A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

民間就職サイトも氷河期限定採用開始!でも政府も企業も「まだまだわかってないなぁ。」と僕が思う理由!

どもです!

就職氷河期・ドストライク世代(77世代)のA1理論です!!

 

昨日、▼このような記事を読みました!

www.tokyo-np.co.jp

 

まぁ、今年春から政府が始めた氷河期対策で、最初のハロワ窓口対策は論外だったため、「一歩前進」というところですが、、、

 

それでも氷河期世代の当事者である僕は、

「政府も企業も、まだまだわかってないなぁ。」

と思ったので、この記事を書きました!!

氷河期世代の人々のイラスト

政府のハロワ窓口対応はリクナビ世代の氷河期には「やれやれだぜ。」だった。

2019年6月に日本政府が打ち出した、▼就職氷河期世代への支援プログラム!!

okite.hatenadiary.jp

 

僕は上記記事でも、

「絶対に失敗する!!」

と、予言しましたが、案の定、失敗したようですw

(まぁ、誰が考えても失敗だとは思いますが。。。w) 

 

失敗の要因は100個くらいありますが、そもそも論としてハローワークが窓口になってる時点で氷河期世代には「やれやれだぜ。。。」なんじゃあないでしょうか?

 

僕のtwitterにリプをくれた方が、

「ハロワなんて、『ブラック企業の手先』としか考えてません!」

と言ってましたが、まさしくその通りですね。

 

そもそも、氷河期世代は「リクナビ」世代ですし。。。

就職弱者ではあっても、情報強者は多い世代だと思います。

 

ちなみに、僕にとってのハロワは、失業保険(雇用保険)と、職業訓練校の窓口であって、それ以上でもそれ以下でもありませんw

ていうか、ハロワで仕事探してる時点で「情弱か!」と思いますw

 

宝塚市の氷河期殺到にビックリして急遽、方針変更!

で、お国の政策がそんな感じでgdgdで続いている中、夏くらいに▼宝塚市の「就職氷河期世代の正社員募集」に605倍の応募が!! 

okite.hatenadiary.jp

 

ブログでいうと「バズった」状態だw

ハロワには全然、人が来なかったのに!!

 

まぁ、▼これと同じですな。やり方が悪かっただけw

okite.hatenadiary.jp

 

その後、兵庫県のいくつかの自治体もマネし、ついに▼兵庫県の県庁職員も氷河期世代限定採用を始めたらしい!!

www.kobe-np.co.jp

 

もうね、僕の中では、

「兵庫県はすでに、氷河期ん!」

ですよ!!

(なんのこっちゃw)

 

それをマネする兵庫県以外の自治体も出てきましたが、、、

コレジャナイ感w

 

まぁ、そこに▼『コミュニティ』があることが大事なんじゃないかな?知らんけどw

ニート・フリーター・派遣社員をすべていっしょくたにして議論をするから常に話が食い違う!!

というわけで、政府も焦って、民間の就職サイトでも、

「就職氷河期枠」 

を特設しようとしたわけですが、、、

 

確かに一歩前進ですし、おそらく、そこそこ人は集まるとは思いますが、、、

 

記事を読んでても、 僕が、

「なんだかなぁ。」

と思うのは、、、

 

結局、▼フルタイムで働き、仕事もバリバリとこなし、瞬時の判断もキレッキレで、正社員に指示して仕事を教えている派遣社員や契約社員、派遣会社の正社員、派遣会社からの業務委託などは、、、

okite.hatenadiary.jp

 

所属会社こそ違えど、業務は正社員以上にこなしている、いわゆる『出向』とほぼ同じ状態なわけで、、、

 

正社員以上に仕事をこなしている、いや、正社員を指導している、もっというと、「正社員を食わしてやってる」状態なのに、その正社員の給与の半分で福利厚生なし、というのがそもそも大問題なわけで、、、

 

しかも、派遣は3年で強制終了、、、

▼この政策も絶対に失敗すると僕は思います。。。 

okite.hatenadiary.jp

 

そんな、構造的に全く救われようのない「非正規」と、、、

 

今まで特に努力も仕事もしてこなかった「ニート」を同列に扱うのはあまりにも暴論過ぎるだろう。。。

人生における『努力』の総量が違いすぎる。。。

 

そして、そもそも▼当の「ニート」達はほとんど社会復帰する気がないと僕は思っているw 

okite.hatenadiary.jp

 

なぜなら、▼こう思っているからw

f:id:A1riron:20190510223040p:plain

 

あと、就職氷河期世代が20代だった頃は、

「パワハラ・モラハラ当たり前!」

の平成時代だったので、▼『就職』『労働』自体がトラウマになっちゃってる人も少なくないと僕は思う。

okite.hatenadiary.jp

 

「働きたくない人は働かなくていい」というのが、僕の考え方だ。 

僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)

僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)

  • 作者:堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/02/01
  • メディア: 新書
 

 

ただ、働いている、しかも、人一倍働いている人が、この国では全く報われていないのが大問題だと僕は考えている。

 

ちなみにフリーターはかなり多種多様で、ニート寄りの人もいれば、派遣社員よりの人もいると思う。

なので、この三者はぜんぜん違うんだ。

 

当然ながら、氷河期世代でも無能は無能!諸悪の根源は『新卒一括採用制度』による正社員の「虚数の給料」!

つまり、ズバリ言うと、氷河期世代でも無能は無能なんですw 

 

「氷河期世代」というだけで、障がい者や、被差別部落民のような扱いをされ、特定のイデオロギーの人たちにオルグされる、みたいな構図になるな!ってことです。

 

諸悪の根源は『新卒一括採用制度』と▼『正社員制度』という、国家ぐるみの信者ビジネスなんです。

okite.hatenadiary.jp

 

なので、日本企業は、

「▼人手不足なのに、人が余っている」

という状態になる! 

okite.hatenadiary.jp

 

『終身雇用』なんていうのは、戦後の時限立法のような特殊な制度に過ぎないんです。

okite.hatenadiary.jp

 

という状況で、今回は、

・将来の生活保護世帯を減らしたい政府

・少しでも人手が欲しい企業

の利害が一致したんでしょうねぇ。

 

今まで30年ほど、政府も企業も氷河期世代には、

「自己責任!」

と言い続けてきたのですが、、、

(それが遠因でお亡くなりになったり、病んだりしたお友達が、氷河期世代には多いのではないでしょうか。。。)

 

まぁ、それでもすぐには変われないとは思いますが、一歩前進で。

 

企業の「優秀な中途社員ねだり」は無間地獄! まず、社内の非正規雇用の待遇改善が結果的に優秀な氷河期世代の経済的救済になる!

まぁ、何が言いたいのかというと、結局、日本企業は、

「中途採用社員で即戦力になる優秀な人がいるはずだ!」

とまだ思っているように思えます。 

 

そもそも、中途社員の時点で即戦力になるわけない。

それは派遣も業務委託も出向もほぼ同じだと僕は思う。

 

そして、この人手不足の時代に仕事を探している時点でそんなに優秀じゃない。

 

それよりも、まず、目の前にいる派遣社員や契約社員の待遇改善を見直すべきなんじゃないかな?

氷河期世代に限らず。 

で、それが結果的に頑張っている氷河期世代の救済になると思う。

 

その仕事が好きで、何年も働いていて、業務も熟知していて、マニアックなシステム運用も熟知していて、紙の回し方も、社内の根回しの仕方も知っている、優秀な非正規雇用の人。

これって、完全に『即戦力』の人材だよねぇ?

 

そういう人たちの待遇を放置していて、中途社員(事実上の新卒社員)の待遇だけ良くするのはおかしくないですかね??

 

まぁ、正社員というのがそもそも▼「虚数」の給料をもらっている人達だと僕は認識していますが。

 

ミニマムに言うと、

『そもそも』がおかしいんです、『そもそも』が。 

 

okite.hatenadiary.jp

 

それでも氷河期世代は、日本という『コスパ最強の国』で、ゆっくりと給料と待遇を上げていこう!!

と、まぁ、いろいろ述べてきましたが、最後はポジティブなことを書くとすると、、、

 

やっぱりそれでもこの国は食べ物も美味しいし、温泉もあり、気候も穏やかで、しかも比較的物価が安い上に、そのコストパフォーマンスも高い、という、

『コスパ最強の国』

なんですよねぇ。

 

お隣の国は▼こんなですから。。。

 

この国のデメリットは『新卒一括採用』と『正社員』制度のような、

『労働コスパ最悪』

なだけですから。

もう、これだけがズバ抜けてダメなだけなんですから。

 

でも、令和時代に入り、それも徐々に改善されつつあるように思われます。

今が『過渡期』なんでしょうねぇ。

 

そういえば、最近、▼こんなことも考えましたw

 

5年後になるか、10年後になるか、その先になるかわかりませんが、僕はいつか▼派遣の仕事と正社員の仕事は逆転すると考えています。 

okite.hatenadiary.jp

 

ヨーロッパやオーストラリアでは正社員より派遣の給料のほうが高いですからね。

 

そんなわけで、政府も企業も、まだまだ分かってないですが、氷河期世代は、この『過渡期の時代』をどうにか楽しんで乗り切りましょう!!

 

 

 

おまけ:記事アップ後のしょーもない追記w