A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

Phaさんの動画を見て、「ミニマリスト男子」「ニート」「ひきこもり」の違いについて考えてみた。

明日6月22日、▼Phaさんの新刊が出ると聞いて、、、

ひきこもらない

ひきこもらない

 

 

先日、フジテレビで放送された番組▼『ザ・ノンフィクション』の動画を2回も見てしまいましたw

www.youtube.com

 

これは来週、後編が放映されます!

 

で、それに関する▼つぶやき。

 

f:id:A1riron:20170621101028p:image

 

そして、昨日の夜、掃除や食事をしながら、Phaさんの関連動画もいろいろ見ました!

 

で、昨日の朝の話ですが、『ザ・ノンフィクション』を1回見た時点で、僕はこういう感想を持ちました!

 

phaさんの偉いところは、

ニートなりにできることはやろうとしてること

だと思うなぁ。

ブログを書いたり、本を書いたり、イベント出たり、ギークハウス提唱したり、熊野の家をリノベーションしたり、似非原さんにおカネを貸したりw

 

その他のニートは事実上、実家ニートのひきこもりに近いんじゃないかと思う。

 

 

これはその後見た、上記の小飼弾動画で、

「今は江戸時代の『長屋』みたいな家が足りない。」

という意見に大賛成だなぁ。

 

江戸時代の江戸には一生独身者は大勢いたらしい。だから長屋が並んでた。

それが明治になり、戦後になり、『家族』が基本単位になったから、『長屋』が消滅しちゃったんだろうなぁ。。。

 

 

ここらへんから、Phaさんとミニマリスト男子の違いとか考え始めた。

 

 

で、それについてブログ記事を書こうかと思ったけど、このあと、朝から派遣会社に行かないといけなかったので断念w 

 

 

 

というわけで、その後、派遣会社に行き、ゆっくり寝て、ブログも書いて、関連動画も見て、キン肉マン動画も6時間ほど見たので、改めて記事にしたいと思った。

 

 

で、この動画やPhaさんの存在自体について、

「いい」「悪い」を議論する人

が多いけど、その行為自体がナンセンスだと僕は思う。

 

日本は法治国家だ。

法治国家においては、法律や条令を守っていれば、それ以上はなにも要求されない。

何人も他人を拘束できないのが日本国憲法の前提だ。

 

なので、法律や条令を守っていれば、少なくとも犯罪者ではないのだ。

なので、「好き」「嫌い」はあってもいいけど、

他人が他人の生き方に口出しする権利はない!

と、僕は考える。

 

どうしても他人の生き方に口出ししたいなら、国会議員になって法律を改正するべきだ。

なぜなら、「国会」こそが「国の唯一の立法機関」だからだ。 

(ただし参議院議員になってもほとんど意味がないけどね)

 

 

というわけで、PhaさんやPhaさんの周りのニートっぽい人、実家ニートやひきこもりの問題は、善悪の問題ではなく、

『働く意識レベル』の話なんじゃないかな?

って思い始めてきたので、記事として書いてみる。 

 

『働く意識レベル』と言えば、ミニマリスト男子の多くも、基本的に、

「働きたくないでござる!!」

的な思考にいる人が多いw 

もちろん、全員じゃないし、時と場合にもよる。

 

そしてミニマリスト女子はむしろすごく働くために生活にミニマリズム(断捨離)を取り入れている人が多い印象だ。

 

が、やっぱり、ミニマリスト男子は、

「働きたくないでござる!!」 

な人が多いw 

 

で、それを含めた、現代日本人の、

『働く意識レベル』 

を僕の独断と偏見まみれでざっくりと図にまとめてみた!

もちろん、いつも通り、この記事も酔っぱらって書いてるので、まぁ、マジに捉えられると困るので、ある意味、『分類エンターテイメント』的な感じで読んでもらえればこれ幸いですw

 

 

で、まず、

『働く意識・上』

の人達から見ていきたい。

 

もう、この人達は仕事が好き過ぎて、

「おカネ払ってでも仕事するんじゃないか?」

って思ってしまいますねぇ。

 

まさに、

「働きたいでござる!絶対に働きたいでござる!!」

 

その最たるものがホリエモンで、『多動力』過ぎます。。。。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

あとは人にもよるけど、『政治家』もすごいよねー。

政治家なんて、普通に考えたらどれだけおカネもらっても割に合わない仕事だと僕は思います。。。

 

で、「上の下」くらいにプロブロガー()な方々かなぁ。

特にブログで妻子を養ってる人とか、

「自分ら、ブログ、すっきゃなー!!」

とか思ってしまうw

 

僕はブログは好きだけど、そこまでガチンコでやりたくないw

自分1人が生きていく額のおカネ(ミニマムライフ・コスト)さえあればいいから、ブログでは好きなこと書き散らしていたいw

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

 

で、次に、

『働く意識・中』

の人達。

 

まぁ、この人達は所謂、『普通の人』達なんだろうな。

仕事もそこそこ好きなんだろうけど、基本的におカネをもらうために働いている人達。

 

『中の上』が外資系の人達とか、意識高い系でソフトバンクアカデメイアとか勝間塾とか一新塾とかに通う人達w

カツマー的に言えば『ビジネス・パーソン』w

 

『中の中』が、いわゆる普通のサラリーマンとかOLとかで、人口ボリュームゾーン的にはここら辺が一番多いんだろうな。

それなりのストレスもあるだろうから、『中の下』以下の人とかの存在自体が許せなくて、ネットで悪口書いたり、酷いと炎上させたりする人もいる。

 

でも、その行為の結果は▼小飼弾が動画で言っている通りだw

 

星川さんも▼こう言ってます。

好きなことをやっている人は、他人を否定しない - 俺、まちがってねぇよな?

 

で、

『中の下』の人達

は、雇用形態だけで言うと派遣社員とかフリーターとかになるんだろうな。

 

ただ、ここと『中の中』や、『中の上』との境い目は曖昧だ。

頑張ってる派遣社員やフリーターも多いし、会社にぶら下がってるだけの正社員もいっぱいいる。

雇用関係の問題じゃない。

 

派遣社員のほうがやりたい仕事をやりやすいので、あえて派遣社員をやってる人もいる。

ただ、どうしようもない派遣社員も僕はいっぱい見てきたので、そういう意味で『中の下』かな~、とか思ってしまいます。

やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい!

やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい!

 

 

で、ここからが本題!

『働く意識・下』

の人達w

 

ま、ここら辺の人達は女子目線で言うと、完全に『だめんず』ですねぇw

基本的に、

「働きたくないでござる!!」

な人達。

 

で、これって、

『性格の問題』

なんじゃないかと、上記動画を見て、僕は思いました。

 

昭和の感覚で言うと、

『甘ったれるな!!』

って、ことだったんだろうけど、昭和の時代は頑張ってればそれなりのおカネもらえたけど、

今の時代、『頑張り損』じゃん!w

それがブラック企業をのさばらせている原因だと僕は思っていて、日本人の多くが病んでいる根本原因だとも思っている。

 

『働く意識・下』

の人達は、僕も含め。そんな現代社会がアホらしくなっちゃってる人達なんだと思う。

 

 

で、下から順番に見て行くと、、、

『下の下』の人達が、いわゆる「ひきこもり」とか「実家ニート」なんじゃないかと僕は思う。

 

▼マンガ『働かないふたり』のような。 

働かないふたり 8巻 (バンチコミックス)

働かないふたり 8巻 (バンチコミックス)

 

 

僕はこの漫画、ほとんど読んだことないんだけれど、上記動画の小飼弾の発言から推測すると、

「ちょっと親が甘やかしすぎなところがあるんじゃないかな?」

とは思う。

 

家にお金を入れずに親のカネで飯を食べ、人生を謳歌している2人。

20歳の頃から家を出て、逆に親に仕送りもしていた僕から見ても、ちょっと甘やかしているようにも思える。

 

この人達と、PhaさんやPhaさんの友達のような、

「独立しているニート」

とは一線を引くべきなんじゃないかな?

って僕は思う。

 

つぶやきにも書いたけど、

「独立しているニート」

って、単なる、

「低所得者じゃん!」

って僕は思う。

 

その中でもPhaさんは頭一つ抜けていると思う。

ブログ収入とか、ブログの欲しいモノリストとか、本を書いたりして、そこそこの収入はあるから。

熊野に行ったりビジネスホテルに泊まったりもしてるし。

 

でも、動画に出てきた似非原さんなんて、

ギリギリじゃん!

って思う。

 

で、僕的には、

「日本はこの『下の中』あたりの人達に対する福祉がぜんぜん行き届いていない!」

って思う。

 

なので、

▼ブロガーのヨシキが入っているようなNPOのシェルターとかがそこを埋め合わせてるんだろうな、、、

って思う。

結局、『人助け』こそが人類最大の娯楽コンテンツなんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

こういう人達って、生きるのが不器用というか、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人達で、そういうのって、一朝一夕で得意になったりはしないと思うんだよねぇ。

 

なので、ある意味、

「働けない人達」 

なんだと思う。

 

僕は、

それって、『甘え』じゃなくて、「低所得者層」として、立派な保護対象だよねぇ?

って思う。

 

『下の下』の人達が親に守られているのに対して、Phaさん周りの人達は守られてなさ過ぎだと僕は思う。

 

そういう意味では、

Phaさんはすごく偉くて、ある意味、NPOなんじゃないかとさえ思えてくる。

(NPO登録してないってだけで)

 

そういう意味での「ひきこもらない」なんだろうな。

▼いやはや、読むのが楽しみ!!

ひきこもらない

ひきこもらない

 

 

 

で、僕を含めた「ミニマリスト男子」は、おそらく『働く意識レベル』では、

『下の上』

あたりに位置するんだろうなぁ。

 

この「ミニマリスト男子」と、Phaさんや独立しているニート、実家ニートやひきこもりとの決定的な違いは、

「働けるけど、働きたくないでござる!!絶対に働きたくないでござる!!」 

なところなんだろうなw

 

▼ジョブズもこんなこと言ってるし、

 

働いているのか働いていないのか、よくわからない▼この人もこう言ってるw

f:id:A1riron:20150907120001j:image

 

結局、

時間>>>>>>>>>>>>>>>>>おカネ>>>モノ

みたいな感覚だから、

働きたがらないw

 

働いたとしても、ピンポイントに、要点、要点だけを頑張って、

それ以上は頑張らないw

仕事なんかにフルコミットするのは人生コスパが悪いと思っているふしがあるw

 

すべての人生時間のうち、

働く時間もミニマムにするのがミニマリスト男子!w 

 

▼『モバイルボヘミアン』の四角大輔さんも、

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

先日のイベントで、

「このイベントの1時間で、みなさんは1時間、老いた。」 

みたいなことを言っていた。

 

 

歴史上の人物で言うと、優秀過ぎてエリート街道真っ只中だったのに、突如、30歳で仕事を辞めて『小屋暮らし』し、twitterはじめた▼兼好法師とか。

新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

 

 

僕が大好きな姫路人で、

「人に媚びず、富貴を望まず。」

がモットーで、秀吉に恐れられたがゆえに隠居した▼軍師・黒田官兵衛もそうだ。

www.youtube.com

 

その黒田官兵衛をベタ褒めする松本人志も、プライベートなラジオ『放送室』で、

「家なんてワンルームで十分。」

「安くて美味い食べ物がサイコー」 

みたいな話をよくするので、▼ミニマリステックな男子だと僕は思う。

放送室 1

放送室 1

 

 

 

マンガのキャラで言うと、医学部の受験問題を瞬時に解くくらい優秀で、友達も多くコミュニケーション能力も高いのに、大学卒業後、あえて風呂なしアパートでフリーターやってる▼『大東京ビンボー生活マニュアル』の主人公・コースケも働きたがらない!w

なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル

なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル

 

 

ドラゴンボールの▼悟空も、強いのに絶対に働きたがらない困ったおっさんだw

オッス!オラ、ミニマリスト孫悟空!いっちょ捨ててみっかー!! - A1理論はミニマリスト

 

ジョジョ第四部の敵キャラである▼吉良吉影も、地方都市のサラリーマンでテキトーに働いているのがミニマリスティックだと思うw

なんせ、自分の身体も断捨離してしまったほどですから!w

 

僕が『理想のミニマリスト』と思ってる▼ジン・フリークスも、カネはビヨンドの仲間に大盤振る舞いしてしまう始末。。。

その目的は、ただただ、

「暗黒大陸に行きたい!!」

というシンプルな理由だけだ!w

最新刊発売!HUNTER✖︎HUNTER33巻のジン・フリークスの言動が、僕の「理想のミニマリスト」過ぎた! - A1理論はミニマリスト

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

 

(暗黒大陸に到着する前にまた連載ストップしそうだけどwww)

 

 

とまぁ、古今東西の「働きたくないでござる!」なミニマリスト男子を挙げて来たけれど、、、

 

僕を含め、ミニマリスト男子は、

「『欲望の総量』が少ない男」 

んだろうな、と思う。

 

「欲望の種類が違う」 

とも言える。

 

出世とか、モノとか、結婚とか、カネそのものにも、特に魅力を感じない男子が多いようにも思える。

なので、できるだけ働かず、ミニマムに働いて、マキシマムに好きなことをするのがミニマリスト男子の特徴な気がする。

 

そして、ミニマリスト男子にとって、

働くことは逆にリスキーでもある。

 

NHK大河ドラマでも、黒田官兵衛は、官兵衛を恐れはじめた秀吉に、

「『無欲』な男が、一番恐ろしい。」

って警戒されているし、、、

 

西郷隆盛も、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也」
と言った。

無欲な人には『アクマイト光線』が効かない。「無欲すぎる問題児」が僕の理想。 - A1理論はミニマリスト

 

つまり、管理職側からしてみれば、ミニマリスト男子は、

「一番の問題児」

になりうる可能性が高い。

 

なので、ミニマリスト男子にとって、

下手に組織に入って働くこと自体がリスキー

なんだろうな。

 

もっと言うと、

定住すること自体もリスキー。

 

だから、ミニマリスト男子は、能力はともかく『働く意識レベル』だけで見ると、Phaさんよりちょっと高い程度の、

『下の上』 

くらいに位置すると僕は思う。 

 

 

これらが、僕が考える、

「ミニマリスト男子」

「ニート」

「ひきこもりの相違点」

かな~。

 

 

 

 

で、上記の、

『働く意識レベル』

を自分で書いて、改めて眺めて思ったのは、、、

 

「結局、全員、『変態』じゃねえか!!ww」

ってことだw

 

ミニマリスト男子はいわずもがな『変態』なんだけれども、ニートやひきこもりもコミュ障のキモい『変態』だ!w

 

カネ以外に働く理由を持って「多動力」とか言ってる人間も『変態』だし、「プロブロガー」とか自分で言っちゃう人間も『変態』!

 

サラリーマンの癖に意識高いのも『変態』だし、カネのために働いて、ネットでストレス解消してるサラリーマンも『変態』だ!!

 

つまり、人間なんてみんな『変態』なんだ!w

100人いれば100人の『変態』がいるだけなんだ!w

 

そもそも、日本人だけで1億人以上いて、ほとんどが違う親から生まれて来るのに、みんな同じわけがねーんだ!w

 

そこには『変態』と『変態』の「差分」があるだけで、『普通』なんてないんだ!

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多肢多様なものである。(シラー) - A1理論はミニマリスト

 

というわけで、

『働く意識レベル』が、、、

高い人間も『変態』!

低い人間も『変態』!!

中くらいの人間も『変態』!!!

ってことで!w

あと、自分が『変態』だと認められない奴も『変態』なw

 

 

そして、

そんな『変態』どうしが、互いの『変態』さを認め合い、尊重し合える社会こそが、一番、『豊かな社会』!!

だと僕は考えます!!