A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

吉本の岡本社長の会見に学ぶ、上に行けば行くほどバカになる日本社会という名の『バカOS』!

どもです!

 

10代の頃から、

「日本は『バカOS』国家だ!真面目に生きりゃバカを見る!!」

と言い続けていたフシがあるA1理論です! 

 

で、▼昨日の吉本興業の岡本社長の会見が、その日本社会の『バカOS』っぷりをマザマザと見せつけてくれたので、今回はこれをサンプルとしてこの国の基本構造を見て行きたいと思います!!

f:id:A1riron:20190723213825p:plain

宮迫の記者会見を聞いて、松本人志→大崎洋の登場まで読んでいた俺は軍師というより『放送室』の聞き過ぎ!!w

まぁ、今回の事件、知らない人はあんまりいないと思いますが、、、

僕のtwitterのタイムラインとともに経緯を説明します!

 

6月後半くらいから『闇営業』でいろいろ話題になっていた吉本興業ですが、テレビを持ってない僕はあんまり興味なかったのですが、、、

 

でも、▼この辺くらいから、なんか興味を持ってきました。

 

なんか、吉本に対して、

「平成のブラック企業臭」

がプンプンしてきたんですよねぇ。

 

契約がないとか「なあなあ」な会社だとは思っていましたが、あんまりブラックなイメージはなかったんですけどねぇ。。。 

 

そんな折、我らが松本人志が▼こんな発言を、、、

 

そしたら、上記tweetに、とれいCが、

と僕に言ってきたので、、、 

 

 

▼この本は高校生の時から何度も読んでいて、何度、断捨離しても本棚に戻ってきてしまう本ですw去年もまた、Amazonで買いなおしてしまいましたw 

遺書

遺書

 
「松本」の「遺書」 (朝日文庫)

「松本」の「遺書」 (朝日文庫)

 

 

▼ラジオ『放送室』も何度も聴いていて、、、 

放送室 1

放送室 1

 

 

去年は尼崎へ、▼『放送室』の聖地巡礼の旅までしてしまいましたからw 

okite.hatenadiary.jp

 

 

 

 

いやー、俺は鋭いねー!

 

そうか、この吉本に対する違和感は、今年からの『岡本社長体制』か。。。

 

 

 

そして、翌21日、、、 

 

wwwwww

これのほうが、よっぽど闇に葬られているよなww

 

しかし、松ちゃんの男気は立派ですなぁ。

 

吉本の経営層はもう進取の精神はなくて、既得権益層化、公家化してる。

そして思った。

 

この日は選挙の日でしたねぇ。

 

さすが、たけしや。。。

 

たけしさんは▼この本の松ちゃんとの対談で、、、 

コマネチ!―ビートたけし全記録 (新潮文庫)

コマネチ!―ビートたけし全記録 (新潮文庫)

 

 

『ごっつええ感じ』をブチ切れして強制終了した松ちゃんに、

「芸人はテレビ局には将棋の駒みたいに思われているから。」 

みたいなことを言っていたのを思い出しました。。。

 

結局、テレビ局も芸能事務所も、現場を知らない「大卒背広組」だらけになってきたら、芸人なんて「商品」、よく言って「株券」くらいにしか思われなくなる。

 

それを防ぐのは「先輩芸人の勤」めみたいなものなんだろうなぁ。。。

 

 

 

そして、翌22日、、、

 

まぁ、根本原因は僕はやっぱり▼これだと思っていますが、、、 

 

しかし、その根本原因から、今の吉本の『岡本社長体制』のダメさ具合が明るみに出た感じ。

 

ま、『岡本社長体制』に対する、松本・大崎コンビのクーデターとも言えるのかも。

(なので浜田は静観してるのかも。これがワイドなショーでの「あいつはあかん」発言の真意か。。。)

 

もしくは、

「大崎さんといっしょに辞める」

と言ったのは、黒田官兵衛同様に、浮世の『バカOS』に嫌気がさして、隠居したがったのかも。(島田紳助みたいに。。。)

 

単にダウンタウンの尻馬に乗っかっただけの人が、日本社会では出世するよ!

で、今回の一連の事件をかなり正確に理解していると思ったのが▼この人たち! 

 

 

結局、▼この岡本さん、吉本に入ったのは1991年。

岡本昭彦 - Wikipedia

 

僕の記憶では、この頃、ダウンタウンが関西では天下を取っていて、東京に進出し、東京でも天下を取りつつある頃だった記憶がある。

 

『放送室』でもよく松ちゃんが言ってるけど、ダウンタウンが東京に出てきた頃は、吉本の東京本社は赤坂の狭いマンションの一室だったらしく、、、

 

その直前、当時の大崎さんが、大阪でアパート借りていた松ちゃんに、

「東京に来たら家賃出したる」

と、半ば騙して東京に引っ張り出した。

 

その後、家賃を出してもらえなくて文句を言った松ちゃんに大崎さんが言った言葉が、

「そんなん、木村さんにどう言うたらええねん。」

だw

木村政雄 - Wikipedia

 

で、そのダウンタウンの東京(に、いやいや)進出から、吉本はグングン大きくなっていって、その成長過程で入社してきたのが今回の岡本社長。

 

いわば、ダウンタウンの尻馬に乗っかっただけの人。

 

「日本社会だなぁ。」 

って、僕は思いました。 

 

結局、頑張ってた人は一代目だけで、その後は、その既得権益に上手に乗っかった人がそれらの礎を美味しくしゃぶりつくすだけ。

 

動画のコメントに、

「この社長、うちの会社の社長と似てる。」 

みたいなコメントあったけど、これがまさに日本社会の象徴でしょう。

 

何の能力もない、単に権力にすり寄っただけの、スネ夫やザボエラみたいな奴が出世していくのが日本社会。

 

現在、令和の日本社会は人手不足が深刻ですが、、、

 

氷河期世代含め、▼多くの労働者が、平成時代の日本のそんな『バカOS』社会に飽き飽きして、ログアウトしてしまったからこそ、深刻な人手不足社会になっているんだと僕は思う。

okite.hatenadiary.jp

 

やっぱり日本社会では『無敵の人』こそが最強!!

最近、思うのは、、、

「やっぱりこの国では、失うモノがない『無敵の人』が最強なのでは!?」

ということですw

 

 

だって、『失うモノ』があるから、それを守るために、しょーもない社長とかの横暴な態度に我慢したり、しがみついたりしないといけないんでしょ?

 

今回の事件で言うと、宮迫達はもちろん悪いんだけれども、吉本の体制がそれを上回ってダメだったから岡本社長が叩かれているわけで、、、

 

それもまだ松ちゃんや大崎さんが現役だったから良かったけど、木村さんみたいに現役離れて久しかったり、亡くなっていたりしたら、そのまま宮迫達はクビで泣き寝入りだったわけで、、、

 

ま、やっぱり『無敵の人』が最強だな!!w

 

 

松ちゃんも好きな▼黒田官兵衛のように、、、

www.youtube.com

 

「人に媚びず、富貴を望まず。」 

な▼生き方が、結局、最強だと僕は思います。

軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]

軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]

 
NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

 

 

ていうか、昔からずっとそう考えていますがw

 

今ならネットがあるんだから、純粋にお笑いが好きならYouTuberになって、ブレイクしなくても、自分と親和性の高い、少数の視聴者と共に生きて行く、という選択肢もできるはず。

 

▼『独身なう』の2人みたいに。

www.youtube.com

 

結局、事件を起こさない『無敵の人』が、ミニマリスト男子なのでは?? 

しかしまぁ、『無敵の人』というと、、、  

 

こういう感じで、事件を起こす人が最近、増えています。

 

▼京アニに火をつけた人も、僕と同じ氷河期の41歳男ですし、、、

京都アニメーションの放火の犯人も「ロスジェネ無敵の人」 - ロスジェネ勤務医の資産形成ブログ

 

氷河の国に生まれたのに、炎を使うようになるなんて、、、

おまえは飛影かっ!!w

 

けどまぁ、犯罪は基本的に良くないと僕は思います。

なぜなら、犯罪だから。

 

氷河期ロスジェネビンボー男子は、ボロアパートでミニマリスト生活しながら、ネット等を駆使して余生をそれなりに楽しく生きるのが、僕的な、

「ロスジェネ紳士のたしなみ」

なんじゃないかと考えています。

 

そんなことをブログやtwitterで発信していると、、、

 

f:id:A1riron:20190107205917p:plain

 

まぁ、わかってくれるほんの少数の人だけ、わかってくれれば僕は満足!

(A1理論!)

 

 

ま、僕の生き方は子供の頃からあんまり変わってなくて、

「真面目に生きりゃ、馬鹿を見る!なぜなら、日本社会は万世一系の『バカOS』社会だから!」

ですw

 

『バカOS』社会にしがみつかず、テキトーに生きてても、別に戦争が起こるわけでもないし、銃声が頻繁に鳴るわけでもない。

 

むしろ、毎日毎食、日本食が食べれて、スマホでしょーもないブログやtwitterや動画を格安SIMで楽しめて、しかも、時々、温泉に行ってもそんなに高くない。▼東京なら460円で温泉にも入れる!

東京天然温泉ガイド

東京天然温泉ガイド

 

 

それで満足。

それでも心が満たされない人間は、「欲深い」とさえ思ってしまう。 

 

それが僕の日本社会に対する姿勢であり、、、

それが自分の『幸福』だということを知っているのが、僕という人間だ。