A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

『雇用保険受給資格者証』が手元になくてもハロワで『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』をもらえば国民年金の免除申請ができるよ!

去年8月より、絶賛失業中のA1理論です!

 

僕はいつも、

失業中は▼国民年金・国民健康保険料・住民税等の固定費をミニマムにすることしか考えていませんw固定費ミニマリスト!!ww

失業予定者が「住民税」と「国民健康保険」の値切り交渉のために役所へ行った結果!!!! - A1理論はミニマリスト

失業後、役所に国民健康保険料の減免申請をしたらめちゃくちゃ安くなったんだけど!!www - A1理論はミニマリスト

 

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 

で、

去年、失業してすぐに国民年金の免除申請を区役所で行いました!

 

この記事は2015年の記事ですが、▼国民年金の免除申請の方法について書いています。

【初失業者向け】退職後、離職票が届いたらすぐに年金の免除申請に行くべし!! - A1理論はミニマリスト

 

国民年金は、

「払う額はミニマム!もらう額はマキシマム!!」

が、僕のモットーですww

 

払わずもらえる!「国民年金未納」マニュアル (講談社の実用BOOK)

払わずもらえる!「国民年金未納」マニュアル (講談社の実用BOOK)

 

 

で、7月で「国民年金の年度」が更新され、手元に年金の振込用紙が届いたので、

「今年度もそろそろ年金の免除申請に行くか。」

と思っていたのですが、、、 

「あ、『雇用保険受給資格者証』がない。。。」

ということに気づきました!!

 

そうです!

僕は今年4月から職業訓練校に通ってて、その手続きで、『雇用保険受給資格者証』は僕が住んでいる新宿区のハロワに預けられてしまっているのです!!

 

コピーも取ってない!!

(クラスメイトはコピーとってた。。。)

 

それを学校のクラスメイトに話すと、

「ハロワに行けばコピーもらえるんじゃない??」

とのこと。

 

というわけで、心配だったので、

とりあえず、年金の振込用紙に書いてある▼この番号に学校の休み時間に電話! 

f:id:A1riron:20180711165245j:image

 

すると、、、

とのこと!!

 

『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』

をハロワでゲットすれば、『雇用保険受給資格者証』がなくても年金免除申請できるらしい!!

 

というわけで、

2018年7月11日本日、

授業が昼までだったので、新宿のハロワに行ってきました!!

 

で、雇用保険の窓口で、

「現在、雇用保険受給中で、4月から職業訓練校に通っているのですが、『雇用保険受給資格者証』を4月にここで手続きした時に預けてしまい、コピーも取ってなかったので『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』を頂きたいのですが、、、」

と言いました。

 

いや、正確には、

『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』

の名前が長いので、スマホのメモ帳を見せて、

「この紙を頂きたいのですが、、、」

と言いましたw

 

すると、窓口を変えられましたw

(けど、あの対応ならもしかしたら雇用保険受給資格者証のコピーそのものももらえるのかも。)

 

で、次の窓口で、

「なにか写真付きの身分証とかありますか??」

と言われました。

 

僕は免許証は持ってないので、国民健康保険の保険証(写真なし)と職業訓練校の学生証(写真あり)を見せればOKでした。

(が、これは役所によって対応が違うかも知れないので、パスポートなどの写真付きの本人確認書類を持って行ったほうが無難でしょう。)

 

その後、最後に働いていた会社名や会社の住所、最後の仕事を始めた日と辞めた日を尋ねられ、所定の用紙(雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票)に記入しましたが、これは覚えている限りでOKでした。

(ただし、これは市区町村によって違うかもです。)

 

その、僕が記入した所定の用紙はネット上にもありました。

ハロワに行く当日、時間があまりない方は、あらかじめ▼このサイトで記入し、プリントアウトしてハロワに持って行ってもいいかもです。

ハローワークインターネットサービス - 利用上の注意

 

というわけで、ゲットした、

『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』

は▼こちらです!!

 

 

手で隠している部分は僕の個人情報が印刷されていますw

 

用紙そのものの全貌をちゃんと見たい人は、

『雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書』

で画像検索すると出てくるかもしれません。

 

 

で、僕はその足で歌舞伎町の新宿区役所の年金課へ。

 

僕は絶賛、腰痛中でしたが、前日に▼この本を読んだのでがんばりましたw

一回3秒 これだけ体操 腰痛は「動かして」治しなさい (講談社+α新書)

一回3秒 これだけ体操 腰痛は「動かして」治しなさい (講談社+α新書)

 

 

国民年金の免除手続きでもやはり身分証を求められましたが、やはり国民健康保険と学生証のコンボでOKでしたw 

 

免除手続きの記入用紙(年金の振込用紙の封筒に同封されていた免除申請用紙)も家に忘れましたが、問題なかったようです。

 

なので、やっぱり持ち物は僕の昔の記事通り、

①年金手帳

②雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書(雇用保険受給資格者証の代わり)

でOKでした!

(ただ、念のため写真付きの本人確認証を持って行ったほうが無難です)

 

僕は学生扱いなので、

学生用と一般用の2枚の申請用紙を書きました!

 

あとは3ヶ月後くらいに、年金の免除申請のハガキが家に届くのを待つだけです。

(申請用紙が2枚なので2枚来るかも、とのことです。不明点はハガキに書いている電話番号に電話してください、とのこと。)

 

 

というわけで、

年金の免除申請は『雇用保険受給資格者証』がなくてもできるよ!

ってことで!!

 

まぁ、これらの問題の類似的な問題に発生した時のポイントは、

年金の振込用紙に書いてある電話番号やハローワークに電話して聞きまくろう!!

ってことです!!w

 

それだけの手間や電話代で1年間の国民年金が全額免除になるならコスパ良すぎますよ!!