A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

「『情熱』があるから『エッセンシャル思考』!だから『ミニマリズム』!」な人が好き!

 

2018年5月17日

 

いつも下諏訪でお世話になっている『マスヤ―ドラゴンさん』こと、

ひらやまさんが東京に来た!!

 

で、日本橋のゲストハウス『CITAN』に泊まるというので、僕が、

「夜にCITANのバーで飲みますか!僕は翌日は朝イチで試験なので、大人数飲み会ではなくて、たんたんとNanaさんあたりでしっぽりと。」

という話になりました!!

 

地方の人が東京に来たついでにオフ会するには『CITAN』のバーがサイコーですよ!

人をダメにするソファー!w

 

あと、みんな『CITAN』を「チタン」って発音してますが、「シタン」ですからね!!ww

超合金でもないですし、『かってに改蔵』の小者キャラでもないです!!ww

 

かってに改蔵(26) (少年サンデーコミックス)

かってに改蔵(26) (少年サンデーコミックス)

 

 

というわけで、僕はこの日の夜は試験勉強できないので、昼間、学校で勉強しまくる!! 

 

夜勤明けのたんたんは、、、

早すぎるだろ!!ww

 

というわけで、、、

 

ウェーイ会場へ向かう途中のtwitterで、、、

 

やっぱり、働かない男は月に代わって断捨離される運命なんだな!

 

それでも冨樫は働かないでござる!!

『情熱大陸』はなく、常に『暗黒大陸』!!ww

 

(ちなみに、和月は働きたいのに、一身上の都合で働けないでござる!!)

 

髭仙人は常に暗黒大陸編ww 

っていうか、陰獣ww

(まぁ、自殺マニュアル2冊買った男ですから。。。w) 

 

まぁ、そういう思考の『習慣』なんだろうなw

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 

習慣少年ジャンプ!!w 

 

 

で、

その頃、ひらやまさんは『CITAN』にチェックイン!! 

初『CITAN』どころか、ゲストハウスに泊まるのも初めてだそうです!!

(この日は女ドミ)

 

Nanaさんは会社から『CITAN』へ向かい中!!

 

僕が『CITAN』に到着すると、ひらやまさんとたんたんがすでに到着していて、、、

Nanaさんを待ちきれず、ウェーイ!!ww

 

やっぱり『CITAN』ウェーイ!はサイコーですね!!

(ゲスハでウェーイ!好きな俺は、やっぱり『陽』属性か?w) 

 

すると、、、

下諏訪の秋宮横にある和菓子屋さん『新鶴』の塩ようかんです!!

ようかんが嫌いな人でも絶賛する美味しさ!!

(ミニマリストのメグさんも絶賛!!w)

 

下諏訪まで来れない方は、

▼ここからFAXで注文できます!!

http://shinturu.com/

 

 

最近、下諏訪にハマりまくりのNanaさん!

来月もまた行くらしいですww

 

で、僕はいつもお世話になってるひらやまさんに、、、

 

「高田馬場が好き!!」

と、よく言っているひらやまさんなので、

▼高田馬場土産の『アトム&ウランまんじゅう』

です!!w

創業大正14年の和菓子店。鉄腕アトムで馬場を元気に! | 高田馬場新聞

青柳 - 高田馬場/和菓子 [食べログ]

 

 

そうなんですよ、これ、食べれないんですよ。。。w

(でも、食べたらめっちゃ美味しい!!) 

 

そうこうしていると、、、

これ、めっちゃ上手い!!

 

あ、ちなみに、

『CITAN』のバーは宿泊者がいると▼この割引券をもらえます!

1回の注文につき20%引きなので、最初に全員のドリンクとフードをこの券を使っていっぺんに頼んでしまえばコスパ最強!!w

 

そうこうしていると、、、

 

その後、ソファー席が空いたので移動!!

(『CITAN』はソファー席がサイコー!!店員の方が拭いてくれるのを待って移動しよう!!)

 

というわけで、6時間くらい話し込んだかな?

途中でDJイベント始まったけど、声を張り上げてしゃべった!!ww

 

 

いろんな話したけど、

ちょうどこの前日にブログ仲間の星川さんが記事アップした、千歳船橋のジンギスカン屋さん▼『ジンギスバルまーさん』についての話が多かったw

【千歳船橋】ホントに美味しいラム肉が食べれる「ジンギスバルまーさん」に行かないで一生終わってイイの? - 俺、まちがってねぇよな?

 

ã¸ã³ã®ã¹ãã«ã¾ã¼ããã®ã©ã ãã§ãããç¼ãã¦ããã¨ãã

(星川さん、画像お借りしました!)

 

まーさんに行く前には、

▼このNanaさんの記事を読んでから行くといいですよ!!

夢が現実になった日。【ジンギスバルまーさん】 - 風はいつも追い風。

 

静岡県出身のまーさんは「世界一周の旅が終わったら、いつか東京で自分の店を持ちたい。小さくても居心地が良くて、みんなが笑顔になれるような美味しい食べ物を提供するんだ」と言っていた。

私は「英語力を磨いて、世界を相手に取引を行えるような仕事につきたい。まーさんのお店ができたら、その時は私も目標の仕事についてまーさんのお店でまた再会しようね」と言いながらビールで乾杯した。

あれから月日は流れて、まーさんは世界一周の旅から帰国して、東京の千歳船橋駅から歩いてすぐの場所に「ジンギスバルまーさん」をオープンした。

 

彼は東京で人気店の経営者になり、私は希望の仕事についた。

昔遠い異国の地でビールを飲みながら語り合った夢が、現実になった瞬間だった。

彼は私よりひとまわりもふたまわりも人生の先輩。年齢的には守りに入ってもおかしくない。

でもまーさんは自分の夢を諦めずに、新しいことに挑戦して見事に成功した。

夢を叶えるのに必要なのは、若さじゃなくて情熱だと感じた。

 

この『情熱』について、この夜は4人で熱く語り合った!!

 

 

Nanaさんの記事からいろんな人がまーさんのお店に行くようになり、その人がまた、ブログ記事を書いてくれる。

 

『情熱』って、人から人に伝わるし、今はそれがブログや、twitterや、facebookや、クラウドファンディングや、polca(フレンドファンディング)でさらに倍増されて伝わる時代だと思った。

 

この『CITAN』の夜も、Nanaさんはまーさんのお店について熱く語っていて、

それはやっぱり、まーさんの『情熱』が、Nanaさんに伝熱したんだと思う。

 

で、結局、この夜の結論は、

「『ミニマリズム』よりも大事なのは『情熱』なんじゃないか?」

という話にw

 

『情熱』があれば、たんたんが好きな『エッセンシャル思考』になりやすく、

『エッセンシャル思考』になると、『ミニマリズム』になりやすい、

というだけで。

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 
マンガでよくわかるエッセンシャル思考

マンガでよくわかるエッセンシャル思考

  • 作者: グレッグ・マキューン,星井博文=シナリオ制作,サノマリナ=作画,?橋璃子
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

『情熱』なしに、

『ミニマリズム』のための『ミニマリズム』

になっちゃうと、いろいろ不具合が発生しちゃうんじゃないか?

って話になった。

 

逆に、この少なくとも4人は『ミニマリスト』というより、『情熱』がある人が好きで、そういう意味で、

マスヤゲストハウスのきょんちゃんとかは内に秘めた『情熱』があるので、多くの人が下諏訪に惹かれるんじゃないか?

という話に。

 

 

この記事を書きながら、仮面浪人時代、僕は東京に憧れて、毎日、大黒摩季の▼『POWER OF DREAMS』を聴いていたことを思い出した。

若かったなぁww 

POWER OF DREAMS

POWER OF DREAMS

 

 

 

というわけで、翌日!!

 

ひらやまさんは念願の『CITAN』モーニングを楽しんでました!!

 

僕は、、、

まぁ、これは半分ネタで、及第点はとれたと思うw

 

▼たんたんの記事に、露骨に前日の話題が反映されていたw

 

そんなこんなで、、、

いやはや、ハードな1週間だった。。。w 

 

でも、こう考えた。

なんやかんや言って、

人生は楽しいし、ネガティブになる時間は俺にはないっ!!w

 

その後、高田馬場の芳林堂書店で、、、

 

そして、考えた。

  

 

『手段』が『目的』になったとき、人生は大体、おかしくなるww

 

 

『ミニマリズム』だけの人

も、

『意識高い』だけの人

も、、、

 

僕やたんたんやNanaさんは見ていて、「もやっ」とするんだろうなw

 

 

まぁ、僕が好きな『ゲストハウス』とか『下諏訪』とか『オーガニック』とか『バックパッカー』も、大体、

「ああ、左側の人間ね。そっち系の。」

ってことになってて、もやもやするw

 

 

で、眠らずに考えたw

問題児軍団!!ww

 

 

僕は▼仙水忍はいい歳して厨二病こじらせたおっさんだと思ってるww 

幽★遊★白書 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

幽★遊★白書 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

『双子の赤字』に勝つ!!ww 

 

しかし、いい歳して下手に厨二病こじらせるくらいなら、phaさん、大原さん、山奥ニートさんみたいな、

「単なるコスパ最強のスローライフ生活」

のほうがよっぽどいいと僕は思う。

 

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 

 

というわけで、僕は、

「生まれてきたことに、必ず意味がある!」

って考えて、ポジティブに夢に向かって生きている人が好きですねぇ。

老若男女関係なく。

 

その過程で『エッセンシャル思考』になり、無駄をそぎ落とした結果、『ミニマリズム』に達する人が特に好きです。 

(黒田官兵衛とか、松本人志とか、ジン・フリークスとか)

 

なので、単にモノを捨てた人には、

「ああ、スッキリしてよかったね。」

というだけの感想で、それ以上でもそれ以下でもない気がする。

 

というのは、まぁ、

僕の好きな『ミニマリスト』

というだけの話なので、他人に押し付ける気は全くありませんw

 

なので、最後に僕が好きなミニマリストである▼スナフキン先生の名言を貼り付けておきます!w

仙水忍、聞いてる??w 

(僕は「スナフキンの言ってることは大体、正しい。」と考える、元バックパッカーですwあ、今もかww)

 

ちなみに、たんたんによると、

「A1さんの周りにはエッセンシャル思考の人が多い。」

とのことですw