A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

東京・亀戸の『勝矢祭』と亀戸→押上をぶらり散歩!『亀戸餃子』『ムームーコーヒー』『東京ヒュッテ』『スカイツリー』!

 

 

2018年5月5日こどもの日!

 

この日、僕は東京都江東区の亀戸にある香取神社で行われる『勝矢祭』を、ブログ仲間のたんたんと見に行きました!!

 

亀戸香取神社で「勝矢祭」2018年5月5日開催。武者行列パレードの出発時間も

2018年5月5日(土・祝)東京・亀戸の香取神社(かとりじんじゃ)で「勝矢祭(かちやさい)」が行われます。


毎年5月5日に、鎧兜の装束を身にまとった武者行列パレードが行われる人気のお祭り。

 

「勝矢祭」は、平将門の乱(天慶の乱)を平定した俵藤太秀郷(藤原秀郷)が弓矢を香取神社に奉納し『勝矢』と命名したという故事に由来するお祭り。


お祭りの当日は、鎧兜の装束や陣羽織、かみしも等を身にまとった地元の人たちが、鼓笛隊などと一緒に約2キロにわたって武者行列パレードを行います。

 

武者行列は、5月5日の13時に香取神社の兼務社である亀出神社から出発。
亀戸駅前十三間通りなどを通って、香取神社まで約2キロのパレードが行われます。
香取神社に到着後、15時から本殿で勝矢の奉納の儀式「勝矢祭」が行われます。

 

例年、亀戸駅前十三間通りの沿道は、武者行列を一目見ようとする人で大変賑わいます。
また、スポーツ振興の神・香取神社で授与される「勝守(かちまもり)」や「勝運袋(かちうんぶくろ)」は、スポーツ必勝・合格祈願のお守りとして人気があります。

 

 

なんで、そんなマニアックなお祭りに行くのかというと、、、

 

僕の九州の『本家』には代々続く怪しい▼『家系図』があり、、、

【ミニマリストのひとりごと】『僕と家系図』 - A1理論はミニマリスト

(あ、この記事の続き書いてないや、、、まぁ、いいかw)

 

その怪しい家系図によると、我が家のご先祖様は藤原氏北家・魚名流の▼藤原秀郷(俵藤太)さんらしい。

藤原秀郷 - Wikipedia

 

www.youtube.com

 

その藤原秀郷(俵藤太)には、現在の滋賀県大津市の琵琶湖から流れ出る唯一の川『瀬田川』にかかる『勢田の唐橋』にいた「龍神一族」に頼まれ、弓矢で大ムカデを倒したという伝説もあります。

 

www.youtube.com

 

動画再生できない方は▼こちらをお読みください!

瀬田の唐橋と三上山の伝説 俵藤太のムカデ退治 | 寺社巡りドットコム

俵藤太の百足退治の舞台「瀬田唐橋」 | ATLAS

 

 

(実は僕も高校時代に少しだけ弓道をやっていて、「なんでこんなに俺は弓道が上手いんだ!?」って思ったら、先祖が弓の名手だったことをかなり後になって知ったw)

 

ムカデ退治の後、関東で▼『平将門の乱』が起こった時、、、 

承平天慶の乱 - Wikipedia

 

藤原秀郷(俵藤太)は、

このムカデ退治の時の「龍神一族」に平将門の弱点を聞いて平将門を討ち取ることができたとの伝説もある。

(なんでそんなマニアックなこと知っとんねん、龍神一族ww)

 

 

ちなみに、その藤原秀郷に打ち取られた平将門の首は京都の鴨川でさらし首にされましたが、その後、その首は身体のある関東まで飛んで戻ってきたらしいですw

 

東京・神田の名前の由来は、この将門の『カラダ』という説もある。

そうなると、御茶ノ水にある神田明神は『カラダ明神』w

 

のちに江戸に幕府を開いた徳川家康はその平将門の怨念を利用し、その将門にまつわる神社を▼北斗七星の形に並べたとか。

東京に息づく平将門の呪い 徳川家康は将門の祟りを結界に利用していた! 東京オリンピックは大丈夫??

平将門魔方陣 「将門は神になれたか」:玄松子の雑記帳

 

で、この7つの場所、奇しくも僕が東京に出てきてからお世話になっている場所が多いんですよねぇ。。。

 

①大手町の首塚

この近くで学生時代、1年半くらいバイトしてました。。。

 

②日本橋の兜神社

この近くの職場で1年半くらい働いていました。。。

 

③台東区の鳥越神社

この近くの蔵前のにあった、メルマガの読者の家に昔、居候させてもらってました。。。

あと、この辺りはゲストハウスが多いので、今でも良くいきます。

 

④神田明神

去年の仕事の担当はこの神田エリアでした。。。

 

⑤新宿区の築土八幡神社

この近所に長く勤めた派遣先がありました。

 

⑥新宿区西早稲田の水稲荷神社

この神社の移転前にあった場所は母校ですし、今の家からも近いです。。。

 

⑦北新宿の鎧神社

去年1月までの職場はこの近くでしたし、この近所は散歩コースですねぇ。。。

 

 

ていうか、

7つの神社のうち、3つの神社がある新宿区に住んでる時点で俺は将門の怨念に苦しめられているんじゃないか?w

 

 今、このブログを書いている家も、水稲荷神社と鎧神社の間の高田馬場だし。。。w

 

で、▼これ、調べ始めると止まらなくなってしまいますww 

平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)

平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)

 

 

東京魔方陣 (河出文庫)

東京魔方陣 (河出文庫)

 

 

平将門さんに関しては、1976年に▼NHK大河ドラマにもなっています。

風と雲と虹と - Wikipedia 

 

 

で、その『平将門の乱』だけを見ると、僕の藤原秀郷の家系は『英雄の家系』のように思えますが、、、

 

その後は、ここ1000年以上、負け続けていますww

 

まず、その後、奥州藤原氏となった僕のご先祖様だったのですが、▼奥州藤原氏自体が意外とはやく源頼朝に滅ぼされました。。。

奥州藤原氏 - Wikipedia

奥州藤原氏の滅亡ストーリーがあまりに愚かで唖然 そして結局、源頼朝の一人勝ち - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

 

僕のご先祖はその奥州藤原氏が滅ぼされるまえに、同族の▼大友氏を頼って、鎌倉時代は今の大分県に、そして、建武の新政の頃に宮崎県に派遣されたっぽいです。

大友氏 - Wikipedia

 

その後、室町時代を今の宮崎県で過ごしていたらしく、僕はそれは▼南蛮貿易にチカラを入れていた大友氏のサポート業務だったんじゃないかと勝手に考えているw

(台風の季節の日本海は世界三大難破地域らしいので、日本海ルートは危なかったんじゃないかな???) 

アジアン戦国大名大友氏の研究

アジアン戦国大名大友氏の研究

 

(▲この本、国会図書館まで行って読んだ!!w) 

 

 

しかし、戦国時代が始まり、

貿易にかまけてアジアボケしていた大友氏は、姫路から来た黒田官兵衛に関ヶ原の戦が起きた同じ日に今の大分県別府の山側の『石垣原』で滅ぼされる。

 

これは▼『石垣原の戦い』とか『九州関ヶ原』とも呼ばれる。

石垣原の戦い - Wikipedia

 

まぁ、▼『軍師』とも言われた百戦連勝の黒田官兵衛(超ミニマリスト!)に、藤原家系の大友家の坊ちゃんが叶うわけありませんw

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

 

 

最強過ぎる黒田官兵衛は、

その関ヶ原の戦いに乗じて、九州を手中に治め、そこから天下を狙った、という説もある。 

 

▼いつものw

www.youtube.com

 

で、

の大分県別府で僕の親戚である大友氏を関ヶ原の戦いの日に破った黒田官兵衛は、九州全体を『黒田軍』としてまとめるため、

僕の先祖がいた今の宮崎県まで南下してくる!!

 

と、思った、矢先に、、、

関ヶ原の戦いが半日で終わったwww

 

というわけで、奥州藤原氏→大友氏系である僕の先祖は滅ぼされずに済んだ。

関ヶ原で勝った徳川家康は江戸に幕府を開いた。

 

僕の先祖は滅ぼされずに済んだはいいものの、おそらく、江戸時代は南の島津氏と、北の黒田氏(黒田家の先祖がいた岡山県の福岡にちなんで北九州に『福岡』の町を作る。)に挟まれて、

滅ぼされた大友氏の親せきとして肩身の狭い思いをしていたんじゃないかな??

 

そこで、

自分達のアイデンティティを守るための、いわば「アイテム」として、藤原秀郷(俵藤太)から脈々と続く『家系図』を使っていたと僕は考える。

 

 

そして、我が家は明治になってからも、『負け』は続いていく。

 

明治時代、『家系図』により、どうにか「武士」として生き延びていた我が家系。

しかし、明治に入り「武士」という身分そのものがなくなった。

 

さらに、20家ほどある僕の家系で、

僕の1家だけが、ひいじいちゃんの時代に落ちぶれた。

 

それまではそこそこ大きな屋敷があったらしいんだけど、その家自体は無くなってしまったらしい。

死んだじいちゃんの話によれば、火事があったとか。

 

でもどうにか家系図だけは無事だったらしく、家を無くしたひいじいちゃんは、幼いじいちゃんの手を引き、家宝の『家系図』を持ちながら、宮崎県南部で転々と、士族らしくない仕事をして食いつないでいたっぽい。

(落ちぶれてすまん!!w)

 

その後、成長したじいちゃんは、ひいじいちゃんと、ひいじいちゃんが再婚した妻との間に出来た腹違いの弟や妹を食わせるために、兵庫県の警察官募集の張り紙を見て、応募する。

当時、兵庫県の警察官になれば、故郷の親兄弟におカネが振り込まれる制度があったらしい。

 

が、その後、兵庫県警で働くも、空襲で兵庫県警はなくなってしまい、神戸にいたじいちゃんの家も焼けて、兵庫県警の警官は兵庫県に散り散りになったらしい。

 

じいちゃんは、同じ兵庫県の姫路の飾磨警察に配属になる。

奇しくも、我が家系の大友氏を滅ぼした黒田氏の故郷の姫路南部の飾磨地域だ。

 

そこで、とある女性を好きになったらしいが、その女性は地元の名士の御嬢さんで、

保守的な姫路人としては、そんな九州から来たどこの馬の骨ともわからない男に娘を嫁に行かせたくなかった。

 

そこで活躍したのが、我が家系が代々持っていたアイテムの『家系図』で、

じいちゃんは一旦、宮崎に帰り、義理の弟が持っていた家系図を姫路まで持って来て、そのおかげで結婚を許されることになる。

 

(ちなみに、その女性である僕のばあちゃんの家は黒田家の居城の近くの人で、その娘である僕の叔母さんは、その後、黒田家に嫁ぐことになる!!)

 

 

で、戦後の高度経済成長期、他の日本人と同じく、我が家も安泰になるかと思いきや、、、

 

バブルが弾け、親父が買った家や資材置き場のローンに、我が家は延々と苦しめられることになる。

 

2000年代は、あわや!もう少しで姫路の家がなくなるか!!

という状態が続き、

僕は東京でブラック企業の派遣社員をしながら延々と実家に仕送りを続けた。

 

その後、グレーゾーン金利の規制や、アベノミクス、東京オリンピック開催決定による好景気、弟が実家を継いだことによる経営の合理化等で、

どうにか姫路の我が家がなくなる事態は避けることができた。

 

やっと、実家の危機を脱した僕は、

その後、ずっとやりたかったブログを書くことになる。 

ちょうど、ブログで生計を立てる人が出始めてきた2013年頃の話だ。

 

そのブログを読んで、今年2018年に上京してきたのが、この日、いっしょに『勝矢祭』にいく、たんたんだ。 

 

 

そのたんたんとは、この少しまえにミニマリストブロガーで▼『ゆるいマネタイズオフ会』を立ち上げた。

『半X半ブロガー』なミニマリスト達で「ゆるいマネタイズオフ会」をやったら情報量がすさまじかった!! - A1理論はミニマリスト

 

 

僕のご先祖様の藤原秀郷(俵藤太)も、▼平将門を討つまえに、この亀戸の香取神社で、ご先祖様であり、藤原家の始祖である藤原鎌足に戦勝祈願をしたために、見事、平将門の乱を平らげることが出来た。

香取神社について|スポーツ振興の神 亀戸 香取神社で必勝・合格祈願!

 

御由緒

香取神社は天智天皇4年(665)、藤原鎌足公が東国下向の際、この亀の島に船を寄せられ、香取大神を勧請され太刀一振を納め、旅の安泰を祈り神徳を仰ぎ奉りましたのが創立の起因です。


天慶の昔、平将門が乱を起した際、追討使俵藤太秀郷が当社に参籠し戦勝を祈願して戦いに臨んだところ、めでたく乱を平らげたので神恩感謝の奉賽として弓矢を奉納、勝矢と命名されました。

 

現在でもこの古事により勝矢祭が5月5日に執り行われております。

 

以来、益々土民の崇敬が篤く郷土の守護神というばかりでなく、ご神徳が四方に及びましたので、葛飾神社香取太神宮と称え奉るに至りました(当時の葛飾は下総国の大半を意味します)。

 

元禄10年検地の節は、改めて社寺の下附があり、徳川家の社寺帳にも載せられ古都古跡12社の中にも数えられています。

 

 

平将門の乱以降、1000年以上、負け続きの僕の家系。

 

けど、

ご先祖様に戦勝祈願をして平将門に勝った藤原秀郷(俵藤太)というご先祖様に習って、今回、ブログ・マネタイズの同志であるたんたんを連れて『勝矢祭』に来てみた、という次第です!! 

 

(僕は『勝矢祭』自体は2回目、香取神社に行くのは3回目です!!)

 

 

誘ってみた同志のたんたんは、よくわからないながらも、

「東京の東の方はよくわからないので言ってみたいです!!」 

とのことで快諾!! 

 

けど、当日の朝、何故か▼歌舞伎町をうろうろしているたんたんww  

 

なにをやってるwww

元気やなー!w

 

 

というわけで、11時頃に新宿駅で待ち合わせして、たんたんと合流!! 

 

総武線の中でブログ話をしていると、あっという間に亀戸に到着!!

駅前にパタパタ!!w

キメラ過ぎたw

 

13時に『勝矢祭』開始なので、先に亀戸名物の『亀戸餃子』でも食べようかと思ったら、、、

 

というわけで、、、

いやー、なか卯、美味いです!!ww

 

で、13時まえに香取神社へ!!

 

これは、ヒメネー様がブログマネタイズしようと思った時に、SEOのことを『セオ』って呼んでいたことに由来しますww

 

で、神社前に来たのですが、

『勝矢祭』自体は15時くらいからで、▼13時は亀戸の南の大島にある『亀出神社』をパレードが出発する時間だということを今更ながらに知るw

勝矢祭(亀戸香取神社)2018のルートは?出店屋台やアクセス情報 | YobitosBlog

13時~ 亀出神社出発

明治通りを北上

亀戸駅十三間通り通過

亀戸香取神社 到着

15時~  亀戸香取神社本殿にて勝矢の奉納の儀式「勝矢祭」開始

 

仕方がないので、

たんたんと亀戸駅前のマクドナルドで、パレードがやってくる明治通りがよく見える位置でコーヒーを飲みながら、ブログ話等をしながら、待つw

 

そうこうしていると、14時くらいに、、、

 

なぜか、

子孫の僕以上にコーフンするたんたん!!ww

(なんか、こういうの好きらしいww)

 

急いでマクドナルドから降りて歩行者天国の明治通りに急ぐ!!

 

いやー!

なかなか面白い!!

 

たんたんもすごくコーフンして、武者コスプレの人に、

「暑くないんですか!?」

とか聞いてて笑った!!w

 

その後、明治通りの真ん中で、、、

 

そうなんです!!

平将門に勝った藤原秀郷(俵藤太)は、今ではスポーツの戦勝祈願の神様として、地元・江東区では崇められていて、多くの高校生の体育部が試合前にお参りに来ているのです。

 

 

その後、威勢よく、、、

 

パレードの先頭には、、、

かなり若かったです。

彼女たちも高校生???

 

しかし、

このパレードはぶっちゃけ、長いww

(一旦、香取神社の前まで来て、その後、亀戸天神通りを西に曲がり、折り返してくる)

 

さらにこの日は猛暑だったので、、、

たんたんと動物話で盛り上がるwww

 

その後、、、

 

この、香取神社の入り口のまえの団子、

めっちゃ美味しかった!!

 

でも、、、

 

そうこうしていると、ついにパレードは香取神社に!!

 

 

そして、香取神社の本殿で、本題である『勝矢の奉納式』が始まりました!!

 

というわけで、

2018年の『勝矢祭』終了!!

 

その後、、、

たんたん、なにやってんのwww 

 

そして、、、

夕方頃に行くとぜんぜん並んでなかったw

『勝矢祭』行く人は終わったあとに亀戸餃子いくといいよ!!

 

そして、、、

 

噂通り、かなり美味しかったです!!

 

亀戸餃子には『ご飯』という概念はないらしく、たんたんは、

「ご飯を炊いたり、お茶碗によそう時間を大幅にカットできるし、お客の回転率も速くなるので、コスパ良くマネタイズしてますねぇ。」

と、

亀戸餃子のマネタイズ手法を分析!!

(いやぁ、頼もしい!!)

 

 

その後、

亀戸駅から東武亀戸線に乗り、3駅先の墨田区の「小村井」で降り、少し歩き、、、

 

▼けん玉で遊べるオシャレカフェ『ムームーコーヒー』さんに行きました!!

muumuu coffee

けん玉カフェ?オシャレすぎる灰谷さんの墨田区京島のムームーコーヒー - UZULOG

 

 

実はこのムームーコーヒーさんを知ったのは下諏訪の『エリックスキッチン』のエリックから!!

 

でも、それは2年前のエリックスキッチンオープン直後くらいの頃のことで、やっとここに来ることが出来ました!!

この4月に前の店舗の近くに移転してリニューアルオープンです!!

 

店長の灰谷さんにその話をすると、エリックや奥さんの話になり、盛り上がりました!!

下諏訪と繋がった!!w

 

しかも、、、

この『スワッグ』、エリックスキッチンにあったのと似てると思ったら、エリックからもらったものらしいwww

 

で、たんたんといっしょにけん玉で少し遊んだあと、、、

(意外とたんたんはけん玉が上手かったww)

 

ラテアート、上手過ぎた!!

 

 

ソトコトとか、ポートランドとか、DIYリノベとかが好きな人はゆっくりできると思います。

けん玉はやらなくてもいいし、初心者でも店長さんが優しく教えてくれます!!

 

たんたんは気に入って▼ブログ記事にしていましたww

墨田区にあるけん玉カフェ『muumuu coffee』に実際に行ってみた感想を書いてみます。 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

 

その後、店長さんにお礼を言ってまた西のほうへ歩いていって、、、

めっちゃ綺麗だったw

 

 

ここもずっと来たかった、▼ゲストハウス・東京ヒュッテのカフェへ!!

TOKYO HUTTE: Backpackers Budget Hostel Accomodation

 

で、

カフェのまえにある川沿いの席を発見!!

この時は夕暮れで、暮れなずむスカイツリーを堪能しながら、たんたんとまた話し込む!!

 

紅茶も美味しかったし、スカイツリーも綺麗でサイコーでした!!

カフェもコワーキングスペース的に使えるようで、Macで作業していた人が多かったです。

 

その後、スカイツリーの真下、押上方面に歩いていって、、、

 

僕は初めてスカイツリーの下まで来ました。

(逆にたんたんは、一度、友達と東京観光で来たことがあるそうです)

 

で、、、

ここでもまた、話し込むwww 

 

というわけで、、、

wwwww 

 

 

まぁ、

『子どもの日』ですしw

 

帰宅後、、、

 

 

 

そして、▼この記事を読む。

 

 

 

というわけで、

藤原秀郷(俵藤太)の時代から、1000年以上、負け続きが続いていた我が家。

 

そして、

生まれてから40年ほど、ビンボー生活が続いた僕の人生も、、、

 

「そろそろ、勝ってもいいんじゃないか!?」

と思い、ブログマネタイズの戦勝祈願をたんたんといっしょにしてきました!!

 

あとはもう、僕次第ですね!!

 

 

そして、この東京東部のお散歩コース、

『勝矢祭』以外の時でもオススメコースです!!

 

『勝矢祭』以外でも「勝ち守」等の戦勝グッズは香取神社の社務所で購入できますし、亀戸餃子を食べたあと、香取神社にお参り(&グッズ購入)してから散歩がてら歩いて北上し、小村井経由でムームーコーヒーに行ってもいいと思います!!

 

というわけで、

皆さんの人生にも『勝ち』が訪れることをお祈りしています!!