A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

『ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -』1日目は最初から最後までずっと面白かったよ!!

2019年2月17日本日はゲストハウス業界で話題の▼こちらに参加してきました!!

ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -

 

 

今回はその1日目の様子をさっそくレポートしたいと思います!!

 

『ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -』とは?

 

『ゲストハウスサミット』としては、2015年の渋谷・ヒカリエ、昨年2018年の広島に続く第三回目の開催ですね!!

 

年々、規模や会場が大きくなっていて、、、

 

今年はなんと!

2日間に渡り、90分の▼『オープンセッション』が3ブース同時開催で、2日で『オープンセッション』が合計21本!!

オープンセッション | ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -

 

さらに▼2日目の『ゲストハウス学会』や、企業ブースである『相談ブース』まであってすごい!!もうこれ一大イベントですな!!

ゲストハウス学会 | ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -

 

 

で、実はこの『ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -』は3日あって、1日目の15日金曜日の▼『オーナーズセッション』はゲストハウスオーナーのみの参加可能イベントでした!

オーナーズセッション | ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -

 

そして『ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -』の主催者は▼この方々!

特に最近話題の『Little Japan』や『Hostel Life』を運営している柚木理雄さんがいろいろ頑張っているように思えました!

事務局 | ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -

 

会場は▼パソナグループの『TRAVEL HUB MIX』です!

ABOUT : TRAVEL HUB MIX : TRAVEL HUB MIXは、出会い(Meetup)と刺激(Inspiration)と体験(Experience)のある新しい旅(人生)の案内所です。

パソナ「ゲストハウスサミット2019」開催/全国各地からゲストハウスオーナーが結集|株式会社パソナグループのプレスリリース

 

万年派遣社員の僕としては、

「なんで派遣会社のパソナがゲストハウス?」

と思いましたが▼こういうことらしいです。なるほどー。

パソナは本取り組みを通じて、新しい旅や地域との関わり方を提案する魅力ある「人」が交流する機会を提供し、一人ひとりが豊かな人生設計を描ける社会の実現を目指してまいります。

 

というわけで、現場からのリアルタイムツイートをもとに1日目の様子を伝えていきたいと思います!!

ただし、『オープンセッション』は3ブース同時開催なので、その中で僕が参加した各1ブースずつです!

 

会場自体が、ゲストハウスの『関係人口』な人たちばかり!!

 

というわけで、僕は前日まで超ハードな日々を過ごしていて、前日は21時まえに爆睡!w

 

けど、朝も起きれず、9時に目覚ましで起きるw

朝やろうとしていた個人的な用事は何もできなかったけど、12時間以上寝たから、すごく元気!!w

 

で、会場に着くと、、、

 

いきなり会場入口でボランティアスタッフの▼なつみさんがお出迎えです!w

ゆるゆるっとまいご|Natsumi Yumura|note

 

 

いやー、なつみさんは元々、僕のこのブログを読んでくれて、初めての一人旅&ゲストハウス宿泊を▼下諏訪のマスヤゲストハウスに選んでいただき、、、

ゆるゆるっとまいご - 下諏訪|Natsumi Yumura|note

 

その後、▼ゲストハウス紹介サイト『ひげむぅ』でゲストハウス・ライターデビューも果たし、、、

人見知りでも英語が苦手でも大丈夫!浅草の「Little Japan」は初心者でも安心のゲストハウス | ひげむぅ

 

ついにゲストハウス・サミットのボランティアスタッフまで果たすようになりました!

連日のイベントで大変ですが、明日もきなこを食べて頑張ってください!!

 

そうそう!

▼下諏訪ホシスメバのリノベツアーに来ていた某氏がボランティアスタッフの中心的存在になっててびっくり!!w

okite.hatenadiary.jp

 

そして、会場には他にもちらほらと知ってる人や、僕が一方的に知ってる人がいました!!

僕のようなゲストハウスマニアにはたまらないイベントですな!!

 

外はすごく寒いのですが、会場は暖かかったです!!

むしろ、上着が邪魔だなぁ。。。

 

会場内には、まるでゲストハウスの交流スペースのように▼日本各地のゲストハウスのフライヤーが置いてあったり、、、

 

ゲストハウス関連の本もいっぱい置いてありました!!

 

だりさんの▼『ゲストハウスガイド100』もあったよ!!

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

 

 

今発売中の▼ソトコト3月号『続・関係人口入門』には今回のゲストハウスサミット2019の登壇者がいっぱい出ています!!昨日発売されたばかりのKindle版が500円で広告もなくてお得!!

ソトコト (2019年3月号)

ソトコト (2019年3月号)

 

 

去年の▼『関係人口入門』も良かったです!! 

okite.hatenadiary.jp

SOTOKOTO(ソトコト) 2018年2月号[関係人口入門]

SOTOKOTO(ソトコト) 2018年2月号[関係人口入門]

 

 

 

「関係人口」そのものに関しては島根の田中輝美さんの▼『関係人口をつくる』に詳しく説明されています!! 

okite.hatenadiary.jp

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

 

 

写真を撮り忘れましたが▼『まちのゲストハウス考』も置いてありました!!

okite.hatenadiary.jp

まちのゲストハウス考

まちのゲストハウス考

  • 作者: 真野洋介,片岡八重子,明石健治,豊田雅子,飯室織絵,加納亮介,蛇谷りえ,井筒もめ,森岡咲子,武田昌大,田中惇敏,西村祐子,Yone(米村知倫)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

会場でもらったパンフレットには▼松鳥むうさんの可愛い旅漫画が描かれている『HostellingMagazine』が挟まれていました!!

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

日本てくてくゲストハウスめぐり (地球の歩き方コミックエッセイ)

日本てくてくゲストハウスめぐり (地球の歩き方コミックエッセイ)

 

okite.hatenadiary.jp

あちこち 島ごはん (芳文社コミックス)

あちこち 島ごはん (芳文社コミックス)

 

 

いやはや、ゲストハウス、ゲストハウスしていますねぇw

 

そうこうしていると、登壇者の方々もちらほらと現れました!

 

▼なんと!会場ではパンが食べれます!!美味しかった!!

 

 

というわけで、10:30に最初の『オープンセッション』がはじまりましたー!!

 

『ゲストハウス×フリーランス(ブロガー)』の話はブロガーのリアリティに溢れていた!!

 

受付と同じ会場(Travel Hub Mix1)で、そのまま始まった、

ゲストハウス×フリーランス!

 

登壇者はブログ『まじまじぱーてぃー』の▼あんちゃさんと、

まじまじぱーてぃー | アソビくるう人生をきみに。

 

『プロ無職』の▼るってぃ氏です!!

https://rutty07.com/

 

って、この2人、ブログ界では知らない人はいないくらいの有名人でtwitterのフォロワー数もすごいのですが、、、

 

土曜日の午前中、一発目の『オープンセッション』で会場の雰囲気がまだ温まってなかったのもありますが、やっぱりゲストハウス界隈では知名度低いんだと思いました。。。

 

会場も僕の予想以上に席が空いていました。。。

まぁ、ゲストハウス界隈は基本的に『facebook』の世界観で、twitterやってる人は少ないですからねぇ。

 

トークはブログ運営やマネタイズ論とか、個人的には面白かったものの『ゲストハウス』とはあんまり関係なかったかなw

 

話を聞きに来ていた人も大学生とか、大学辞めたばかりの人とか、彼ら(27歳)より年下の人が多かったかな。

ゲストハウス業界は全体的に30代以上の人が圧倒的に多いですからねぇ。。。

 

あと、彼らの芸風としての『下ネタ』が多かったですが、午前中のイベント一発目から『下ネタ』はキツイ。。。w

 

▼この写真と、るってぃ氏が昔バイトしていたゲストハウスの写真くらいしかゲストハウス関連のスライドなかったww

 

話はブログ論が多く、、、

 

僕のほうも、朝一発目というのと、いつもたんたんとしているような話が多かったので、つぶやきは控えめw

 

▼こちらの方イラストのほうがよくまとまっています!w

 

で、彼らは社会人向いてなくてフリーランスになったけど、逆にフリーランスって24時間働いているようなものだった、というのが2人の共通の意見。

 

むしろ、働いているほうが自分を律してくれるし、本業をブログの『休憩』に使えるからいい、とのこと。

 

なので、ZOZOの田端さんが最強だとw

仕事中でもtwitter等で情報発信できるから。

(高知の人からはブロックされたけどww)

 

るってぃさんは、いっしょに絡んだことのある、とあるブロガーさんで、

『半年間は日本で派遣で働いて、半年間は世界を旅しながらブログを書く』

というライフスタイルの人がいて、

「もうそれこそが理想!」

だと言っていた。

 

って、それ、俺じゃん!!w

 

まぁ、3年くらい前はイケハヤ氏に代表される『プロブロガー』のコンセプトは、

「ブログで成功して会社を辞めよう!!」

みたいな感じだったけど、、、

 

いざ、辞めてみて数年経つと、

「半社会人×半ブロガーこそが最強!!」

という結論に達したらしい。

 

けど、イケハヤ氏のように顔も名前も出しちゃってるし、今さら勤め人に戻れない、みたいな。

 

まぁ、これは僕とたんたんが去年くらいに徹底的に議論して出した答えと同じなんだけどねw

 

生活費をミニマムにして、本業(派遣社員)だけでも、ブログだけでも飯が食える状態にいるブロガーが最強だと。

 

それ以上の余剰収入は徹底的に貯金、もしくはそのおカネで旅に出てその旅の関連複数記事も全部ブログに書いて旅費も黒字にする!!

(そして宿泊費・飲食代・移動費は白色申告ですべて経費換算して派遣社員労働でとられた税金を取り戻す!!)

 

しかも、

その作戦だと「はてなブログ」のままでいい!

「ワードプレス」に移行しなくてもいい!!

(いわゆる「ちきりんコース」)

 

「金銭的にも、時間的にも『余裕』があるから、そこで初めてブログが『ライフワーク』になる。飯を食うための『ライスワーク』ではなく。」

と、僕やたんたんは考えている。

 

ブロガーや旅人という地球の表面上を滑る『根無し草』よりも、根を張って働いていることで記事に『深み』も出るし、日本語でブログ記事を書く以上、読者である日本人は約9割が「勤め人(給与所得者)」なので共感もされやすい。

 

さらに2つのキャリアをパラレル的に進めることで双方のキャリアに『シナジー効果』も起こしやすい。

 

で、なんで僕がこんなにちょっと偉そうに言うかというと、僕も20代の中頃、彼らと同じような道を歩みかけていたからw

 

そこから軌道修正して、20代後半から派遣社員として死ぬほど働き、30代前半で「親の借金」と「学費の借金」という『双子の赤字』を返済し、30代後半から今のように顔出し名前だしNGの副業趣味ブロガーになりましたwパラレル最勇気!!w

 

ま、『四十にて惑わず』ってことでw

 

数年前にちょいブレイクした安藤美冬さんもtwitter辞めてどっかいっちゃいましたしねぇ。

 

これ、ずっと前から言い続けているんだけど、わかってくれるのはたんたんくらいだww

 

okite.hatenadiary.jp

 

 

って、僕も思わず『ブログ論』になっちゃってますが、この記事は『ゲストハウスサミット』の記事ですよ!!w

 

 

会場では、、、

 

けど、この後も大体、ブログ論だった気が、、、w

ゲストハウスとブログ論、このゲストハウスサミットで両方興味ある人、俺くらいな気がするw

 

で、最後のほうに歩いて別のブースに行くと、、、

向こうでは下ネタとかの話してるのに、こっちはめっちゃリアルな事業の話してる!w

 

まぁ、ゲストハウスサミットに来る主に30代以上の人達はゲストハウスオーナーやオーナー志望者も多いだろうから、年下のフリーランス(というかブロガー)よりも、民泊事業のほうが数倍興味あるだろうなぁ。

 

「ブログで食っていく!」

というのも一般人には再現性は低いしなぁ。

 

というわけで、お昼休憩!! 

 

午後の一発目に僕が選んだのは、、、

『ゲストハウス×地方創生』はゲストが豪華すぎた!!

 

会場に戻ると、、、

 

▼この時と大体、同じスライドでしたwけど、何度見ても面白い!!w

okite.hatenadiary.jp

 

そして会場は午前中と違ってすごい人!!

 

いや、午前中のブロガーイベントもいい話してましたよ!!

でもまぁ、ゲストハウス・クラスタには刺さらなかったというだけで。

 

ソトコト (2019年3月号)

ソトコト (2019年3月号)

 

 

そうなんですよねぇ。

ちなみに僕的なこの図の理想郷は下諏訪ですw

 

他にもパソナの面白い方、外国人に空港でガチャガチャをさせる起業家、他人を笑顔にさせる役人の方、等々、とにかく、

「遊んでいるように働いている大人」

が多かった。

 

個人的には「プロブロガー」で遊び狂う20代より、こういう「仕事か遊びかよくわからないことをしているおっさん」のほうが好きだなぁw

 

社会観察も鋭く、、、

 

「多くの人に多くのモノを売るよりも、少数のファンを作る時代!」

のようなことも言っておられました。

 

僕が大好きな▼ファンベース的な考え方ですな!! 

ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

 

 

▼この図もいいですね!!

『理想』から逆算して考える考え方!!

 

 

▼これですね!確かに粟島に行ってみたくなる!!

宿一覧 | 粟島観光協会

 

というわけで、ゲストハウス×地方創生も終了!!

 

『ゲストハウス×アドレスホッピング』はすごい人気!!

というわけで、お次は『アドレスホッパー』!!

 

で、この『アドレスホッパー』、僕もつい最近まで存じ上げず、▼この記事で知ったのですが、、、

家を持たない『アドレスホッパー』とは? ミニマリストな生き方をする人の生態とは | ミニマリストのブログ

 

どうやら、ミニマリストの一種っぽい。

 

2011年ノマド→2017年▼モバイルボヘミアン→2019年アドレスホッパー【new!!】

みたいな感じかな?w

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

okite.hatenadiary.jp

 

で、

この人たち、ものすごい人気でした!!

 

実際、最初は小さいほうのブース(2)開催でしたが、おそらく人が多すぎて大きいほうのブース(1)での移動開催になっていました!

 

僕は休み時間のうちにトイレに行き、コーヒーも買って、パンフの通りに小さいほうのブース(2)に行ったら金髪の人がいなかったので、引き返して大きいほうのブース(1)に行ったら超満員で立ち見必至でしたw

 

会場の熱気に煽られて、僕のリアルタイム・ツイートもノッてきました!!w

 

ンッン~!

名言だねこれは!!

 

 

これは笑った!!

こんなのどこに売ってるんだ!!w

 

ここからアドレスホッパー達の名言ラッシュ!!

 

これらは質問者の女性の、

「子供がいてもアドレスホッパーできますか?」

という質問の答え。

 

確かに。

僕も地方出身だけど、地方のしょーもない教師にガラパゴスな勉強法教わるくらいなら▼カーンアカデミーのほうがいいなぁw

僕もほとんど小中高の授業は聞いてなかったしww 

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション

 

 

 

アドレスホッパーの市橋さん、めっちゃサウナが好きっぽくてサウナの話ばかりで、月に数回はサウナに泊まるっぽいですw

 

ツイート追い切れなかったですが、東京では渋谷のコワーキングで働き、渋谷のゲストハウス・ホステルに泊まり、渋谷と恵比寿の間にある最近リニューアルされた▼『改良湯』に行くのがサイコー!とのことw

渋谷駅・恵比寿駅 銭湯 改良湯|創業100年を超える超老舗銭湯

 

ここ、▼ヨッピーさんも絶賛していましたねぇ!

 

そして、京都では『サウナの梅湯』に行って、ゲストハウス『Len』に泊まるのがサイコー!とのこと!!

 

いやぁ、もう▼この本の世界観じゃないですか!w

旅先銭湯

旅先銭湯

 

okite.hatenadiary.jp

 

▼『サウナの梅湯』についてはこの本に詳しく書いてあります!! 

okite.hatenadiary.jp

ひつじの京都銭湯図鑑

ひつじの京都銭湯図鑑

 

 

▼京都河原町のゲストハウス『Len』は泊まらなくてもカフェ利用で奥のソファでゆっくりするのもサイコーですよ!!パンも美味しい!!

okite.hatenadiary.jp

 

どっちも行ったことある▼にゃんすは、、、 

人の勝手だろっ!!w

 

ちなみに、僕にとっての、

「風呂・メシ・カフェ・コミュニティが総合的にいい町」

は、やっぱり下諏訪ですw

 

京都より下諏訪!!w

観光客がミニマムなのがいい!!w

リビセンもあるし、せんりもいるっ!!w

ゲスハの極み!アッー!!ww

 

 

▼ここは僕も注目してました!!ていうか本当にお風呂好きなんですねぇw 

BathHaus | HYPER SENTO & CO-WORKING SPACE

 

×シティゲストハウス ○シティホステル

▼ここですな!外観がすでにステキ!!

シティ ホステル(ストックホルム)– 2019年 最新料金

 

▼鳥取の「たみ」は人気で、会場からも「僕も一番好きなゲストハウス!」という声もでました!!

Tami Tottori

けど、ここ写真禁止なんですよねぇ。。。

写真がないとブログ記事にしにくいので、ブロガー的には宿泊コスパは良くないんですよねぇ。。。

 

この金髪の高梨さん、イベント登壇中もスマホいじってて、壇上から僕のtwitterのつぶやきに「いいね!」してきたりするwww

なんというか、『自由人』ですねぇw

 

 

へー!『キーステーション』は知らなかった!!

日本では『東京FMをキーステーションに』しか知らないw

 

 

×アルベルトリフーゾ ○アルベルゴ・ディフーゾ

▼ここですな!

《矢掛屋》今年は矢掛町がとっても熱い! 世界中から注目される「アルベルゴ・ディフーゾ」をいち早く体験。 - 日刊Webタウン情報おかやま

 

▼数日前に知り合いの佐藤翔平も行ってました!!

 

 

この言葉、聞いた時はなんとなく聞き流していましたが、twitterの画面に文字をフリック入力する時にすごく深い言葉だと思いました。

 

▼僕も彼らと完全に同じ考え方です!! 

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

 

リビセンの東野さんが好きな言葉、

「デザインで世界をよくしろ。」

▼に似ていると思いました。

ONESTORY

 

もっとメタな発言をすると、人類が起こした▼『情報革命』が『資本主義』をも克服しようとしているんだと僕は思う。

okite.hatenadiary.jp

 

という感じで、アドレスホッパー回も終了!!

 

『ゲストハウス×居場所』に日本のゲストハウスの過去と未来を見た!!

 

というわけで、1日目の最後は『ゲストハウス×居場所』を聞きにブース(3)へ!

 

そこで、▼南知多ゲストハウス『ほどほど』の「こっすー」さんとばったりお会いしました! 

南知多ゲストハウスほどほど - トップページ

 

ゲストハウス『ほどほど』は、控えめに言ってサイコーのゲストハウスですよ!!

(あ、まだ『ほどほど』の宿泊記事書いてない。。。まぁ、ほどほどにww)

 

今、▼こんな動画も見つけました!!

www.youtube.com

 

▼このコミックエッセイでも『Chapter 5』として大きく取り上げられています!!裏表紙も『ほどほど』のリビングでの光景ですし! 

日本てくてくゲストハウスめぐり (地球の歩き方コミックエッセイ)

日本てくてくゲストハウスめぐり (地球の歩き方コミックエッセイ)

 

 

で、こっすーさんも、最後の回は『不登校』か『台湾』かで悩んでいましたが、『台湾』の登壇者の「はむさん」がほんの少し前に『ほどほど』に泊まりに来たこともあって、『台湾』のほうに!

 

僕は『居場所』のほうに!!

席に着くとすぐに始まりました!! 

×梢の雪 ○梢乃雪

 

どちらもゲストハウス好きには非常に人気がある宿です!!

共通点は、どちらも『山奥』『▼交流型ゲストハウス』というところでしょうか?

okite.hatenadiary.jp

 

話はこう続きます!!

 

これは昔からゲストハウス好きな僕にはすごく良くわかるなぁ。

 

ゲストハウスって主にアジアが発祥と言ってもいいくらいなんだけど、90年代や00年代は、アジアのゲストハウスが日本でスピンアウトしちゃった人の居場所になってたような気がする。

 

雑誌▼『旅行人』の世界感ですねぇ。

okite.hatenadiary.jp

 

2008年くらいは僕は東京で派遣社員をしながら▼こういう本を好んで何度も読んでいました!!

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

 
外こもりのススメ―海外のほほん生活

外こもりのススメ―海外のほほん生活

 

 

上記の『日本を降りる若者たち』には、

「律子さん」

という女性が登場する。

 

彼女はタイ・バンコクのゲストハウス街「カオサンロード」の裏路地の日本人宿で著者の下川さんにこう話す、

「ゲストハウスの人間関係が好きなんです。

 

長くいる人もいるけど、基本的に旅行者でしょ。

あるとき、宿で一緒になって、いろんな話をして、そしてそれぞれの目的地に旅立っていく。

 

そういう関係っていうのかな。

近づきすぎず、遠すぎずっていうような関係、日本じゃできないんです。

 

だからここにいると、いろんな話ができる。

 

私、名古屋に住んでるんですけど、そこにいるより、なにか心を開いて話すことができるような気がするんです。

不思議なんですけど。」

 

彼女たちは宿泊施設ではなく、『コミュニティ』を求めて、わざわざ日本のアパートを引き払い、タイのカオサンロードまで来て『沈没』している。

 

彼女たちが求めていたモノは、▼『ゆるいコミュニティ』であり『フルサト』だったんじゃないかと思う。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

 

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

 

沖縄に99年からあったゲストハウス『月光荘』とかは、そんなカオサンの沈没系ゲストハウスを日本に作ったようなゲストハウスだったし、『京都月光荘』や、名古屋の『音速別荘』、姫路の『縁楽堂』、▼鹿児島・桜島の『ムーンガラムマサラゲストハウス』も沈没系だと思う。

okite.hatenadiary.jp

 

▼『山水人(やまうと)』みたいな彼らが好きそうなお祭りもありましたな。

ヒッピー系のお祭り・山水人(やまうと)を覗いてきました・・・/手づくり民宿・旅籠いろり〜な ( 滋賀県 ) - 信楽の宿・手づくり森の宿いろり〜な/陶芸の里・信楽で・・・ - Yahoo!ブログ

 

 

で、

2000年代に『居場所』から始まった日本のゲストハウスが、

2010年代のゲストハウス飽和の時代を経て、

2020年代以降、また『居場所』に戻りつつある。

のが面白いなぁ、と思った。

 

 

そうなのだ。

 

結局、日本における、

「プロダクトの『生産性』」

は1985年のプラザ合意の時点でほぼカンストしてるんだ。

 

21世紀の日本人に必要なのは、単なる『住』居や、新卒カードを使ってむりやり入り込む『職』業でもなく、▼『居』場所であり、今後はそれに人生すべてが従属していく世紀に僕はなると思っている。

okite.hatenadiary.jp

ペンギンの国のクジャク

ペンギンの国のクジャク

  • 作者: BJ ギャラガー,ウォレン・H.シュミット,BJ Gallagher,Warren H. Schmidt,田中一江
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

しかも、今度はゲストハウスは不登校の子供も巻き込もうとしている。

 

×旭町 ○朝日町

 

▼ここかな?

ゲストハウス松本亭一農舎 | Guest house Matsumoto-tei Ichino-sha

 

 

へー!▼ここかぁ!!

気仙沼ゲストハウス”架け橋”

 

子育て中のお母さんも子育てしながらゲストハウスで働ける、というのもいいですねぇ!!

 

 

へー!!!

 

 

なるほどねぇ。

日本社会は賢すぎても悪平等社会から弾かれちゃうんですよねぇ。黒田官兵衛しかり。

アメリカとかだと飛び級で大学行けたりするんですが。

 

 

検索しました!もっと詳しく知りたい方は▼こちらをお読みください!!

「新世界への修学旅行」のハッピーになる仕組みと実現できる理由 鈴木健太郎|新世界への修学旅行|note

新世界への修学旅行|note

 

というわけで、この日の最後の『オープンセッション』も終了!!

 

僕はブース(1)に戻り、何人かとお話し。 

 

僕のこのブログを読んで下諏訪にドハマリし、僕自身も下諏訪で2回お会いした読者さんとも話しましたw

2人とも兵庫県出身ですが、下諏訪と東京でしか会ったことないですw

 

 

というわけで、『ゲストハウスサミット2019 - ゲストハウスの可能性 -』1日目が終了しました!!

 

僕の感想はこの記事のタイトル通り、

「最初から最後までずっと面白かったよ!!」

です!!

 

いやぁ、本当、来れなかった人が可愛そうになるくらい面白かった!!

明日の2日目は僕の知り合いの登壇者も何人かいるのでさらに楽しみです!!