 

まぁ、有鄰庵まで比較的近いし、ゲストハウス好きな人が好きそうな外観と内観だし、有鄰庵同様、1人旅でもなんだかふらっと入れそうな感じですしねぇ。

 

この後、有鄰庵で先ほどのおじさんに再会しましたが、県外からの旅人なのに普通にプリペイドカード作っていましたからねww

しかもかなりの額をチャージしてましたwww

 

で、気のせいか、店長さんも少し酔っぱらっていたようなwww

倉敷に一人旅に来て、有鄰庵の受付&自己紹介が始まる18:30までの間に、誰かとしゃべりたくなった人にはここはすごくいいと思いますよ!!

 

店長さんは地元の方ですので、倉敷のこともいろいろ教えてくれます!!

 

そして、このお店を出た後の夜の倉敷の景色がほろ酔い気分と相まってすごく良かったです!!!!

 

むぎちゃさんはここで離脱!また明日!!

 

ついに伝説のゲストハウス『有鄰庵』へ!!この日は偶然にも鍋パーティでめっちゃ盛り上がったよ!!

 

そして、18:20くらいになったのでついに▼伝説のゲストハウス『有鄰庵』へ!!

▲もうすでに何人か集まってますねぇ!!

 

そう、なんでこの時間に人が集まってくるかと言うと、この『有鄰庵』には有名な▼自己紹介タイムがあるのです!!

 

創始者の中村さんによると、、、

出会うカフェ&ゲストハウス / 地域に根ざす、場づくり、ツーリズム / 求人 / 日本仕事百貨

「ゲストハウスと一言に言っても、色々なところがあります。ただ、日本の特徴として、“人とのつながり”を大事にしているところが増えつつあります。有鄰庵で自分の幸せを見つけてもらえたら。大きく言えば、人生が変わるゲストハウスを目指しています。」

 

有鄰庵は日本のゲストハウスの草分け的存在。

僕的には最近のホステル的なゲストハウスと比べると、僕らの親世代が利用していた『ユースホステル』のミーティングの色も少し残しているような気がしました。

 

▼この本に出てくるユースホステルのような感じ。 

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

島旅ひとりっぷ

島旅ひとりっぷ

 

 

そこは単に『宿泊する場所』ではないんですよねぇ。

 

代表の犬養さんによると、、、

ゲストハウスのスタッフになる旅 倉敷の有鄰庵で人と繋がる。スタッフとして、旅人として。|見たことない仕事、見に行こう。仕事旅行

 

昔からずっと、日本より、他の国の人の方が幸せそうに生きているなぁと漠然と感じていました。そのうちに、じゃあ日本はどうしたら幸せになるんだろう、と考えるようになったんです。日本は人口も徐々に減っていきGDPも増えることはないだろうから、経済面でこれ以上豊かになるのは難しい。それなら、目指すのは“心の豊かさ”ではないかと思いました

 

そうなんですよねぇ。

僕も20代はバックパッカーとしていろんな国を周りましたが、紛争地域の人でさえ、幸せそうに生きていました。

いや、いろいろ大変なこともあると思いますよ、でも僕は感覚的になんとなくそう思ったんですよ。

 

帰国後、僕は東京の高田馬場という外国人がやたら多い街にずっと住んでますが、国を追われて日本に亡命してきたミャンマー人やその家族も、ものすごく楽しそうに生きてますもん。

 

そういう国や外国人を見てきた人が集まる場所が、アメリカではポートランドに一極集中、そして日本ではこういう▼交流型ゲストハウスのある町、例えば、倉敷なり、尾道なり、熱海なり、下諏訪なり、松本なり、長野の善光寺周辺なりに点在している気がします。

(姫路も少しそうなりつつある気がする)

okite.hatenadiary.jp

 

 

で、この日は18:30になると総勢20人ほどの自己紹介が始まりました!!

 

にゃんすは、

「自己紹介は苦手。」

とか言っておきながら、結構、ちゃんとしゃべっていましたw

 

僕も少し緊張しましたが、よく考えたら松本のカンデラゲストハウスでも自己紹介タイムあったし、意外とリラックスしてしゃべれました。

(ただ、初ゲストハウス宿泊の人は最初は少しひいてました。その後は打ち解けていましたが、まぁ最初はビックリしますよねぇ。)

 

で、全員の自己紹介が終わった後、スタッフさんが、

「今日は今から鍋パーティがあります!!参加費は1000円です!!皆さん、参加しますか??」

とのこと!!

 

僕は、大みそかの有鄰庵では『年越し有鄰庵』というイベントがあることは実は4年前から知っていました。

 

ちょうど4年前の12月30日に尾道のゲストハウス▼『あなごのねどこ』に泊まった時、、、

okite.hatenadiary.jp

 

(尾道『あなごのねどこ』については初代宿長のつるけんたろうさんの▼このコミックエッセイに詳しく描かれています!!) 

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 

自転車で旅していた名古屋の大学院生が翌31日の朝、

「今夜は『年越し有鄰庵』なので、今から倉敷へ向かいます!!」 

と自転車で旅立って行ったので、それで僕は知りました。

 

尾道『あなごのねどこ』では年末に▼この動画にもある上市さんの『カニ鍋会』が開かれるので、、、

www.youtube.com

 

すでに日本のゲストハウスに相当、詳しかった彼は、

『あなごのねどこ』のカニ鍋会→『年越し有鄰庵』

をハシゴすれば、1度の旅で2度美味しいことを知っていたんでしょうねぇ。

 

で、その頃はおそらく、大みそかしかなかった『年越し有鄰庵』ですが、今年は年末の最後3日と年始3日のトータル6日に渡って鍋会が開かれていました~!!

(鍋会が開かれるのは年末年始とゴールデンウィークだけだったそうです。2019年以降はどうなるかわからないので気になる方は直接、有鄰庵さんにお問い合わせください!)

 

というわけで、にゃんすに、

「鍋パーティ、参加したい??」

と聞くと、

「参加したい!!」

とのことで僕らも参加することに!!

(人見知りだけど、ゲストハウス大好きなにゃんすらしい的確な判断!!w)

 

で、この日は自己紹介したほぼ全員が鍋パーティに参加!!

前日29日の鍋パーティの参加者はその半分くらいだったらしいので、やっぱり大みそかに向けて盛り上がってきているのかもしれない。

 

というわけで、この時は各自で飲みたいお酒を買う方式だったので、参加者全員で▼夜の美観地区を突っ切り、、、

 

美観地区の出口付近にあるファミマへ!!

店内にはまるで僕らを待ってたかのように▼こんなコーナーが!!

 

参加者がお酒を買って帰ると、有鄰庵では着々と鍋の準備が!!

 

そして、鍋パーティが始まるまえに、この日が誕生日の人がいたのでみんなでお祝い!!

 

誕生日の歌の時の、

「ハッピバースディ!!ディア!!ディア、、、(ええと誰だっけ、ザワザワ。。。)

というのもゲストハウスっぽくていい!!w

(ディアボロボロw)

 

そうこうしていると、、、

これ、めっちゃ美味しかったです!!

 

(元ネタがわからなかったので、ググったw)

 

そして、とある参加者が▼この日本酒を振る舞っていました!!

(意外とこの元ネタの酒を知らない人多い!)

 

大人になれよ、、、A1理論w

 

 

ふと、鍋を見ると、、、

まぁ、大人数ですからwww

 

そうこうしていると、、、

どんどん運ばれてきます!!

 

が、、、

参加者、はらぺこグリズリー過ぎるだろwww

 

で、ちょっと厨房をのぞいてみると、、、

(スタッフさんももちろんお手伝いしていました)

 

やっぱり、『あなごのねどこ』の上市さんと同じで、いちゲストさんがメインとなってせっせと鍋を作っていました!!

これは、もう、めっちゃ美味しかった。。。

 

鍋の部屋に戻り、ふと壁を見ると、、、

 

この手拭いができた経緯は▼こちらに書かれています!!

観光しながら被災地支援!手ぬぐい片手に西日本のゲストハウス巡りへ出かけよう - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

 

▼ネットでも買えます!

ゲストハウスめぐり手ぬぐい - 美観堂

 

そうこうしていると鍋パーティが終了!!

人が多すぎて洗い場に全員来ると、かえって邪魔!!ww

 

というわけで、鍋がなくなった共有スペースではコアなゲストハウスの話が!!w

高知の▼『沢田マンション』の話も出ましたw僕が言い始めた気もしますがww

沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (講談社+α文庫)

沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (講談社+α文庫)

 

 

しかし、さすが年末の有鄰庵!

 

コアなゲストハウスの名前や特徴が出る度にドカーン!と笑いが起きますww

「こんな話できる人、リアル社会ではいない!!w」

と言っている人もいましたw

まぁ、いないわなwww

 

そのうち、、、

wwww

 

ゲストハウスっぽい!!

 

 

ところで、その日、僕の知り合いであるチャシェ猫氏は、、、

南知多のゲストハウス『ほどほど』で蕎麦打ちした後、下諏訪に移動し、、、

下諏訪のマスヤはマスヤで盛り上がっていたようです!!

ちなみに結家と月光荘の話はこっちでも出ましたww

 

なんか、毎年、年末はコアなゲストハウスにコアなゲストハウスユーザーが集結する感じになりつつありますねぇww

 

コアなゲストハウスユーザーって、やっぱり旅に来ているというより、「誰かとしゃべりに来ている」んですよねぇ。

なので、有鄰庵の宿泊者は、昼間は『EASY WINE』に向かうことになるw

 

しかし、そう考えると下諏訪はすごいな。

朝と夜はマスヤの共有スペースに誰かいるし、

昼間は『伏見屋邸』か『ミーミーセンタースメバ』に行けばいいし、

深夜から朝方までは最近できたらしい深夜食堂『OKゾンビ』に行けばいいw

それ以外でも、▼いろんなお店で店員さんに話しかけたらしゃべってくれるしw通行人でさえ!!w

okite.hatenadiary.jp

 

そりゃあ、年末に30人集まるわww

 

▼この日の夜のにゃんすのつぶやきww

 

変態が変態と交わる!!

 

まさに、

変態×変態

ですなww

(全員、『特質系』能力者だけどwww)

 

 

結局、僕らは消灯時間を過ぎても午前1時くらいまで盛り上がっていて、その後、順次、シャワーを浴びていきました。

 

シャワーを浴びたあとで、▼僕は今日の会話の一部を思い出してつぶやいた。

 

「人生、つまらないな~。」

と思った人は、交流型ゲストハウスに行ってみてもいいかも。

 

 

びっくりしたのは、1時半くらいに酒を買ってきた人が、

「僕らの夜はこれからです!!」

とか言い始めたことですw

 

次の日知ったのですが、どうやら奥のコタツのある部屋では常連さんやスタッフさんが4時くらいまで飲んでたそうですw

 

 

 

僕は犬養毅さんの写真が飾ってある部屋でベッドメイクし、、、

「にゃ、にゃんす、、、は、話せばわかる!!」

と言いながら力尽きましたw(これはウソ!w)

 

というわけで、3日目に続きます!!

名物のたまごかけご飯、食べるぞー!!w