A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

おカネはただの『道具』であって、それを理解できない人生こそが一番『不幸な人生』だと思う。

昨日、▼こんな記事を読みました。

堀江貴文さんが語る「みんな『お金』のことを勘違いしていないか?」(堀江 貴文) | マネー現代 | 講談社(1/5)

 

で、つぶやいた。

 

▼記事中のホリエモンの言葉、

「自分にとってお金は、爪切りと同じです。爪が伸びたら使う道具。必要なときに、必要なことをしてくれる道具に過ぎません。僕からすると、『どうして爪切りが好きなんだ?』と質問しているように聞こえます。答えようがありませんよね。あなたは爪切りのこと好きですか? と聞かれたら、どうしますか?」

これは本当に納得です。

 

まぁ、それでも世の中広いだろうから、

「俺は爪切りなんて大嫌いだ!!」

という人もいるでしょう。

 

そういう人は、おそらく爪切りが原因で家族や友達とケンカとかした人でしょうw

もしくは、ボーリングの爪切りが原因で恋人が爆殺されたとかw

 

 

で、僕は、

「おカネが嫌いな人」

もそれと同様で、

おカネがきっかけで過去になにか嫌な思いをしただけ

のように思えます。

 

で、僕からしてみれば、おカネも、

爪切りや、ハサミや、カバンや、クツや、クルマや、飛行機や、銃や、軍隊や、国家とかと同じで、

「そういうモノ、そういう道具。」

であって、それ以上でもそれ以下でもないです。

 

で、それについて今日はもう少し深く考えました。

 

 

僕が『西友のハムカツ』が食べれただけで「生まれてきて良かった」と思う理由。

 

最近の僕は西友にハムカツが置いてあるだけで、もうテンションマックスですよ!!w

(もっといっぱい置いてくださいw西友・高田馬場店さんw)

 

一昨日のつぶやきw

 

理解者がw

なんでもつぶやいてみるもんですねぇw

 

 

そして、昨日のつぶやきw

 

で、考えた。

 

こんな美味しい食べ物を98円とかで食べられること自体が『贅沢の極み』であって、それ以上の贅沢を人生に求めること自体が欲深いと僕は思ったw

 

僕は20代の頃、バックパッカーとして世界を旅し、特に物価の安いアジアの途上国に長く滞在していましたが、、、

 

日本に帰ってきた時の、僕の目から見た日本人は▼まさにこんな感じでしたねぇ。

世界一豊かで幸せな国と、有難みを知らない不安な人々

世界一豊かで幸せな国と、有難みを知らない不安な人々

 

 

まぁ、

『足るを知る』人こそが最強!

だと思いました。

(まぁ、子供の頃からそう思っていましたがw)

 

おカネがあっても不幸な人、おカネがなくても幸福な人。

 

結局、おカネのある・なしと幸せかどうかは別物だと僕は思いますねぇ。

ホリエモンはそれがわかっている人だと思うんですよ。 

 

僕のブログ記事『バズどう』シリーズで過去に取り上げた人で言うと、、、

 

▼この人や、、、

okite.hatenadiary.jp

 

▼この人のような考え方は僕は好きですねぇ。

okite.hatenadiary.jp

 

 

現代日本人は戦後資本主義に汚染されすぎていると思う。

 

特にバブルを謳歌したしょーもないオッサン連中が社会の上のほうにいて、さらに、おそらく儒教や薩摩明治政府の『郷中教育』から端を発したと思われる、▼中根千枝の言う、

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)

 

 

いわゆる、

『全人格的集団参加』

が、それに拍車をかけていると思う。 

 

金銭を持っている人=幸せな人

と勘違いさせられるのが、戦後資本主義の大きなデメリットだったと僕は思っている。

 

もちろん、僕は、

「プロダクトの『生産性』」

が未熟だった20世紀においては、その戦後資本主義のデメリットよりメリットのほうが大きかったと思うし、、、

 

いたずらに資本主義を否定する、いわゆる『アンチ・資本主義』な活動に関しては非常にナンセンスだと思っている。

理由はそれをする「意味」がないからだw

もっとハッキリ言えば、コスパ悪いw

(そんな時間あるならバイトするか、ブログ書くw)

 

 

しかし、僕は、

21世紀は▼『ポスト・資本主義』の時代

だと考えていて、、、

okite.hatenadiary.jp

okite.hatenadiary.jp

 

「おカネのある・なし」

と、

「人間の幸福・不幸」

は、そろそろ切り離してもいい季節なんじゃないかと思っている。

 

 

おカネや地位があっても、幸福な人と不幸な人がいるし、

おカネや地位がなくても、幸福な人と不幸な人がいる。

 

まさに、▼ホセ・ムヒカ元大統領が言うように、、、

okite.hatenadiary.jp

 

「いつも、貧乏な大統領と報道されて嫌になりませんか。」

 

チリのテレビ番組で記者から質問されたとき、ムヒカは、「私は貧乏ではありません」と断ったうえで、次のように言った。

 

「貧乏とは、欲が多すぎて満足できない人のことです。」

 

「欲が多すぎて満足できない人」

こそが、一番『貧乏』で『不幸』な人だと僕は思う。

 

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

 

 

(ていうか、この記事を書いている途中で、自分のブログの▼『バズってどうする!?』のカテゴリをつい夢中で読み込んでしまいましたwなので以下は『バズどう』からの引用が多くなりますw病んでる人は『バズどう』読み込めば少しは元気になるはず!w) 

バズってどうする!?-心のためになる言葉 カテゴリーの記事一覧 - A1理論はミニマリスト

 

 

そもそも、カネ持ちだろうが、貧乏人だろうが、

『人間』自体がたいした生き物ではないのだ。

 

スタンドでいうと『重ちーのハーヴェスト』に近いタイプの生物で、1体1体の個体差なんてたかが知れている。

 

そのなかで少しばかりカネがあったところでたいした差違はない。 

 

▼人間なんて、ララーラーラララ、ラーラー。

okite.hatenadiary.jp

 

 

で、個人的には五代友厚さんの▼この言葉が大好きだ!! 

okite.hatenadiary.jp

 

まさに、某るろうに対武田観柳ですよw

「おカネ様にお願いしてみろ!!」 

ですよ!!w 

(だから働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござる!!w)

 

 

ちなみに、僕はおカネやモノは生活するうえで最小限あればいいと考えている。

 

で、僕が求める『贅沢』とは、

「チキ●イと関わらなくていい人生」

だw

 

「キ●ガイと関わらない人生」こそがコスパ最強の人生であり、それ以外は、ブログを書いたり、西友のハムカツを食べたり、高田馬場を散歩したり、時々、下諏訪やゲストハウスに泊まりに行ければ、僕は十分、幸せなのだ。

 

 

まさに▼ホリエモンの最近の本のタイトルと同じですなw

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

 

まぁ、僕と同じ姫路出身の旅好きミニマリスト・黒田官兵衛の言うように、

「人に媚びず、富貴を望まず。」

ってヤツで。

軍師官兵衛 完全版 第参集 [Blu-ray]

軍師官兵衛 完全版 第参集 [Blu-ray]

 

 

AIやロボットと仕事を奪い合う『未来の世界』はおかしいと僕は思う。

 

けど、最近の人類はそんな道具である『カネ』を得るために、

必至でAIやロボットと『仕事』を取り合いしている

ように僕には思える。 

 

で、僕にはその姿がものすごく滑稽なように思える。

 

だって、鉄腕アトムにしろ、ドラえもんにしろ、

「未来は機械やロボットが人間の代わりに仕事をしてくれる!!」

というのが戦後日本の基本コンセプトだったと思う。

 

けど、実際は、人間が『カネ』のために、機械やロボット、AIと仕事の取り合いをしているw

 

もうね、

「みんな、一体、誰と戦っているんだ!?」

と、

▼『未来から来た少年』

もドン引きしていますよw

DRAGON BALL モノクロ版 28 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON BALL モノクロ版 28 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

(ていうか、おもえも「未来の世界で19号と20号と戦っている」とか言っておきながら、実際に未来の世界で戦っていたのは17号と18号やないかい!!wおまえこそ一体、誰と戦っていたんだ!?w)

 

『人間』になりたがるGoogleと、『ロボット』になりたがる人間。

 

現在、Googleというモノは、必死に『人間』になろうとしているように思える。

 

  • 『人間』が読みたいサイトを上位表示させるようにしたり、
  • 『人間』の好みのサイトの最新記事をスマホに運んできてくれたり、
  • 『人間』の言葉を理解して部屋の電気をつけてくれたり。

 

まるで、「オズの魔法使い」に出てくる、

『心』を欲しがっているブリキのロボット

のようにも思える。

 

 

逆に人間のほうはGoogleと逆で、

なにも考えなくていい『ロボット』になりたがっている

ような気もする。

 

 

『イルミの針』がぶっ刺さったままの傀儡

になりたがっている人間も多い気がする。

 

  

人間は人間らしいことをして生きて、そして死のう!

 

僕は、

「人間こそ、人間らしいことをするべき!!」

だと思う派だ。 

 

もうね、▼この人の考え方と完全に一致!!

okite.hatenadiary.jp

 

 

しょせん、機械やロボット、AIには、

『論理』『理論』

しか理解できないのだ。

 

人間の脳みその構造でいうと、一番外側の、最近獲得した、

▼『大脳新皮質』

の部分しか理解できない。

大脳新皮質 - Wikipedia

 

 

機械やロボットやAIには、大脳の奥深くにある、本能的な、

▼『大脳辺縁系』

の部分は理解できないのだ。

大脳辺縁系 - Wikipedia

 

なぜなら、

▼『大脳辺縁系』は「言語」を理解できないから!

www.ted.com

 

機械やロボットやAIには、

「楽しい!」

も、

「美味しい!」

も、

「カワイイ!」

も、理解できないのだw

 

▼『女子力』も理解できないww

okite.hatenadiary.jp

 

 

なぜなら、

脳は光ファイバーと同じく、ニューロンに「0」と「1」の羅列である『二進数』の電気信号しか送れないから!!

 

 

なので、人間の態度としては、、、

 

『人間』になりたがるGoogleに向かっては、

「調子に乗るな!このAndroidがっ!!」

と言い放ってやるのが一番、正しい姿勢だと思っている。

 

(しかし、このブログ記事のGoogleでの検索順位は低そうだなww)

 

 

たとえ、ライアンが秘密の洞窟の奥深くの湖の横でGoogleを見つけて、Googleのほうから、

「僕、Google!『人間』になるのが夢なんだ!仲間にしてよ!!」

と言ってきても、

「絶対無理だ!諦めろ!!w」

と言ってやるのが人間としての礼儀だ!!w

 

(って、今時こんなマニアックなドラクエ4コマネタ、わかるやつはいるのか??w)

 

 

というわけで、

『おカネ』も、また、それを得るための『仕事』も、単なる『道具』であって、それに振り回される人生はコスパ悪いよ!

ってことで!!