A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

僕は最近『学校』が超楽しい!なので小学校から大学まで『学校』に行ったほうがいいと思う6つの理由を考えました!!

ãæ¨é ã®æ室ã¨é»æ¿æ¨é ã®æ室ã¨é»æ¿ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

ども!

40歳過ぎて職業訓練校に通っているA1理論です!

 

突然ですが、最近、

学校がめちゃくちゃ面白くなってきました!! 

 

で、帰り道や帰ってきてからその理由をいろいろ考えました!

 

で、考えていると、

「これって職業訓練校だけじゃなくて、小学校から大学、専門学校、ダブルスクールや語学学校や留学まで、すべての『学校』についていえるんじゃないか?」

と思い始めました!

 

なので、今回、ブログ記事にしてみました!!

 

  • 大学行こうか考えている人
  • 大学辞めようか考えている人
  • 不登校中の人
  • 子供や知り合いの不登校に悩んでる方

などの参考になれば幸いです!!

 

 

自分に『必要』な勉強をしている!

 

まずはこれですねぇ。

 

まさに、

「必要は発明の母」 

 ですよ!w

 

僕に関していえば、

今までずっと営業マンをしていたんですけど、営業マンって、営業成績に頼りきって『勉強』しない人が多いんですよねぇ。

 

で、アラサ―くらいでそこそこ数字が出せるようになった営業マンが、『それ以上』を出すために行うことというと、決まって、、、

 

  • Excel上の数字のゴマカシ
  • クライアントへのごますり
  • 『裏ワザ』の発見
  • 顧客にバレずにだまし売りする方法

とかなんですよねぇ。。。

 

で、それは僕は、多少は仕方ないとしても、最終的には、

  • 自分のためにならない
  • お客さんのためにならない
  • 会社(派遣会社)のためにならない
  • クライアント(派遣先)のためにならない

と考える営業マンでして、、、

 

そう考えた時に、アラサ―でそこそこの売り上げに到達した僕が目指したのは、

「商品知識だけではなく、幅広いIT系知識をつける。」

でした。

 

で、独学で情報処理試験等のIT系試験の勉強をはじめ、その後、たまたま近所に引っ越してきた、大学寮時代の同室で、今はエンジニアをしているエスターク君にいろいろ教えてもらい、資格試験はそこそこ合格するようになりました。

 

けどやっぱり、プログラミングに関してはそこそこ手を動かさないとわからないんですよねぇ。

 

なので、去年、会社都合退職できたことをきっかけに、プログラミングの学校に1年間、通うことにしました。

 

目的はもちろん、

「さらなる営業力の強化」

です!

 

なので、

今の僕にはこの学校が『必要』なんですよねぇ。

 

自分が楽しめる勉強をしている!

 

で、上記に述べたのは「表の理由」でして、実は僕が学校に行くにはもうひとつ「裏の理由」もありますw 

 

 

はてなブログにしろ、ワードプレスにしろ、カスタマイズしようとすると、どうしてもHTMLやCSSを理解する必要があるんですよねぇ。

場合によってはJavaScriptとかPHPも。

 

それらの基本をまんべんなく1年かけて教えてくれる学校はありがたいにもほどがありますねぇ!

 

ちなみに、僕が最近、ブログ記事に見出しを付けるようになってきたのは、HTMLの基本構造を理解してきたからですw

 

いやはや、

ブロガーにとって、職業訓練校はコスパ最強!!w

ヘタなオンラインサロンとか入るくらいならおカネもらって職業訓練校行ったほうがいいよw

 

さらにコスパ最強なのは、、、

授業自体が楽しい!!

ということですw

 

パソコンを触りはじめてから20年。

今までずっと謎だったことがいろいろ解明されていくのも快感ですし、

今までの営業や資格の勉強で知ったことを披露するのも快感ですし、

今までのブログ運営で培ったノウハウを披露するのも快感です!w

 

少なくとも、去年の延長でずっと同じような仕事をし続けるより、何倍も楽しいです!!

 

特に最近は、やっといろいろ理解し始めて、周りからも評価され始めましたw

「A1さん(仮名)、最近、なんか『覚醒』しはじめましたね?w」

とか言われ始めましたw

 

僕はいつもそうなんですけど、物覚えがものすごく悪いんですよねぇ。

学校の勉強でも、資格の勉強でも、仕事の最初のほうでも、、、

 

でも、僕の特徴として、

ある日突然、『覚醒』する

んですよねぇ。

 

ビジネス用語で『成長曲線』『成功曲線』というものがありますが、、、

【18】成長を実感するまで、あきらめずに頑張りぬく(1/3ページ):nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント

「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント

 

 

僕の場合は最初はその曲線の伸びが一般人よりかなり遅いのですが、途中からいっきに加速度的に伸びてきて、いっきに一般人を追い抜く傾向がありますw

 

その様を見た一般人は、よく『覚醒』という単語を使いますw

「クリリンのことかーー!!」

ってヤツですなw

 

で、

僕はこの『覚醒』期を迎えた頃からいっきに勉強や仕事が楽しくなってきますw

 

勉強や仕事にとって大事なのは、この『覚醒』のタイミングがいつくるかだと思うんですよねぇ。

 

すぐに『覚醒』してしまうとだんだん「つまらない」と思うかもしれないし、

ぜんぜん『覚醒』しないと「辛い。。。」になるかもしれないし、

ぜんぜん『覚醒』しないと思ったら、ある日突然、『覚醒』したり、、、

 

 ただ、確実に言えるのは、『覚醒』直後は、

「サイコ―にハイってやつだ!!」

って感じで楽しくなることですw

 

授業で『自分らしさ』を発揮できるようになった!

 

今日のつぶやき。

 

クラスメイトに評価されているのはこの点も大きいですねぇ。

 

僕はプライベートでゲストハウスや、そこに併設されたカフェやバーに良く行くんですけど、、、

 

必然的にそのサイトをよく見ることになります。

そのサイトの対象者はスマホで検索するワカモノなので、なんとなくその「雰囲気」がつかめているんですよねぇ。

 

男子からはサイト構成についての知識を、

女子からは女子力を評価されていますw

 

さらにSNSに関しては、20年以上まえからオフ会に参加してたりして、一般人よりかなり知識があったりしますw

(インスタはわからないけど。。。w)

 

昔、

「仕事が面白くなってくるのは『自分らしさ』がプラスされたとき」

という言葉を電車のつり革広告で読んで、かなり納得した記憶がある。

 

仕事の基本となる『OS』の部分については、勉強して地盤を固めるしかないだろう。

家で言うとコンクリートの基礎の部分。

 

けど、その基礎の『OS』に、自分らしい『アプリケーション』を乗せれた時、いっきに仕事が楽しくなると思う。

家で言うと、自分のライフスタイルにぴったりとあった部屋を作れた時とか。

 

自分らしく生きるために、『基礎』が大事。

これは人生自体にも言えますなぁ。

 

学校という『コミュニティ』がある!

 

ここからは、勉強というより、

学校に行くこと自体の重要性!

 

学校に行くまではしんどい。

朝は眠いし、目覚ましはうるさい。

夏は暑いし、冬は寒い、今日みたいに雨が降ってるかもしれない。

 

けど、学校に着き、

「おはよう!」

と言って、クラスメイトとおしゃべりしたりしてたら、なんかテンション上がってくる。

 

試験の日に勉強してなくても、クラスメイトはもっと勉強してなかったりw

 

昼休みはご飯を食べながらプライベートな話をしたりもする。

最近だったら、東京ゲームショーに行ったクラスメイトの話を、「へー!!」と言いながら聞いたり。

 

で、放課後は、

「おつかれ~!」

と言って帰路に着く。

 

誰かといっしょに帰ったり、時々、いっしょにご飯を食べたりもする。

 

こういう、

なんでもないようなことがすごく『幸せ』なんじゃないか?

と最近、よく思う。

 

僕は去年の退職後、そこそこ貯金もあったので、しばらく「専業ブロガー」という名のニートをしていたのですが、、、

何日も誰ともしゃべらない日もあるんですねぇ。

 

これはある意味、おカネがないよりもつらい。

 

そう言えば、昔の職業訓練校に(6年前はネットワーク系の学校に通った)、失業保険受給期間内なのに、わざわざ職業訓練校に来ているおじさんがいた。

 

普通、職業訓練校は失業保険受給期間中から通いだして、その目的のひとつに失業保険期間の引き伸ばし(働いたくないでござる!)もあるのに、このおじさんは辞めた会社の就業期間が長かったこともあり、失業保険期間が長いにも関わらず、その期間内に学校に来ていた。

 

今考えると、

「あのおじさん、寂しかったんだろうな。」

と思う。

 

長く務めた会社を辞め、嫁とは離婚、息子は一人立ちしてしまい、おそらく一軒家に1人で住んでいたんだと思われる。

学校の席が近かった僕にも頻繁に話しかけてきていた。

 

いやはや、

「人間は1人では生きていけないんだなぁ。」

と思います。

 

『コミュニケーション能力』は今までの対人コミュニケーション回数で決まる!

 

『コミュニケーション能力』が、高い人、低い人ってよく言われたりしますが、、、

 

僕はこの『コミュニケーション能力』って、プログラミング能力やブログのマネタイズ能力と同じく、

「場数の問題」

だと思っています。

 

ていうか、

「人生は大体、場数の問題」

なんじゃないかと思っていますw

 

ドラクエでいうところの、

『経験値』

ですなぁ。

 

今まで、

どれだけトライ&エラーを繰り返しているか?

どれだけPDCAサイクルを回しているか?

 

で、『コミュニケーション能力』に関しても、結局、

「今までどれだけ他人とコミュニケートしたか?」 

というシンプルな経験値の問題だと思うんですよねぇ。

 

僕と同様、営業職あがりのクラスメイトがいるんですけど、彼は僕と同様、元からのプログラミング知識はミニマムなんですが、僕や彼がそこそこ評価されているのでは、こまめにチームメンバーとコミュニケーションをとったり、しょうもないギャグで女子を笑かしたりしてるからだと思うw

 

これらは年齢でも学歴でも職歴でもなく、

今までの人生のコミュニケーション回数によるもの

なので、いい歳したおっさんがコミュ障だったり、大学生くらいでもえらいコミュニケーション能力が高い人もいます。

 

で、いい歳したおっさんが、

「大学なんていかなくていい!」

とか言うのも、

結局、その人が人生における『コミュニケーション能力』の占有率の高さを過小評価しているから

なんじゃないかと思います。

(まぁ、そんなことをブログやtwitterで書いたりする時点でコミュニケーション能力の低さを露呈しているようなものですが。。。w)

 

 

話は全く変わりますが、

『マカデミアナッツ』

ってありますよね?

 

▼Amazonでは「マカ『ダ』ミアナッツ」と呼ばれているそうですw 

 

このマカデミアナッツ、

ぶっちゃけ、ナッツだけを食べてもそんなに美味しくないですw

(アーモンドとかもそうですがw) 

 

けど、

▼チョコに包んだとたん、めちゃくちゃ美味しくなるんですよねぇ!!w

 

これは僕が好きな女性の作家さんが昔、どこかで言っていたことなんですけど、

「言いたいことはチョコに包んで。」 

ってことです。

 

人間関係でも、

自分が言いたいことをダイレクトに伝えると角が立つことがままある。

 

けど『チョコレート』に包んで渡すと、いっきに美味しくなるし、なぜか、単体で食べるとそんなに美味しくないマカデミアナッツやアーモンドも美味しく感じられる。

 

僕は対人コミュニケーションの基本は、

「チョコで包む」

ことだと思っている。

 

 

これも全く関係ないけど、漫画『るろうに剣心』が一番伝えたいことは、

「剣心の生き方・考え方」

だと僕は思う。

 

okite.hatenadiary.jp

 

けど、それじゃあ漫画は売れないから、少女漫画チックな絵柄と、少年漫画の王道のバトルスタイル(『十本刀』とか『7人の悪魔超人』以来のジャンプ漫画の王道バトルスタイルやでw)で、

単体だと美味しくない『マカデミアナッツ』まで食べさせる構造

にしてあるんだと思う。

(小説で言うと司馬遼太郎作品とか?)

 

つまり、

対人コミュニケーションの基本は、対人していない場合でも、例えば、対読者だったり、対ユーザーだったり、対サイト訪問者に関しても基本的に変わらない

と僕は思っている。

 

これからの時代は『コミュニケーション能力』×『手に職』!

 

で、僕がなにが言いたいのかというと、これからの時代は、

『コミュニケーション能力』×『手に職』 

が大事になってくるんじゃないかな、と。

 

僕は、ITテクノロジーが進化し、スマホやSNSがでてきた時代だからこそ、

より『コミュニケーション能力』は大事になっていく

と考える。

 

20世紀までは、

「モノを作るために働く」

ために、

「学校で勉強する」 

スタイルだった。

 

人類は。

 

しかし、21世紀に入り、

「プロダクトの『生産性』」 

がカンストしつつある。

 

その時代に、より求められてくるのは、

モノではなく、コミュニティ

なんじゃないかと思う。

 

むしろ、

「コミュニティの『生産性』」

を上げるために、

コミュニケーション能力はより必須な能力

になっていくと思う。

 

「これからは『男性中心経済』ではなく、『女性中心経済』になっていく。」

という人もいる。

 

結局、

人間はどれだけ進化しても『社会的動物』だった

ってことなんでしょうねぇ。

 

スタンドでいうと、接近パワー型の生物ではなく、

「重ちーのハーヴェスト」的な生物体w

単体では弱いけど、集団では最強!

みたいなw(なんのこっちゃw)

 

 

なので、ぶっちゃけ、

『コミュニケーション能力』

だけで飯は食えます。

 

営業職とか、結局、『場数の問題』なんで。

 

けど、僕はそれだけだと物足りないんで、さらに『手に職』(とブログ収入w)を得るために今は学校に行っています。

 

 

なので、今時点での僕の意見を言うと、、、

 

『学校』とは、、、

『コミュニケーション能力』の場数を稼げて、

さらに同時に『手に職』の基礎スキルをつけさせてもらえる場所

というところでしょうか。

 

『精神と時の部屋』

みたいなもん?w

(あ、いや悟空は悟飯とコミュニケーション取れてなかったなwセルゲームの時ww)

 

 

なので、

人生の一定期間、そこで勉強して場数を踏むのは非常に大事な時間だと思いますし、働き始めてから一時的に学校に通うことも素晴らしいことだと思いますよ!!