A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

『瀬戸内国際芸術祭2019』秋会期の女木島・男木島・高松港に行ってきたぞ!古民家や倉庫街等のリノベアートが圧巻!!

2019年10月14日!

『瀬戸内国際芸術祭2019』の秋会期の女木島・男木島・高松港に行ってきました!!

 

前日の13日は▼アートの島・直島を巡り、、、

okite.hatenadiary.jp

 

直島の個性派ゲストハウス▼『島小屋』に宿泊しました!! 

okite.hatenadiary.jp

 

今回はその続きで、女木島・男木島・高松港に展示されているアート作品を巡ってきました!!

全体的に直島よりぶっ飛んでいた作品の率が高かった印象です!w

早朝の直島横断の30分徒歩旅が気持ち良かったし、発見いっぱい!!

前日の13日夜は直島・本村地区のゲストハウス『島小屋』宿泊だったので、早朝に島の反対側の宮浦港まで歩きます!

 

その理由は、、、

フェリー乗り放題券を持っていましたが、それだとブログ仲間であり、今回の旅仲間の2人が待つ高松港に着いても、たっちの差で女木島のフェリーに乗れない可能性があったので(どちらも時刻表では8:00発&着)、大事をとって、有料の高速船(1220円)で早めに高松に向かうことに。

 

で、それだと逆算、逆算、していくと本村から宮浦港への始発のバスでは6:45初の始発の高速船に間に合わないので、早朝にゲストハウス『島小屋』を出て歩いて宮浦港に行くことにした。

 

幸い、前日は早く寝れたし、翌日はその分、早く起きれた。

(早く起きすぎたけど。。。)

 

で、テントを畳んで、、、

誰もいない直島の道を宮浦港に向けて出発!!

 

で、この30分ほどの早朝の旅がいろんな発見があって楽しかった!!

思わず、twitterでいろいろつぶやく!!

(宮浦港側にはセブンイレブンがありました。24時間営業ではないけど)

 

時間があったので、本村地区で少し道草もする。

昨日のお昼に見れなかった直島ホール。

すごいな、ホールからして古民家!!

 

 

で、やっと宮浦港へと歩き出そうとすると、、、

これ、めちゃくちゃ綺麗だった。。。

これだけで早起きした価値はあったなぁ。

 

 

で、歩いていると、、、

 

で、結局、、、

ドラクエウォークやるんかい!!w

しかも、こんな離島のこんな時間に竜王出現してて、絶対、俺しか参加者いないじゃねーか!!w

 

 

そして、宮浦港に着いて、高速船のチケットを買う!

(フェリーと乗り場が違うので注意!僕はチケット売り場の人に教えられなかったらあやうく、チケット買ったのに乗り過ごすところでした!!)

 

で、、、

早朝の赤カボチャ、めっちゃオススメですよ!!

 

直島から高松まで高速船で移動し、まずは朝からうどんを食べる!!

そして、やっぱり、、、

ていうか、やっぱり竜王戦参戦したのは僕だけでしたw

 

まぁ30分ですし。

 

あと、上記の女子2人組は高速船が出港するギリギリに走って乗り込んできた。

おそらく、最初の僕と同じく、フェリー乗り場で高速船を待っていたと思われるw

 

外って甲板のような場所ね。

 

船の中でドラクエウォークを立ち上げると、、、

wwww

 

この時、めっちゃ思い出したなぁ。確か1990年のゴールデンウィークだったから、29年と半年前かー。

30年の時を越え、ついに鬼退治ですw 

 

というわけで、、、

 

やっぱり、高松に宿泊して、朝イチで直島に向かう人が多いんだなぁ。 

 

親切な青鬼くんが出迎えてくれました!!(直島も香川県だったけど。。。w)

▼いきなり巨大なアート作品!!

▼これが噂の「きっぷ売り場の行列」かー。これを避けるためにフェリー乗り放題券を買ってて正解だなぁ。

 

というわけで、次の女木島行きのフェリーが出るまでの時間がミニマムなので、にゃんすに教えてもらった、朝からうどんが食べれるお店へ!!

高松港って、海からいきなり街や駅や城があるんだなー。

瀬戸大橋ができるまで、ここが本州との大事な接続港だったんだろうなぁ。

 

その後、高松港に戻り、もーいさんとにゃんすに合流できないまま女木島行きのフェリー乗り場の列に並ぶ。

(にゃんすは僕を高松城あたりで見かけたらしいんだけど、合流できず)

 

フェリーも到着してしまい、僕はフェリーの中で2人を待つ。

(列に並んでいる時にスタッフさんに聞いた乗り場の番号が間違っていて、結果的に、僕が2人に伝えた番号がウソになってたっぽい。。。すまん。。。)

 

2人とフェリーの甲板で合流し、いざ!鬼ヶ島と言われる女木島に向けて出港!!

▼港のスタッフさんたちが、いつまでも港で「いってらっしゃーい!!」と、旗を振り続けてくれました!!

 

▼ツボを割って、行ってきまーす!!

 

船の中は瀬戸芸のスタッフさんもいて、大賑わい。

なるほど、スタッフさんも高松に泊まって、始発の船で出勤するんだねぇ。

 

来たばかりだけど、バイバイ高松港!!夜にまた帰ってくるよ!!

 

『鬼ヶ島』と呼ばれた女木島が現代はアートだらけ!しかも、船を降りてすぐそこにゲストハウスが2軒も!!

高松港を出港したフェリー「めおん」は20分ほどして▼女木島に到着!近い!! 

女木島 - Wikipedia

 

▼いきなり、鬼と、アート作品『カモメの駐車場』がお出迎えです!!

▼このカモメたち、なんと300羽近くいるようです!!w

▼なぜかモアイもいますw

 

▼この女木島、『鬼』という禍々しい怪物と、『アート作品』という、普通はあんまり出会わない2者が出会ってしまった、珍しい島だと思いましたw

女木島|香川の島旅に出かけよう!|島旅|香川県観光協会公式サイト - うどん県旅ネット

www.youtube.com

 

で、フェリーから降りた人たちは続々と鬼ヶ島洞窟へ向かうバス乗り場へと向かっていましたが、時間も、鬼への興味もミニマムな我々はそのままアート作品群のあるほうへ向かって歩き出そうとしましたが、、、

 

僕が「なんだこれ??」と、▼この石垣の割れ目にある家みたいなのを見ていると、、、

 

にゃんすが「あ!▼これゲストハウスだ!!」とのこと!!

 

女木島にはこのあと発見したもうひとつの▼ゲストハウスカフェもありました!!

女木島ゲストハウス&カフェMegino – せとうちの小さな島のゲストハウス

 

いやはや、昔、鬼ヶ島と言われた島も、今では平和そのものですなぁ。

ドラクエⅡの竜王の島が平和なのと同じか?w

(さっき直島に竜王いたけどw)

 

そして、海水浴場に向かう浜辺には▼アート作品いっぱい!!

で、我々はこのあと知ったのですが、他の屋内のアート作品は9:00からの展示らしく、我々は少し早く着きすぎたのでした。

(だからみんなその間に鬼ヶ島洞窟に行ってたのか。。。)

 

で、僕らは9:00のアート作品に並んでいたのですが、マナーが悪い女性2人組に列を割り込まれて、僕は朝から若干、イライラw

 

しかし、この女木島はリノベ物件のアート展示物が多いと思いました。

(アート作品はたくさんありましたが、写真撮影OKの作品の一部のみ載せています)

 

▼これは元倉庫の名画座。

 

▼元小学校の作品。直島の某銭湯と同じ人のデザインで、かなりサイケです。。。w

 

▼これは元旅館の中にあったアート作品。ここはアート作品の複合施設、というような感じでした。

▼これ、偽物のランドリーに服の映像が映っていますw

そして向かいに本物のランドリーが置いてあって、普通にコイン入れて使えますw

▼これ、おもしろかった!!

▼ボタンを押すといろんな場所が点滅し『本日のラッキーアイテム』が占える作品!

▲僕が占うと、白と黒のネコが『本日のラッキーアイテム』とのことw

 

「いや、アイテムじゃねーし!!w」

とか思っていたのですが、この後、本当にこの『ラッキー招き猫』に出会って予想外のラッキーが起こるのでした!!!

 

その他にも▼瀬戸内の海を眺めながら髪を切れる素敵な美容室もありました。

というわけで、10:20の「めおん」に乗って、次の男木島へ!

にゃんすがいつも通り、サクサク歩いてくれるので鑑賞時間ミニマムで回れましたw

 

女木島は鬼ヶ島洞窟行かなければミニマム2時間で大丈夫でした。

それ以上見ようとすると次の男木島への船の時間がさらに2時間押すので、特に早足旅ではオススメできません!!

 

男木島にはぶっ飛んでる『古民家リノベアート』が多かったよ!!常識をひっくり返せ!!w 

というわけで、10:40に▼男木島到着です!!

男木島 - Wikipedia

www.youtube.com

 

▼港からしてアート作品!! 

女木島は平地が多かったのですが、ここ男木島はエーゲ海の島のように、坂道の急な斜面に家が建っているような島です。

 

港にあった▼タコツボアートw

 

で、僕らは、当初、船の中で、

「男木島でお昼ご飯にしようかー。」

と言っていて、地図で港の北のほうに飲食店を見つけ、普段は観光客が行かないコースを3人で歩いて行きました。

 

すると!!なんと!!

▼瀬戸内海を一望できる無料のテラスを発見!!こんなのガイドブックにもウェブにもどこにも載ってないよ!!

3人で「観光コースに出てこない、ここ発見できたの我々だけでしょう!!」と大はしゃぎw

 

で、ふと見るとそこに人目を全く気にしない白黒のネコがw

やっぱり、今日の『ラッキーアイテム』は白黒のネコだった!!w

このブログを書いている今、気づきましたが!!w

(まぁ、にゃんす自体が『ラッキー招き猫』だしなぁw)

 

で、

「もう、ご飯食べずに、先にアート作品、回っちゃうか。」

というわけで、このままなにも食べずに男木島のアート作品を結局、全部見ちゃって、ちょうど次の最短の船(13:00)に乗れて、高松でまたうどんを食べれたので、そういう意味でもラッキーでした。

 

で、男木島のメインは『古民家リノベアート』という感じでしたが、ぶっとんでる作品が多かったかなとw

 

木や草まで▼すべてが真っ黒の家とか、、、

 

かと思うと、▼家の中に花が咲いているような女子力高めなアートもあれば、、、

 

また、ぶっ飛んでる▼骨や歯が家じゅうで回転しているアートもあれば、、、

 

▼家の中で多くのビンがキラキラ光ってる、また女子力高めな作品もありました。

ひとつひとつにいろんなモノが入ってて、▼これとかキン消しのウォーズマンじゃんww

 

▼部屋全部が白い漆塗りで、窓以外なんにもないミニマリスト・ハウスもありました!

 

その漆塗りハウスはカフェも併設されていたので、少しお茶しました!

カフェから見える▼瀬戸内の景色が本当に綺麗です!!

▼ちゃぶだいカフェでした!

 

もーいさんいわく、

「男木島は、なんか、ぶっ飛んでる作品と、癒される作品があって、古民家のトビラ開けるまでどっちかわからないね。で、ぶっ飛んでる作品だとHP(ヒットポイント)がかなり削られるね。。。w」

と言っていたけど、これ、まさしく男木島を象徴する言葉だと思ったw

時々、ミミックが現れるんですよww

 

幸い、男木島には所々、坂の途中にカフェとかレストランがあるので、ぶっ飛んだ作品でHP削られたら、ゆっくり休みましょう!!

 

▼またもや、ぶっ飛び系w

 

▼この移住者が開いたベーカリーカフェ『ダモンテ商会』、オシャレだったなぁ。時間があれば寄りたかった。

最後は▼こんな家を見て、、、

男木島の港へ帰ってきました!!

すると、スタスタ前を歩いていたにゃんすが、道端で▼こんなのを見つけました!!

この「にゃんぷきんプリン」!めっちゃ美味しかった!!

 

そうこうしているとフェリーが来たので、バイバイ!男木島!!

 

ちなみに男木島では▼こんな素敵なゲストハウスもできたようです!

【男木島】民宿さくらは島へ行くべき魅力のひとつ | たまみか通信

さくらゲストハウス - 男木島 漁師宿 民宿さくら

生きるのに疲れたらこのゲストハウスに5泊くらいしたら、人生、リフレッシュできそうw

 

高松港の倉庫街をリノベした『北浜の小さな香川ギャラリー』が素晴らしかった!!

というわけで、3人はハラペコのまま、恥ずかしながら高松港へ帰ってまいりました!!

 

で、またしても▼うどん屋さんに直行!!w俺は朝も別のうどん屋さんだったのに!!w

Udon!!!!!!!

まさに国際芸術祭!!!

 

▼「かしわ」というのが、「西に来たなぁ」と思わせる。

ちなみに、にゃんすがこの「かしわ」とったんだけど、大きすぎて途中で食べきれず、途中から俺が食うw

 

で、この高松港も『瀬戸内国際芸術祭2019』の開催地で、倉庫街をリノベした『北浜の小さな香川ギャラリー』があるとのことでそこへ向かう!!

しかし、なんか島じゃないと変な気分だw車もびゅんびゅん走ってるしw

 

途中、▼このポスターを見て「もうすぐ始まる!!」と浮かれ焦るドラクエ好きの3人w

 

そして▼『北浜の小さな香川ギャラリー』到着!!

いくつものアート作品や展示、カフェや雑貨屋等が元倉庫街のリノベ後に入っていて、ひかえめに言ってサイコーでした!!w

ここはまた高松に来ることがあれば再訪してゆっくりカフェでお茶でもしたいなぁ。

 

というわけで、我々は駅へ向かった。

 

もーいさんいわく、

「電車を乗り逃すと怖いから駅の中のUCCでお茶しよう。」

とのこと。

アートカフェもいいけど、こういう地方のチェーンカフェも僕は同じくらい好きですw

 

しかし、香川駅、駅の建物からして▼アートだなww

 

と、思ったら駅の案内所にも▼アート作品が!!

もう本当、最近は、

「香川=アート」

みたいになってきたなw

 

というわけで、▼香川駅のUCCでウェーイ!!!

 

で、2人は昨日、直島で僕と別れたあと、高松に戻り、夜にこのUCCの前にある立ち食いのお寿司屋さんに入ったらしいんだけど、2人してこの日の朝からずっとこのお寿司屋さんを絶賛していましたwそんなに美味しいのか。。。w

 

で、その昨日の夜、そのお寿司屋さんで、お店の人に、

「今日、瀬戸内海のどこかの島から渡ってきたイノシシが高松駅に入ってきて、おばあさんに突撃したんだよ!」

という話を聞いて、2人は、

「???」

となり、言ってる意味がよくわからなかったそうですw

 

僕がググると▼速くもニュースになっていました。

香川)JR高松駅でイノシシ捕獲 女性がけが:朝日新聞デジタル

 

今、このブログを書きながらさらにググると▼Togetterにもまとめられていたw

高松駅に現れたイノシシの上陸から捕獲まで - Togetter

 

瀬戸内のイノシシは元気だなー。

まるでトライアスロンじゃねーかw

 

というわけで、その後、飛行機で東京に帰るもーいさんと別れ、僕とにゃんすは瀬戸大橋を走る「瀬戸内線」に乗り、岡山駅へ!! 

 

▼瀬戸大橋から見る瀬戸は日暮れて、非常に綺麗でした。

 

で、電車の中でにゃんすにドラクエウォークの「じゅんび」画面を見せてもらうと、僕よりぜんぜんレベルは低いのに、やたら★5の武器防具(ガチャで当てる)が多い!!

僕のほうがレベルははるかに上なのに、にゃんすの★5武器防具の半分も持ってない!!

 

僕は最近、職場で『軍師』と呼ばれ始めましたが、、、

つくづく、にゃんすは『ラッキー招き猫』で、

つくづく、僕は『ついてない軍師』だと思った。。。

 

で、瀬戸大橋を渡ってる途中で、僕のiPhoneSEが電源が落ちて全く動かなくなってしまい、かなり焦る。。。

 

で、どうにか岡山駅に着いたので、僕が職場へのお土産を悩んでいると、にゃんすが『瀬戸内国際芸術祭2019』っぽいのを選んできてくれた。岡山駅で買える▼これいいね!!

 

あと、これを買おうとしていた時に、にゃんすが見つけた▼この瀬戸田レモンチューハイを飲みながら、今、このブログを書いていますw

 

その後、スマホを気にしつつ、岡山駅内をうろうろしながらにゃんすとたわいもない話をして、時間になったのでにゃんすと別れて新幹線に乗り込む! 

 

どんな有名な観光地に行っても鑑賞時間ミニマムで、いつも猫のように1人でスタスタと歩き、どこからともなくローカルな面白いモノや変なモノを見つけてくる、にゃんすとの『ラッキー招き猫』旅。

この旅がもう4年以上、続いているけど、こんな旅、俺は一体、いつまでできるんだろう。

 

新感線内でのつぶやき!!

 

東京の家に帰り、、、

 

で、にゃんと!▼iPhoneSEは0円で新品になりました!ラッキー招き猫!!w

okite.hatenadiary.jp

 

そして、家で、もーいさんからもらったきびだんごを食べました!!

なんなんだよ、これ。。。w 

 

くそ。。。w

 

そして、旅から考えて、いろいろ考えた。

 

大雨の日の千葉県で。

あ、若干、ネタバレ、、、w

 

というわけで、

『瀬戸内国際芸術祭2019』!!サイコ―でした!!

 

秋会期は11月4日までやってるらしいので、ご興味がある方はまだ1週間ほどやってますのでお早めに!!

 

追記:一連の瀬戸芸記事シリーズに対する2人のtwitterの反応!